スポンサーリンク

星野源と細野晴臣 Beach Boys『I Just Wasn’t Made For These Times』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

細野晴臣さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』にゲスト出演。星野源さんとお互いの選曲を聞き合うコーナーでザ・ビーチ・ボーイズ『I Just Wasn’t Made For These Times』、ザ・テンプテーションズ『I wish it would rain』を聞き、語り合っていました。



(星野源)では、選曲に参りましょう。このグループもたまにお話に出て。細野さんも好きだったというザ・ビーチ・ボーイズ。

(細野晴臣)うん。本当に好きですよ。はい。

(星野源)リアルタイムですよね?

(細野晴臣)リアルタイムです。中学生とか。ラジオを聞いていてヒットチャートに飛び込んできて。『Surfin’ USA』。

(星野源)衝撃でしたか?

(細野晴臣)衝撃でした。

(星野源)それまでにあんまりない感じ?

(細野晴臣)なかった。うん。

(星野源)僕は生まれた時にはもうスタンダード中のスタンダードになっていて。いろんな日本人のグループとかもニュアンスを真似したりとか、いろいろと取り入れている人も多かったので。なんかクラシックという感じなんですけども。やっぱり。でもその後、僕も大人になってたくさん聞くうちに、そのすごさというかヤバさというか。

(細野晴臣)それはね、いまだに僕もそうだね。いま聞いても発見があるんだよ。面白いグループ。

(星野源)そうですよね。僕、日本に前に来た時に前座やらしてもらったんですよ。

(細野晴臣)見に行ったよ!(笑)。

(星野源)それがいまだに信じられないんですよ。細野さんが客席にいて(笑)。

(細野晴臣)そう。見てた。見てたー。

(星野源)なんか、主催の方が誘ってくれたけど、なんか「ありがとうございます」っていう気持ちで(笑)。

(細野晴臣)いやー、めったにないことだよね。

(星野源)細野さんも好きだし、僕も好きで。でもあんまり一緒に曲を聞くっていうのはなかなかしたことがないので、今日はちょっと一緒に聞きたいなと思います。ザ・ビーチ・ボーイズで『I Just Wasn’t Made For These Times』。

スポンサーリンク

Beach Boys『I Just Wasn’t Made For These Times』



(星野源)お送りしたのはザ・ビーチ・ボーイズで『I Just Wasn’t Made For These Times』でした。

(細野晴臣)うん。いい曲だ。

(星野源)なんか切なくてすごい好きです。じゃあ、続いては細野さんの選曲を聞いてもいいですか?

(細野晴臣)ええと、なんでこれを選んだのか自分でもわからないんですけど(笑)。たしか数年前に「この曲、やっぱり好きだ!」って。昔から聞いていたんで。日本語にして歌ってみようかなと思っていた頃があったの。それをまだやってないんですけど。今度やろうかなと。ザ・テンプテーションズ。モータウンのスターです。まあ中ヒットしたシングルですけども。『I wish it would rain』っていう曲です。

The Temptations『I wish it would rain』



(星野源)お送りしたのは細野晴臣さんの選曲、ザ・テンプテーションズで『I wish it would rain』でした。最高でしたー。

(細野晴臣)最高でしょう? 好きそうだよね(笑)。

(星野源)はい。「ここ、リズムがいいんだよ」って細野さんがおっしゃっていて、本当にいいですね。

(細野晴臣)もうね、よくこれで踊っていたよ(笑)。

(星野源)へー!

(細野晴臣)当時、モータウン全盛期で。なんか、至るところで東京、踊るところがあったんだよね。で、大学の頃だったの。帰りによく寄って、これがよくかかっていたよ。うん。

(星野源)へー。それはディスコっていう言い方ですか?

(細野晴臣)ディスコって言葉はなかったんだよね。なんて言ったんだろう? よくわかんないね(笑)。

(星野源)いや、いいですねー。そのドラムのリズムのハイハットも普通に叩いているんだけどほとんど聞こえなくて。バスドラとスネアしかほぼ聞こえなくて。

(細野晴臣)それも全然力が入ってないんだよね。

(星野源)そう(笑)。「ドッタドッ♪」って。しかも2番からタンバリンが入ってきて。リズムがちょっと変わるみたいな。

(細野晴臣)あと、ギターのリフもね。

(星野源)うんうん! いいですねー。

(細野晴臣)いいね(笑)。

(星野源)なんて楽しい時間なんだ! いやー、僕、また買って深く聞きたいと思います。

(細野晴臣)そうですね。ぜひ聞いて。

(星野源)選曲、ありがとうございました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事