スポンサーリンク

ジェーン・スーと赤江珠緒 朝のラジオ後の初クロストーク

ジェーン・スーと赤江珠緒 朝のラジオ後の初クロストーク ジェーン・スー 生活は踊る
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2016年4月11日に放送開始となったTBSラジオ 朝の番組『ジェーン・スー 生活は踊る』。初回放送のエンディング部分で後番組の『赤江珠緒たまむすび』の赤江珠緒さんとジェーン・スーさんが初めての番組間クロストークを披露しました。

(ジェーン・スー)ここでメールをいただいております。(メールを読む)「スーさん、堀井さん、わっしょいです。初回、多少の緊張感は伝わりますが、初回の赤江珠緒さんの『たまむすび』よりかなり良い出来です。赤江さんは番組に慣れるまで1クールぐらい使いました。初回は聞いている方が緊張で泡を吹きそうでしたよ。良い感じでゆったりしゃべれているので感心しています。これからも聞きますので、よろしくお願いします」ということで、ありがとうございます。そしてスタジオのカーテンが開きまして、どうもー!赤江さん。

(赤江珠緒)わっしょーい!

(堀井美香)わっしょーい!

(ジェーン・スー)わっしょいでつないでいきましょう。今日は。

(カンニング竹山)上出来ですよ。

(赤江珠緒)いや、でもさすがの堀井さんとス―さんの安定感で。楽しく聞かせていただいております。

(ジェーン・スー)いやいやいや。カーテンが開きまして、1時からは赤江珠緒の『たまむすび』。月曜日のパートナーはカンニング竹山さんです。どうも、はじめまして。

(カンニング竹山)はじめまして。竹山です。

(赤江珠緒)よろしくお願いします。新番組、おめでとうございます。

(ジェーン・スー)ありがとうございます。

(赤江珠緒)いやー、いいですね。でもね、なんかずーっとこう、普段の『相談は踊る』の感覚で聞いていると、もう朝、バタバタね、自分が動くリズムを全部間違えちゃって。大変でしたね。

(ジェーン・スー)そうかそうか。土曜の夜だと思って。

(赤江珠緒)そうそうそう。「あ、私、行かなきゃいけないのに……」みたいな。

(堀井美香)だいぶズレてますよね(笑)。

(ジェーン・スー)だいぶズレてる。しっかり、しっかり!(笑)。

(赤江珠緒)こちら、こんな感じで。

(ジェーン・スー)今日は、何をやるんですか?

(赤江珠緒)えっ? 今日はですね……(笑)。

(カンニング竹山)何年目だよ!?

(赤江珠緒)うちのことは何も考えてなかったな(笑)。うちはですね……

(カンニング竹山)あの、『竹山、ガム買ってきて』っていうコーナーとかね。

(赤江珠緒)あ、『竹山、ガム買ってきて』で赤江バンド、ポンコッツからの報告とかですね。3時からはコラムニスト小田嶋隆さんのコラムなどがございます。

(ジェーン・スー)じゃあ今日も、がんばってください。

(カンニング竹山)がんばります(笑)。

(ジェーン・スー)はい。わっしょいで。

(赤江珠緒)よろしくお願いします(笑)。

(ジェーン・堀井・竹山)よろしくお願いします。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました