スポンサーリンク

吉田豪と百花 週刊文春NMB48「奴隷契約」報道を語る

吉田豪と百花 週刊文春NMB48「奴隷契約」報道を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

元NMB48の百花(木下百花)さんが『猫舌SHOWROOM』火曜日に出演。吉田豪さんと週刊文春で報じられたNMB48「奴隷契約」について話していました。

(吉田豪)あ、ごめん。読みたいコメントが出てきちゃった(笑)。

(百花)なんすか?

(吉田豪)「契約は不自由だけど活動は自由なの?」っていう(笑)。

(百花)アハハハハハッ! ああ、最近見ました? センテンススプリング。

(吉田豪)フフフ、これはいじっていいやつなんですか?

(百花)えっ、私的には全然……いじっちゃダメなんですか?

(吉田豪)はい。「奴隷契約」という。

(百花)奴隷契約って言われているけど、いや、私が知識がないだけかもしれないですけど、それが普通だったんですよ。自分の中では「ああ、そういうもんなんや」っていう感じやし。なんていうか、もともとそもそもに芸能界とか自分がタレントになるって思っていなかったし。そこに対して執着心がなかったから、辞めた後に2年間活動ができませんみたいな。契約したらどうのこうの……みたいなのも、別に支障がなかったんですよ。自分の中では。

(吉田豪)うんうん。

(百花)でも、困る子はいっぱいいるじゃないですか。たぶん。

(吉田豪)まあね。

(百花)あれ、あとは何が書いてありましたっけ?

(吉田豪)まあでも、それぐらいですかね。

(百花)なんかみんな、「フリーター製造機だよ」みたいなコメントをしていて……。

(吉田豪)積極的に拾いますね、そういう話を(笑)。

(百花)「フリーター製造機だよ」みたいな。

(吉田豪)ありましたね。そんなコメントも(笑)。

(百花)まあ、私はフリーターやけど。

(吉田豪)もともとフリーターを自称していますよね。

(百花)そう。まあ、みんなそうなんだ。でも結構ね、普通にしていますよね。

(吉田豪)もともとだから吉本自体が特殊な会社っていうか。お金のこととかでブーブー言う人もいるけど、そのかわりのケアというか。だからそこの入る人もあれだけいるわけで。いいところもあれば悪いところもあるっていうやつだよな。2年はたしかに長いけど。

(百花)うん。別に自分の中ではさして支障がないというか。むしろその、48を辞めた後もいまも一緒の事務所ですけども。私としてはなんだかんだ、別に嫌いな人だけじゃなくて、自分の中では仲のいい人もいたし、よくしてくれている人もいたし。まあ、もちろんお金も出してくれているわけじゃないですか。自分みたいな全く売れてない時から。

(吉田豪)「これから化けるんじゃないか」みたいな。

(百花)そうそうそう。お金をかけてくれるし、逆になんか自分が売れて事務所内でわかんないですけど、言うたらトップぐらいの売上をあげるっていうことに私はそこに力をかけていきたいなって思うから。そっちの方がたぶん……格好つけられるなと思ったんですよね。きっと、辞めた時に。

(吉田豪)うん。

(百花)だからそんなに。

スポンサーリンク

特殊な会社・吉本

(吉田豪)キングコング西野さんとかにもそのへんの契約の話を深く聞いたことがあるんですけど、本当にだから特殊な会社だからいろいろ言われるのもわかるけど、でもこんなに自由にさせてくれるところもないし。全然、どう考えたっていいところの方が多いみたいなね。

(百花)結構、まあお金はもらえてもガチガチなところもあるじゃないですか。

(吉田豪)それこそ若手芸人のもらえなさとかは有名ですけど、その分のケアもあるという。

(百花)全部、別に割とゆるいところもあったりするし。私はそっちの方が楽しいかなと思って。

(吉田豪)なるほど。

(百花)誰が言ったんですかね、あれ?

(吉田豪)フハハハハハハッ!

(百花)ねえ。メンバー口調みたいな感じで。「元メンバー」って書いてましたね。

(吉田豪)そんな感じでしたね。

(百花)あの口調、誰かな? あんな口調、おったっけな? みたいな。ちょっとなんか変じゃないですか? まあ雑誌のノリっていう感じなんですけども。誰が言ったんやろうな? みたいな話をしましたよね(笑)。

(吉田豪)本当にね、僕が気を使う部分を積極的にいじるのがすごいですよね!(笑)。

(百花)アハハハハハッ!

(吉田豪)これ、横の並びを見ればわかるように、これ基本的に48系と吉本がやっているような番組ですよ!(笑)。

(百花)そういうのは積極的に言った方がいいんですよ。みんながなんか気にして黒歴史みたいにされる方がよくないですよ。

(吉田豪)言った方が風通しが絶対によくなりますよね。わかります、わかります。

(百花)でも、「誰が言ったんやろうな?」って思ってますよ、私は!

(吉田豪)不思議ですねえ。

(百花)あんな口調……誰やろうな?っていう感じですね。まあ、犯人探しはしないですけど。っていう感じですかね。

(吉田豪)そうですね。軽くいじった方が絶対にいいんですよ。

(百花)えっ、あれはみなさん、見たんですか? 奴隷契約って言われているやつって。

(吉田豪)まあ僕はすぐに百花さんに報告してね(笑)。「面白い記事が!」って。

(百花)ねえ。急に来て。なんや?って思ったら見たことがある契約書で「奴隷契約」って書いてあって。ああ、そうなんやって思って。気にしてなかったなっていう感じなんで。まあ、不満を持つ子はいるし、全く持たない子もいるから一概には言えないですけどね。

(吉田豪)私にとっては全然上手く?

(百花)はい。全然大丈夫です。誰ですか、あのコメント?(笑)。

(吉田豪)フフフ(笑)。

(百花)やめときます、やめときます(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました