スポンサーリンク

宇多丸と玉袋筋太郎『ランボー』インド映画リメイクを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

宇多丸さんと玉袋筋太郎さんがMXテレビ『バラいろダンディ』の中でインドで製作中のリメイク版『ランボー』について話していました。

(阿部哲子)さあ、『007』に続いてはこちらの名作映画の話題です。シルベスター・スタローンさん主演の映画『ランボー』がインドでリメイクされることがカンヌ国際映画祭で公式に発表されました。ランボー役にはインド人の俳優タイガー・シュロフさんが決まりました。発表を受けてスタローンさんは「『ランボー』がインドでリメイクされるみたいだ。偉大なキャラクターだよ」とコメントを寄せています。映画の公開は2018年末の予定です。

(蝶野正洋)玉さん、これインドのリメイクって大丈夫ですかね?

(玉袋筋太郎)いや、だからたぶんね、ランボーはヨガをやっているでしょうね。サーベルをこうやってくわえて、こうやって……。

(蝶野正洋)タイガー・ジェット・シン(笑)。

(玉袋筋太郎)ヒンズースクワットやったり。

(宇多丸)でもなんか、写真はいい線行っていると思いましたけどね。

(玉袋筋太郎)俺もいいと思う。

スポンサーリンク

タイガー・シュロフ『ランボー』


(蝶野正洋)でも、すごい筋肉ですよね。これ。

(宇多丸)一作目のリメイクなんですかね?

(玉袋筋太郎)ああ、一本目のやつか。かもしれないね。インドだからね、どういう戦いになるんだろう?

(宇多丸)でも、スタローンがこの人がリメイクするっていうんでいろんなことを言われているのに対して、「俺はちゃんと応援する! 若い世代がチャンスをつかむのを応援する!」っていっぱい書いているのがもうね、やっぱりスライ、最高!

シルベスター・スタローンの反応


(玉袋筋太郎)最高だよね!

(宇多丸)もう、これが。

(室井佑月)なんかだけど、オリジナル感を出してほしいな。

(宇多丸)もちろん。

(蝶野正洋)ダンスで踊ったりとかね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事