スポンサーリンク

松尾潔 Ella Mai『Trip』を語る

松尾潔 Ella Mai『Trip』を語る 松尾潔のメロウな夜
スポンサーリンク
スポンサーリンク

松尾潔さんがNHK FM『松尾潔のメロウな夜』の中で『Boo’d Up』が大ヒットしたエラ・メイの最新曲『Trip』を紹介していました。

Trip

(松尾潔)改めまして、こんばんは。『松尾潔のメロウな夜』、8月の最終回ですね。早いものですね。もう来週からは9月。といっても、まだまだ暑さは続きますが、僕の記憶する限りもっとも暑い夏と呼ばれている2018年の音楽シーン、とりわけR&Bシーンの中で、夏女ナンバーワンと申しますか、まあちょっと気の早い話ですけども今年1年のこのシーンのVIPの1人であることは間違いないエラ・メイ。この番組でも『Boo’d Up』を何度となくご紹介してまいりました。『Boo’d Up』現象とかエラ・メイ現象とかいろんな言葉を駆使してね、彼女の魅力を語ってきたのですが……ようやくこの番組でも彼女の新曲をご紹介することができます。まだこの季節にピッタリかと思います。聞いてください。エラ・メイで待望の新曲です。『Trip』。

スポンサーリンク

Ella Mai『Trip』

エラ・メイで『Trip』を紹介いたしました。前作の『Boo’d Up』の流れを含みつつも、似てはいないと言いますか。まあ大ヒットしたシングルに続く新曲という意味ではある種理想的な形をした楽曲じゃないかなっていう風に僕は大変高く評価しております。プロデュースを務めますなもちろんDJマスタードことマスタード。エラ・メイがイギリスで、まあ未来のスターを目指すその予備軍の1人としてね、歌っている時にこのいまの活躍というのここまで予想できていたかどうかは定かではない。

「こうなればいいな」とは思ってたかしれませんけども。ちょっとマスタードがエラ・メイをフックアップして、この2年ぐらいかけてスターにしていく過程を見てると、錬金術を見てるような感じですね。「マスタード、マスタード」っていう風にこの番組で言ってますけども、彼もね、まだ若いんですよね。30になるかならないかっていうような年齢で。

なんで「マスタード」っていう名前で言われるようになったかって言うと、彼はファーストネームが「ディジョン(Dijon)」と言いまして。ディジョンマスタードっていう、日本でも「マスタードを食べるんだったらディジョンマスタードが好き」っていう方はいるかもしれませんけども。

まあ、そのカラシの種類ですね。そこのディジョンっていうところから転じて……はい。そんなディジョン改めマスタードのプロデュースによるエラ・メイ『Trip』でございました。アルバムの方も控えてるということで、楽しみにしております。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました