スポンサーリンク

松尾潔 Angel『Nothing Wrong』を語る

松尾潔 Angel『Nothing Wrong』を語る 松尾潔のメロウな夜
スポンサーリンク
スポンサーリンク

松尾潔さんがNHK FM『松尾潔のメロウな夜』の中でAngel『Nothing Wrong』を紹介していました。

Woman

(松尾潔)さて、いまバックで流れておりますこの曲、以前に一度ご紹介しましたね。エンジェルというイギリスはロンドン出身の男性R&Bシンガーの『Take You Home』という曲です。

この曲は90年代ネタにあふれておりまして。メアリー・J.ブライジの『Mary Jane』ですとか、フォクシー・ブラウンとブラックストリートの共演で知られます『Get Me Home』。さらにはその元ネタ、ユージーン・ワイルド『Gotta Get You Home』。SWV『I’m So Into You』。いろんな曲の要素が入っていますよということでご紹介した記憶があります。

松尾潔 Angel『Take You Home』・Steve James『Official』を語る
松尾潔さんがNHK FM『松尾潔のメロウな夜』の中でメアリー・J.ブライジの名曲『Mary Jane (All Night Long)』を引用した曲としてAngel『Take You Home』とSteve James『Official』を紹介していました。

そのエンジェル、イギリス出身ながらアメリカのレーベル、モータウン・レコードと契約をいたしまして。このたびフルアルバムを完成させましたね。以前、ご紹介した時はいわゆるEPだったんですけど、今回はアルバム。そのタイトルがズバリ、『Woman』。

Woman
Posted at 2018.7.7
Angel
Universal / Island

いいですね。エンジェルというアーティスト名でアルバムタイトルが『Woman』。うーん、フフフ(笑)。スピッツの『ロビンソン』。こういう時によく引き合いに出るんですね。「どっちがグループ名だっけ?」って言われていたことが昔話になるような活躍をしてほしいですよね。エンジェル。いや、難しいですよ。だっていま「キング」っていう名前の女性3人組がいたと思ったら、『Woman』というタイトルのアルバムを出すエンジェルという名前の男性シンガーがいるという。これ、中途半端な知識では対応できない固有名詞なんですけどね。

まあ、この話で盛り上がるのはこのぐらいにしておきましょうか(笑)。では、その『Woman』の中から1曲、ご紹介したいと思います。この番組で最近ちょっと定期的にご紹介しているような感じになってきましたR.ケリーネタの1曲です。エンジェルで『Nothing Wrong』。

スポンサーリンク

Angel『Nothing Wrong』

エンジェルで『Nothing Wrong』をお届けしました。これはエンジェルのアメリカ進出第一弾フルアルバム『Woman』に収録されております。R.ケリーの代表曲『Bump N’ Grind』をほぼそのままの形で引用していましたね。エンジェルの『Nothing Wrong』。本当にこの人は90年代R&Bが大好きなんでしょう。まあ本人も90年代生まれということなんですが。本当に90’sベイビーという立ち位置、わかりやすいですね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました