スポンサーリンク

甲本ヒロト 生きててよかった10個の事柄

甲本ヒロト 中村獅童結婚式の名スピーチを語る エレ片のコント太郎
スポンサーリンク
スポンサーリンク

甲本ヒロトさんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』にゲスト出演。番組の名物コーナー用に、自身がいままでの人生で『生きててよかった』と感じた10個の事柄をまとめ、披露していました。

(やついいちろう)生きててよかった10個の事柄


BGM ルイ・アームストロング『What A Wonderful World』

(やついいちろう)生きててよかったなと思えたことを10個送ってもらうコーナーでございますが、今回スペシャルウィークということで、ゲストの甲本ヒロトさん!生きててよかった10個の事柄を今日は書いてきてもらって。

(今立進)書いてきていただいて。

(片桐仁)すいません。

(甲本ヒロト)これ、やっぱりね、やついさんに読んでほしいんですよね。

(やついいちろう)あ、僕が読んだほうがいいですか?

(今立進)ヒロトさんが読むんじゃなくて?

(甲本ヒロト)僕がリスナーとしてこれに送ってきたと。

(今立進)投稿したと。いや、これは光栄なことですよ。

(甲本ヒロト)一応ラジオネームないんですけど。もう出ちゃっているんで。

(今立進)(笑)。ヒロトさんでいいですね。

(やついいちろう)私が読んだようがいい。じゃあ、ヒロトさんが送ってくれましたよ。これ。東京都のヒロトさんが。ステッカー、なるか?っていうね。

(片桐仁)いや、あげろよ!

(今立進)ここは難しいですからね。

スポンサーリンク

碑文谷のダイエーで・・・

(やついいちろう)本当に全部書いていただいて。ありがとうございます。じゃあ、ヒロトさんの生きててよかった10個の事柄を、私が読ませていただきますね。まず、1つ目ですね。『20年くらい前、碑文谷のダイエーで川崎麻世とカイヤを見かけた』。

(やつい・今立・片桐)(爆笑)

(今立進)もうめちゃめちゃ・・・1個目で!?(笑)。

(やついいちろう)『テレビとおんなじだ!生きててよかった!』。

(今立進)あ、ちゃんと、書き方も!

(やついいちろう)すごい。やっぱり、聞いてくれているから。碑文谷のダイエー(笑)。

(今立進)めっちゃうれしかったんすか?この時?

(甲本ヒロト)ええ。大きい声で『マヨ!マヨ!』って。

(片桐仁)目立っていたでしょう?おっきいし。2人とも。

(甲本ヒロト)なんかね、うれしかった。

(片桐仁)生きててよかった10個に入ってきます?それ。

(やついいちろう)いま、見れませんしね。この2人を。

(今立進)たしかにね。なかなか歩いてないでしょうからね。

(やついいちろう)テレビとおんなじだ!っていう。

(片桐仁)たしかに、20年ぐらい前の印象、ありますね。90年代後半とか。

(やついいちろう)もう20年ぐらい前ですよ。これが1個目ですから!これは楽しみ!

(今立進)これはちょっと、ステッカー近づいてるんじゃないかな?

(やついいちろう)はい。想像と違いますね。やっぱり(笑)。2つ目です。『やっぱり20年くらい前。碑文谷のダイエーで・・・』。

(やつい・今立・片桐)(爆笑)

(やついいちろう)『ダンプ松本とアニマルがクレープを食べていた。ものすごい存在感。生きててよかった!』。

(今立進)これはすごい!

(片桐仁)めちゃめちゃ来る。アニマル浜口さん?

(甲本ヒロト)いや、違います。野球の。

(片桐仁)亜仁丸レスリー?ええーっ!?それ、20年どころじゃないんじゃないですか?

(やついいちろう)クレープを食べていた!?

(今立進)すごいなー!

(やついいちろう)碑文谷のダイエー、ヤバいな!

(今立進)あったなー、20年前!

(やついいちろう)これ、どっちが?麻世さん、カイヤさんの後ですか?

(甲本ヒロト)ああー。同じ時期なんですよね。

(今立進)立て続けにだから、覚えてるんですね?

(甲本ヒロト)そうなんですよ。

(やついいちろう)『今日もまた、カイヤに会えないかな?』と思って。

(今立進)行ったらなんと・・・ダンプ松本?あの、かわいい感じの顔ですか?メイクを取って。

(甲本ヒロト)かわいい感じで。

(やついいちろう)デートしてたんですかね?

(今立進)なんだろね?

(甲本ヒロト)かっこよかったですよ。

(今立進)クレープを食べて。

(甲本ヒロト)子供たちに囲まれてましたよ。

(やついいちろう)ああー!

(今立進)いや、すごいな。ちょっと、どうなるんだろう?これ。

スポンサーリンク

恵比寿の蕎麦屋で・・・

(やついいちろう)3つ目ですよ。『いつだったか忘れちゃったけど、恵比寿の蕎麦屋に、TOKIOの長瀬そっくりな人がいた』。

(今立・片桐)(爆笑)

(片桐仁)誰かに会った話ばっかりじゃん!

(やついいちろう)『浜崎あゆみそっくりな人もいた。豪華なそっくりカップル!生きててよかった!』。

(今立進)違うかな?

(片桐仁)当時、噂になっていた頃かな?彼女も似てるし、彼氏も似てるけど、ぜんぜん違う?

(やついいちろう)そっくりカップル、見れちゃった!

(今立進)これはなかなかレアですよ。逆に。本人よりも。

(やついいちろう)すごい。やっぱり芸能人に会う時に、『生きててよかったな』って思うんですね。

(今立進)そうですね。ヒロトさんがそう思うんですね。結構。

スポンサーリンク

後楽園ホールのエレベーターで・・・

(やついいちろう)4つ目ですね。『後楽園ホールのエレベーターでクラッシャー・バンバン・ビガロと一緒だった。大好きなレスラーと同じ空気を吸えた。生きててよかった!』。

(今立進)いや、でもなかなかないですよね(笑)。

(やついいちろう)これはでも、本当にうれしい。大好きなレスラー。

(甲本ヒロト)普通に乗ってきたの。

(今立進)へー!

(甲本ヒロト)『ブーッていうのかな?』と思ったら、大丈夫だった。

(今立進)大丈夫だった。レアですねー。

(片桐仁)デカかったですか?バンバン・ビガロは?

(甲本ヒロト)デカかった。頭の刺青、すごかった。

(片桐仁)ああー!そうだそうだ。バンバン・ビガロが日本に1回、クロックスを流行らせようとして失敗した話、知ってます?

(甲本ヒロト)知らない。そんな話は。

(片桐仁)ビガロシューズみたいに輸入をしようとしたんですよ。

(甲本ヒロト)へー!本当?

(片桐仁)で、1回失敗したんですよ。うちの社長が言っていた。

(やついいちろう)ああ、そうなの?結構、プロレスラーの人ってなんか持ってくるね。タバスコとかね。

(甲本ヒロト)猪木さん(笑)。

(やついいちろう)そうですよね。タバスコとか。

(片桐仁)大ブームのほんの何年か前に。

スポンサーリンク

渋谷で信号待ち

(やついいちろう)へー!すごい。そういうのもあるんだね。経営者なんだな。じゃあ、5つ目ですね。『渋谷で初代タイガーマスク、佐山サトルが信号待ちしていた。めちゃくちゃかっこよかった。生きててよかった!』。

(今立進)(笑)。してるでしょうけど。

(やついいちろう)めっちゃ会ってますね。

(片桐仁)いつぐらいですか?

(甲本ヒロト)それもずいぶん前ですね。もう10何年前ですね。

(片桐仁)シュートボクシングになってから?

(甲本ヒロト)はいはい。もうプロレスからはちょっと退いて。はい。

(今立進)いやー、プロレスラーは本当、会ってますね。やっぱりアンテナを立ててるんでしょうね。プロレスラーは。

(甲本ヒロト)いた!みたいな。

(片桐仁)もうシルエットで違いますもんね。横幅が。

(甲本ヒロト)違う違う違う。

(やついいちろう)じゃあ、続いていきましょうか。これで6つ目ですね。『あと、これは僕の話じゃないんだけど・・・』。

(今立進)(爆笑)。いやいや、もう6つ目ですよ。これ、まだ。もう、ないっすか?これ、『僕』の話じゃないの?

(やついいちろう)『これ、僕の話じゃないんだけど。車を運転中にドン荒川に道を譲ってもらったらしい。うらやましい!生きててよかった!』。

(今立進)(爆笑)

(片桐仁)それ、本当にドン荒川ですか?

(甲本ヒロト)ドン荒川ですよ!

(やついいちろう)誰の話かわからないですけど・・・

(今立進)それを聞いた時に、『生きててよかったね』って思ったんですね。

(甲本ヒロト)思った。思った。

(やついいちろう)続いて、また。『あと、これも僕じゃないんだけど・・・』。

(今立進)(爆笑)

(片桐仁)ヒロトさん。ヒロトさん!

(今立進)もうぜんぜん出てこない(笑)。

(やついいちろう)『青山で1日のうちに何度も何度もジャッキー・チェンに会ったことがあるらしい。あまりうらやましくなかったけど、生きててよかった!』。

(今立進)(笑)。絞り出しちゃってるじゃん!ヤバい。あと3つもあるよ?

(やついいちろう)ヤバくない?ジャッキー・チェンに何度も何度も。

(今立進)これ、うらやましくないですか?

(甲本ヒロト)曲がり角を曲がるたびにいるんだって。

(やつい・片桐)(爆笑)

(今立進)嘘でしょ!?

(甲本ヒロト)やっぱり動きが早いんだろうね。

(片桐仁)何度も何度も?何人かいるんじゃないか?って。

スポンサーリンク

西城秀樹のバックで・・・

(やついいちろう)続いて8個目ですかね。『次は自分のことで申し訳ないんですが、西城秀樹さんが「ギャランドゥ」を熱唱するバックでバックダンサーとしてテレビに映った』。

(今立進)ええーっ!?(笑)。

(片桐仁)これ、すごいじゃないですか!?

(やついいちろう)『秀樹さんはどうだったかわからないけど、僕は最高だった。生きててよかった!』。

(今立進)これ、どういうことですか?

(甲本ヒロト)これね、なんか歌番組。2週撮りだったんですね。で、僕たちは2週目に出る予定で待機していたの。で、『いま1週目がまだやってます』『誰がやってるんですか?』『秀樹さんです』『へー、秀樹さん。いいなー。踊りてえなー』って言ったら、踊らせてくれたんです。

(片桐仁)えっ?『出ます?』って言われて?

(甲本ヒロト)『ああ、じゃあどうぞ』って。

(今立進)えっ?それ、放送されたんですか?

(甲本ヒロト)されたんです。で、僕らはだからその回、前のバンド、THE HIGH-LOWSやっていた時なんですけど。僕らはその日、出演してないんだけど。秀樹さんが『ギャランドゥ』を歌っている時に、後ろをヒョコヒョコヒョコヒョコ・・・

(今立進)周りの他のダンサーの方もいらっしゃった?

(甲本ヒロト)いないんですよ。

(やつい・今立・片桐)ええーっ!?

(甲本ヒロト)そん時はね。その瞬間は。

(今立進)めっちゃ目立つじゃないですか。

(甲本ヒロト)ウワーッ!って出てきて。下に『踊り:THE HIGH-LOWS』って。

(やつい・今立・片桐)(爆笑)

(片桐仁)メンバー全員で!?『ギャランドゥ』を?

(今立進)『くやしいけれど♪』って?

(片桐仁)歌番組、ちなみになんて歌番組ですか?

(甲本ヒロト)2週撮りだったんですよ。

(片桐仁)ミュージックステーションとかではない?

(今立進)そうか。生じゃない。

(やついいちろう)みんな出てきたってことですよね?

(甲本ヒロト)全員。5人でやったんですね。

(片桐仁)そん時、秀樹は何か言ってたんですか?

(今立進)知らない?一応、事前に?

(甲本ヒロト)まずリハーサルの時に『じゃあ1度、来てみなよ』って言われて、ちょっと激しくやったんですよ。したら、『ちょっと全員、楽屋に来てくれない?』って呼ばれて。

(やついいちろう)秀樹さんにですか?

(甲本ヒロト)はい。ほんで、まあ秀樹さん、座っていてね。で、僕たち5人、立っていて。

(やつい・今立・片桐)(笑)

(やついいちろう)師匠から説教されるみたいじゃないですか!(笑)。

(甲本ヒロト)そう。その感じ。気を付けして。いや、優しいんだよ。『君たちはね、うん!立っているだけですごく存在感とインパクトがある。だから、あんまりやらなくていい』って言われたの(笑)。

(今立進)そうかそうか。だから、ちょこちょこ動くぐらいで。

(片桐仁)出ちゃダメとは言われなかったんですね。

(甲本ヒロト)言われなかった。抑えめにやったんだね。

(今立進)これはなかなかできないですよ!

(やついいちろう)秀樹さんのバックダンサーにTHE HIGH-LOWSが出たって、すごい話ですね、それ!ぜんぜん知らなかった。

(片桐仁)You Tubeとかになる前だよね。

(今立進)そうだね。ネット状況がね、まだね。

(片桐仁)見れるんですかね?どっかでね。

(今立進)上がっているかもしれない。

(甲本ヒロト)ああ、いま見たい。僕。

(やついいちろう)1回、秀樹さんの楽屋に行って(笑)。

(今立進)ちょっともらって。

(片桐仁)で、『本番、たのむよ』って言われて(笑)。

(今立進)すごい。秀ーズジュニアとして(笑)。踊ったわけでしょ?(笑)。

(片桐仁)秀ーズって、踊りがひどいみたいじゃん(笑)。

スポンサーリンク

片桐仁と・・・

(やついいちろう)9個目ですね。『共通の知人の紹介で、片桐仁さんに会った。殴られるんじゃないか?と思って身構えたけど、世間のイメージと違い、接しやすい感じで、いい人だなと思った。なんと、iPhoneケース、鯛フォンをプレゼントしてくれた。いままで変態だと思っていたこと、謝りたい。これからも仲良くしてください。新しい友達ができた。生きててよかった!』。

(今立進)よかったよかった(笑)。

(やついいちろう)うわー、いいな、これ。

(片桐仁)入れてくれて、うれしいな。

(やついいちろう)鯛フォンを?

(甲本ヒロト)持ってますよ。

(片桐仁)ヒロトさん、いっつも手ぶらだったんですけど。鯛フォンをお渡ししたら、使ってくれたんですよ。使ってくれていて。そのためにカバンを持ち歩くようになったっていう。

(やついいちろう)うわっ、本当だ!

(今立進)もうデカいですもんね。

(片桐仁)カバンに鯛フォンしか入ってないですから。

(やついいちろう)ヒロトさん、鯛フォンを使ってらっしゃるんですね。

(今立進)本当だ。キレイな色で。またいいじゃないですか。

(甲本ヒロト)1ヶ所、ちょっと欠けちゃったんですよ。

(今立進)欠けちゃいましたか。

(やついいちろう)すごい!使っていただいてるんだ。

(今立進)素晴らしい。

(片桐仁)ちょっと危ないんですけどね。

(今立進)もう鯛フォンしか入ってないんですか?あのカバンは。

(片桐仁)基本、鯛フォンだけです。専用ケース。

(甲本ヒロト)僕、いつも手ぶらだったんですよ。鯛フォン持つようになってから、カバンをね。

(今立進)逆に邪魔なんじゃねーか!

(片桐仁)それは本当、申し訳ないんですけど。

(やついいちろう)すごいね。もう野崎くん、ちょっとなんか・・・

(片桐仁)いいでしょ?あれの兄弟機もありますから。いま、鰈フォンになりましたから。鰈フォン6Plusと鯛フォン5ですから。

(甲本ヒロト)これね・・・

(野崎くん)動物の頭ですか?

(片桐仁)動物の・・・

(野崎くん)これ、すごい。待受がいま・・・

(片桐仁)鯛の骨なの。

(今立進)それにすればね。たしかに。

(野崎くん)目も、すごいですね。

(やついいちろう)野崎くん。それ、死んでるから大丈夫だよ。

(今立進)生がないからね。

(片桐仁)口は人間の口なんだけどね。微妙に。

(やついいちろう)いま、舌をペロッとしたでしょ?(笑)。舌ペロッですよ。

(今立進)死をナメましたね(笑)。

(やついいちろう)すごい。ヒロトさん、鯛フォン使ってる。

(片桐仁)そうなんだよ。いままで、使ってくれた人、いないですよ。

(やついいちろう)じゃあ、もう1個です。10個目。『鯛フォンをもらってしまった流れで、エレ片出演を断りきれなかった』。

(今立・片桐)(爆笑)

(やついいちろう)『新譜発売直後で、間もなく始まるツアーの準備も大変な時なのに。仕方なく承諾してしまった。ああー、まあいいか!とりあえず、生きててよかった!』。

(今立進)いやー、オチまで最高ですね(笑)。

(やついいちろう)気持ちが全部入ってるじゃないですか。うん。

(今立進)全部入ってるね。いや、片桐さんのおかげですよ。

(片桐仁)いやいや、つながりましたね。この番組がね。タイミングもよかったですから。

(やついいちろう)さすが。鯛フォンをガッと渡したことによって。

(今立進)そうか。たしかにこれは一点ものに近いですからね。

(片桐仁)鯛フォンを送りつけましたから。

(やついいちろう)断り切れない。いちばん大変な時なのに。もう、しょうがねえや!って。すいません。本当、ありがとうございます。

(今立進)やっぱりそういう気持ちがあったんですね。

(やついいちろう)10個です。これ、ヒロトさん。

(甲本ヒロト)生きててよかった!

(やついいちろう)ステッカーです!

(甲本ヒロト)やったー!

(一同)(拍手)

(やついいちろう)(笑)。いやー、面白かったなー。

(今立進)たしかにね。

(片桐仁)いままで会ったスターのことをいろいろ思い出しちゃったんですね。これで。

(今立進)野崎くん、ちなみに最近なんか生きててよかったこと、あります?

(野崎くん)生きててよかったこと?1個でも?あの、友達の赤ちゃんが1才になった。

(今立進)(笑)。かわいらしい!

(野崎くん)いま、ねこちゃんレコードっていう社長をやっているんですよ。赤ちゃんが。

(今立進)赤ちゃんが社長やってんの?よくわかんないけど。

(片桐仁)ねこレコード?それ、ふざけてんの?本当にあるやつ?

(野崎くん)別に株式とかじゃないですよ(笑)。

(今立進)まあ、かわいらしいけどね。いいことありますね。

(野崎くん)僕も感じました。1才だけでもこんなにうらしいなら、自分ももっと楽しく生きようって。

(やついいちろう)ああー。なんか、いいこと言ってる感じがするな。野崎くんは。常に。

(野崎くん)だからみなさんももし、1才、歳とったら『よかった』って。

(今立進)そっか。1才の赤ちゃんと同じようにね。

(甲本ヒロト)でもね、お誕生日にね、1通もメールが来ないんだよ?

(今立進)(笑)

(やついいちろう)本当ですよ。俺だよ。俺だよー!

(野崎くん)でもまだ、死んだ時っていうのがありますから。

(やついいちろう)殺すんじゃねーよ!

(今立進)(笑)。

(やついいちろう)どんなフォローだよ?野崎くん!野崎くん、なに?そのフォロー?

(今立進)かぶせになりますから(笑)。

(片桐仁)誰も来なかったらね。面白いですから。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました