スポンサーリンク

TBS上村彩子アナ ロケでサメに噛まれた裏話

TBS上村彩子アナ ロケでサメに噛まれた裏話 TBSラジオ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

TBSの上村彩子アナウンサーがTBSラジオ『TOKYO JUKEBOX』の中で夕方の情報番組で木更津の海の漁の取材に行き、そこでドチザメというサメに噛まれた話をしていました。

(上村彩子)では、続いてはこのコーナーに行かせていただきます。上村彩子のサメトーーク!

(やついいちろう)なにそれ?

(上村彩子)わかんないです(笑)。『アメトーーク!』みたいですよね(笑)。

(やついいちろう)本当に? やっと話してくれるの、それ?

(上村彩子)そんなもったいぶる話じゃないんですけど……

(やついいちろう)いや、これは相当面白いんだろうな。ヤバい。どうしよう? ドキドキしてきちゃった。

(上村彩子)夕方の番組のロケで木更津の海に行ったんですよ。で、すだて漁っていう漁の取材だったんですけど。今年の6月ごろに行ったんですかね? で、そこの漁のところでは、簡単に言うと魚が集まりやすい仕掛けになっていて、網ひとつでいろんな魚を網で取れる、すくえる。で、近くに旅館とかもあるので、その場で自分の釣った魚をさばいてもらって食べられるっていうレジャーの取材に行ったんですよ。

(やついいちろう)へー。うんうん。面白そうだね。

(上村彩子)で、私も体験するってなって、行って。で、実際魚がいっぱい泳いでいて。鯛とかも泳いでいますし、コウイカとか蟹とかもいて。で、それを網ですくって、「わー! とったー!」とかっていうロケがあったんですね。

(やついいちろう)うんうん。

(上村彩子)そしたらそこの中にドチザメっていうサメが泳いでいて。結構おっきいんですよ。1メートルちょっとぐらいあるような……

スポンサーリンク

ドチザメ

(やついいちろう)デカいね。いま、手でやっている感じだと1メートル20ぐらいある。

(上村彩子)もっとあるかな? 1メートル20ぐらいありますね。で、そのドチザメが泳いでいて。まあ、網には入りきらないわけですよ。動きも早いし。だからまあ、取れないだろうなって思っていて。1回チャレンジしても全然とれなくて、バシャーン!って転んだりしたから。

(やついいちろう)網の中でバーッて生きて泳いでいる?

(上村彩子)そうなんですよ。泳いでいるんですよ。すぐ近くに泳いでいて。でも、安心なサメなんです。人を噛んだりしないような。でも、まあ一緒に取材に行った人が「ちょっと上村さん、手づかみで行っちゃおうか?」っていう感じになって。で、私も結構ノリノリで、「やってみます!」みたいな感じで、サメを手づかみで尻尾の方を掴んだら、もうサメがバッタバタ暴れはじめて。

(やついいちろう)うん。

(上村彩子)で、逆さに持ったんですけど、私のふくらはぎをガブッ!って噛んで……

(やついいちろう)(笑)。あれっ、噛まないんでしょ?

(上村彩子)もうめっちゃくちゃ痛かったんですけど。傷口の写真、見てもらえますか?

(やついいちろう)うーわっ! あからさまに噛まれているじゃん! サメにふくらはぎを噛まれたの?

(上村彩子)流血。そうなんです(笑)。でもまあ、そんなね、激しいサメでもないので、まあちょっと噛まれた瞬間は痛かったんですけど、あとはまだロケがあったので、「海水が当たるとヒリヒリするな……」って感じだったんですよ。

(やついいちろう)へー。でもそのサメに噛まれたみたいなのはニュースになったんでしょ?

(上村彩子)ニュースになったのかな?(笑)。でもまあ、番組では何回かその映像とかも使ってもらって。でも、病院に行っても恥ずかしくて。「一応消毒に行きなさい」って言われて。で、「サメに上村が噛まれた!」ってなったら会社内でもすっごい騒ぎになっちゃって。

(やついいちろう)そりゃそうだよ(笑)。「サメに噛まれた」って結構なことだよ。

(上村彩子)でしょ? 別にだからそんな、ねえ。大きいサメでもないし、大丈夫だったんですけど、周りが心配しちゃって。で、病院に行って、「ドチザメというのに噛まれました」って言っても、先生たちが調べて「ドチザメって『おとなしくて人を噛まない』って書いてあるんですけど……」みたいなのをいろんな人に何回も言われて。

(やついいちろう)おとなしくて噛まないけど、やっぱり尻尾を引っ張られて上に挙げられたから、もう命からがら噛んだんだ。

(上村彩子)もう「殺される!」って思ったのかもしれない(笑)。

(やついいちろう)ねえ。窮鼠猫を噛むってやつでしょう?

(上村彩子)そう思いました。「あっ、おとなしいやつでも、こんなに暴れるんだ!」と思って。ガブッ!って。

(やついいちろう)はー! これはなかなか体験できない体験だね。

(上村彩子)そうなんですよね。

(やついいちろう)初体験。

(上村彩子)はい。もうでも、本当にひどかったのが、「レジャーで膝より下がちょっと濡れるぐらい。だからハーフパンツぐらいで行っていいですよ」っていうことだったんで、着替えとかも全然持っていってなかったんですよ。そしたらもう、漁でバチャーン!って転んでパンツまでビッチャビチャになっちゃって。でも、その後に帰ってオンエアーがあったんですよ。どうしよう?って思って……

(やついいちろう)うん。ああ、そうかそうか。

(上村彩子)パンツ、ねえ。着替え。濡れたまんま衣装を着ると、衣装が濡れて。変なシミとかもついちゃうし。どうしよう? と思って。

(やついいちろう)いや、「どうしよう?」って1個でしょう。そりゃ。ひとつでしょう?

(上村彩子)結局、オンエアーはノーパンで行っちゃいました(笑)。

(やついいちろう)おおい! そっち選ぶの!?

(上村彩子)(笑)

(やついいちろう)いや、違うでしょう! 買えばいいじゃん! ねえ。

(上村彩子)社内にもコンビニあるじゃないですか。

(やついいちろう)嘘でしょう!?

(上村彩子)いや、でも社内でパンツを買うって恥ずかしくないですか?(笑)。

(やついいちろう)いやいやいや……ノーパンで出てる方が恥ずかしいって!

(上村彩子)だって、でもストッキングも履いているから、まあ1枚あると思って。

(やついいちろう)いや、ノーパンにストッキングって……なにやってんの!

(上村彩子)でも、私しか知らないじゃないですか(笑)。

(やついいちろう)知ったよ、いま! いま知ったよ! バカじゃないの?

(上村彩子)だからそれも初体験(笑)。

(やついいちろう)ノーパンでテレビに出てやったと?

(上村彩子)1回だけね(笑)。でも、誰にも言わなかった。先輩にも(笑)。

(やついいちろう)言っちゃってるんだよ、いま! いやいや、全然気付いてないかもしれないけど、これ公共の放送だからね。上村さん。

(上村彩子)うん……(笑)。

(やついいちろう)なに? ゲホッ、ゲホッ……いやいや、普通考えれば、下着を買えばいいだけじゃないですか。どこかロケから移動する時にお店に行くとか……

(上村彩子)でも、だって周り男性のスタッフさんだったりすると、ねえ。

(やついいちろう)いやいや、ノーパンで出る方がやろ!

(上村彩子)(笑)

(やついいちろう)ノーパンで出たってことは、脱いだってことやないかい! その脱いだ時に履いたらええやないかい!

(上村彩子)だってストッキング履いてるもん。1枚履いているもん(笑)。

(やついいちろう)面白いな、上村さん! 底が知れませんね!

(上村彩子)言っちゃった(笑)。

(やついいちろう)まさか、今日も?

(上村彩子)今日は履いてます(笑)。

(やついいちろう)ああ、そうですか(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました