ゆるめるモ!あのと吉田豪 田家大知プロデューサーを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 68
スポンサーリンク

ゆるめるモ!あのさんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとゆるめるモ!プロデューサーの田家さんなどについて話していました。

(吉田豪)本当、前も言ったと思いますけど、プロデューサーの田家さん。田家さんだから成立したことだったなってすごい思うんですよ。それこそ、最初のオーディションの時の話からそうじゃないですか。有名な話ですけど、ネットで応募したけども、行けない。電車に乗れないみたいな感じで直接会いに来て……みたいな。なかなかそこまでしてくれる運営っていないし。その後もたぶん他の運営だったら匙を投げていたような瞬間が何度かあったはずなんですよ。それがちゃんと続いているっていう。

(あの)そう。だからあそこは良かったなと思う。でも他のアイドルをよく見るっていうか。

(吉田豪)共演とかしてね。

(あの)共演して。楽屋裏とか見ていると「やってけねー」って思う。どこ見ても「やってけねーわ」って思うし。

(吉田豪)フフフ、どこの運営も厳しい?

(あの)僕からしたらなんか、厳しいっていうか、MCとかも決められてたりするじゃないですか。

(吉田豪)ありますね。

(あの)なんか、「ダセー」って思っちゃうから。そういう風に思っちゃうとたぶん、自分が耐えられなくなって辞めるだろうから、やれないだろうなって思う。

(吉田豪)うん。本当に適材適所だったわけですよね。

(あの)そう。

(吉田豪)田家さんはどんな人ですか?

(あの)田家さんはね、うーん、わかんない。

(吉田豪)なんもわかんないですか? 付き合い長いですよね?(笑)。

(あの)なんか殴り合ったりとかしか……。

(吉田豪)その話、大好きなんですよ(笑)。田家さんっていうのを知らない人に説明すると、ものすごい温和で死ぬほど優しい、全く怒らないことで有名な人なんですよ。その人を怒らせているんですよ、この人(笑)。

(あの)そう(笑)。本当に全然怒らなくて、本当に「こんな優しい人、いる?」みたいな人なんですけど、僕にだけ何回か激おこになった(笑)。

(吉田豪)激おこ(笑)。

(あの)キレて。なんか街中を追いかけられて。僕も全力で逃げたんで(笑)。

(吉田豪)フフフ(笑)。全然アイドルと運営のやり取りじゃないんですよ(笑)。

(あの)そんなんばっか。

スポンサーリンク

温和で優しい田家さんが激おこ

(吉田豪)田家さんが初期メンバーと僕がイベントをやった時に印象的だったのが、メンバーがすごい言っていたんですよ。「私たちは田家さんにもっと怒ってほしい。怒られないと私たちはわからない。田家さんは優しすぎていつも褒めるだけで何も言ってくれないから怒られたいんです」って言っていたのがすごい印象的で。それぐらい怒らない人。それに対して田家さんが言っていたのが「僕が怒ったら怖いんですよ」って言っていて。

(あの)フフフ(笑)。

(吉田豪)怖いんだ?

(あの)すごく怒る。怒る時は。でも、怒ったら怒ったで僕が怒られたりすると、なんだ。メンバーはそれを見ているから。そういう時に他のメンバーが泣き出したりする。

(吉田豪)ああ、いつも見ないレベルで田家さんが怒っているから?

(あの)そうそう。怖いみたい。そういう時もあった。

(吉田豪)すごいですよね。あの……なかなか怒らない人をそうやって何度も怒らせ、殴り合いにまで発展し。よく続いてますよね(笑)。そういう時ってどうやって仲直りするんですか?

(あの)いや、仲直りとか別に……。

(吉田豪)謝ったりするんですか?

(あの)ない。

(吉田豪)ない? 謝らない?(笑)。

(あの)謝らない。

(吉田豪)うわあ。「原因は?」っていうのが来てますよ。あんまり覚えてない?

(あの)原因は覚えてないぐらい、こっちもなんか暴れていて。

(吉田豪)暴れていて……。

(あの)お互いに暴言を吐きながら。

(吉田豪)街で?

(あの)街で。いや、やっちゃいけないこととかも結構して。街中でも。

(吉田豪)フフフ、これはあんまり掘り下げない方がいいやつですかね。

(あの)そう。

(吉田豪)はいはい(笑)。

(あの)危ないっていうのもあるから怒ったんだろうけど。

(吉田豪)うん。田家さんをわかりやすく説明をすると、いつも黄緑とかの服を着ていて。「なんでそんな服を着てるんですか?」って聞いたら、「移動中にメンバーの目印になるように。迷子にならないように」っていう(笑)。「いい人だ!」っていうエピソードしか出てこないような人なんですよ。いつも何を聞いても。

(あの)そう。

(吉田豪)「メンバーの恋愛問題とか発覚したらどうするんですか?」って聞いても頭を抱えちゃうような。「何も言えない……」みたいな(笑)。いい人なんですよ。

(あの)すごいいい人。

(吉田豪)ねえ。殴り合っている時とかはもうスイッチが入っちゃっているからよく覚えていない感じなんですか?

(あの)うん。覚えてない。

(吉田豪)毎回僕がこの話をすると怒るっていう話があるじゃないですか。していいですか?

(あの)いやだ。なに?

(吉田豪)渋谷でライブを見ていた時の話。

(あの)ああー。

(吉田豪)WWWでライブを見ていて、「なんか今日、危なかっかしいなー」って思って見ていたら、ライブが終わるなりそのままセンター街を駆け抜けて……みたいな事件。それでセンター街で保護されたっていう。覚えてない?

(あの)ああ、ありましたね。なんか。大事になって。めっちゃ大事になったみたいな。

(吉田豪)大事になってましたよ。「いなくなった!」っていう。ライブが終わったら(笑)。

(あの)Twitterもなんかすごい騒がれて。あれ、どうしたんだっけ? 捕獲されました。

(吉田豪)されてましたね。あれはスタッフが追いかけてって、みたいな?

(あの)たぶん最初行方不明になって。たまたまファンの人がいて。倒れちゃってたのを見つけてくれて、運営さんにその人が連絡して。で、こう……(捕獲されそうに)なったのを殴って……(笑)。

(吉田豪)殴って逃げた(笑)。なんで殴って逃げるの、そこで?(笑)。

(あの)誰にも触れられたくなくて。

(吉田豪)ああ、なるほどね(笑)。

(あの)なにかで逃げたかったから、逃げた。……殴ったかな? なんか……。

(吉田豪)まあ、いっぱいいっぱいだったわけですね。うん。放っておいてほしくてっていう状態ですね。

(あの)めっちゃ転んで血まみれだった。

(吉田豪)うわー。本当、最初にも言いましたけど、「よく続いている」なんですよ。聞けば聞くほど。

(あの)いや、そう思う(笑)。

(吉田豪)限界状況で続けてきた人じゃないですか。ずっと。相当がんばってますよ。うん。

(あの)(吉田豪にお菓子を手渡す)

(吉田豪)ああ、くれるの? ありがとうございます(笑)。はい。(もらったお菓子を食べる)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする