スポンサーリンク

星野源と細野晴臣 おすすめ曲を語り合う

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

細野晴臣さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に出演。星野源さんとリスナーに聞いてほしい曲を3曲ずつ選曲。曲を聞きながらあれこれと音楽談義に花を咲かせていました。



(星野源)じゃあ、これからリスナーのみんなに聞いてほしい曲をお互いかけあって行きたいと思います。まずは僕から行きたいと思います。これは星野源の『ただいま』という曲をまず聞いていただきたいんですけども。これは2010年に出た僕のファーストアルバム『ばかのうた』というアルバムに、細野さんに楽曲提供をいていただいて。

(細野晴臣)そうだった、そうだった。

(星野源)そうなんです。で、まず曲をいただいて、それに僕は歌詞を書かせていただきまして、編曲させていただいた、初めて共同作業と言いますか、ご一緒させていただいた曲をまず聞いてください。星野源で『ただいま』。

スポンサーリンク

星野源『ただいま』


(星野源)星野源で『ただいま』でした。ありがとうございます。

(細野晴臣)いいね(笑)。久しぶりに聞いた。

(星野源)そうですね。久しぶりに。

(細野晴臣)これ、だから『ただいま』は僕もやっているんだよ(笑)。

(星野源)そうですよね。細野さんバージョンもありまして。それもぜひ、今度また改めてかけたいと思います。ぜひ聞いていただきたいので。


(細野晴臣)そうですね。

(星野源)じゃあ、続いては細野さん。選曲をお願いします。

(細野晴臣)この『ただいま』の頃の1年後? 2年後かな? 『Heavenly Music』というアルバムからカバーをやっています。カバーばっかり最近はやっているんですけど(笑)。

(星野源)すごい、でも楽しそうですよね。カバーをやられる時。

(細野晴臣)楽しいです。ナンシーとフランクのシナトラ(父娘)でデュエットでヒットした『Something Stupid』っていう曲です。

細野晴臣『Something Stupid』


(星野源)お送りしたのは細野さん選曲の細野晴臣『Something Stupid』でした。この曲はシナトラの前にももうあった曲だという話を……

(細野晴臣)さらにオリジナルがあって。ヴァン・ダイク・パークスのお兄さん(カーソン・パークス)。

(星野源)お兄さんもミュージシャンだったんですね。ボーカリストというか?

(細野晴臣)ギターを弾いて歌う人だったの。で、女性とデュエットをやって、それが小ヒットして、それをシナトラが取り上げたら大ヒットしちゃったっていう。



(星野源)へー。ヴァン・ダイク・パークスは細野さんのお友達ですもんね(笑)。

(細野晴臣)お友達……いやいや、先生だよ。お兄さんっていうか。

(星野源)野音のイベントの時にも来られていて。

(細野晴臣)来てくれてね。感動しましたよ。

(星野源)僕もその時、出演させていただきましたけども。SAKEROCKで。いやー、いいっすね。素晴らしい。この時間にこういう音楽を聞くの、最高ですね。

(細野晴臣)大丈夫なの?

(星野源)大丈夫です(笑)。最高です。じゃあ私、2曲目、行かせていただきたいと思います。

(細野晴臣)どうぞどうぞ。なんだろう?

(星野源)ええとですね、僕、マリンバもやるんですけども。

(細野晴臣)上手いんだよ。びっくりしちゃう。矢野顕子もびっくりしていた。

(星野源)あ、そうですか?

(細野晴臣)「上手い!」って。あのビデオを見てね。

(星野源)ありがとうございます(笑)。あ、チャイナタウンの。そうですか。ありがとうございます。僕、細野さんの40年前のチャイナタウンで細野さんがやられていた時に……

(細野晴臣)僕もマリンバを当時やっていたんで。

(星野源)マリンバをやりながら歌われていた写真を見て、「かっこいい!」って思って僕、マリンバを……

(細野晴臣)買っちゃったんでしょ?

(星野源)買っちゃったんです(笑)。でも、「かっこいい」って思ったのが高校生だったので、そこから買うまで6年ぐらいかかったんですけど。お金を貯めて。それで、その細野さんがマリンバを叩くきっかけになったかもしれない、マーティン・デニー。

(細野晴臣)そうですよ。マーティン・デニー、本当に影響されました。

(星野源)マーティン・デニーで叩いていたのは、アーサー・ライマンでしたっけ?

(細野晴臣)そう。

(星野源)そうですよね。マリンバ、ビブラフォン奏者の。

(細野晴臣)そう。面白い。ハワイに2人ともいるアメリカ人ですけども。

(星野源)そうですよね。でも世界的にマーティン・デニー、エキゾチカブームを起こして、そのブームが1回去った後に、細野さんがまた着目して。

(細野晴臣)YMOで取り上げたら、まあずいぶん人気が出た曲ですね。『Firecracker』っていう。

(星野源)僕もSAKEROCKっていうバンド名を……

(細野晴臣)SAKEROCKだ。

(星野源)『SAKE ROCK』という曲もマーティン・デニー……

(細野晴臣)マーティン・デニーの曲だから。



(星野源)そうなんですよ。不思議な三味線みたいな(笑)。

(細野晴臣)そうそうそう。よっぽど好きなんだね。

(星野源)そうですね(笑)。で、マーティン・デニーの曲をちょっとかけたいと思っているんですけども。普段、あまりかけない曲をせっかくだからかけたいなと思いまして。僕、この曲がすごい好きなんで、ちょっとかけたいと思います。マーティン・デニーで『Happy Talk』。

(細野晴臣)素晴らしい!

Martin Denny『Happy Talk』


(星野源)お送りしたのはマーティン・デニーで『Happy Talk』でした。ありがとうございました。

(細野晴臣)よかった。

(星野源)いいですね。それでは、細野さんの選曲をお願いします。

(細野晴臣)じゃあね、それを受けて。僕が24、5の頃に聞いていて、自分でもカバーしちゃったんですけども。『Japanese Farewell Song』という。『Sayonara』という別名もありますが。いろんな人がやっていますけども、今日はめちゃくちゃなチャイニーズを歌っているアール・グラント。

Earl Grant『The Japanese Farewell Song』



(星野源)これ、最高ですね(笑)。

(細野晴臣)そうでしょう? めっちゃくちゃなんだよね(笑)。アフリカ語なんだか、チャイニーズなんだかわかんないけど。

(星野源)これ、アール・グラントさんという人は何人なんですかね?

(細野晴臣)これはね、アメリカの。

(星野源)アメリカ人なんだ!

(細野晴臣)ナット・キング・コールに憧れているようなタイプの、割とまともな人なの。

(星野源)その人がちょっと中国語わかんないけど、歌ってみたみたいな?

(細野晴臣)だと思うんだよね。めちゃくちゃだと思うんだけど。

(星野源)これ、日本がテーマの曲ですもんね。この曲って。『The Japanese Farewell Song』。最後の方だけ急に「サヨナラ~♪」って言い出すっていう。

(細野晴臣)「♪♪♪♪」ってあれ、ちょっとアフリカだよね?

(星野源)急にアフリカ的な音階に。で、この曲有名なのはマーティン・デニー版ですけども。もともとは?

(細野晴臣)もともとはハワイの人たちの。よくわかんないんだよ。僕も。

(星野源)いや、でも本当に魅力的というか。謎の音楽と言いますか。

(細野晴臣)だからね、20代の頃に聞いて、東京って結構シリアスだったから。なんかこういう音楽を聞くと、自由を感じて。なんかすごく東京が面白く見える……視点が変わっちゃったんだよね。

(星野源)うんうん。異国というか。

(細野晴臣)そうそう。異国的な気持ちになった。そう。

(星野源)しかもこのアール・グラント版の歌を真似てというか、取り入れて……

(細野晴臣)真似しちゃった。「♪♪♪♪」って。



(星野源)あれ、細野さんの『Sayonara』という曲も『泰安洋行』というアルバムに。

(細野晴臣)もう40年前ですね。

(星野源)僕もたぶん1万回ぐらいは聞いてると思うんですけど(笑)。大好きな。ああ、そうだったんですね。一緒に聞けて本当にうれしいです。

(細野晴臣)ああ、そうね。初めてだもんね。

(星野源)ありがとうございます。じゃあ、この後も選曲をしていきたいと思います。

(中略)

(星野源)今日は2人でリスナーのみんなに聞いてほしい曲というのをかけあっていますが。最後の1曲ずつをお送りしたいと思います。この曲、僕すごい大好きで。これは2人で一緒に聞けるという場所なので、改めて。これが聞けたらうれしいなという。これはYELLOW MAGIC ORCHESTRAの『Mad Pierrot』という曲を。

(細野晴臣)この曲が好きなんだ(笑)。

(星野源)この曲、大好きなんです。ちょっと聞いてみましょう。

Yellow Magic Orchestra『Mad Pierrot』



(星野源)お送りしたのはYellow Magic Orchestraで『Mad Pierrot』でした。この曲は僕が一人暮らしをし始めて、最初に阿佐ヶ谷に住んだんですけど。阿佐ヶ谷に古本屋とか中古CD屋とかレコード屋が結構多くて。そのレコード屋でYMOのファーストのUS盤を買ったんですよ。アメリカ盤を。で、その最後のB面のお尻に入っているのがこの曲で。それを当時……いまも何度も聞いているんですけども。あのレコードで聞きまくって。僕は『YELLOW DANCER』っていうアルバムを一昨年の末に出したんですけども。その1曲目に入っている『時よ』っていう曲があって、その曲はすごくこの曲を参考にさせていただきました。



(細野晴臣)そうだったんだ(笑)。そういえば、なんかコード進行とかちょっと星野源っぽいかも(笑)。

(星野源)「星野源っぽい」って言っていただいているのはたぶん、僕が真似しているんだと思いますけども(笑)。細野さんのこの感じを……

(細野晴臣)いやいや、いまやもう、そういう時代だから。もうね。

(星野源)でも、この曲は細野さんが作曲されて。

(細野晴臣)そうです。

(星野源)あんまりライブでやられていないですよね?

(細野晴臣)やりたくない(笑)。

(星野源)(笑)。大変そうですもんね。この曲、すごく。

(細野晴臣)一音ずつコードが変わるっていうね。できないよ(笑)。

(星野源)(笑)。僕、たぶんそれに影響を受けて、すっごいコードが変わるんです。

(細野晴臣)変わるよね。

(星野源)一音ごとに変えるの、大好きなんで。

(細野晴臣)それをね、感じていたの。いま。

(星野源)そうなんですー(笑)。

(細野晴臣)そうか。そうだったんだね。

(星野源)もし、今後また機会がありましたら、ぜひ『Mad Pierrt』を(笑)。

(細野晴臣)やってみようかな?

(星野源)カントリーバージョンとか、いろいろと。

(細野晴臣)面白いかも。うん。

(星野源)『Sports Men』のカントリーバージョンというかバンドバージョンもありましたもんね。

(細野晴臣)『Sports Men』はやっていますよ。最近も。なんでもかんでもね、



(星野源)大好きですよ。そうなんです。いやー、ちょっと一緒に聞けてうれしかったです。

(細野晴臣)よかった。

(星野源)ありがとうございます。それでは、細野さんの最後の選曲をお願いします。

(細野晴臣)まあ、この時代で思い出すのが忌野清志郎と坂本冬美さんとトリオでやっていたHIS。

(星野源)大好きです。

(細野晴臣)最近、なんかまとまったのが出たらしくてね。アナログ盤とか。

(星野源)ええーっ、そうですか。

(細野晴臣)まだ僕もちゃんと見ていないんですけど(笑)。その中から『日本の人』。「にっぽんのひと」と僕は呼んでいたんだけどもね。『日本の人』。HISです。

(星野源)大好きです。

HIS『日本の人』



(星野源)お送りしたのは細野晴臣さん、そして忌野清志郎さん、坂本冬美さんのユニットHISで『日本の人』でした。いやー、この曲、たしかもともと細野さんのソロで『中国の人』っていうインストだったんですよね。それを……でも、ところどころメロディーも微妙に違ったりして、それを作り直されて、歌詞を忌野清志郎さんが。

(細野晴臣)詞をつけてくれて、それが本当に好きな歌詞だった。

(星野源)僕も歌詞、大好きです。曲も大好きですし。本当に優しい歌詞ですね。

(細野晴臣)ねえ。詩人。

(星野源)本当の優しさっていうか。すごく大好きなんですけども。やっぱり清志郎さんのこととか思い出されたりとか、ありますか?

(細野晴臣)あるね。なんかもうね、一緒にやりたいんだよね。まだ、いまだに。

(星野源)ああー。うん、うん。

(細野晴臣)で、「歳とったら渋いブルースをやろうよ」って言っていたんだよ。できなくなっちゃったじゃん。

(星野源)そうですね……

(細野晴臣)やりたかった。

(星野源)切ないな、本当に。いやー、そうですか。僕、音楽番組で最近坂本冬美さんとご一緒することが何度かありまして。紅白歌合戦でも一緒だったり、『うたコン』というNHKの番組でも。その時に、HISのお話を舞台裏でさせていただきまして。

(細野晴臣)ああ、そうだったんだ。へー。

(星野源)で、僕、清志郎さんにはお会いできたことがなくて。客席ではもちろん見ていたことがあったんですけど。なので、どんな方なのかな?っていうのは、細野さんのお話……TVブロスの時でもたまにお話をしていただくじゃないですか。思い出というか。あと、あれですよね。アエラで対談でコーヒーを飲みながらお話をさせていただいた時も、大瀧詠一さんと一緒にやろうというお話をされていたりとか。

(細野晴臣)大瀧くんもね、やりたいことがいまごろ出てくるっていうね。うん……

(星野源)なにか、やりたいこと。もう亡くなられてしまってできないことっていうものって、時々思い出されるわけじゃないですか。それって、自分の音楽に入ってきたりするものですか? それとも、それはやっぱり別というか。取っておきたいものだったりしますか?

(細野晴臣)あのね、最近ちょっと変化があって。「ああ、大瀧くんの曲、やってみたいな」って思うようになってきて(笑)。いままで考えたこともなかったの。

(星野源)へー! そうですか。

(細野晴臣)自分ではできないと思っていたから。

(星野源)そうですか。いや、ちょっとそれはぜひ、聞きたいですね。

(細野晴臣)そうですね。ちょっと、試してみたいです。

(星野源)ぜひ。もう、個人的には泣きそうなんですけども(笑)。

(細野晴臣)(笑)

(星野源)ええとですね、そんな感じで本当に遅い時間まで、ありがとうございました。

(細野晴臣)あ、じゃあね、もう最後までかかったし。がんばってね、下世話な方に……

(星野源)下世話な方に(笑)。すいません、この後コーナーがちょっといろいろありまして。

(細野晴臣)あるんでしょう?

(星野源)ありますね。下世話なコーナー、あります。

(細野晴臣)あるの? うれしい(笑)。

(星野源)(笑)。そうですね、すっごい楽しいですね。あの、お知らせをちょっと。

(細野晴臣)あ、そうだ。せっかく来たんだから。

(星野源)そうなんです。ここにもありますけども、昨年の5月7日、8日に横浜中華街の同發で……40年前に細野さんがライブでやられたのと同じ場所で。同發新館という場所で開催したライブ『細野晴臣 A Night in Chinatown』の映像が去年末、12月21日にブルーレイおよびDVD作品として発売されております。

(細野晴臣)そうなんです。出ています。

(星野源)僕もゲストで出させていただきまして。

(細野晴臣)そうなんですよ。このマリンバをぜひ、聞いてください。見てください。

(星野源)もう本当に、ありがとうございます(笑)。

(細野晴臣)素晴らしいから。

(星野源)本当に呼んでいただいてうれしかったですし、僕もこれ、見させていただいて。ずっと裏にいて、やっぱりすごく小さいレストランといいますか、限られた空間だったので、本番中は客席に行けなかったんですよ。なので、映像で初めてしっかり見れて。

(細野晴臣)じゃあ、楽しめたかな?

(星野源)とっても楽しかったです。いろんな曲をやられていて。ご自身の曲も、あとカバー曲もやられていて。で、いつものメンバーだったり。

(細野晴臣)で、ブギーピアノの人がね。斎藤(圭土)が来たりとか。

(星野源)いや、本当に僕、出させていただいた時も楽しかったし、見ていてもすごく映像もきれいで、音もすっごい素敵な、最高な音でした。これ、ぜひみなさんに見ていただきたいなと。

(細野晴臣)ぜひね、見てください。

細野晴臣『A Night in Chinatown』



(星野源)『A Night in Chinatown』という作品です。発売中でございます。そして、ツアーが決定されたそうで。

(細野晴臣)……

(星野源)あれ、ちょっと……だ、大丈夫ですか?(笑)。

(細野晴臣)決まっちゃったんだ(笑)。

(星野源)「働きたくない」というメッセージを表情から読み解きましたけども。

(細野晴臣)なんかね、アルバムを出す予定で、出る頃にツアーをいつも組むわけ。

(星野源)そうですよね。先に決めないといけないんですよね。小屋抑えとかもね。

(細野晴臣)で、2年前からそれが……

(星野源)(笑)

(細野晴臣)「アルバムは?」って、出てないんですよね。エアーツアーっていう(笑)。

(星野源)アルバムリリース・エアーツアーですね(笑)。

(細野晴臣)そうならないように、いまがんばんなきゃいけない時期なんですよ。

(星野源)なるほど。

(細野晴臣)で、ツアーが開催が6月25日から。

(星野源)沖縄桜坂セントラル。大好きです。

(細野晴臣)あ、沖縄でやるんだね。

(星野源)やるんですね(笑)。

(細野晴臣)自分がやるんです。そうです。初めてです。

(星野源)そして次が7月10日(月)。

(細野晴臣)浅草公会堂だよ、東京。

(星野源)ああ、いい場所ですね。

(細野晴臣)これはなんかね、面白い場所ですね。

(星野源)そして次が7月15日。大阪ユニバース。

(細野晴臣)味園ユニバースのあれだね。いいところです。

(星野源)全部素敵な場所ですね。そして7月17日(月・祝)は京都。磔磔。大好きです。

(細野晴臣)あらっ、「女性限定」って書いてある(笑)。

(星野源)(笑)

(細野晴臣)なんだ、これは?

(星野源)ちょっと待ってください。メールです。(メールを読む)「京都の女性限定ライブに行こうと思っています。仕事が日曜、祝日しか休みがないのでライブはなかなか行けないのですが、京都は祝日なので行きたいと思います」。女性限定ライブってやられたこと、あるんですか?

(細野晴臣)去年の7月7日に七夕ライブは女性限定だったの(笑)。

(星野源)いいですね。いい匂いがしそう。

(細野晴臣)誰が考えたんだか知らないけど。僕は考えてないよ(笑)。

(星野源)いいですね。

(細野晴臣)でも、それだとあまりにも……って思って、「男性も来ていいんだけど、女装して来い」と。

(星野源)(笑)。女装して来てくれたら、全然いいよっていう?

(細野晴臣)そうそうそう。

(星野源)あ、心が広い。とても素敵ですね。じゃあ、今回の磔磔は?

(細野晴臣)も、大丈夫でしょう。それで(笑)。わかんない(笑)。

(星野源)わかんない(笑)。あ、でも……マネージャーのタニモトさん的には大丈夫ですか? あ、大丈夫だそうです。

(細野晴臣)大丈夫だって。

(星野源)じゃあ、女装してくれば、男性の方も。いいですね。一般発売が3月25日(土)です。ちょっと先ですが、3月に発売されて、他の詳細は後日発表されますので、細野さんのホームページとか、Twitterとかもありますね。

(細野晴臣)そう、みたいだよ。

(星野・細野)(笑)

(細野晴臣)全然ダメですよ、自分では。

(星野源)僕も、そんな感じです。もう最近は。来週はライブあるんですけど、ライブっていう感じが全然しないです。「あるんだー」みたいな。すごくわかります。

(細野晴臣)なるほど(笑)。

(星野源)なのでぜひ、みなさんチェックしてみてください。

(細野晴臣)お願いします。

(星野源)さあ、久しぶりの……僕、実は『オールナイトニッポン』をすごく前に単発と言いますが。7年ぐらい前にやったことがありまして。その時も、実は細野さんにゲストで来ていただいて。

(細野晴臣)そうだったっけ?

(星野源)すっごい前なんですよ。なので、もう覚えてないと思いますけども。それ以来で。で、細野さんのラジオ番組に出させていただいたりとかはあったんですけど。ラジオでお話するのはお久しぶりでしたが。

(細野晴臣)楽しかったです。

(星野源)ありがとうございます。

(細野晴臣)また呼んでください(笑)。

(星野源)ぜひぜひ。なにか宣伝したい時とか……

(細野晴臣)そうなの?(笑)。そういう時に来るのって、ダメだよ(笑)。

(星野源)いや、全然いいんです。いいんです。そういう場所に使ってください。いつでも。

(細野晴臣)オッケー。

(星野源)あと、女の子の話をしたい時などありましたら。

(細野晴臣)そうですね。来たい(笑)。

(星野源)いやー、本当に今日はありがとうございました。

(細野晴臣)ありがとう、こちらこそ。

(星野源)本日のゲストは細野晴臣さんでした。ありがとうございました!

(細野晴臣)どうも、ありがとうございました。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事