スポンサーリンク

星野源『Family Song』ミュージックビデオを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で公開されたばかりの『Family Song』ミュージックビデオについて話していました。

. なぜこんなに可愛いのか… . . #星野源#源友さんと繋がりたい#familysong#mv

まさるさん(@gen.maya)がシェアした投稿 –


(星野源)今日、話したいのは『Family Song』。今日YouTube公式の星野源オフィシャルチャンネルで公開された8月16日リリースの『Family Song』のミュージックビデオのお話をしたいなと思っております。また、改めて感想メールは来週読もうかと思うんですけど。ちょっと読もうかな? 島根県の方。(メールを読む)「『Family Song』のミュージックビデオ、公開されましたね。見れば見るほど素敵な映像でした。みんな、普段は見ることのないような格好で、一見笑ってしまいそうなのにすごくかっこよくて、これが『真面目にふざける』ということなんですね。個人的には最後に源さんが洗濯物を干している後ろ姿がお母さんみたいで好きです。初回限定盤を予約しているので、特典映像も楽しみにしたいと思います」ということで、ありがとうございます。

そうなんです。僕、いつもYouTubeにミュージックビデオを公開する時に、シングルはいつも特典DVDというのをつけていて。今回は『Home Video』というタイトルで。全くホームビデオ感はないんですけどね。一応、『Family Song』というシングルにDVDがつくので『Home Video』というタイトルにしましたが。その内容のトレイラーとかが歌の2番の部分にグッと入っていて、どんな内容か? というのもじっくり見れる仕様になっております。今回は『YELLOW PACIFIC』。今年1月にやったライブの厳選映像。いろんな曲が入っています。もちろん『恋』とかも入っているし『Continues』とかも入っているし。いろんな曲のライブが入っていて、そして今回のシングルのカップリングで収録される『プリン』という曲。この曲のメイキングなどいろいろ入っておりますので、ぜひいろいろとチェックしていただきたい。

スポンサーリンク

なぜいつも途中で予告編が挿入されるのか?

で、「なんでいつも2番に予告編が入るの?」というお話……これは何度もしていると思うんですけど。一応、お話しておこうかなと思うのは、やっぱりお金を出して買ってくれた人にいちばん得をしてほしいなということで。1曲丸々聞けちゃうとね、なんというか、ミュージックビデオもいまはやっぱりすごくHD画質できれいにYouTubeで見れちゃいますから。お金を出さなくてもいちばんお得になってしまうので。やっぱり、配信でもフィジカル(CD)でもね、お金を出して買った人が得をしてほしいなという思いのもと、そんなことにしております。


星野源『Family Song (初回限定盤) 』

で、またおそらく7年後ぐらいにね、ミュージックビデオ集が出ると思いますので……(笑)。だいたい7年かかったからね。7年後ぐらいに今回の『Family Song』も入るのではないかと思っております。なので、ミュージックビデオもしっかり見れないようにはなっているんですけど、見たいところはしっかり見れるという、そういう動画になっております。ぜひ、いろんな人に見ていただきたいんですけど。

さて……どこから話そうか。ミュージックビデオ、見た? みんな。ねえ。見てない人がいると思うんで、じゃあこのお話が終わった後によかったら見てみていただければと思うんですけども。見どころが多すぎるんですよね(笑)。概要を説明すると、なんて説明したらいいんだろう? わかんないな。どう説明したらいいの? これ、言葉で説明するの。先週は特別番組でお休みだったので、先々週にお話ししましたけど。「ヤバいミュージックビデオができましたよ」というお話をしましたけども。まず僕がお母さんだったり、ドラムのカースケさんという方がおばあちゃんだったり。そして、小林創さんというピアニストの方が息子だったり。そしてギターの長岡亮ちゃんが娘だったりね。そして、友情出演というかスペシャルゲストで高畑充希ちゃんが僕のお父さん役をやってくれたり、そしてさらにスペシャルゲストで藤井隆さんが娘役をやっていただいたり。あれ? どこかで見たことがあるぞというような……(笑)。

どこかで見たことがある人たち

星野源『おげんさんといっしょ』生放送の舞台裏を語る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で、NHKで放送されて大反響だった自身の音楽番組『おげんさんといっしょ』についてトーク。生放送の裏話などを披露していまし...

なぜ、こうなったのか? えー、いろんな、本当にいろんな人から僕も連絡をもらって。「すごいね!」って。「でしょう?」みたいな(笑)。本当にね、最高のミュージックビデオができたんですけど。で、この今回の『Family Song』。なぜこういうミュージックビデオができたかというと、単に奇をてらったというわけでは実は全然なくて。すごく楽曲に紐付いているんですね。全ての要素が。それを一応お話した方がいいかななんて思って、今日ちょっとお話させていただきたいんですけど。

まず、この『Family Song』っていう曲なんですけど、そもそもアップテンポではなくて。かつ、バラードでもないんですよね。でもどうしても、いわゆる日本の音楽業界というかリスナーも含め、そしてメディアの人の含め、ちょっとゆったりしているともう「バラード」ってどうしても紹介してしまったりとかね。メディアの人が。そして、受け取る側も「あ、バラードなんだ。ちゃんと聞かなきゃ!」みたいな。「感動しなきゃ!」みたいな。そういうのがあるような気がして。もっと音楽っていろんな物差しというか……アップテンポとバラードの間に本当にいろんな種類の音楽があるんだと個人的には思っていて。テンポだけにしても。早い/遅いの中に関して言っても。

なので、この『Family Song』という曲は聞いてもらう時に「さあ、どうぞ! 泣いてください!」みたいな曲ではぜんぜんないということだったんですね。なので、楽しいミュージックビデオにしたかったんです。あと、僕が歌っている姿っていうものの中にリズムを感じるような体の動きっていうのを入れたかったんですよね。なので、見てる人がちょっと体が動いてしまうような。で、この『Family Song』という曲はものすごくビートとかリズムにこだって作ったので。そういうところも目で感じて、見ている時にちょっと楽しくなってしまうような。で、その中でいろんな楽曲の味わいみたいなものを伝えられたらいいなと思って。まず、いわゆる感動的なとか、しっとりしたストーリー性のあるものをやってはいけないのではないかなと僕が思ったというところですね。

で、その中でまずやりたかったのはピンクの色……CDジャケットは背景がピンクなんですけど、ピンク色の中でいわゆるこういう家族というものが、お母さんだったりとか、お父さんだったりとかっていうものがいるというミュージックビデオにしたいなというアイデアがありまして。それを今回、監督の関(和亮)さんに「こうやりたいんです」ってお伝えして。あと、「ディレクションは吉田ユニちゃんでお願いしたいんです」ということだったんで、それはお願いして。あとはもう、お二人の本当に素晴らしいディレクション。本当に素晴らしいディレクションの下、ミュージックビデオ撮影が行われまして。

で、なんでそうしたかったかと言うと、先々週もお話しましたけども、この曲というのはいわゆるいままでの家族像を歌っているわけではなくて、これからの家族像を歌いたいなと思って作った曲です。なので、たとえば両親がいわゆる医学的な性別では男性同士だったり。その両親の下に子供がいるという、そういうような家庭だったり。そういうのがどんどんと増えていく。で、この日本でももちろん増えていくと思うんですね。それが、これからの普通の家族というものの風景になっていくのではないかなと。いろんな種類の家族っていうものがこれから普通になっていくんじゃないかなと思っていて。

で、それを表すのに、いわゆるみんなが演じている、ミュージシャンも含めて演じている家族の役割というものが年齢も性別ももうグチャグチャなんですよね。で、その中でもしかしたら、いわゆるこういうの……あのね、一発で言うと『サザエさん』なんですけど(笑)。その『サザエさん』的な風景の中で性別がグチャグチャであるというものの未来ももしかしたらあるのかもしれない。で、そういうのも含め、家族というものがどんどんどんどん多様化していく中で……っていうものの曲のコンセントっていうものをまず映像としても示したかったというのがあります。

なので、たとえばペットとか。一緒に暮らしているペットも家族だし、あとは友達とか仕事仲間っていうのも「ファミリー」っていう言い方もするし。だから、先々週も言いましたけど血がつながっていなくても家族って思っていんじゃないかと。その中に、相手が本当に幸せであれと思う気持ちとか、無事であってくれって思うような気持ちがあれば家族なんじゃないかと。で、もっと言うと、血がつながっていても家族って思わなくていいんじゃないのかなっていう。そういう、本当にその中に愛情っていうものとかがあれば、それでいいんじゃないのかなということを歌いたいなと思って楽曲を作ったんですけども。

で、そういうものの中でいうと、やっぱりあんまり家族的な楽しさが……すごく温かい気持ちになる楽しい映像なんですけど、やっぱり全員他人なんですよね(笑)。あれ。どう考えても他人なんですよ。でも、なんかそういうことは関係なく、多幸感みたいなのがあるじゃないですか。あのミュージックビデオ。そういうものが生まれるんじゃないかなというものもあります。そして、曲の……何度もこれも言っていますけども。1960年代末から70年代初頭のソウル・ミュージックっていうものを現代の日本にJ-POPとして表現したかったというのがこの楽曲の話で何度もしていますけども。

で、やっぱり昔の楽曲をモチーフにするということイコール、どうしてもノスタルジックになってしまうんですけど、「あの頃に戻りたい」ではないんですよね。いまの音楽をやっぱり作りたい。いまの家族というものをテーマにするんだったら、いまのこれからの家族をテーマにしたいということで。いわゆる『サザエさん』的な風貌をしたみなさんが……ファミリー感とか俺たちのソウルってやっぱり『サザエさん』だろうなって思うんですよね。

今回のミュージックビデオで思うのは、そのソウル・ミュージックっていうものをコンセプトにした時に、たとえばモータウン的な映像っていうものを模して、モータウンの人たちがやっていたようなステージ的なものをそのまま持ってきたりとか、服装とかを真似て、たとえばVHS3倍速で録画したみたいな映像を劣化させるみたいなのをやっちゃうと、たぶんいちばんダメなんですよね。それだと、過去しか見ていないことになってしまうので。で、その中で外国ではなくて俺たちの……俺、日本で育ってずっとちっちゃい頃から家族というものはなんとなく漠然とあのイメージだったっていうその『サザエさん』っていうものをモチーフにしているんだけど、いま日本でいちばん最先端を走っている吉田ユニというアートディレクターが作る世界の中にその家族というものを入れることによって、「過去をリスペクトした今」というものをできれば表現したかったというのがあります。

しかも、あのセット。めちゃくちゃすごいじゃないですか。あれ、ちゃんと全部建て込んでますからね。CGは1個もないんです。あれ、使っていない家具とか食器とか、めちゃくちゃいっぱいあるよね。すっごいんですよ。手間が。本当に縁側の土のところに出ている雑草みたいなのも全部ピンクで。すっごいこだわりなんですよ。あれ、ちゃんと建て込んでいるんで。本当にすごいの。感動したんですけど。で、もっというと、僕がさっき60年代末から70年代頭のソウル・ミュージックをいまに表現したいって言いましたけど。『サザエさん』なんですけど、『サザエさん』のアニメの放映年は1969年なんですよ。もう、ドンピシャなんですよね。で、そのテーマソングであるあの『サザエさん』っていう筒美京平さんが作った曲を改めて聞くと、完全にソウルとモータウンの影響を受けているんですよ。



そこに同時代性があるんですね。っていうことは、僕が聞いていた「お魚くわえた野良猫♪」のあの曲って拍子は日本人的に頭でとっている感じに直しているんですけど、確実にアレンジはモータウンの影響を受けているんですよ。っていうことは、俺たち日本人がそもそもモータウンの影響を日常として摂取していて。俺たちの空間の中にもうブラックミュージックがあるんだ!っていうことをすごく思ったんですよね。で、それってすごい面白いなというか。っていうことは、このミュージックビデオって全然奇をてらっていないんですよ。実はすごく真っ当な作りをしていて。

かつ、俺も見たかったし、たぶんみんなももう1回見たかったんじゃないかなという、あのどこかで見た風景(笑)。そして、今回ドラマの主題歌で、そのドラマの主演の高畑充希ちゃんにもう1回出ていただきたい。そして、やはり藤井さんともう1回仕事がしたいみたいな(笑)。藤井さん、本当にこれだけのために来てくれたんですけど。本当に素晴らしい。で、やっぱりあの一緒に……みんな本当に家族感というか、ファミリーだと自分を思っているところが画面にも出ていて。そういう、いろんなことが全てつながるアイデアがあれだったという、そういうミュージックビデオになっております。ぜひみなさん、本当にもうすごい楽しく作ったし。なんて言うのかな? ゾクゾクしながら作りました。曲もゾクゾクしながら作ったけど、ミュージックビデオも本当にゾクゾクしながら作ったし。みんなもそんな表情をしていたんですよね。製作過程で。「これ、ヤバいの作っているな」って。

なんで、そういうのも含めてぜひ、星野源オフィシャルチャンネル『Family Song』がアップされましたのでぜひ見ていただきたいと思っております。それでは、聞いてください。8月16日リリースのニューシングルです。『Family Song』。

星野源『Family Song』



さあ、お送りしたのは星野源の8月16日リリースのニューシングル『Family Song』でした。ありがとうございました。ぜひYouTube、見てみてください。

<書き起こしおわり>
星野源『Family Song』にシンバルを入れない理由を語る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で『Family Song』のミュージックビデオについてトーク。女装して気づいたリップの話や、曲の中にドラムのシンバルを...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事