スポンサーリンク

CQ NIPPS MASTERKEY 本根誠『ブッダの休日』制作秘話を語る

dommune
スポンサーリンク
スポンサーリンク

元カッティングエッジでブッダブランドの担当をしていた本根誠さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。CQさん、NIPPSさん、DJ MASTERKEYさんと『ブッダの休日』の制作秘話を語っていました。

(本根誠)なんかあの、『ブッダの休日』っていうのをやった時の写真をいま・・・

(NIPPS)(写真を見ながら)うわっ、クリちゃん!うわっ、この写真、すっごくほしい・・・

『ブッダの休日』制作平塚合宿

(本根誠)みんなメンバーにあげます。

(NIPPS)(写真を見ながら)うわっ、いい!クリちゃん、やさぐれてる(笑)。これ、あっ、タカシじゃん。

(本根誠)うん。タカシがいるんだよね。

(NIPPS)キザワタカシ。NUMB SUTRAのね。俺はどこに電話をしてるんだろう?うわっ、裸だ(笑)。

『ブッダの休日』制作平塚合宿

(二木信)これはなんかの撮影の時とか、普通の日常的な?

(本根誠)ちょっと俺がどんどん先に進めると、『人間発電所』が当たったと。で、『デブラージ、どうする?』っつったら、『次は狙うのは本根さん、J-WAVEです』って言って。で、俺、『本当かよ!?』っつって。したら、『J-WAVEでかかるようなラップをどうしても俺は作りたい。まだラップはアンダーレイトされている』っつって。『そうだな』って言って。

(CQ)ねえ、さっきから聞いてるとさ、ちょっと不思議に思うところがあるけど。人間発電所(じょ)なの?人間発電所(しょ)なの?

(NIPPS)俺もそう思ってたのよ。『にんげんはつでんじょ』って言ってるんはね、本根さんだけ。

(二木信)僕、『にんげんはつでんしょ』だと思うんですけど。

(CQ)『じょ』って言ってたよね?今ね。

(二木信)『じょ』って言いました?

(NIPPS)あと、俺たち、『ブッダ・ブランド』って言ってるんだけど、本根さんは『ブッダブランド』っていう。『すったもんだ』。

(ZEN-LA-ROCK)イントネーションです。

(本根誠)(笑)

(CQ)それ、どっちが正しいんだろうね?もう、死んじゃったらわかんないね。

(NIPPS)いや、『はつでんじょ』って言ってるの、本根さんだけ?

(本根誠)俺はそう言ってる。

(CQ)『はつでんじょ』っていうのもあるよね。ナントカ・・・でも、うちらそれ、豊丸から来てるから。

(本根誠)(笑)

(CQ)あ、これも誰も知らないね。これ。

(ZEN-LA-ROCK)わかります。

(CQ)知ってる?うん。ブルーノ・サンマルチノ。そう。豊丸っていう人がすごい・・・

(ZEN-LA-ROCK)レジェンドですよね。

(CQ)レジェンドがいて。『レジェンド』だよね。『レジェンしょ』?

(本根誠)(笑)

(CQ)こん時、すごかったんだよね。

(本根誠)J-WAVEから戻していい?

(二木信)はい。戻してください。

スポンサーリンク

『ブッダの休日』制作 平塚合宿

(本根誠)J-WAVEでかかるヒット曲を作りたいっつって。もう『殺す』とか『やっつける』とか、そういうのはやめたいと。で、『もう俺らはすっごいここからヒットメーカーになりたんだ』って言って。『新しいサブジェクトを用意するから、合宿をやらせてくれ』っつって。まあ、第一の条件が来るんですよ。デブラージから。条件を出すの、好きだから。で、『いいね』っつって。たぶん3人ともなんにも知らないんだけど。

(二木信)『条件を出すのが好き』っていうのがちょっと(笑)。

(本根誠)デブラージ、条件出すの好きじゃん。

(CQ)好き好き好き。大好き。『予算は・・・』みたいな感じでしょ?

(本根誠)そうそうそう。で、平塚のスタジオでプリプロやって。もうそこでミックスまでやっちゃおうって。『平塚は海もあるし、いいぜ、デブラージ』っつったら、『いいっすね!』って言って。で、4人でこう、合宿のレコーディングに行ったんですよ。したら、2日目ぐらいでやっぱりNIPPSがいなくなっちゃって(笑)。

(NIPPS)あ、僕ですか?あ、そうだっけ?

(本根誠)そうそうそう。

(CQ)いや、いたよ。いた。

(本根誠)いやいやいや、結構ね、歩いて・・・

(NIPPS)あ、あのね、3万円くらいかかるところ、行ってた。俺、タクシーで3万円使って、まあエイベックスだからいいや、みたいな。

(本根誠)精算してるの(笑)。

(NIPPS)ちょっといなくなってた。あったかもしれない。でも、だいたい合宿の、山中湖の方にも合宿行ったじゃない?

(本根誠)合宿好きなんだよね。

(ZEN-LA-ROCK)結構されてるんですね。合宿を。

(CQ)俺ら、大物だったのよ。

(NIPPS)そん時はね、全員2日で帰った。全員2日で帰って、まあその後のことは言えないけど。言いたいけどね。その後の話もね。

(本根
誠)俺、知らない。その後のことは。

(CQ)いや、なんかね、夜逃げみたいに帰っちゃって。結局。お金も払わずに帰っちゃって、宿の人が来て、なんかいろいろあって。結局たぶん本根さんなんかが前金で払ってくれてないから。俺なんか夜逃げみたいになっちゃって。でも、すっげーつまんなくなっちゃって、『もう帰ろう!』ってなって。その夜、どっかのクラブに行ったんだよね。

(NIPPS)結局ね、池袋のBEDに・・・

(CQ)あ、合コンしたんだよ。合コンがあるから・・・って。合コン、行ったんですよ。

(二木信)(笑)。合宿抜けだして、合コンに行った?

(NIPPS)合宿、基本的になにもしない。

(CQ)山荘っつーの?普通の山奥だよ?山奥のところに残されて、どうしろ?っていう感じなんだよ。別にスタジオがあるわけでもないよ。リリックを書くんだから。

(本根誠)デブラージはエイベックスに来て、『もう僕たち4人の結束を固めるには、いまがチャンスです。本根さん』みたいなさ。『ちょっとここで予算を切ってくれたら、もう4人がガチになれる』みたいなさ。

(ZEN-LA-ROCK)より団結できるみたいな。

(CQ)もう、一泊目で断念みたいな。もうこんなところ、いられないよ!ってなっていて。だって、夏でもなんでもないもんね。

(本根誠)で、その頃だと、エイベックスの会議室とかを押さえて待ってるじゃないですか。で、三々五々、みんな来て。打ち合わせとかやるんだけど、その頃ぐらいまでなんだけど、なんか話しているとすぐに、なんて言うんだろうな?セックスの自慢話になるんだよね(笑)。

(二木信)(笑)

(ZEN-LA-ROCK)それ、ちょっとおかしいですね。

(本根誠)だんだんだんだん話がそうなって。飽きてくるんだよね。金の話とか仕事の話に飽きてきて。で、俺がいままでどんな体験をしたって言うと、俺も!俺も!俺なんかさ・・・みたいなさ。ずーっとそれが始まって。それが面白いから、俺もずっとニコニコ聞いてんだけど。1回、『休日』のレコーディングの時も、チーズフォンデュを食ってる時に始まったんだよね。

(NIPPS)はいはいはい。チーズフォンデュね。

(CQ)それ、結局いちばん狂ってるの本根さんだったってことになったんじゃん。結局(笑)。俺も初めてチーズフォンデュって食って、そんな美味くねえじゃんってみんなで言ってて(笑)。なんだかわかんないよ(笑)。

(本根誠)そう。だから卑猥な話がだんだんこう、気持ち悪い話になって。

(CQ)でも、その話はすっげー覚えてる。すっごい覚えてますよ。

(本根誠)で、やっちゃん(DJ MASTERKEY)がだいたい、もういいよ!っつって。飽きちゃうみたいなね。やめようよ!みたいな。

(二木信)その、いま話していた、デブラージさんが『合宿したい』とかっていうのは、さっき言ったJ-WAVEへの道の、『自分はもうちょっと成長したいんだ、そっちにも行きたいんだ』っていうための合宿だったんですか?

(本根誠)いや、俺は半分わかっていたのは、ニューヨークのモードに戻したいんだよね。山手線乗ってスタイオ行ったりとか、日常の中からスタジオ行くんじゃなくて、ニューヨークの時のハングアウトしている感じでやりたいんだろうなって俺はわかっていて。そのための合宿なんだろうなって。パンツ一丁で、ゲローンみたいな。そういう環境が・・・なんかそういうのがやりたかったんだろうなって。

(二木信)なるほど。

(本根誠)結構、兄貴分だから。言ってみれば。デブラージからしたら。

(二木信)あ、D.Lさんの、お三方が兄貴分だったってこと?

(本根誠)末っ子だから。デブラージは。結構気をつかうんだよね。レコーディングのコーディネートの時も。で、ズルーン!みたいな。上半身裸になってワーッ!ってなれるような環境をちゃんとセッティングするっていうか。

(二木信)そういう目的があったってことなんですね。

(本根誠)たぶん当人の中にはそういうのがあったと思うよ。結構。

(CQ)なんかたぶん『ブッダの休日』だからちょっとリゾート感を出す感じで。なぜか平塚になっちゃって。

(本根誠)そうそうそう(笑)。

(CQ)たぶん、俺の記憶がだと、やーちんがトラックを作るとかいって、スタジオの方に行かされて。俺なんか、それができないと何もできないってなって。それで俺とデミで『よし、湘南の方でもバスに乗って行こうか』って言って。結構うろついてたんだよ。昼間ね。ただ単にもう、なんかぶっ飛んでガーッて海にいるだけなんだけど(笑)。それで、帰って、もう。そんな・・・

(DJ MASTERKEY)平塚ジャンジャンじゃん?

(CQ)そう。平塚ジャンジャンっていう店があって。それはすごくて。地元の人に『どっか面白いところ、あるんすかね?』って聞いたら・・・

(NIPPS)夜にね、本根さんが『平塚の北口の方だけは行かないでくれ』って言っていて。で、『北口、行こうぜ!』ってことになって。

(一同)(笑)

(NIPPS)で、北口の方に夜中、行って。で、モデルガンショップみたいなのがあったんだよ。なんかシャッターが半分ぐらい開いているような。で、そこのモデルガンチームの連中に、『ちょっとこのへんでなんか面白いところ、ないかな?』って聞いて。教えてもらったのが平塚ジャンジャンだったんだよね。で、なんだかわからなくて。

(CQ)なんにも、本当わかんなくて。ここだ!っつって、エレベーターに乗ったのね。

(ZEN-LA-ROCK)はい。

(CQ)で、2階か3階に行って、降りたらなんか変な男の人がいて。『はい。手、出して』って言われるから手、出したら、シュッシュッシュッ!って消毒液みたいなのかけられて。『手、こすって』とか言って、なんのことか、まったくわかんないんだけど。並んでっから、並んでたの。ずっとね。

(ZEN-LA-ROCK)あ、並んでるんですか?人が。みんなシュッシュッ!みたいな?

(CQ)並んでるんだよ。人が。すっげー。シュッシュッシュッ!ってやって。

(NIPPS)シュッシュッシュッシュッ!ってね。

(CQ)本当、わかんなくて。そんなこと、やったことないから。そしたら、中に入ったらもう竹刀持った男みたいなのがいて。『オラァー!』みたいなこと言って。すっごいなんか、強制的になんかシックス・ナインとかやらされて。

(一同)(爆笑)

(NIPPS)違う、違う。あのね、クリちゃんはね、全裸になってたの。全裸。で、シックス・ナインかなんかしてて。シックス・ナインしてて、『お客さん!サービスしないでください!』って怒られてたんだよ。竹刀バンバンバンバン!やられて。

(CQ)いや、タバコを吸ってたら、『タバコを吸ってる時間なんかない!』って言われて。

(ZEN-LA-ROCK)ええっ!?(笑)。

(CQ)そんな店があって。

(ZEN-LA-ROCK)有料なんですか?一応、お店は。

(CQ)いや、1万円ぐらい払って。帰りに『カッティングエッジの領収書、ください』っつって言ったら、『カッティングエッジ』って書いてくれて。

(本根誠)聞いてないよ(笑)。なんかタカシくんのアタリが壊れちゃって、『もう合宿やめよう』っつって。そのまま渋谷のソフマップに行って、なんか『エイベックスで領収書、10万円のを4枚ください』って言ったのを覚えてるけど。

(CQ)俺ら、ぜんぜんそっちの方に絡んでないもんね。

(NIPPS)俺、だいたいタクシーで3万円くらい使ったから。二日目の夜。

(本根誠)なんか、『ギャラの前借りでもいいから、いまトラック作っちゃいたい。もう1回、やり直したい』ってデブラージが言って。その場でもう1回、同じ機種を買った。

(ZEN-LA-ROCK)すっごい(笑)。

(NIPPS)言うなよ、それを!

(二木信)あの、話を軌道修正してもいいですか?

(ZEN-LA-ROCK)そうそう。平塚ジャンジャン。

(二木信)平塚ジャンジャンからちょっと。

(CQ)本当、でもそんな悪いことをぜんぜんしてないんだよ。

(ZEN-LA-ROCK)ぜんぜん誰も勘ぐってないと思うんで(笑)。

(CQ)ベルトコンベアーに勝手に乗っちゃっただけなんだもん。本当に。誰でもなっちゃうよ。誰でも手、出したよ。

(ZEN-LA-ROCK)そしたら、シュッシュッ!ってね。

<書き起こしおわり>


CQ NIPPS MASTERKEY NY時代のDev Largeのレコード収集を語る
D.Lさん追悼番組、DOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』の中でCQさん、NIPPSさん、DJ MASTERKEYさんがニューヨーク時代の思い出をトーク。当時のD.Lさんのレコードハンティングについて話していました。

DJ MASTERKEYが語る Dev Large超暑がり伝説
D.Lさん追悼番組、DOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』の中でCQさん、NIPPSさん、DJ MASTERKEYさんがニューヨーク時代の思い出をトーク。超暑がりだったデブラージさんの思い出を話していました。

本根誠 BUDDHA BRANDとの出会いを語る
元カッティングエッジでブッダブランドの担当をしていた本根誠さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』の中でブッダブランドとの出会いについて話していました。

CQ NIPPS 本根誠『人間発電所』制作秘話を語る
元カッティングエッジでブッダブランドの担当をしていた本根誠さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。CQさん、NIPPSさんと『人間発電所』の制作秘話を語っていました。

CQ NIPPS 本根誠『人間発電所』ジャケット撮影の思い出を語る
元カッティングエッジでブッダブランドの担当をしていた本根誠さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。CQさん、NIPPSさん、DJ MASTERKEYさんと『人間発電所』のジャケット撮影の際の思い出を語っていました。

CQ NIPPS MASTERKEY 本根誠『ブッダの休日』制作秘話を語る
元カッティングエッジでブッダブランドの担当をしていた本根誠さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。CQさん、NIPPSさん、DJ MASTERKEYさんと『ブッダの休日』の制作秘話を語っていました。

本根誠 さんぴんキャンプのDev Largeを語る
元カッティングエッジでさんぴんキャンプのディレクターだった本根誠さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。さんぴんキャンプの際のDev Largeさんについて、CQさん、NIPPSさん、DJ MASTERKEYさんと話していました。

元WOOFIN'副編集長 荒野政寿が語る Dev Large連載の思い出
D.Lさん追悼番組、DOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』の中で元WOOFIN'副編集長 荒野政寿さんが、自身の担当したデブラージさんの連載について話していました。

YOU THE ROCK★と石黒景太 D.Lの独特な日本語センスを語る
1-Drinkこと石黒景太さんとYOU THE ROCK★さんがDOMMUNE『病める無限のD.Lの世界』に出演。D.L(Dev Large)さんの独特な日本語表現について話していました。

https://miyearnzzlabo.com/archives/27315

タイトルとURLをコピーしました