スポンサーリンク

DJ YANATAKE Ayo &Teo『Rolex』と「#rolexchallenge」を語る

DJ YANATAKE Ayo &Teo『Rolex』と「#rolexchallenge」を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中で最新ダンスチャレンジ曲、エーヨー&テオの『Rolex』を紹介していました。

(DJ YANATAKE)はい。ヤナタケ最後のターンになりますけども、やっぱりね、ダンスチャレンジ物! 僕、数々この番組でもダンスチャレンジ物を紹介しておりますけども、いまいちばんホットなのはこれなんじゃないか? ということで、エーヨ―&テオというユニットの『Rolex』という曲です。またね、ハッシュタグがいいんですよ。「#rolexchallenge」(笑)。

(渡辺志保)(笑)。もうどんどんおままごとみたいになってますけども。

(DJ YANATAKE)で、歌詞とかもさ、ロレックスのことを「Rolly」って言ったり。あと、イマドキのヘッズ感がすげーあって。ミーゴスとかレイ・シュリマーのラインをリファレンスにして。そういう歌詞なんかもちょいちょい入ってきて面白いんですけども。まあでも、このコンビ、出てき方が面白くて。いままではダンスチャレンジを投稿する側だったんだよ。

(渡辺志保)おおっ、なるほど、なるほど。

スポンサーリンク

ダンス動画投稿者が曲をリリース

(DJ YANATAKE)で、いままでいろんなヒット曲のダンスを自分たちで踊る。ダンサーなんだよね。それをいっぱいYouTubeにアップしてきた。それで人気が出て、今度逆に自分たちもデビューしちゃったっていうパターン。

(渡辺志保)そうなんですね。新しいジェネレーションっていう感じですね。

(DJ YANATAKE)今度はだからダンスをね、チャレンジさせる側になったっていう感じなんですけども。いまさ、全然関係ないかもしれないけど、ブルゾンちえみっているじゃないですか? あの人が曲を使っているさ、オーティス・マホーンってアーティストがいて。その人の2年前ぐらいの曲がいま、日本のiTunesチャートで上がってきているなんて言ってますけども。


(DJ YANATAKE)オーティス・マホーンさんももともとはいろんなビルボードのベストテンのヒットを自分でカバーして、それをバンバンYouTubeに投稿すると流行りの曲だからみんな検索するでしょ?

(渡辺志保)「歌ってみた」みたいなね。

(DJ YANATAKE)そうそう。で、「なんだ、こいつは?」みたいにデビューしたオーティス・マホーンさんみたいな例もありますし。まあ、ジャスティン・ビーバーとかもね。

(渡辺志保)そうね。もともとYouTubeだったもんね。

(DJ YANATAKE)そういう感じで今度はね、ダンスチャレンジからスターが生まれたというわけで。この曲をチョイスしてみました。聞いてください。エーヨー&テオで『Rolex』。

スポンサーリンク

Ayo & Teo『Rolex』

(DJ YANATAKE)はい。聞いていただきましたのはエーヨー&テオで『Rolex』。「#rolexchallenge」で……。

(渡辺志保)みなさんもね、ビデオをチェックしてみてください。

(DJ YANATAKE)はい。チェックしてみてください。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました