スポンサーリンク

新垣結衣 星野源と藤井隆のカラオケ大会に曲をリクエストする

シェアする

新垣結衣さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の星野源・藤井隆のカラオケパーティーにリクエストコメントを寄せていました。

星野源『逃げるは恥だが役に立つ』第7話ラストの意味を語る

(星野源)いや、実はここである方からコメントが届いているんです。

(藤井隆)えっ? 富田靖子さん?

(星野源)(笑)

(藤井隆)トミヤス?

(星野源)富田さんのコメントもいただきたいですよね。

(藤井隆)だって僕、会えなかったですもん。トミヤスに。結局。

(星野源)あっ、そっか! っていうか「トミヤス」って呼ばれているんですね(笑)。

(藤井隆)あの我々世代のトミヤスファンは「トミヤス」って呼んでいます。

(星野源)へー!

(藤井隆)『BU・SU』、見た? ちゃんと。もう、ホンマ好き。

スポンサーリンク

富田靖子『BU・SU』



(星野源)すいません。ちゃんと見れていないです。

(藤井隆)トミヤス、大好き。

(星野源)じゃあちょっと、ここでコメントをお聞きいただきたいと思います。どうやらその方が、僕たちに歌ってほしい曲をリクエストしているそうです。これ、聞いてみるみんな、ぜひコメントがあるからって拡散してください。いま! いま、あの方からコメントが来るよ!って、みんなに言って。

(藤井隆)えっ、俺、バカなのかな? ちょっとわかってないけど言っていいですか? 新垣さんじゃない? 違う?

(星野源)(笑)。そうですかね?

(藤井隆)じゃないと……こんな引っ張らないでしょ?

(星野源)こんな引っ張らない。でも、わかりませんよ。大谷さんかもしれないですよ。

(藤井隆)そうね(笑)。たしかにそう……

(星野源)その可能性も全然ある。

(藤井隆)そりゃそうよ。

(星野源)ちょっとだから誰が来るかわからないんで。

(藤井隆)えっ、早く。「ニッポン放送に合わせて」って。ダイヤルを合わせて。「ダイヤル」って言うの?

(星野源)ダイヤルでもいいと思います。じゃあちょっと、聞いていただきましょうね。この方からのコメントです。どうぞ。

新垣結衣 リクエストコメント

<コメントスタート>

(新垣結衣)『星野源のオールナイトニッポン』をお聞きのリスナーのみなさん、スタジオの星野源さん、藤井隆さん、こんばんは。新垣結衣です。今日はお二人だけでカラオケパーティーをされているということで、楽しんでらっしゃいますか? さぞ、楽しいんでしょうね。私もぜひ行きたかったです。行きたかったっていうか、見たかったです。ぜひ、お二人で……私、藤井隆さんの『ナンダカンダ』が本当に大好きですごく元気になれてすごく好きなので、ぜひ歌って踊ってもらいたいなと思うんですけど。



ラジオなので踊っている様子が見れないので、ぜひ携帯で動画を撮って現場で見せてください。私もちょこちょこ、すごく仲のいい友達とカラオケには行くんですけど。意外といろんなジャンルの歌を歌うんですが。自分のドラマの主題歌とか作品の主題歌を歌ってくださったその曲とかを歌うこともよくあって。なんかその当時のことを思い出して、すごく楽しいですよね。切なくもなったり、懐かしくなったり。星野さんの『恋』はちょっと歌うというよりはぜひ、歌っている姿を見たいというか、聞きたいというか。それでギャラリーの中でちょっと口ずさんだり、ちょっと踊ってみたりするのがいいなと思うんで。ぜひ、いまこのスタジオでも歌ってみてください。みなさんも聞きたいと思うので。

いま2時間カラオケをするということで、あと1時間弱なんですかね? これが流れる頃は。まだまだ折り返し。やっと折り返しなので、もっともっと盛り上がって、ガンガン踊って楽しい時間を過ごしてください。そして、私、新垣結衣と星野さんと藤井さんが出演中のTBS火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。明日の夜10時は第10話です。先週、みくりと津崎さんはやっと『好き』という思いをお互いに言葉にして確認しあいましたが、10話では津崎さんがある大きな決断をします。うーん……言いたいけど、言えない。でも、言いたい! みたいなそんな決断です。

さらに津崎さんがリストラの危機にある中、みくりにある仕事のオファーが来ます。雇用主と従業員、そして恋人という2人の関係がどう変わっていくのか? ぜひご注目ください。明日もジェットコースターみたいな展開なので、ぜひとも見逃さず、リアルタイムでできればご覧いただけるとうれしいです。ということで、星野さん、藤井さん、パーティーを楽しんでくださいね。新垣結衣でした。

<コメントおわり>

(星野源)やったー! かわいいー!(拍手)。結衣ちゃん、ありがとうございます!

(藤井隆)いやー、最高ですね。

(星野源)最高ですね。何から何まで、もう120点のコメント。本当にありがとうございます。

(藤井隆)まあ若干ちょっとお部屋がエコーがかかっていたかな?っていうぐらいです。気になるのは。

(星野源)あれ、緑山(スタジオ)の楽屋なんでしょうがないです。

(藤井隆)ああ、そっか。楽屋か。ごめんなさい。すいません。

(星野源)本当にね、お忙しい中。それこそ香盤表とかびっちり埋まっている中の隙間にディレクターのヒカルちゃんがバーッと行って。野蛮な顔をしたディレクターのヒカルちゃん。

(藤井隆)ごめんなさいね。ヒカルちゃん、いまなんか「そうなんですよ」って頷いていたけど……いや、ただただうれしかっただけでしょ? どうせ。

(星野源)(笑)。いや、本当に。「本当、うれしかったっす」って言ってましたね。本当もう、あと3ヶ月ぐらい給料もらっちゃダメね。

(藤井隆)もちろんそうですよ。3ヶ月? やさしいね。2年!

(星野源)(爆笑)

(藤井隆)その価値あるって。

(星野源)そうです。本当にそうです。たしかに。2年は、本当にそうです。すいませんでした。ちょっと甘かったです。僕。

(藤井隆)そりゃそうですよ! いや、本当に僕ね、新垣さんってね、彼女がたぶんティーンの頃にお仕事をご一緒してから、それから久しぶりにご一緒したんですけど。こんなに、素敵なところを残しながらきちんと歳を重ねられて。もう当たり役をやられているっていうことですっごいうれしかったですね。1ファンとして。素敵ですね。どうなんですか? 現場であれだけご一緒していてね、しかも役柄としてはご夫婦なわけですから。なんか、好きになったりとかしないですか?

(星野源)いや、もう好きですよ。すでに。

(藤井隆)あらっ! ほら、ファンのみなさん、ムズキュンワードっていうんですか? また出したのは私です。藤井です。お見知りおきを。

(星野源)(笑)

(藤井隆)これはね、ファンのみなさんだって許すと思う。だってこれでもし、2017年に「結婚しました」って言われたら「えええっ!」って。なりますよ。

(星野源)「うえーっ!?」ってなりますよね。

(藤井隆)ザ・ムービーになりますから。

(星野源)そ、それが?(笑)。それがザ・ムービーになるんですね(笑)。

(藤井隆)ザ・ムービーになりますから。

(星野源)そうですね。ザ・ムービーもなんか夢見る感じになりますよね。

(藤井隆)なりますよ。本当に、星野さんと新垣さんの2人がやっぱり現場を明るく楽しく盛り上げてたっていうのが、すごくスタッフのみなさんもそうですけど、実感があったと思います。

(星野源)いや、本当に(新垣さんは)座長として素晴らしい方ですよね。

(藤井隆)あなたもね。

(星野源)いやいや、僕は本当にひっそりといるだけなんで(笑)。なんかもう、なんて言うか言葉なくして現場を引っ張っていくタイプの方ですよね。なんか本当その仕事への姿勢でみんなを引っ張っていくっていう。

(藤井隆)誠実ですよね。

(星野源)本当に誠実な方ですよね。

(藤井隆)すごい素敵。

(星野源)素晴らしい。本当、コメントありがとうございました。

(藤井隆)ありがとうございました。そんなリクエストをいただいたら、歌うしかないんじゃない?

(星野源)ぜひ歌いましょう。

(藤井隆)私から?

(星野源)ぜひ!

(藤井隆)わかりました。

(星野源)これちょっとね、目の前で僕『ナンダカンダ』を聞けるっていうのは本当にうれしいですね。じゃあ、ちょっとビデオを撮らせていただいて……それでは踊っていただけるようなのでそれを動画として残したいと思います。それでは、聞いてください……

(藤井隆)ちょっと待って!

(星野源)あ、なんですか?

(藤井隆)ちょっとその前に、ちょっと酔っ払っているから、”ウコンの力”を飲ませて!

(星野源)いまっ!?(笑)。

(藤井隆)ねえ、ウコンの力ってすごいね。すぐ効いた! じゃあ、お願いします!

(星野源)いやいや、飲んでないじゃないですか!(笑)。封すら開けてないでしょ?(笑)。さすがにバレるわ、早すぎて!(笑)。あ、なんかすごいいま、口パクで文句言ってますけども。それじゃあ、聞いていただきましょう。藤井隆さんで……あっ、ポーズまでとっている。『ナンダカンダ』、どうぞ!

藤井隆『ナンダカンダ』カラオケ


(カラオケおわり)

(星野源)フォーッ!(拍手)。もう全力で踊っていただいて。ありがとうございます。お水、飲んでください。

(藤井隆)いや、私はウコンの力を……

(星野源)(笑)

(藤井隆)私はもう絶対にウコンの力!

(星野源)本当に素晴らしい。もう全力で踊っていただいて。

(藤井隆)もちろん! これは第一にはリスナーのみなさんにこの歌を聞いてもらえるなんて本当にありがたいから「届け!」って思ったけど、一方で新垣さんが明日、見てくださると思うと、がんばりました!

(星野源)責任をもって届けます。

(藤井隆)よろしくお願いします。っていうか、全然そんなこと聞いてないんですよ。『ナンダカンダ』が好きですみたいなこと。

(星野源)あっ、現場でもほとんどお会いされてないですもんね。

(藤井隆)はい。

(星野源)でも「すっごい好き」って言われてましたよ。

(藤井隆)あ、じゃあ1個……何才でしたっけ? いま、星野さん。

(星野源)僕、35です。

(藤井隆)僕、44。じゃあ、お兄さんですから1個、お願いしていいかな? 明日、新垣さんに私のCDを渡してください。

(星野源)あっ、わかりました。

(藤井隆)DVDを渡してください。あれをお願いします。

(星野源)あ、じゃあ今日預かって……

(藤井隆)『AUDIO VISUAL』っていう僕のを。お願いします。

(星野源)はいはい。わかりました。了解です。

(藤井隆)あなたよ、あなた。私はもういいのよ。

(星野源)私はじゃあ、『恋』を歌わせていただきますよ。

(藤井隆)生放送で『恋』を歌うのはあったのかしら?

(星野源)生放送でもあります。歌番組でもあって、この番組でも弾き語りで歌ったことがあります。

(藤井隆)ああ、なるほど。第一興商さんとは?

(星野源)ただ、この第一興商さん(のカラオケ)ではないです。

(藤井隆)やっぱりね、DAMって本当に最高なんですよね。

(星野源)本当に、音作りから素晴らしいですよね。いや、本当に。

(藤井隆)いや、これは本当、ファンのみなさん……

(星野源)全国のみなさん、こんばんはー、星野源でーす! そしてダンサーは、藤井隆さんです。踊っております……

星野源『恋』カラオケ


(カラオケおわり)

(星野源)二人を越えていけ 一人を越えていけ♪ さあ、本日火曜日、夜10時から放送になりますTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。今夜10話でございます。10話でございます。みなさん、ぜひリアルタイムで見てください。15分拡大放送でございます。日野さん、なにか?

(藤井隆)『真田丸』もよろしくお願いします!

(星野源)(笑)。『真田丸』も次回最終回でございますから。日曜日、何卒よろしくお願いします。

(藤井隆)よろしくお願いします。

(星野源)佐助さん、なにか一言。

(藤井隆)ハッ!

(星野源)ありがとうございます(笑)。星野源でしたー! カラオケ大会、まだまだ続きます。

新垣結衣さんの反応

カラオケパーティーの翌週の放送で星野源さんが『ナンダカンダ』の動画を『逃げるは恥だが役に立つ』の撮影現場で新垣結衣さんに見せた際の話をしていました。

(星野源)新垣結衣さんが藤井隆さんのことが大好きらしくて。『ナンダカンダ』を……コメントゲストでコメントをしていただいて。その時に「携帯で動画を撮ってみせてください」という風に言われたので、僕、撮影しまして。『逃げ恥』の現場で見てもらいました。もうね、すっごい喜んでいて(笑)。本当に藤井さんのことを好きなんだなという。なので、すっごい喜んでいましたよ、藤井さん! ということです。あと、しかもこれ、ぜひみなさんに伝えたいんですけども。全部見終わった後に、結衣ちゃんが言った一言があるんですけど。ちょっといいですかね? 発表して。「キュン」って言ったんです。って言ったんですぅ~……(笑)。なんだ、いまの?(笑)。そうなんです。それをちょっとみなさんにご報告させていただきたいというね。はい。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

フォローする