スポンサーリンク

松尾潔 メロウなホリデーソング特集2018・前編

松尾潔 メロウなホリデーソング特集2018・前編 松尾潔のメロウな夜
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(松尾潔)さて、続いてご紹介するナンバーは比較的新しいクリスマスソングなんですが、アーティストとしてはちょっと懐かしい部類に入ろうかと思います。トゥループというグループございます。いま、バックに流れておりますトゥループ『All I Do Is Think Of You』。これはもう、ねえ。80年代後半から90年代にかけて青春時代をすごして、その時に常に傍らにR&Bがあったっていう人にはもう涙ものの1曲ですね。『All I Do Is Think Of You』。

まあ、もともとはマイケル・ジャクソンが在籍していた当時のジャクソン5の曲ですが、それをオリジナルのジャクソン5以上のヒットにしたのがトゥループでした。『All I Do Is Think Of You』というのは、いまではジャクソン5というよりもトゥループのバージョンで知ってる人が多いのかな? そんなことはないか。やっぱりジャクソン5ですかね?(笑)。

まあ、いずれにせよこのトゥループという、当時は本当に珍しかったグループ全員が激しく踊りながら、それもあのヒップホップの影響を感じさせる踊りを曲の最初から最後まで踊り続けながら歌うという、そういうコンセプトのグループだったんですね。で、まあもちろんその踊りだけが見せ場ではなくて、ボーカルが達者な人が何人かいましてね。スティーブとアレン……このスティーブ・ラッセルっていう人は後にプロデューサーとしても有名になっていくわけなんですけどもね。アンダー・ドッグスなんかと一緒にやっていくんですけども。

スティーブ・ラッセルとアレンの二枚看板、あとはジョン・ジョンっていう人のディープなボーカルもなかなか聞かせるっていう、まあポスト・ニュー・エディションとしては相当いいところまで行った人たちなんですが、なかなかね、グループとしてその後が続かなかったのですが……ここ数年はまた、トゥループ名義でね、若干そのメンバーの顔ぶれとか人数も流動的になってますが、トゥループという名前で活動している、まあ非常に喜ばしい限りです。

で、その『All I Do Is Think Of You』という代目曲のひとつでありますこの曲をモチーフにして、2014年にはオリジナルで、これから聞いていただくクリスマスソングを1曲、ひっそりとリリースしております。当時もいまも、さほど話題になっていないのですが、この流れでご紹介したいと思います。聞いてください。『All I Do Is Think Of You』を踏まえた、トゥループの『Santa Can You Help Me』。

Troop『Santa Can You Help Me』

Trey Songz『Keep Me Warm (On Christmas)』

お届けしましたのはトゥループで『Santa Can You Help Me』。これは先ほども言いましたようにトゥループの代表曲のひとつでありますジャクソン5のカバー、『All I Do Is Think Of You』。その自らの代表曲を踏まえた、一応オリジナルという形をとっておりますが、まあ曲の構成ですとか、あのドラムの決めとかはそのまま流用してますね。しかしあの、曲として……ちょっと生意気なことを言いますけども。メロディー、もうちょっとなんかあのキャッチーにつくりようはあったんじゃないかな?っていう気もするんですけどね(笑)。

まあですが、昔からのファンである僕なんかはね、スティーブ・ラッセルの曲がBメロとかで出てきたらもうそれだけで「ううっ!」っとハートをつかまれてしまうっていうね。そこもちょっと抗えないような魅力っていうのはありますね。トゥループ『Santa Can You Help Me』。随分昔の曲のように聞こえますけども、これまだ数年前ですね。4年ぐらい前に出たばかりの曲です。

それより実はもっと古いのに新しく聞こえたであろう曲がトレイ・ソングスの『Keep Me Warm (On Christmas)』。これは何と、2007年に出たシングルでございます。もういまでこそね、「スーパースター」と何の迷いもなく言えるトレイ・ソングス。先週もタイ・ダラー・サイン、トーリー・レインズを従えてという言い方をあえてしますけどもね。あの堂々の横綱相撲を見せてくれた『Shootin Shots』という新曲をご紹介したばかりなんですが。

松尾潔 Trey Songz『Shootin Shots ft. Ty Dolla $ign&Tory Lanez』を語る
松尾潔さんがNHK FM『松尾潔のメロウな夜』の中でTrey Songz『Shootin Shots ft. Ty Dolla $ign&Tory Lanez』、そしてJUJU&久保田利伸『Englishman In New York』を紹介していました。

トレイ・ソングスがいまから10年以上前にシングルだけでリリースしたっていうね。アルバムに収録されていない、ちょっとレアと言えばレアなクリスマスソングでございました。『Keep Me Warm』。これは2007年というのはどういう時代か?っていうと、トレイは2005年にアルバムデビューしています。で、『I Gotta Make It』っていうアルバムはそれはそれでアメリカで売れました。はい。R&Bチャートで6位でね。何しろ名門アトランティックが送り出す久々の大型男性新人とことで。新人のデビューアルバムにアレサ・フランクリンのゲストというのはなかなかないことかと思いますが。そういった後押しもありましてね、最初から話題になったんですが。

まあ2枚目、2007年にリリースした『Trey Day』っていうアルバムで日本でもよく知られるようになりました。その『Trey Day』の中でね、『Can’t Help but Wait』っていう曲が代表曲と言えるんじゃないかと思います。当時、人気絶頂だったプロデューサーチームのスターゲイトが後押ししていたのですが、その同時期、その同年のクリスマスの時期にリリースされたのがこの『Keep Me Warm』でした。まあさっきも話しましたように、まだまだ……特に日本では知名度が十分ではなかったこともあって、ちょっとともすれば埋没してしまう。彼の輝かしきディスコグラフィーの中ではちょっと目立たない扱いを受けてしまうんですが。いまなら彼の名前で聞けちゃうんじゃないかな、なんて気もしますね。

これのちょっと前にね、日本の女性アーティストAIちゃんと共演したりもしてましたね。たしかAIちゃんの武道館公演にトレイが出てくるみたいこともあったような、そんな記憶がございますが。はい。懐かしい歌声でした。

(中略)

さて、楽しい時間ほど早く過ぎてしまうもの。今週もそろそろお別れの時が迫ってきました。ということで今週のザ・ナイトキャップ(寝酒ソング)。今夜は元サウンズ・オブ・ブラックネスの看板シンガーだったアン・ネズビーが2009年にリリースしたホリデーアルバム『Ann Nesby’s Soulful Christmas』。こちらの中から先日亡くなったビッグ・ジム・ライトをフィーチャーした『Soul Holiday』を聞きながらのお別れです。もちろんオリジナルはサウンズ・オブ・ブラックネスだったんですけど、これもソロになって、かつての盟友ビッグ・ジム・ライトを迎え入れて披露したという、そういう1曲でございます。

これからお休みになるあなた、どうかメロウな夢を見てくださいね。まだまだお仕事が続くという方。この番組が応援しているのはあなたです。さて来週の『松尾潔のメロウな夜』では今日も最初にお話しましたけどJUJUさんの3枚目のジャズアルバム『DELICIOUS~JUJU’s JAZZ 3rd Dish~』。その徹底解剖をしたいと思います。来週12月3日(月)、夜11時にお会いしましょう。お相手は僕、松尾潔でした。それではおやすみなさい。

Ann Nesby feat. James “Big Jim” Wright『Soul Holiday』

<書き起こしおわり>
https://miyearnzzlabo.com/archives/54223

タイトルとURLをコピーしました