スポンサーリンク

よゐこ有野とピエール瀧が語る 最近の子どものゲーム事情

よゐこ有野とピエール瀧が語る 最近の子どものゲーム事情 たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

よゐこの有野さんと濱口さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。有野さんとピエール瀧さんが、最近の子どものゲームとの接し方など、ゲームトークを繰り広げていました。

(ピエール瀧)そんな濱口くんに対して有野くんは・・・

(赤江珠緒)もうお父さんでもいらっしゃって。2人のね、お嬢さんがいらっしゃって。

(有野晋哉)そうですね。

(赤江珠緒)ゲームもいまも、いろいいろされて?

(有野晋哉)ゲームも、しますね。

(ピエール瀧)お子さんと、します?子どもとします?

(有野晋哉)ゲームですか?あの、やっぱそんなに上手くないから。マリオカートとかやっても、面白くないんですよ。

(ピエール瀧)ああ。なるほど。

(有野晋哉)はい。だから、裏ワザ使わないようにとか、ターボとか使わないとか。1周ハンデつけてやるとか。

(ピエール瀧)ああ、なるほど。はいはいはい。お父さんは赤ガメ打っちゃダメとか。そういうことにしないと・・・

(濱口優)(笑)

(有野晋哉)なるべくアイテム取らないようにして、とか。それぐらいしないと、楽しめないですね。

(赤江珠緒)ふーん。

(有野晋哉)でも、妖怪ウォッチには次女の方がハマっているから。でも、そんなに上手くないから、結局YouTubeの動画サイトでずーっと見てます。それでなんか、納得するみたいなんですよね。

(ピエール瀧)いや、うちの子もいま、女の子で9才なんですけど。最近の子はもうYouTubeで、正解動画見ちゃうんですよね。

(赤江・濱口)へー!

(有野晋哉)やった感覚になって、よしとするんですね。

(ピエール瀧)そうそうそう。

(濱口優)それで見れたら、もうOKってこと?

(有野晋哉)そうそう。

(ピエール瀧)昔はね、攻略本みたいなやつとか、あと自分でがんばったりとかしたじゃないですか。だけどいまは、ダメだ!と思ったら、もう攻略動画を見て、はい!って・・・

(有野晋哉)(笑)

(ピエール瀧)えーっ!?

(濱口優)寂しいですね。

(ピエール瀧)そうなの。

(有野晋哉)自分のテクニックはなんも上がってないですけどね。

(ピエール瀧)そうそうそう。

(濱口優)へー!

(赤江珠緒)正解動画っていうのはもう、それ、クリアしていくのが普通に映ってるっていう?

(ピエール瀧)そう。

(有野晋哉)上手い人のやつをね。

(濱口優)それ見てOKなんだ。なんかちょっとね・・・

(有野晋哉)変わってますね。だから。

(赤江珠緒)そうですか。へー!

(ピエール瀧)最近なんか、ハマってるの、あります?有野さん。

(有野晋哉)僕も妖怪ウォッチをやろうとしてたんですけど。どうもハマりにくいんですよ。

(ピエール瀧)ああー。

(有野晋哉)なんですかね?

(ピエール瀧)入り込めない感じ?

(有野晋哉)入り込めないんですよ。もう、なんかあの、男の子が妖怪をいろいろゲットしていく話なんですけど。でも、途中でクエスト、お手伝いみたいなのが出て。で、『自転車レースで俺に勝ったら、○○をあげる』みたいなことになって、その自転車レースばっかりをやるんですよ。僕。

(一同)(笑)

(ピエール瀧)なるほど。

(有野晋哉)ぜんぜん進まへんの。で、妖怪ぜんぜん集まらへんの。

(ピエール瀧)あ、ドラクエでもずっとカジノいちゃうタイプの人。

(有野晋哉)そう!(笑)。ハマっちゃうんですよ。

(一同)(笑)

(濱口優)進めよ、先に!

(赤江珠緒)1ヶ所で(笑)。

(有野晋哉)1ヶ所で。だからいまのゲーム、ぜんぜんハマらないんですよ。いまのゲームだったら、ドラクエの中にもオンラインでいろんな人が入ってくるんですよ。で、その人らと話して。で、外に出てもやっぱりその人らいっぱいおるんですよ。自分より強い人らが。じゃあ俺がやっつけんでもいいじゃないか?って思い出すんですよね。

(赤江珠緒)(笑)

(ピエール瀧)あ、まあね。はいはいはい。

(濱口優)ドラゴン倒さんでええって。

(有野晋哉)で、町に帰ってカジノでいいじゃないか?って。

(一同)(笑)

(有野晋哉)なんか道具を作るだけでいいじゃないか?って。

(濱口優)ダメな勇者だな!

(赤江珠緒)本当だなー(笑)。世間話して帰ってくる見たいな。

(濱口優)倒せよ、ドラゴン。大魔王、倒せよ。

(有野晋哉)強い人らがやればいいじゃないって思って。

(赤江珠緒)そうなんですか(笑)。

(ピエール瀧)そうか。でも、たしかによゐこぐらいだと本当に、ファミコンど真ん中から始まった感じでしょ?

(濱口優)世代的にはそうです。はい。

(ピエール瀧)ゲームセンター通ったというよりかは、家に最初からファミコンがあって。

(濱口優)ゲームセンターはね、不良がおるから。あんまり行かない見たいな。カツアゲされるから行かなんとこ、見たいな。ちょっとビビッてました。ゲームセンター。

(有野晋哉)ちょっと怖いところでしたよ。

(ピエール瀧)まあね。昔、他の学区のゲーセン行くなんて、大冒険・・・

(濱口優)大冒険ですよ。金髪のやつおったら、ビビリまくってましたよ。ホンマに。

(有野晋哉)駄菓子屋ですよね。20円のゲーム、やりましたよ。

(ピエール瀧)駄菓子屋ね。はいはい。

(赤江珠緒)駄菓子はなにが好きだった?

(有野晋哉)駄菓子ですか!?

(ピエール瀧)そっから駄菓子、持ってく!?

(濱口優)ふ菓子が好きです。赤いふ菓子がいまでも好きです。

(有野晋哉)すぐ答えてくれる(笑)。

(赤江珠緒)赤いふ菓子ね。

(ピエール瀧)そこなんだね、やっぱりね。すぐ『ふ菓子』って言った。

(有野晋哉)女子のハート、掴めんねや。

(赤江珠緒)ふ菓子は好きなんですよ。

(ピエール瀧)もう、俺も有野くんも全力で突っ込むところだったのに。濱口くんは『ふ菓子が好きです』って。

(赤江珠緒)いいなー(笑)。

(有野晋哉)ちょっと赤いやつな。

(ピエール瀧)この感じなんだね。

(濱口優)あれ、『勉強に』とか『スポーツに』って書いてありますけど、スポーツには向いてないですよね。

(赤江珠緒)スポーツには向いてないですよね(笑)。水分持ってかれますね。

(有野晋哉)ふ菓子のパッケージ、覚えてないよ!

(ピエール瀧)ふ菓子の話、まだ奥があるの!?

(一同)(笑)

(赤江珠緒)ふ菓子は奥が深いですよ。本当に。

(濱口優)『勉強に、スポーツに』って、スポーツにはこれは向かないと思って。

(赤江珠緒)糖分っていう意味でね。

(濱口優)やる前?やった後?

(有野晋哉)それを30年以上思ってんねや(笑)。

(赤江珠緒)えー、そんなお二人なんですが、ゲーム好きというお二人。よゐこの単独ライブが3月にあって。そのタイトルがですね、『よゐこライブ2015 ゲームネタ祭』ということですけども。

(ピエール瀧)そうなんだ。もうゲームネタ祭だ。

(赤江珠緒)どんなお祭り、どんな内容になるんでしょうか?

(濱口優)1回ね、7年ぐらい前にゲームネタ祭で。今回2回目なんですけど。7年ぶりの。もう、ホンマにゲームのネタばっかりです。僕ら好きで、ゲームのネタ、たまに作るんですけど。それのオンパレードですね。

(赤江珠緒)お二人のキャラクターが、ドラクエっぽい感じで。クラゲみたいなのと、なんですか?これ。まんじゅうみたいな。

(濱口優)ホイミスライムね。

(ピエール瀧)ホイミスライム。

(濱口優)まんじゅうって!

(ピエール瀧)ホイミスライムとスライムベスね。

(赤江珠緒)ああ、そうですか(笑)。ぜんぜん詳しくなくて、すいません(笑)。

(有野晋哉)ぜんぜんやんないんですか?

(赤江珠緒)ぜんぜんやってないんですよ。

(有野晋哉)アプリでもやんないですか?

(赤江珠緒)やんないんですよ。本当に。はい。だから本当にマリオの、本当に初期のやつでいまだに楽しめると思います。コイン、ピローンっていってるだけで、十分な感じで。

(ピエール瀧)そうなんだね。

(有野晋哉)踏んでいいの?みたいな感じですか?カメが出てきたら。

(赤江珠緒)ぜんぜんわかんないんですよ。本当に。

(有野晋哉)カメを裏返すだけで大満足。

(赤江珠緒)はい、はい。そうなんですよ。

(有野晋哉)それ、マリオのネタとか、最新のゲームのネタとかも、いろいろ織り交ぜて。

(ピエール瀧)新旧織り交ぜながらっていうことですね。

(濱口優)モンハンのネタとかもやってみようかなって思ってますね。

(ピエール瀧)ねえ。早く、だからゲームセンターCXで、昔のやつばっかりやっているイメージがあるから、最新ハードとかやってんのかな?っていう。

(濱口優)最新はね、有野、酔うらしいですよ。

(ピエール瀧)ああ、わかる!FPSダメですか?

(有野晋哉)そうです。

(ピエール瀧)俺もFPS、ダメなんです。

(濱口優)えー?FPS、超面白いじゃないですか。

(有野晋哉)一人称視点っていう、プレイヤー目線なんですよ。だから、鉄砲を持っている画面しかないんですね。

(赤江珠緒)ああー。

(ピエール瀧)そうそう。

(有野晋哉)で、右から重心を変えながら、撃ちながら、走りながら、みたいなんは酔うんですよ。

(ピエール瀧)そうそう、酔う。

(濱口優)360度敵がおるみたいな。

(赤江珠緒)ああ、なるほど。

(ピエール瀧)モンハンみたいに前にキャラがいればいいけど。バイオハザードみたいに。FPS、俺も酔っちゃうんす。

(有野晋哉)モンハンもダメなんですよ。だから。あの、刀を背負って走らなあかんっていう。でも、途中で息切れするじゃないですか。それが嫌なんですよ。

(赤江・瀧)(笑)

(ピエール瀧)なるほど(笑)。

(有野晋哉)そのリアルさは、いらんねん!

(濱口優)しばらく歩いたら戻るがな。

(ピエール瀧)こんな重いもの持って、よく走れるな!っていう(笑)。

(有野晋哉)なんかある程度まで行ったら、自転車とか手に入れてくれよ!っていう。

(ピエール瀧)なるほど(笑)。

(赤江珠緒)入り込んでますね。それはね。ある意味ね。

(ピエール瀧)なるほどね。じゃあ最新ハードのゲームももちろんやっているってことですよね。本当ね。

(有野晋哉)やるんですけど、最後までできてませんね。

(ピエール瀧)ちょっと、じゃあね、画面がよくなるのも考えものだってことですね。

(有野晋哉)そうですね(笑)。

(濱口優)最新は僕担当で。

(ピエール瀧)ああ、濱口くんは最新のをやっている。ちなみになに、ハマってます?最近。

(濱口優)いまですか?いま現在は、『ガンダムブレーカー2』っていう。

(ピエール瀧)ガンダムブレーカー?

(有野晋哉)知らんわ。

(濱口優)ガンダムのプラモデルの世界観なんですけど。それでプラモ同士を戦わせる。昔でいったらプラモ狂四郎。

(ピエール瀧)はいはいはい。

(濱口優)プラモ狂四郎がやっていたみたいに、自分の作ったプラモでお互いが戦うっていう。で、パーツを集めていって、自分オリジナルのガンプラのパーツでモビルスーツを作れるみたいな。それで、また戦えるみたいな。

(ピエール瀧)なるほど、なるほど。

(有野晋哉)プラモデル作った方が楽しいんじゃないの?

(濱口優)いや(笑)。それ、ゲームの中で。

(有野晋哉)ねえ。自分で作る方が楽しい。

(赤江珠緒)たまむすびもね、あそこにガンダム作った・・・

(ピエール瀧)赤江さんもね、シャアザクは作りましたよ。

(有野晋哉)ガンダム作ったって(笑)。

(濱口優)お母さんとしゃべってるみたいや!小学校の時、お母さんとしゃべってるみたいや。

(赤江珠緒)そうですよね(笑)。

(有野晋哉)すごい人、おったなと思って。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました