スポンサーリンク

ピエール瀧と爆笑問題 石野卓球を語る

ピエール瀧と爆笑問題 石野卓球を語る 爆笑問題の日曜サンデー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ピエール瀧さんがTBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』にゲスト出演。爆笑問題のお二人と石野卓球さんについて話していました。

(太田光)あいうえお質問。「瀧」の「た」で来ました。「たのみごとをされたら断れないタイプですか?」。

(ピエール瀧)ええーっ? どうっすかね?

(太田光)「ここ、ちょっと保証人になってくださいよ」みたいな。

(ピエール瀧)まあ、なんとかしてあげようかなと思いますけども。

(太田光)ああ、親分肌なところ、あるんだね。

(ピエール瀧)ただ、自分にないところだったら、無視します。自分にどうにもできないことなら、無視します。そこ、だって関わっていてもしょうがないじゃないですか。

(太田光)「無視」って、聞こえないふりするの?

(ピエール瀧)いやいや、そういうわけじゃないけども。「できない」っつって。

(太田光)ああ、まあそりゃそうだよね。なんでも頼れるタイプな気がするからね。

(田中裕二)まあね。話しやすいだろうからね。

(太田光)2人はさ、電気グルーヴでずーっとやっていて、本当に仲がいいよね。

(ピエール瀧)そうですね。はい。

(太田光)全然方向性が違う風になっても、なんか、ねえ。年に1回はかならず、お正月かなんかに餅つきかなんか、やってんでしょ?

(ピエール瀧)フハハハハハッ! なんでですか! 逆にやりたいけど。それ、面白いから(笑)。

(太田・田中)フハハハハハッ!

(江藤愛)やってほしい(笑)。

スポンサーリンク

高校時代のツレに戻ればいい

(ピエール瀧)あの、もともとはだからさっき言ったように音楽好きで知り合った、高校時代のツレみたなもんなんで。それが仕事になった感じなので。結局最後はツレに戻ればいいっていうのがあるので。

ピエール瀧 高1の夏に石野卓球の家で受けた衝撃を語る
ピエール瀧さんがTBSラジオ『たまむすび』金曜日に出演。玉袋筋太郎さんと、高校1年生の夏に初めて訪れた石野卓球さんの家で聞いたNew Order『Blue Monday』に衝撃を受けた話をしていました。

(田中裕二)あれさ、いろんな映画とかドラマに出ているじゃない? ああいうの、卓球くんは見ているのかな?

(ピエール瀧)見る時もあるっつってました。

(太田光)「見てる」っつってた。

(田中裕二)ん? なんでお前が言うの? お前に言っていた?

(太田光)どっかで言ってた。

(田中裕二)「どっかで言ってた」って……話の腰を折るなよ! 適当なことを言って!

(ピエール瀧)フハハハハハッ!

(太田光)卓球はさ……。

(ピエール瀧)いまだに話の腰を折ることで怒られることがあるんですね(笑)。

(江藤愛)アハハハハハッ!

(太田・田中)毎日(笑)。

(ピエール瀧)話の腰折り屋ですもん。だってね。

(田中裕二)折り屋だから(笑)。

(太田光)あの、卓球の方は画面には出てこないの?

(ピエール瀧)いや、昔はよく出ていましたけどね。

(太田光)出たがりでしょう?

(ピエール瀧)出たがりは出たがりなんすけど……やっぱりほら、あの調子なんで。卓球くんも。太田さんみたいなもんじゃないですか。なんでちょっと通訳だとか、そういう人が必要になる瞬間があるんですよね。

(太田光)あるんだね。そうか(笑)。

(ピエール瀧)まあでも、面白いですし。

(太田光)お笑いとして、面白いもんな。

(田中裕二)本当。お笑いとしてすごい本当はやってほしい。

(ピエール瀧)僕、芸能界とかいろいろ見ていましたけど、あの男以上にぶっ飛んでるの、あまりいないですもんね。

(太田光)いないよねー。すごいよな。さっきのサブカルっていう話があったけど、まさにもうそういうところの頂点にいるよね。何をやっても新しいというかさ。

<書き起こしおわり>


https://miyearnzzlabo.com/archives/17175

タイトルとURLをコピーしました