スポンサーリンク

赤江珠緒 痛風疑惑を語る

赤江珠緒 痛風疑惑を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

赤江珠緒さんがTBS『たまむすび』の中で足首の不調を訴え、もしかしたら痛風が原因なのでは?と話していました。

(赤江珠緒)大丈夫ですか?先生、体調は。

(博多大吉)体調はいまんところ大丈夫です。ただ、赤江さんが悪いらしいですね。

(赤江珠緒)ええっ?いや、大丈夫です(笑)。元気ですよ。

(博多大吉)いやいやいや、本番前、言ってたじゃないですか。なんか、スタッフさんにどこどこが痛いって、言ってたでしょ?

(赤江珠緒)ああ、そうそうそう。ちょっとね、足首が。先生、足首が痛くてですね。朝、起きたら。で、捻挫だなと思ったんですよ。

(博多大吉)まあ、普通足首って言ったらね、くじくっていうか。

(赤江珠緒)痛いっていっても、歩けないっていうような痛さじゃなくて。『あれ、なんか軽く捻挫したのかな?』みたいなのが実は2、3週間ぐらい前にきていまして。

(博多大吉)あら、結構長いですね。

(赤江珠緒)うん。で、捻挫だから、もう放っておくしかない。自然治癒するしかないだろうと思って、特に病院にも行かずに、放っておいたわけですよ。そしたら、いつまでたっても収まらないと。で、これはちょっとおかしいな?と思って、湿布でもしてみようと思って、昨日、一昨日湿布をしてみました。

(博多大吉)まあまあ、ねえ。

(赤江珠緒)冷やす方のやつをね。そしたら、かえって痛くなってきて。『あれ?痛いな・・・』って。で、ちょっと昨日帰りにね、たまむすびのプロデューサーの橋Pに相談したところ・・・なんで橋Pって・・・(笑)。

(博多大吉)TBSの知恵袋と呼ばれている、なんでもござれの橋Pに。

スポンサーリンク

赤江さん、それは、痛風じゃないですか?

(赤江珠緒)『なんだろう?なんか足首が痛いんだけど、どう思う?』みたいなことを話したらですね、『赤江さん、それは、痛風じゃないですか?』とか言い出して。『ええっ!?』って。

(博多大吉)橋Pはたしか痛風ですよね?あ、違うの?糖尿の方?どっちも持ってないの?まだ、成人病は。

(赤江珠緒)でも痛風はね、結構私の会社でも先輩でなった方とかいて。

(博多大吉)いや、もう周りにたくさんいますよ。僕も。

(赤江珠緒)ただ、ちょっと男性が多かったもんですから。

(博多大吉)あのね、女性はあんまりならないっていう風に言いますけど。でも、女性だってなる人はなるんですよ。

(赤江珠緒)そう。なる人はなるんですよ。ただちょっと、女性でなるのがね、どうしてもちょっと、おじさまの・・・みたいなイメージが強いじゃないですか。

(博多大吉)まあ、痛風という病気はね。

(赤江珠緒)なんかね。ビールだ、尿酸値だ、みたいな。ちょっとイメージとして
赤江珠緒につけたくない病だなと思いまして(笑)。まあ、これしょうがないですけどね。

(博多大吉)もし痛風だったら、もうしょうがないです。

(赤江珠緒)しょうがないんですけども。で、いろいろ調べてもらったら、でも女性はね、女性ホルモン、エストロゲンが尿酸の発生を抑えて排出するので、女性はやっぱり少ないんですって。患者さんでいうと、全体の1%から1.5%と。

(博多大吉)ほー。まあでも、100人に1人いるってことですから。

(赤江珠緒)もう超レアな患者になるわけですよ。私も、なっていたらね。

(博多大吉)もし痛風ならね。うん。

(赤江珠緒)で、どうなんだろう?と思いながら。

(博多大吉)ただ、本当に痛風なら、たぶん動けないと思いますよ。

(赤江珠緒)ええっ!?

(博多大吉)だって、風が吹いただけで痛いから『痛風』って言うんですよ。

(赤江珠緒)そうそうそう。でね、今日もうちのスタッフがね、『いや、うちの会社の上司が「捻挫したところを木槌でガンガンガンガン24時間叩かれているぐらい痛い」と。それぐらいのもんですよ」って。そんなことはないと。私は。

(博多大吉)うん。

(赤江珠緒)ただ、(モーニング)バードでね、出演者の、パートナーの羽鳥さんがこの病にかかってらっしゃって。

(博多大吉)あら?バードさん、痛風なの?

(赤江珠緒)そうそうそう(笑)。で、羽鳥さんが、『いやいや、珠ちゃん、僕も捻挫だと思ってたもん。最初。だから痛風だよ』って言われて。うん・・・割と痛みの弱い方もいらっしゃるみたいで。

(博多大吉)へー。僕の周り、結構芸人で若手とかもなる病気で。なんか痛風って昔から贅沢病なんて言われていたじゃないですか。でも本当、月の手取り8千円ぐらいのやつが平気でなるから、『いや、これおかしいな?』っつって。で、いろいろ考えると、食生活の問題だから、もう貧乏だ、金持ちだあんまり関係ないらしいですよ。だから別にそんなビールをガブ飲み、しないでしょ?

(赤江珠緒)ビールをそんな・・・そんな大吉先生を前に、とてもとても・・・

(博多大吉)明太子もそんなガブ飲み・・・

(赤江珠緒)明太子も、そんな魚卵系も先生の前で、とてもとても・・・

(博多大吉)常に頭に乗っけてね、なんかあったらパクッてかじるぐらいの。そのぐらいやってますけど。

(赤江珠緒)そんな方を差し置いて、私がなるなんて・・・

(博多大吉)うーん。でもなんか、いろいろな・・・なんでしたっけ?プリン体でしたっけ?まあ、そういうのが知らず知らずのうちに体に入って。

(赤江珠緒)あとまあ、遺伝的なものもあるので。体質みたいなのもあるんでしょうね。うん。かもしれない。

(博多大吉)ただ、なったら結構ややっこしいというか。完治するのが大変な。

(赤江珠緒)まあ、そうですね。いま、お薬があるので、それでずっとお付き合いしていくみたいになるみたいですけどね。

(博多大吉)いまも痛いですか?足首。

(赤江珠緒)痛いんですよ。でもね、それがね、すごい強烈な痛みじゃなくて、ちょっとズレてる?足首がちょっとこう、ずーっと伸ばされて、伸びているみたいな。

(博多大吉)ええっ?ずっと引っ張られている感じ?

(赤江珠緒)そうそう。だから誰か、クンって戻してくれれば、戻るんじゃないか?っていう。

(博多大吉)へー。

(赤江珠緒)ちょっと伸びたか?

(博多大吉)ええっ?あの、たまむすびのパートナーで痛風の方っていらっしゃいましたっけ?瀧さん?瀧さん違う?

(赤江珠緒)瀧さんも違うか?

(博多大吉)こうなるともう、金曜日の玉さん。

(赤江珠緒)玉さんは、尿酸値の話とか結構されているじゃない?竹山さん?

(博多大吉)いや、でも・・・竹山も、そんな・・・

(赤江珠緒)誰よりも先になるの?ええーっ!?

スポンサーリンク

たまむすびメンバーで痛風一番乗り?

(博多大吉)そうですよ。月曜日がカンニング竹山でしょ。火曜日が南海キャンディーズ山里くん。水曜日が博多大吉。木曜日がピエール瀧さん。で、金曜日はね、小林悠アナウンサーですけど、玉袋筋太郎さん。この5人を差し置いて、赤江珠緒が痛風一番乗りっていう。

(赤江珠緒)そうですね。

(博多大吉)これはまあ、めでたいニュース?

(赤江珠緒)いやいやいや(笑)。

(博多大吉)うれしいトピックス、なのかもしれないですけどね。そっか、竹山くんと飲むこと、よくありますけど別にあいつ、気にしてる素振り、ないもんね。痛風の人って気にして飲むから。『もうビールはちょっと飲めないんで・・・』とか。

(赤江珠緒)『ワインに行くわ』とかね。そういう感じの方、多いですもんね。

(博多大吉)そんなこともないし。玉さんもスナックの番組とかやっているから・・・

(赤江珠緒)焼酎出してるもんね。

(博多大吉)ねえ。でもいつも、ベロンベロンのイメージですけど。やっぱりよーく体を見たら、すごいスマートというか。ダイエットにも成功しているし。で、瀧さんはね、草野球やっているから。

(赤江珠緒)で、瀧さんはお腹出ているようだけど、ご本人おっしゃっているのは、『横に出ずに前に出ているからいいんだ』って。

(博多大吉)横に出ずに前に出ているから、いい?

(赤江珠緒)前に出るのはいいって、なんか野球選手に言われたんですって。

(博多大吉)なるほど。まあお相撲さんでもね、プロレスラーでも、筋肉の上に脂肪をつける。これがいちばん大変なことだって言いますけど。えっ、瀧さんってプロレスラー?

(赤江珠緒)(笑)。よくわからない人ですけど。

(博多大吉)まあ、大きな方ですけどね。瀧さんもだから、違うでしょ?

(赤江珠緒)違うか。

(博多大吉)ねえ。だから赤江さん、様子を見た方がいいんじゃないですか?

(赤江珠緒)そうですね。うん。

(博多大吉)あとは病院に行ってみたら?あの、だって血液検査でわかるはずですよ。痛風かどうかは。

(赤江珠緒)うーん。なるほど。そうですね。

(博多大吉)行かんな?

(赤江珠緒)いやいやいや(笑)。いや、行きますけどね。いや、行かんって言ったら先生こそね、仮歯はどうなったんです?

(博多大吉)なにが?

(赤江珠緒)歯の。病院、行ってるんですか?

(博多大吉)あのね、私がずっと差し歯の手前の仮歯問題、ありますけど。僕に言わせればね、外れない仮歯はもう仮歯ではない。それはもう、差し歯であると。

(赤江珠緒)なるほど。もう、昇格していると。

(博多大吉)もう、ほぼ、いいでしょう?差し歯で。

(赤江珠緒)将棋で言うと、成っていると。

(博多大吉)もう成ってます。もう成金になっているんで。あえて返らない人もいますけど。コンピュータの隙をつくっていう手もありますけど。私、とっくに成っているんで。もう、いろんな動き、できます。それは。もう金と一緒なんで。

(赤江珠緒)(笑)

(博多大吉)いやー、歯医者さんもね、いま行かなきゃいけないですけども。

(赤江珠緒)いや、そうですね。まあ、本当にね。ちょうど季節の変わり目なんでね。そういうことで悩むことも多いかと思いますけどね。

(博多大吉)まあね、みなさんくれぐれも体調管理にはね、気をつけていただきたいと。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

赤江珠緒 痛風疑惑続報

(赤江珠緒)昨日ね、私、ちょっと放送で申し上げたんですが・・・(笑)。瀧さん、目、めっちゃかいてるけど。なんですか?低気圧だからですか?猫みたいにまた、すごく目を・・・

(ピエール瀧)かゆいんです。目が。はい。すいません。

(赤江珠緒)まあ、いいです。あのね、ちょっと痛風疑惑が持ち上がりまして。私。

(ピエール瀧)えっ!?赤江さん?

(赤江珠緒)そう。あのね、この2週間ぐらい足首が痛くて。最初、捻挫だなって思って放っておいたんですよ。治るかな?と思って。ところが、だんだん痛みが取れるでもなく、むしろ、あれ?さらに痛いな・・・みたいになってきて。で、プロデューサー橋本さんに相談したところ、痛風ではないか?と。

(ピエール瀧)早いよ、判断が(笑)。足首が痛いって、1日ちょっと・・・

(赤江珠緒)違う。2、3週間だよ。

(ピエール瀧)2、3週間痛いの?が、痛風だってこと?早くない?本当に。

(赤江珠緒)本当?いや、それで、ええっ!?となって。ショックだね・・・っていう話をしてたんです。そしたらね、昨日、ラジオのリスナーさんが聞いてくださっていて、メールを送ってくださって。『赤江さん、痛風を疑うのもいいですけど、まず皮膚科に行ってみてはいかがですか?』という情報が来まして。

(ピエール瀧)ええ。

(赤江珠緒)で、なぜか?っていうと、その方は水虫が原因でなったそうなんですけども、力士の方とか、足に傷を負った人が、結構そこからばい菌が入るみたいな感じなんですかね?中で炎症しちゃって。見えてないところが炎症して、同じように痛みが出ることがありますよ、みたいな。

(ピエール瀧)足首関節が炎症しちゃうってこと?入った菌によって?ああー。なるほど。

(赤江珠緒)ということがありますよという情報を送ってくださって。ええっ!?と思って家に帰って、改めて足首を見たら、たしかになんかちょっと腫れている部分があるな?って。あ、じゃあこれ、痛風よりまず、皮膚科に行ってみよう!と思って。

(ピエール瀧)ええ。

(赤江珠緒)私、昨日すぐ、リスナーさんの助言を受けて行きました。

(ピエール瀧)はい。

(赤江珠緒)そしたらやっぱりね、そうだったみたいで。

(ピエール瀧)あ、そうなんだ?

(赤江珠緒)わからないけど、抗生物質みたいな飲み薬をもらって。これ、飲んだら何日かしたら、マシになると思いますよって。昨日飲んだらね、楽になってきました。

(ピエール瀧)あ、そうなの?じゃあ・・・(笑)。

(赤江珠緒)だから捻挫だと思っていたのも・・・

(ピエール瀧)じゃあ、あいつの行っていた痛風っていうのは何を根拠に?

(赤江珠緒)わからないですけど(笑)。橋Pが『赤江さん、それは痛風ですよ!』ってね、エレベーターの中で。

(ピエール瀧)女性で痛風を発症する人って、少ないんでしょ?

(赤江珠緒)1%ぐらいですって。女性ホルモンがね、だいたいそれを抑えてくれる傾向が強いんで。『いや、でも赤江さんだったらあるかもしれない』って。人がいっぱい乗っているエレベーターの中で『痛風ですよ!痛風ですよ!』って、ずーっと。

(ピエール瀧)あー、はいはいはい。

(赤江珠緒)言うもんですから、『ああ、それはそうかも』と思っていたんですが。

(ピエール瀧)お前みたいなポンコツ野郎だと、もしかしたら痛風も発症視点じゃねーの?と。

(赤江珠緒)だったんですけど、おかげさまで、リスナーさんのおかげで。

(ピエール瀧)っていうかじゃあ、逆に足首にケガをして雑菌が入っちゃうっていうその足首のケガの原因は考えたわけ?じゃあ。だって、足首のケガなんて、わからないですけど、正座したまま車で引きづられるか・・・

(赤江珠緒)(笑)

(ピエール瀧)ハイキックの蹴りそこないぐらい?(笑)。

(赤江珠緒)すごい、獄門刑みたいになってるんですけど。

(ピエール瀧)わからないですけど、足首のあたりをケガすることなんて、なくないですか?

(赤江珠緒)いや、でも草で切るとか、虫に刺されるとか。

(ピエール瀧)『草で切る』っていま言ったけど、そんなワイルドな暮らし、してないでしょ?毎日(笑)。テレ朝とTBSに行っている日々の中で、どこで草の中に飛び込む瞬間があるのよ?

(赤江珠緒)(笑)。夏ですから。そりゃあ、どっかで切ったりする可能性もありますよ。ええ。

(ピエール瀧)じゃあ、その原因はわからず?

(赤江珠緒)うん。だって、水虫ではないって言われたもん。大丈夫だったもん。

(ピエール瀧)水虫ではないのね。じゃあ、なんか・・・

(赤江珠緒)で、先生が、『先生、一応痛風じゃないですか?』って皮膚科の女の先生に聞いたら、『いやいや、それは心配しなくていいでしょう』って言われましたもんね。

(ピエール瀧)ああ、なるほど。『そりゃ心配しなくていいでしょう。どっかのバカが言ったんでしょ?』っていう(笑)。

(赤江珠緒)そうそうそう。だから、よかったよーと思ってね。

(ピエール瀧)ねえ。

(赤江珠緒)ここは素直に病院に行かせていただいて、よかったですよ。

(ピエール瀧)なるほど。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました