スポンサーリンク

博多大吉 メッセンジャー黒田・国生さゆり熱愛発覚を語る

博多大吉 メッセンジャー黒田・国生さゆり熱愛発覚を語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

博多大吉さんと赤江珠緒がTBSラジオ『たまむすび』の中でメッセンジャーさんと国生さゆりさんの熱愛発覚について話していました。

(博多大吉)だからね、明るい話題をね、なんかしなきゃ行けないと思うんですけど。あの話、みんななんでやらないんですかね?

(赤江珠緒)なんの話?

(博多大吉)あの、メッセンジャー黒田くんと国生さゆりさんの熱愛発覚。

(赤江珠緒)(笑)。ちょっと我々の中ではね、ビッグニュースでしたもんね。

(博多大吉)結構、他のワイドショーとか、やってる?やってます?あ、じゃあしゃべっていいんですよね。

(赤江珠緒)はい。新聞にも載ってらっしゃいましたけどね。

(博多大吉)いや、どう思いますか?

(赤江珠緒)私、だってね、最近でも国生さんにラジオに来ていただいてますし。鹿児島茶のことで。で、黒田さんとも昔、お仕事ご一緒してたことがありますんで。

(博多大吉)大阪時代ね。で、僕もメッセンジャーは吉本の・・・まあ、向こうの方が齢は上なんですけど、先輩なんですよ。僕の方が1個上になるんで。キャリアは。後輩芸人に実はなるんですけど、まあ齢も近いし、仲良くさせてもらっている仲だったんですね。あの事件が起きるまでは。

(赤江珠緒)うんうんうん。

(博多大吉)数年前にね。ほら、メッセンジャー黒田くんは、やらかしてるから。

(赤江珠緒)ああ、ちょっとありましたけどね。

(博多大吉)お酒でちょっと、とある事件をやらかして。そっからまあ、お酒を飲まなくなったっていう風に聞いているんで、そっからはあんまり・・・

(赤江珠緒)いや、でもうれしいですよ。黒田さんのあの華やかなニュースはちょっとね。

(博多大吉)だって僕、同世代なんですね。で、同世代ということは、おニャン子クラブを見ていた世代なんですよ。メッセンジャーの黒田くんは。で、おニャン子で、たぶん一番人気か二番人気はぜったいに国生さんでしょ?

(赤江珠緒)『バレンタイン・キッス』ですよ。

スポンサーリンク

黒田のヘビーな過去

(博多大吉)だから、なんて言うんでしょう?大阪のね、なんて言うのかな?僕がどこまで言っていいのかわからないですけど、赤ん坊の時にね、2回も3回も親から捨てられいてた。

(赤江珠緒)そう。黒田さんはね。

(博多大吉)黒田くんって、ものもと捨て子なんですよ(笑)。

(赤江珠緒)(笑)。結構ヘビーな過去をお持ちでね。あの、耳をかじられたっていう。

(博多大吉)そうです。左耳かな?右耳かな?ちょっと耳たぶがないんですよね。で、理由を聞いたら、赤ん坊の時にネズミにかじられたということで。本当の意味でのドラえもんだなというね。四次元ポケットがないだけで。

(赤江珠緒)そうそうそう(笑)。そういう芸人さんなんですよね。

(博多大吉)そういうハングリーな暮らしから芸人になって。売れて、関西のスターになった。

(赤江珠緒)いや、でも情に厚いところ、ありましたからね。私も番組の時はだいぶかわいがっていただいたんで。でもそれ以降、なんかこう、黒田さんにそういうこう、華やかな、なかったでしょう?お話って。東京まで届いて来なくって。ご本人、あったのかもしれないですけど。ちょっと私の元まで届くものが・・・

(博多大吉)僕が後輩の大阪芸人とかから聞いていた情報は、『黒田さんは東京とかから来た女性タレントの前ですごい格好をつけています』って聞いていたんですよ。

(赤江珠緒)(笑)

(博多大吉)やたらと後輩芸人に厳しくしたりとか。普段、そんなこと言いませんよね?みたいなかっこいいセリフを言おうとして、東京からの女性タレントさんの気を引こうとしては、引けず終いで終わっているっていうのは聞いたことがあって。

(赤江珠緒)そうだったんですか。

(博多大吉)で、独身なんですよ。ずーっと。彼は。46かな?45かな?だから、うん。色恋沙汰は一生ないのかな?なんて思ってましたけど。

(赤江珠緒)いや、そこまで決めつけたら・・・(笑)。

(博多大吉)黒田くんに関してはね。一方、国生さんもさ、まあいろいろ波瀾万丈な人生があったと、週刊誌なんかで読ませてもらってますけども。1年前から、もう付き合っていたってことは、この前、たまむすびに来た時は、もうすでに?

(赤江珠緒)お付き合いになっていたと。なんかそういう知っている人同士が付き合っていたっていうのがわかると、ものすごくうれしいし、うわーっ!っていう自分の中のニュースバリューが高いですよね。

(博多大吉)うん。だからもっとはしゃぎたいですね。だから僕は椿鬼奴・佐藤大っていうね、どっちも後輩芸人同士のカップルだったんで。

(赤江珠緒)ご結婚されましたね。

(博多大吉)あれはあれではしゃぎましたけど。やっぱりちょっと、格が違う感じあるね。メッセンジャー黒田・国生さゆりの方が。

(赤江珠緒)スーパーアイドルですもんね。

(博多大吉)なんかね、もっとはしゃぎたいっていうのがありますけど。

(赤江珠緒)わかります。わかります。

(博多大吉)ただね、生々しすぎるのかな?ポップな話題にはしにくいのかな?

(赤江珠緒)(笑)。まあ、それぞれの年齢が年齢だしね。

(博多大吉)ぶっちゃけ国生さんには申し訳ないけど、年齢が年齢なんで。もうリアル黄昏流星群の始まりというか。

(赤江珠緒)(笑)

(博多大吉)なんかね(笑)。

(赤江珠緒)いや、いいですよ。

(博多大吉)でもね、この世代。40代のみなさんとか特に夢と希望じゃないですか?

(赤江珠緒)そうですよ。だから正直、今日いちばん大吉先生にあってこの話をしようと思ってましたもんね(笑)。『ちょっと!見ました?』みたいな。

(博多大吉)うん。僕もいつか、誰かとじっくり話したかった。でも本当、いまね、AKBさんだ、いろんな、ももクロさんだ、アイドルを応援してる方ね。想像もしないと思いますけど、30年後、結婚してるかもしれないんですよ。その当時のメッセンジャーの黒田くんと国生さゆりさんの関係に照らし合わせれば。

(赤江珠緒)うんうん。あ、自分が憧れてたアイドルさんと、実はどっかで、また仕事場で会うなんてことも。それは人生、わかんないですよ。何が起きるか。

(博多大吉)僕もだって仕事で国生さんとか新田恵利さんとか生稲晃子さんとか、会えるなんて僕、思ったことなかったですもん。それが、会えるようになって、しかもその先に結婚するやつまでいるんだ!っていう。

(赤江珠緒)たしかに。ねえ。

(博多大吉)これはまだまだ世の中捨てたもんじゃないですよ。

(赤江珠緒)これはなんですか?先生、梅雨時に話すいちばん明るい話題?(笑)。人生捨てたもんじゃないと。

(博多大吉)僕の中では本当、明るい話題だと思っているんですけど。やっぱりメッセンジャー黒田・国生さゆりっていうこの2人から、ちょっと、ジメジメした・・・

(赤江珠緒)(笑)

(博多大吉)ちょっとねっとりとしたっていうか。湿気が多かったかな?っていう反省はありますけど。

(赤江珠緒)これはもう、人生の酸いも甘いも噛み分けてきた大人ですから。

(博多大吉)いや、そうですよ。あっ、また、じっとりした曲が流れてきましたね(笑)。

(赤江珠緒)ご紹介しましょう。今日の1曲目はチェッカーズで『ONE NIGHT GIGOLO』。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました