渡辺志保 Future, Juice WRLD『Fine China』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 68
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でジュースワールドとフューチャーのコラボミックステープ『WRLD On Drugs』から『Fine China』を紹介していました。

View this post on Instagram

OUT NOW 🌎🖤 @future @wrldondrugs #wrldondrugs

Juice WRLD 9 9 9さん(@juicewrld999)がシェアした投稿 –

(渡辺志保)ここでオープニングチューンをお届けしたいと思うんですけれども……(収録なので)感想をここで申し上げられなくて非常にちょっとやきもきした気持ちでもあるんですが、10月21日(日)の深夜、あのジュースワールド。いま非常にチャート上をにぎわせていますけども。若き天才ラッパー、ジュースワールドが……もう「マイケル・ジャクソンにも匹敵するほどの才能だ」みたいなことを地元シカゴでも言われているそうなんですけども。そのジュースワールドが初めて来日公演を果たす。渋谷ハーレムで日曜日の深夜、来日公演をしていて。

おそらく私、見に行っていると思います。なので皆さんがこの放送を聞いてくださっております10月22日(月)の夜10時にはもう「見てきたよ!」っていう話をしたいんですけれども、なかなかちょっとタイミングが合わず。詳細なレポートは来週の『INSIDE OUT』でお伝えしたいと思うんですけれども。でもまあ、本当にすごいタイミングでジュースワールドがコラボミックステープをリリースしました。しかも相手はフューチャー。フューチャーもジュースワールドもめちゃめちゃ忙しいと思うし、ジュースワールドもいま、全米ツアー中。まあ、その合間をぬっての来日ということになりますけれども。

全米ツアー中ですし、いったいこういうコラボミックステープとかコラボアルバムっていつ、どのように皆さん作ってるのか、本当に不思議でならないので。まあもし機会があれば、ラッパーの方にそういう質問をしてみたいと思うんですけれども。なんと、この2人がコラボアルバムを出した。しかもタイトルが『WRLD On Drugs』という、本当に世間にケンカを売ってるに違いないみたいな感じのタイトルになってますけども。でも、まあフューチャーもさ、結構メロディアスに歌うようなフロウが特徴のラッパーですから、この二者の相性はとてもいいんじゃないかと思いました。なのでぜひぜひ、まだ未聴ですという方ですね、この2人のコラボ作をチェックしていただきたいと思います。

で、今日かけたいのはその中でも『Fine China』という曲がありまして、そちらを聞いていただきたいと思うんですけれども。あの『Fine China』ってクリス・ブラウンの曲にも同名の曲がありますけれど。陶器ですね。中国製の陶器のことを「Fine China」っていう風に言いまして「君は本当に高い1枚何千ドルもする”Fine China”のようだ」という風に女の子を褒め称えている楽曲になりますので、ここで聞いてください。フューチャー&ジュースワールドで『Fine China』。

スポンサーリンク

Future, Juice WRLD『Fine China』

はい。いまお届けしたのはフューチャーとジュースワールドのコラボミックステープ、コラボアルバム? まあ、最近どちらか境界線がわからないぐらいですけども。コラボ作『WRLD On Drugs』から『Fine China』をお届けしました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする