スポンサーリンク

宇多丸 Negicco Kaede『それもきっとしあわせ』を語る

宇多丸 Negicco Kaede『それもきっとしあわせ』を語る 宇多丸のウィークエンド・シャッフル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸さんがTBSラジオ『タマフル』の中でNegicco Kaedeさんが鈴木亜美さんの名曲をカバーした『それもきっとしあわせ』を紹介。絶賛していました。

(宇多丸)ということで、『ダンサブル』の曲は置いておいて、ひさびさに全然違う方向の曲をかけようかなということで。みなさんご存知新潟在住の3人組アイドルユニットNegicco。Negiccoさんも作品はね、毎回毎回日本ポップス史に残る名盤を残してくれておりますが、なんとメンバーのKaedeさん……Kaedeさん、ちょいちょいタマフルなんかも聞いていただいているようですね。Kaedeさんのファーストソロシングル『あの娘が暮らす街(まであとどれくらい?)』という曲が出ているんですね。

スポンサーリンク

Kaede『あの娘が暮らす街(まであとどれくらい?)』

で、これのカップリングがなんと、鈴木亜美 joins キリンジの『それもきっとしあわせ』という曲。これをカバーされているという。

これ、堀込高樹さん。この間、『ダンサブル』に収録されている『Diamonds』という曲の解説とか宇宙初オンエアーの際に来ていただいた時に、「Negiccoさんに最近、『愛は光』という曲を書き下ろしました」という。で、僕は「あれは素晴らしい!」と。要は、アイドルと応援する人の関係、その関係性の美しさみたいなのを両面から歌ったというのかな。本当にアイドル文化というものの光のサイドというか、素敵な面を見事に美しく切り取った名曲なんですけども。

スポンサーリンク

Negicco『愛は光』

その時に、「『それもきっとしあわせ』と本当に陰と陽の関係で完璧です!」みたいなことを僕はチラッと言ったと思うんですけども。

『それもきっとしあわせ』という曲は、鈴木亜美さんが2007年かな? リリースされた曲で。で、僕は実はこの番組が始まってすぐ。2007年5月5日に『それもきっとしあわせ』という曲で……当時、特集コーナーが30分枠だったんですよ。で、僕が1人でずっとしゃべるだけ。「鈴木亜美 join キリンジ『それもきっとしあわせ』は現代の『My Way』だ特集」という。で、これは『ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル “神回”傑作選 Vol.1』にも収録されていますけども。この番組を始めて最初に『タマフル』らしいっていうか、この番組らしい反響というか。すごくよかったという反響があった回なんですね。

鈴木亜美さんという人は非常に波乱万丈なキャリアを歩まれていて。途中では事実上干されているというかね、そんなような時もあったんですけど、そのキャリアを踏まえて、ある意味自分の足で歩むことを禁じられた存在であるアイドル。なんだけど、覚悟を持って踏む出す。ちょっともう恐ろしい歌詞なんですね。これを聞いていると。で、僕ははじめてこの曲を道端でイヤホンで聞いていて、もう号泣してしまって。で、いまこれ、歌詞を改めて聞き返すと、アイドルというものに対する愛情と、でも冷徹な視点を持ったある意味批評的な歌詞なんだけど、いま聞くと同時にある意味全ての……だから「夢 別名 呪い」の話ですよね。

たとえ不幸になっても、その道を歩みださざるをえなかった人の話って考えるとね、やっぱりすごく普遍的な射程を持った素晴らしい名曲だと思うんです。で、それをついこの間、『愛は光』を歌ったNegiccoのKaedeさんがカバーするというね。おそらくNegiccoさんね、結構僕のツボを着いてくるconnieさんのいろんな曲とかもあったりしますけども。Kaedeさん、おそらくひょっとしたらこれはタマフルリスナーとしても含めたこの選曲眼なのではないか。そんな妄想も働くような、見事な選曲じゃないでしょうか。

明日17日から限定版7インチレコードがタワーレコードで限定発売。20日から各配信サイトで配信開始ということなので、Kaedeさんカバーバージョン、ぜひこちらの方をお聞きいただきたいと思います。本当に、震えがくるほどの名曲をKaedeさんがカバーということでございます。お聞きください。Negicco Kaedeさんで『それもきっとしあわせ』。

スポンサーリンク

Kaede『それもきっとしあわせ』

ええ~ん、名曲すぎる~!っていうね。これ、Kaedeさんが所属するNegiccoの、要は地方ローカルアイドルとして10年以上……本当に苦難の道を歩いてきてっていう、そのNegiccoのキャリアと重ね合わせて聞いてもさらにね。だからNegiccoファンの方とかはこんな歌詞を歌われたらもう崩れ落ちるしかないよね。これね。素晴らしいカバーじゃないでしょうか。こちらも味わい深いですね。ということで、Negicco Kaedeさんのファーストソロシングル『あの娘が暮らす街(まであとどれくらい?)』のカップリング『それもきっとしあわせ』のカバーをお聞きいただきました。明日17日から限定版7インチレコードがタワーレコードで発売。20日から各配信サイトで配信開始ということでございます。今日は結構あれですね。うちの番組らしからぬ、なんかいい雰囲気が。この後はもう下の下の展開(投稿コーナー「低み」)が待っていますからね。お楽しみください。

<書き起こしおわり>

それもきっとしあわせ
Posted at 2018.4.7
Kaede
T-Palette Records
タイトルとURLをコピーしました