スポンサーリンク

YOU THE ROCK★と石黒景太 D.Lの独特な日本語センスを語る

YOU THE ROCK★と石黒景太 D.Lの独特な日本語センスを語る dommune
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1-Drinkこと石黒景太さんとYOU THE ROCK★さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。D.L(Dev Large)さんの独特な日本語表現について話していました。

YOU THE ROCK★と石黒景太 D.Lの独特な日本語センスを語る

(石黒景太)ええと、コンちゃんと会って、デザインとかでブッダでかかわる前に、ブッダはたぶんニューヨークでやっていて、1回、一時帰国みたいな時に最初にクボタくんに紹介してもらって・・・

(二木信)キミドリ時代ですよね。

(石黒景太)そうですね。でも、キミドリも結構やり始めみたいな頃で。そん時はもう常に面白い言葉を、もう『コンちゃん語』って言われてたんですけど。

(YOU THE ROCK★)あるあるある!

(石黒景太)もうずーっと作っていて。で、もう意味がわかんないみたいな感じで(笑)。

(YOU THE ROCK★)わかる!わかるよ。

(石黒景太)比喩がすごすぎて(笑)。いや、だけどそれは相当、いま思い出したら・・・

スポンサーリンク

すごすぎる比喩表現

(二木信)その比喩っていうのは結構ラップに近い比喩なんですか?

(石黒景太)いや、そうです。いまのラップで、たとえばなんかものすごく遠回しに言うみたいなやつを。たぶん、昔から英語のラップがそういうのがあると思うんですけど。

(ZEN-LA-ROCK)なんか覚えている言葉ってあったりしますか?石黒さんが。『こんなこと言ってたな』って。

(二木信)それかリリックの中で、これはデブラージさんっぽい遠回しな比喩のあれじゃん!みたいな。結構やっぱ身近にいる人は、たぶんそのデブラージさんのリリックを聞いても、まったくその面識のない人よりは理解度がやっぱりあるってことですもんね。そこに対しての。

(石黒景太)やっぱ『弱い』みたいな。たとえば『レイム』みたいなのを、それを『弱い』みたいな感じで。あ、そういう言い方ってするんだ、みたいな時は・・・

(YOU THE ROCK★)カッティングオールスターズの中でさ、『MASTERKEY 余裕ぶっこきまっくりの、まっまっくりーの♪』っていうのはどういう意味だか、わかる?

(石黒景太)いや、わからない(笑)。

(YOU THE ROCK★)コンちゃん用語は基本的にエロワードが入ってくる。うん・・・その、クリトリスがいいーのっていうのを、『まっまっくりーの』って言ってたりとか。あと、基本的にコンちゃん、やっぱいっぱい自分の名前持ってるじゃん?大峠雷音とか。だからそこにもやっぱ、あらわれるよね。俺のことはね、『ユウチャンタポニャキー』とかね。

(一同)(笑)

(YOU THE ROCK★)『ユウチャンザポニャック』とか言っててね。ニューヨークでそう言われてたの。意味わかんない、みたいな。うん。

(二木信)あ、意味はわからないんですね(笑)。

(YOU THE ROCK★)『ポニャってなんだよ?』みたいな。でもそれがいちばん俺、気に入ってる思い出のひとつなんだけど。『ポニャ侍』とか、『ユウ』がなくなっちゃってるんだよ。『ポニャ侍ってなんだ?ポキャキーってなんだ?』みたいなね。兄貴じゃなくてね。

(二木信)じゃあ、結構あだ名とか付けられて、そのままMCネームになった人とかいるんですかね?それはさすがにいないんですかね?

(えん突つレコーディング寺西)テトラドでデミさんがやっている、B.DとVIKNと、もう一人いるツバサって、SPERBって命名したのもコンちゃんだから。その時のノリで。

(YOU THE ROCK★)たぶんTOJIN BATTLEROYALっていう名前もコンちゃんは大好きだと思うよ。うん。自分と同じ感覚を持っていたと思うよ。

(ZEN-LA-ROCK)なんか石黒さん、言いかけてた・・・

(石黒景太)あの、なんかいまパッと思い出したのは、『おなごチック』っていうのを。

(YOU THE ROCK★)『おなごチックフレイバー』ね!

(NIPPS)違う。『おなごチクタック』。

(一同)(笑)

(YOU THE ROCK★)『おなごチクタック』!?

(石黒景太)(笑)。『女の子』と、『Chic』。

(えん突つレコーディング寺西)直々で流行り言葉を作るのもコンちゃんだったり。デミさんとかも、なんか適当なことを言って。で、もう周りの人は何を言ってるか、たぶん絶対にわからないような。

(石黒景太)だから当時は、やっぱり悪い意味じゃなくて、日本語に長けている感じじゃない、ちゃんぽんみたいなやつがすごい・・・

(ZEN-LA-ROCK)Dev Largeっていうのも、『デブ』っていうところもそうですよね?

(YOU THE ROCK★)そう。『デブっていう言葉をかっこよくしたいから、つけた』って言ってるんだよね。逆なんだよね。うん。

(ZEN-LA-ROCK)『Fat』とかそういう感覚っていうことですよね?

(YOU THE ROCK★)うん。それでニューヨークに行った時に、ムロくんの『Mr.PEAK』っていう曲があるんだけど。『ユウ、あの曲はすげーな。自分のこと、豚って言ってんだろ?』って。『ピッグじゃないよ!』とか。すっごい、ナチュラルで面白いんだよね。ネタ持ってて。

(一同)(笑)

(YOU THE ROCK★)ピッグじゃないよ!って。面白いよね。HIT’YA直撃だね。『BRING DAMAGE HIT’YA直撃』です。

<書き起こしおわり>


CQ NIPPS MASTERKEY NY時代のDev Largeのレコード収集を語る
D.Lさん追悼番組、DOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』の中でCQさん、NIPPSさん、DJ MASTERKEYさんがニューヨーク時代の思い出をトーク。当時のD.Lさんのレコードハンティングについて話していました。

DJ MASTERKEYが語る Dev Large超暑がり伝説
D.Lさん追悼番組、DOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』の中でCQさん、NIPPSさん、DJ MASTERKEYさんがニューヨーク時代の思い出をトーク。超暑がりだったデブラージさんの思い出を話していました。

本根誠 BUDDHA BRANDとの出会いを語る
元カッティングエッジでブッダブランドの担当をしていた本根誠さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』の中でブッダブランドとの出会いについて話していました。

CQ NIPPS 本根誠『人間発電所』制作秘話を語る
元カッティングエッジでブッダブランドの担当をしていた本根誠さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。CQさん、NIPPSさんと『人間発電所』の制作秘話を語っていました。

CQ NIPPS 本根誠『人間発電所』ジャケット撮影の思い出を語る
元カッティングエッジでブッダブランドの担当をしていた本根誠さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。CQさん、NIPPSさん、DJ MASTERKEYさんと『人間発電所』のジャケット撮影の際の思い出を語っていました。

CQ NIPPS MASTERKEY 本根誠『ブッダの休日』制作秘話を語る
元カッティングエッジでブッダブランドの担当をしていた本根誠さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。CQさん、NIPPSさん、DJ MASTERKEYさんと『ブッダの休日』の制作秘話を語っていました。

本根誠 さんぴんキャンプのDev Largeを語る
元カッティングエッジでさんぴんキャンプのディレクターだった本根誠さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。さんぴんキャンプの際のDev Largeさんについて、CQさん、NIPPSさん、DJ MASTERKEYさんと話していました。

元WOOFIN'副編集長 荒野政寿が語る Dev Large連載の思い出
D.Lさん追悼番組、DOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』の中で元WOOFIN'副編集長 荒野政寿さんが、自身の担当したデブラージさんの連載について話していました。

YOU THE ROCK★と石黒景太 D.Lの独特な日本語センスを語る
1-Drinkこと石黒景太さんとYOU THE ROCK★さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。D.L(Dev Large)さんの独特な日本語表現について話していました。

https://miyearnzzlabo.com/archives/27315

タイトルとURLをコピーしました