吉田豪と遠藤舞 伝説の「神原ストップ」事件を振り返る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 72
スポンサーリンク

遠藤舞さんが『猫舌SHOWROOM』火曜日に出演。吉田豪さん、元アイドリング!!!プロデューサーの神原孝さんとともに伝説の「神原ストップ」事件について話していました。

(遠藤舞)いまは要は(アイドルは)自分から能動的に掘っていく。発掘していく。レコードみたいな楽しみですね。きっとね。

(神原孝)現場に行って見つけないとっていう。

(吉田豪)本当、地上波だけ見て楽しめる分野じゃなくなってきていますね。ネットを掘るなり現場に行くなりしないと……っていう。

(遠藤舞)昔と楽しみ方が違ってきたんですね。

(神原孝)いまの時代らしいっていう。

(遠藤舞)まあ、そうですね。情報がいろいろある世の中にあっているのかしれないですね。いまのスタイルは。

(神原孝)ネットになってきた。

(遠藤舞)たとえばいま、配信とかもやろうと思えばできるから全然、地上波ありきなわけじゃないし。

(神原孝)やべーな、テレビ……(笑)。

(吉田豪)フハハハハハッ!

(遠藤舞)やべーぞ、やべーぞ!(笑)。

(吉田豪)フジテレビ危機が(笑)。

(神原孝)いや、フジテレビじゃなくてもいいんですけどね(笑)。

(遠藤舞)そうかー。最近でもそういうアイドル事情とか、わかんなかったからね。

(吉田豪)アイドル事情に限らずネット番組事情とかも聞いてみると面白いですね。この前、面白いなと思ったのが、ニコニコ動画、ドワンゴがいろいろとスタッフをごっそり切ったタイミングがあったんですよ。そしたらその切られたスタッフがいろいろと各地に流出していまのネット番組バブルというか、それを作っているらしいんですよ。技術的なスタッフが山ほど外に出ちゃって。

(遠藤舞)だからそのノウハウを抱えたまま外に出たものだから、そこで広げられるっていうことですね。

(吉田豪)で、各地でネット番組が登場。ライバルがどんどん増える結果になるという(笑)。

(遠藤舞)じゃあ結構それは革命的なことだったんですね。

(吉田豪)みたいですよ。

(神原孝)たしかにノウハウがないとできないから。

(遠藤舞)そうですよね。でもちゃんとその素地はわかっている人たちがやるわけだから。逆に広がるきっかけになったんだ。

(神原孝)逆に俺らはそこを学んで追いつこうとしているっていうね。

(遠藤舞)ネットは……すごいですね、いま。本当に。ネット配信系の。

(吉田豪)自分がアイドル時代にはなかったものが。

(遠藤舞)そうですね。SHOWROOMだって私、現役の時にはなかったですよね。ギリギリなかったと思う。

(神原孝)YouTubeぐらいかな?

(遠藤舞)YouTube。

(吉田豪)神原さんがキレた時、あれはニコニコだったんでしたっけ?

(神原孝)あれはニコ動。関テレのイベントですよ。

(遠藤舞)ああー、伝説のね。あれ、いまだに見ようと思えば見られるんでしたっけ?

(神原孝)見られるんじゃないの? あれ、配信していることを全く忘れていたから。

(吉田豪)フフフ(笑)。

スポンサーリンク

神原ストップ動画

(遠藤舞)もうたまにさ、後ろに並んでいるメンバーの顔とか抜かれるんですよ。あのなんか唇をモゾモゾさせて斜め45度でうつむきがちで。死んだ目を……(笑)。

(吉田豪)最高ですよね(笑)。何回見ても。当時も見て爆笑したけど。

(神原孝)俺は「(ステージから)降りろ!」って言ったんですよ。なんだけど、俺は降りているつもりでしゃべっていたら降りていなくて。それを俺がモニターで見つけて「おおっ!」って思って。それで妙に冷静になるっていう(笑)。

(遠藤舞)やだー(笑)。

吉田豪・酒井瞳・神原孝 伝説の「神原ストップ」事件を語る
酒井瞳さんが『猫舌SHOWROOM』火曜日に出演。吉田豪さん、元アイドリング!!!プロデューサーの神原孝さんとともに伝説の「神原ストップ」事件について話していました。 「#猫...

(吉田豪)やっぱりあれがあったから神原さんのイメージってすごい悪かったんですけど、猫舌SHOWROOMが始まって神原さんのイメージがすごくよくなってきてるんですよ(笑)。「神原さん、誤解していた」みたいなコメントがすごい流れて(笑)。

(神原孝)アハハハハハハッ!

(吉田豪)「神原さん、好きになった」とか。

(神原孝)いやいや、そう言っていただければ……。

(吉田豪)「まさかあんなキレてた人がパシリになるとは」って(笑)。

(神原孝)いやいや、もう私なんて……。

(遠藤舞)振れ幅が(笑)。

(神原孝)面白いものを作るためならなんでもやりますよ。

(遠藤舞)すごいなー。伝説ですね。語り継がれる。

(神原孝)まあでも大変だった。

(遠藤舞)大変でしたね。

(神原孝)他のアイドルの子たちにも謝りに行って。

(吉田豪)フフフ(笑)。

(遠藤舞)何事かと思いますよね。他の子たちもね。

(神原孝)後日、関テレにも謝りに行って。「すいませんでした」って、わざわざ別日に。菓子折りを持って。

(吉田豪)遠藤さんから見た神原さんはどんな人だったんですか?

(遠藤舞)神原さん……どうだったんだろう? なんかでも、チャキチャキしていて。なんかあんまりボヤッとしたところがなくて、輪郭がはっきりした。性格的な方だなと。いろいろとスピーディーですし。

(神原孝)決めたい人だからね。悩みたくない。悩んでいるうちに何を悩んでいたのか忘れちゃうんで。そうすると嫌だから、すぐに決めてすぐに。

(遠藤舞)すごくスピーディーでしたよね。そのスピードにメンバーが目まぐるしくついていくっていう。

(吉田豪)アイドリング!!!はね、スタッフが変わるたびに方向性が変わるグループですよね。

(遠藤舞)でも我々は委ねられるものなので。委ねていましたよ。

(吉田豪)「あれっ、また変わった?」っていう。

(遠藤舞)「ああ、じゃあ今度はこっちの風か。こっちに吹かれるのか……」って。

(神原孝)吹かれろ、吹かれろ(笑)。

(遠藤舞)吹かれていました。

(吉田豪)(コメントを読む)「面倒見がいい」。でも本当にそうですよね。神原さん、あんなにキレてた人がこんなに卒業後のケアまで……偉いですよ!

(遠藤舞)本当ですよね! 私も含めてですけど、本当にいろいろとケアをしていただいて。

(神原孝)ケアって(笑)。

(吉田豪)卒業後の仕事の面倒まで見るっていう。

(遠藤舞)そうそう。そうなんですよ。だから本当にね、情の深い方なんですよ。

(吉田豪)ねえ。ボイトレ仕事とかね。

(遠藤舞)そうそう。いちばん最初の教え子がいまのアイドリング!!!の後継のアイドルING!!!だったんで。それも神原さんが。やっぱりいちばん最初に見る子たちって自分の自信のない中で始まるし。

(神原孝)まあ探り探りね。

(遠藤舞)探り探りでどうしても行かなきゃいけないから。そういう意味ではING!!!ちゃんたちは実験台って言ったらあれですけども。まあ真剣に教えてますけどね。

(神原孝)割り箸をくわえてね。

(遠藤舞)割り箸をくわえさせたり、ピンポン玉をくわえさせたりしてやってますから。

(神原孝)「レッスンやりたいからキーボードを買え」って買わされたりね(笑)。

(吉田豪)フハハハハハッ!

(遠藤舞)でも、同じやつを持っています。結局。

(神原孝)自分用に買ったんだ。あれ、でもいいでしょう? あれぐらいの。

(遠藤舞)持ち運びもしやすいですしね。

(吉田豪)この時間(開始から1時間15分)ですでに1万を超えましたよ。視聴者数が。

(遠藤舞)おっ、すごい!

(吉田豪)すごいですよ。この時間で行ったのは初ですよ。一般人がいちばん、タワーも建つし、人数もたくさんの人が見るっていう。なんだ、これ?(笑)。

(遠藤舞)一般人パワー、半端ないっすね!(笑)。

(吉田豪)やっぱり飢餓感があるんじゃないですか? 見たかったっていうのもあるし。あと、セカンドキャリア的な話題にも、単純に興味があると思いますよ。

(遠藤舞)でも信じられないですよ。過去の「あの人はいま」的な感じの人間なんで。

(吉田豪)前から言っていましたよね。それこそ辞める前から検索すると「遠藤舞 現在」とか。

(遠藤舞)「現在」とか出てくるようなものなので。なんか私を見たい人がもしいるとしたら、ちょっと変かも……って思う。

(神原孝)フハハハハハッ!

(吉田豪)こんなにいるんですよ。

(遠藤舞)ちょっと変かもって思っていますよ。ねえ。

(吉田豪)いまだにその自尊心の問題をこじらせている人からすると(笑)。

(神原孝)タワー、4本目です。

(遠藤舞)うそーっ!

(吉田豪)すげー!

(遠藤舞)本当だ、本当だ。

(吉田豪)事件ですよ。

(遠藤舞)事件ですね。「吉田さんを見に来ました」みたいな人もいましたよ。

(吉田豪)ありがとうございます。まあタワーは僕には関係ないので。

(遠藤舞)へー。面白いもんですね。

(吉田豪)芸能界を辞めたことで変わったことってどういうことがありますか?

(遠藤舞)でもやっぱり人に変に気を遣うっていうのも変ですけど。見られることってやっぱり自分の中ではプレッシャーだったんだなっていうのは辞めてからもまたさらに感じたんで。ちょっと、肩の荷が下りた感はありました。

(吉田豪)見られないだけでこんなに楽なんだっていう。すいませんね。久しぶりにこんな見られる仕事を振ってしまって。申し訳ないです(笑)。こんな1万人以上の人の目が……。

(遠藤舞)全然、全然(笑)。実際の人の目がなければ割と大丈夫なんで。

(吉田豪)そうなんですか? こういうバーチャルなものであれば?

(遠藤舞)バーチャルなものはもう、割と。

(吉田豪)この絵の人たちがピョンピョン跳んでいる限りは。

(遠藤舞)そうそうそう(笑)。

(神原孝)この跳びは止めようがないね(笑)。

(吉田豪)フハハハハハッ! 「お前ら、ジャンプするな!」って(笑)。SHOWROOMでやりだしたら頭がおかしいですよ!

(遠藤舞)アハハハハハッ! 「止めて、止めて!」って(笑)。新たな伝説を(笑)。

SHOWROOM神原ストップ

(吉田豪)1人1人、名前をちゃんと呼んで怒るっていう(笑)。「お前、どこだ!」って(笑)。ただのサービスだっていう(笑)。

(遠藤舞)これもちゃんと映像、証拠も残りますからね(笑)。

(神原孝)そうそう(笑)。神原ストップ(笑)。

(遠藤舞)神原さんといえば……っていうね(笑)。

(吉田豪)SHOWROOMはしょうがないですからね。定期的に跳ぶんで。

(遠藤舞)本当だ。跳んでいるわ。これ、本人たちが意図的に跳んでいるの?

(神原孝)なんかを投げた時とかだね。

(遠藤舞)ああ、そういうことか。へー!

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする