スポンサーリンク

宇多丸 鈴木愛理への挨拶でおかした失敗を語る

宇多丸 鈴木愛理への挨拶でおかした失敗を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸さんがTBSラジオ『アフター6ジャンクション』のアイドル新譜紹介の中で鈴木愛理さん新作アルバム『Do me a favor』についてトーク。AbemaTVで鈴木愛理さんに挨拶をした際におかしてしまった失敗について話していました。

Do me a favor(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)

(宇多丸)じゃあ続きまして、これもアルバムなんですけど。鈴木愛理さん。最近、テレビスポットとかもガンガンね、「鈴木愛理を、覚えてください。」みたいな感じで。

(森田秀一)あのCMが話題になっていますよね(笑)。

(宇多丸)まあ、でも鈴木さんはもちろん大ベテランなわけですよ。もちろん℃-uteのメンバー、そしてBuono!のメンバー。ハロプロでずっと活躍していたし。もっと言えばあの、あぁ!のメンバーですよね(笑)。

(森田秀一)そうですね(笑)。

(宇多丸)「あぁ!」っていう1曲しか出していないのかな? ハロプロのユニットがあって。その時なんかまだ全然小さいの。

(森田秀一)子供ユニットですよね。9才とかそれぐらいだったと思うんで。

スポンサーリンク

あぁ!『First Kiss』

(宇多丸)そうそうそう。なんだけど、その時から鈴木愛理さんはその歳にしてすごい歌唱力があって。で、実は先日AbemaTVで私、『水曜 THE NIGHT』をやる時に鈴木愛理さんが前の番組に出てらっしゃったみたいで。私に「挨拶をしたいから……」っていうことで待っていてくださって。

(森田秀一)へー!

(宇多丸)で、ご挨拶をして、アルバムをもらったんですよ。そこで私、オタのありがちな失敗として……「℃-uteお疲れ様でした」とか「Buono!お疲れ様でした」とか言っておけばいいのに、「いやー、鈴木愛理さんといえばやはりね、あぁ!の頃から……」って。

(森田秀一)フハハハハハッ!

(宇多丸)「あぁ!の頃から圧倒的な歌唱力で……」って言ったら、だいたいそういうことをやるといままでの経験上、あんまり若い時のことまで掘り下げると向こうは引くんですよ。「えっ、だって私、全然子供ですよね?」みたいな。つまり、そういう目で見られる。そこの目が入ってきちゃうから、「いや、そういうんじゃないんですけど……」みたいなね、ことがございましたね。

(森田秀一)フフフ(笑)。

(宇多丸)ということで鈴木愛理さん。ソロデビューをされて。もともと歌がすごい人なんですけど、アルバムを出されて。『Do me a favor』っていうアルバムを出されて。これがまた森田くん、すごい全曲めちゃめきゃ……全曲方向性が違って全曲クオリティーが高いみたいな。

Do me a favor(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付)
Posted at 2018.6.26
鈴木 愛理
UP-FRONT WORKS

(熊崎風斗)へー! いろんな方向性でクオリティーが高い。

(宇多丸)ロックっぽい曲もあれば、いまっぽい感じのダンスミュージックっぽいのもあればっていう感じで。バラードもあるし。どれもやっぱり歌がめちゃめちゃ上手いし、歌いこなしていて。さすがな感じ、ありましたよね。

(森田秀一)やっぱりハロプロの最終型みたいな感じ、しましたけどね。

(宇多丸)だし、これ普通に女性シンガーとして同性とかにも絶対アピールするかなっていうような感じですかね。で、そのアルバムの中から、どの曲もすごくて。1曲だけこれがいい、あれがいいって言っても無意味な気がするっていうような書き方を『BUBKA』の連載でもしているぐらいなんですけども。まあ、このマブ論好みがするというかね……。

(森田秀一)宇多丸さんが好きなのは、これ!っていう。

(宇多丸)いかにも80’sエレポップというか、そういう感じですかね。プロデュースチームはK-POPチームですね。なのでK-POPっぽい感じではあると思います。なんだけど、すごい音色とかメロディーの感じがすごい、「80’sのツボ、わかってんな!」っていう感じの1曲です。お聞きください。鈴木愛理さんで『Good Night』。

スポンサーリンク

鈴木愛理『Good Night』

(宇多丸)はい。ということで鈴木愛理さんのアルバム『Do me a favor』から『Good Night』という曲をお聞きいただいております。いいですよねー。すごいレベルが高い。ちなみにそのAbemaTVで私、鈴木愛理さんとエレベーターホール前でご挨拶させていただきました。そしたらマズいことにその日の『水曜 THE NIGHT』のゲストが西恵利香さんだったんすよ。マズくないんだけど。まあ素敵じゃないですか。で、僕は大ファンですごく評価が高いんだけど西恵利香さんが僕が鈴木愛理さんに挨拶しているところを見ていたわけです。

(森田秀一)はい。

(宇多丸)最近、もう西恵利香さんのキャラとして完全にSっ気丸出しで俺をいじり倒してくるっていうのがあって。「宇多丸さん、本当に顔真っ赤だよ!」って。「私にああいう顔は見せたことがない!」みたいに言われて。「いやいや、西さんも素敵ですよ!」なんつって、しどろもどろになって言い訳をするというくだりがございました(笑)。

(森田秀一)フハハハハハッ!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました