スポンサーリンク

宇多丸 RHYMESTER『噂だけの世紀末』カバーを語る

宇多丸 RHYMESTER『噂だけの世紀末』カバーを語る 宇多丸のウィークエンド・シャッフル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸さんがTBSラジオ『タマフル』の中で、アルバム『再建設的』でRHYMESTERがいとうせいこうさんの『噂だけの世紀末』をカバーした件を紹介し、曲をオンエアーしていました。

(宇多丸)ここで今夜、さらにもう1曲、曲をお聞きいただきたいと思います。しかもこれ、宇宙初オンエアー。これ、わかっていたら先週から告知していたんですけどね。宇宙初オンエアー曲、行かせていただきたいと思います。なにをかけるか? と言えば、先週もお話しましたね。この9月21日に発売になります、いとうせいこうさんがかれこれ30年前に出した『建設的』というアルバムのトリビュートアルバム。まあ、いとうせいこうさんへのトリビュートアルバムということで、『再建設的』というアルバムが9月21日に発売されるわけですが。そこに我々、RHYMESTERも参加させて頂いております。

で、この参加させていただいた曲をさっそく……いとうさんの曲を我々がカバーしているわけなんですけど。非常に、しかもね僕、まだね他の音源を聞けていないんだけど。たぶん他の人よりもかなり、特にラップ曲の中では恐らく相当忠実なカバー。ブレスポイントまでかなり忠実な、みたいなカバーをやらせていただいております。曲は『建設的』に入っていた曲じゃないんですけども、『噂だけの世紀末』というね。後に『MESS/AGE』という89年のアルバムに収録されている曲です。

ちなみにいとうさんとの対談。先週もこれ、言いましたけど。水曜日に読売新聞の夕刊にすでに掲載されまして、もう2万字ぐらいのフル尺版が読売新聞のPOP STYLEのWEB版の方に載っております。こちらも、この曲を聞いて興味を持った方はぜひ見ていただきたいと思います。

宇多丸 いとうせいこうとの読売新聞での対談を語る
宇多丸さんがTBSラジオ『タマフル』の中で、2016年8月3日の読売新聞夕刊に掲載予定のいとうせいこうさんとの対談について話していました。

ちなみに、元はヤン富田さんがサンプリングで作ったトラックなんですよね。で、そのトラックを今回Mummy-D(Mr.Drunk)プロデュースというもとで、SOIL&”PIMP”SESSIONSというね、我々とね、『ジャズィ・カンヴァセイション』という名作と言っていいコラボ曲を残した素晴らしいジャズグループですけども。

スポンサーリンク

『ジャズィ・カンヴァセイション』

SOIL&”PIMP”SESSIONSのホーン抜き組でJ.A.Mというユニットがありまして。ピアノ/キーボードの丈青くんと、ベースの秋ちゃん(秋田ゴールドマン)と、ドラムのみどりんというこの3人が頭文字を取ってJ.A.Mというユニットをやっていて。このJ.A.Mに演奏をお願いしたのをMummy-Dが組み直して……というような作り方をしております。で、どのような味付けになっているか? 元が要するにいとうさんがね、超ロングバースを1人で突っ走るというかっこよさだったんですが、これを2MCのRHYMESTERでどのように料理したか? いとうさんもびっくりしたという、歌詞の自然に入っていっぷりとか。ブレスポイントまで忠実に。ブレスポイントと、あとエモーションのカーブ。だんだん気持ちが上がっていくカーブまで、忠実にカバーした1曲でございます。

忠実だけど、全然変わっているというあたり、お聞きください。RHYMESTERバージョンでお聞きください。宇宙初オンエアーです。『噂だけの世紀末』。

(曲終わり)

はい。頭とケツのノイズは作者の意図でございます。RHYMESTERのカバーバージョンでお聞きいただきました『噂だけの世紀末』でございます。2MCならではの、ちょっと景色の広げ方をしてみたという作品でございます。いかがだったでしょうか? こちらが収録されたいとうせいこうさんトリビュートアルバム『再建設的』、9月21日発売となっております。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました