スポンサーリンク

松尾潔 Alicia Keys『She Don’t Really Care』を語る

松尾潔 Alicia Keys『She Don’t Really Care』を語る 松尾潔のメロウな夜
スポンサーリンク
スポンサーリンク

松尾潔さんがNHK FM『松尾潔のメロウな夜』の中でAlicia Keys『She Don’t Really Care』を紹介していました。

(松尾潔)改めまして、こんばんは。松尾潔です。11月の放送は今週と来週、あと2回ありますがこの2週間は『メロウなホリデーソング』と題しまして、ホリデーソング、クリスマスソング。そういった冬ならではのメロウなR&B。時にゴスペルも交えてお届けしたいと思います。ですが、いきなり看板に偽りありなんですけども。この曲だけはまず聞いていただきたいと思いまして。アリシア・キーズ通算6枚目ですね。6枚目のオリジナルアルバムの中から1曲、まずはご紹介したいと思います。アルバム・タイトル『Here』といいます。アリシア・キーズのジャケット写真、いつもとちょっと雰囲気が違うなという風に感じるんですけどもね。

もともとの縮毛がブワーッと、いわゆるアフロな感じで広がっていまして。そしてよくよく見ると彼女、これノーメイクですね。で、最近聞いたところによりますとアリシア・キーズっていう人は公の場にもほぼ、ノーメイク。すっぴんで登場しているそうで。いろんな彼女の中での新しい目覚めとかがあったんでしょうね。そういった人生というよりもライフスタイルを変えつつあるアリシア・キーズの新しい自分が詰まったアルバム『Here』の中から、あまりにもこの曲がかっこいいので、今日のホリデーソング特集に無理やり押し込みました。聞いてください。アリシア・キーズで『She Don’t Really Care』。

スポンサーリンク

Alicia Keys『She Don’t Really Care』

『メロウなホリデーソング』と題してお届けしております今夜の『松尾潔のメロウな夜』。いきなりホリデーソングではございません。とっておきの新曲をまずお聞きいただきました。アリシア・キーズの6枚目のアルバム『Here』の中から『She Don’t Really Care』。これ、アルバムの中では『She Don’t Really Care_1 Luv』と長いタイトルで収められているんですが、いま聞いていただいた前半部分を『She Don’t Really Care』。後半を『1 Luv』という風に呼んでいるみたいですね。で、曲の半ばからそれはそれはメロウなビブラホーンが聞こえてまいります。ビブラホーンの調べは本当にこの夜の時間に合いますね。夜のしじまに溶け込むようなメロウな響き。もう、ビブラホーンと言えばこの人、ロイ・エアーズですね。

ロイ・エアーズは90年代はメアリー・J.ブライジの作品でもフィーチャーされていましたし。何年に一度か、R&Bシーンでロイ・エアーズ再評価のムーブメントが起きるんですが、ここではそのプレイのみならず、結構後ろでペチャクチャ喋っていますね。そのペチャクチャしゃべっている感じのロイ・エアーズっていうのはロイ・エアーズファンからするとおなじみなんですよね。彼はヘタウマな歌も歌いますけども、基本的にはビブラホーンと語りの人ですね。アリシア・キーズ、よくわかっております。プロデュースを手がけるのは、アリシア自身、そしてアリシアの夫であります凄腕DJ、スウィズ・ビーツ。このビートは90年代のヒップホップを好きだった人にはたまらない……アリシア・キーズのアルバムの中で僕本当にこの曲だけを何回も何回も聞いていますけどもね。『メロウな夜』にぴったりかと思ってご紹介いたしました。

さて、いまBGMで流れておりますのはそのアリシア・キーズ『She Don’t Really Care_1 Luv』のネタのひとつになっておりますね。ナズの『One Love』という曲。

アリシアはこのアルバムの中にナズ本人を迎え入れてアルバムの中のインタールード、スキットの中でナズとの会話なんかも入れてましてね。この番組でたびたび繰り返してまいりました、90年代懐古っていうのをよりストレートな形で表現したんじゃないかなという風に見受けられます。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました