高橋芳朗 黒人差別問題とブラックミュージックを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんがTBSラジオ『荒川強啓デイ・キャッチ!』に出演。いまなお続くアメリカの黒人に対する人種差別問題と、ブラックミュージックというテーマでキング牧師が殺害された1968年と2015年を対比させつつ話していました。

(荒川強啓)『荒川強啓デイ・キャッチ!』、今日はニュースランキングをお休みして、音楽ジャーナリスト高橋芳朗さんの音楽コラムをお送りします。テーマはこちらです。。
(片桐千晶)『1968年と2015年のアメリカ ブラックミュージックが歌ったものとは?』。

(高橋芳朗)はい。さっそく進めさせていただいてよろしいですか?

(荒川強啓)はい。お願いします。

(高橋芳朗)さっきもお話した通りですね、ここ数年アメリカで無抵抗無防備の黒人が白人警官によって殺害される事件が多発して、大きな社会問題になっております。それに伴って、黒人に対する根深い人種差別が改めて表面化してきているわけですけども。今年の4月にはメリーランド州ボルティモアで警察に拘束された黒人青年が死亡した事件をめぐって大規模な暴動が発生しましたよね。日本でも大きなニュースとして取り上げられたと思うんですけども。

(荒川強啓)はい。

(高橋芳朗)で、ボルティモアの暴動は州知事が非常事態宣言を発令しまして、州兵が投入される事態にまで発展したわけですけども。この暴動を特集したアメリカのタイムマガジンの5月11日号の表紙が非常に大きな話題を集めました。こちらにありますけれども。

(荒川強啓)ええ、ええ。

(高橋芳朗)まあ、白昼の路上。大通りでですね、暴動を制圧しようとする警官隊から1人の黒人男性が走って逃げる様子をとらえたモノクロの写真になります。

(荒川強啓)アップでその黒人。奥の方に警官隊。

(高橋芳朗)そうですね。ものすごい数の警官隊がいますけども。

(荒川強啓)このコントラストが非常にショッキングですね。

(高橋芳朗)そうですね。かなりショッキングな写真なんですが。そしてそこにですね、大きな見出しで『AMERICA,1968(アメリカ 1968年)』と書いた上にですね、赤ペンで修正されて『AMERICA,2015』と。

TIMEマガジン5月11日号


(片桐千晶)書き直されている。

(高橋芳朗)そうですね。『これは1968年に起こったことではなく、2015年のたったいま、起こっていることだ』という風に修正されているわけですね。そしてその下にはですね、こんな見出しが掲げられております。『WHAT HAS CHANGED. WHAT HASN’T.(何が変わって、何が変わっていないのか?)』。

(荒川強啓)うん。

(高橋芳朗)要はですね、黒人大統領も誕生して、アメリカの人種問題に対する意識は一見すると大きく向上している。前進しているように思えるんですけども、実は全く状況は変わっていないと。

(荒川強啓)1968年って高橋さん、なにがあったんでしたっけ?

(高橋芳朗)これはキング牧師が暗殺された年です。

(荒川強啓)ああ!

(高橋芳朗)マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師が暗殺された年ですね。4月4日です。

(荒川強啓)ああ、その時と、じゃあいまは何が変わっているんだ?っていう。そういうことで赤い修正が入っている。ああー!

(高橋芳朗)だからタイム誌はですね、2015年。今年起きたボルティモアの暴動の写真をですね、あえてモノクロで掲載して、時代を特定しにくくするように加工することにより、アメリカが47年前とですね、まったく同じ問題を抱え続けていることを端的に証明して見せたわけですね。

(荒川強啓)なるほど。意味があるんだ。

(高橋芳朗)そうですね。なので今回は、このタイム誌の表紙にならってですね、1968年と2015年。それぞれの人種問題の解消を求めた運動に音楽がどのような役割を果たしたのか?を聞き比べてみたいと思います。

(荒川強啓)ぜひぜひ。

(高橋芳朗)1968年と2015年で3曲ずつ紹介したいと思います。まず、1968年のパートから行きたいと思うんですけども。いま、強啓さんのお話にもありました通り、1968年はアメリカの人種差別撤廃を求める動きにおいて非常に大きなターニングポイントになった年になります。それは、公民権運動の指導者でありますマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師が暗殺されたことに起因しているわけですけども。

(荒川強啓)ええ。

(高橋芳朗)ここでですね、キング牧師の暗殺を受けて黒人民衆の怒りが爆発してですね。アメリカの125の都市で暴動が当時発生したらしいです。で、ここで最初に聞いていただきたい曲はですね、『We Shall Overcome』という曲になります。日本では『勝利を我らに』というタイトルで知られている曲なんですけども。これは古くからあった賛美歌が元になっているプロテストソング。政治的抗議を含んだメッセージソングになるわけですけども。公民権運動の盛り上がりの中でですね、ピート・シーガー(Pete Seeger)でしたり、ジョーン・バエズ(Joan Baez)みたいなフォークシンガーが歌うことによって広まって、運動を象徴する曲。公民権運動のテーマ曲になったような曲なんですね。

(荒川強啓)はい。

(高橋芳朗)で、この曲は実はキング牧師の葬儀でも、彼を天国に送り出す曲としてセレモニーの最後に歌われているんです。歌詞を要約するとですね、こんな内容になります。『我々は打ち勝つ。いつの日か。心の奥深くでそう信じている。いつの日か、手に手を取って歩く日が来る。なにも恐れることはない。きっと神様が導いてくださる。我々は打ち勝つ。いつの日か』。こんな内容になっております。で、今日はこの曲をですね、1963年のワシントン大行進にも参加したゴスペルの女王のマヘリア・ジャクソン(Mahalia Jackson)のバージョンで。こちら、ジャケットになります。

(荒川強啓)はい。

(高橋芳朗)聞いていただきたいと思います。キング牧師の死後まもなくしてですね、リリースした追悼アルバムがあるんですけども。『Mahalia Jackson Sings The Best-Loved Hymns Of Dr. Martin Luther King, Jr.』。まあ、『キング牧師が愛した賛美歌集』みたいなタイトルの作品になります。そこから、マヘリア・ジャクソンで『We Shall Overcome』です。

Mahalia Jackson『We Shall Overcome』



(高橋芳朗)はい。公民権運動のアンセムですね。マヘリア・ジャクソンで『We Shall Overcome』、聞いていただきました。じゃあ続いてはですね、こちらも公民権運動に大きな貢献を果たしたミュージシャンですね。ジャズ・シンガーのニーナ・シモン(Nina Simone)の曲でですね、『Why? (The King of Love is Dead) 』という曲をご紹介したいと思います。こちらがジャケットになります。

(荒川強啓)はい。

(高橋芳朗)これはですね、ニーナ・シモンの『Nuff Said』というタイトルのライブアルバムに収録されている曲なんですけども。実はこのライブですね、キング牧師暗殺3日後。1968年4月7日にニューヨークで行われたパフォーマンス。

(片桐千晶)直後ですね。

(高橋芳朗)本当に直後です。3日後です。はい。で、曲自体もですね、キング牧師暗殺の知らせを受けて、急遽作られたもので。このライブで初めて披露されたものになるんです。で、ちょっとその曲の歌詞の一部を読みあげたいと思います。こんな内容になります。『また誰かの命が奪われるのだろうか?彼らは人間なのか?それとも獣なのか?いったい何を望んでいるのか?私の国はもうダメになってしまうのか?もう手遅れなのか?キング牧師の死は無駄になってしまうのか?彼は山の頂を見た。止めるわけには行かなかった。常に死と向き合いながら生きていた。みな、よく考えて。そして再び感じて。私たちは危険な状態にある。彼がいない今、何が起こるかわからない』。かなり危機感に満ちた内容になっているんですけども。

(荒川強啓)そうですね。

(高橋芳朗)で、この曲、これから聞いていただくんですけども。とてもしっとりとした、おだやかな美しい曲なんですよ。でもいま読み上げた歌詞とかですね、収録アルバムのタイトル『Nuff Said』っていうのは『もうたくさんだ・もううんざりだ』みたいな、ちょっとフラストレーションを表したような感じなんですけども。まあ、聞いていただくとですね、歌の奥底から結構ふつふつとした怒りと絶望みたいなのが伝わってくるんじゃないかな?と思います。

(荒川強啓)はい。

(高橋芳朗)だからこの歌詞を踏まえるとですね、タイトルは『Why?』なんですけども。『なぜ?』っていうのは深い悲しみですとか、個人的には、ちょっと汚い言葉なんですけども。『畜生!』というかですね。憤りを強く感じさせる・・・

(片桐千晶)『なんでだよ!?』みたいな?

(高橋芳朗)はい。タイトルに解釈できるんじゃないかなと。では、キング牧師暗殺3日後のパフォーマンスになります。ニーナ・シモンで『Why? (The King of Love is Dead) 』。聞いてください。

Nina Simone『Why? (The King of Love is Dead)』



(高橋芳朗)キング牧師が暗殺された3日後のパフォーマンスになります。ニーナ・シモンで『Why? (The King of Love is Dead)』を聞いていただきました。

(荒川強啓)いやー・・・これがアメリカのミュージックシーンなんですよね。その一面を見る思いがしますね。

(高橋芳朗)強啓さん、曲がかかっている間におっしゃってましたけども。この『Why?』っていう短い言葉の後ろに、ものすごい多くの感情が隠されているなっていうのが、歌を聞くと余計に。

(荒川強啓)ねえ。『Why?』と言ったその向こう側に、『君はどう反応するの?』と問いかけられている。その『Why?』なんだろうっていうのがね。

(高橋芳朗)民衆に突きつけてくる『Why?』ですよね。じゃあちょっと、次の曲に行ってみたいと思います。で、キング牧師の暗殺を受けてですね、反人種差別運動がもう完全にモードが切り替わることになるんですね。より急進的な黒人民族主義運動を展開していたブラックパンサー党の台頭によってですね、ブラックパワーと呼ばれる・・・非暴力を掲げたキング牧師の公民権運動とはまた違ったですね、黒人の地位向上を求める運動が盛り上がっていきます。

(荒川強啓)はい。

(高橋芳朗)で、ある意味、このキング牧師の暗殺を契機にしてですね、より運動がアグレッシブになるというかですね、ちょっと戦闘態勢に入るというか。ちょっと物騒な言い方をしますと。そういうところがあると思います。で、そんな運動のモードが切り替わったことを象徴する曲がですね、これから紹介しますこれ。ジェイムズ・ブラウン(James Brown)。

(荒川強啓)おおー!

(高橋芳朗)ファンクミュージックの帝王ですね。ジェイムズ・ブラウンの『Say it Loud, I’m Black and I’m Proud』。これは『声を上げよ、私たちは黒人でそれを誇りにしている』っていう。直訳するとそういう意味になるんですけども。で、これはキング牧師の暗殺から4ヶ月後の1968年8月7日。夏にレコーディングされた曲なんですけども。

(片桐千晶)ええ。

(高橋芳朗)まあ、歌詞はタイトルからお分かりいただけるかと思うんですけども。黒人を鼓舞する。黒人のアイデンティティーを強烈に刺激するような内容になっております。歌詞の要約を紹介するとですね、『声を上げろ。俺は黒人であることを誇りにしている。俺たちはこれまでさんざん不当な扱いを受けてきた。まともな扱いを受けるまで俺たちは決して諦めない。声を上げるんだ。俺は黒人であることを誇りにしている』というような内容になります。

(荒川強啓)うん・・・

(高橋芳朗)で、今日はですね、この曲がリリースされた直後の1968年8月26日にテキサス州ダラスで行われたコンサートのライブバージョンを聞いていただきたいと思います。オーディエンスを、先に曲が入る前に、ちょっと1分半ぐらいのジェイムズ・ブラウンのスピーチがあるんですけども。そのオーディエンスをアジテイトするジェイムズ・ブラウンのスピーチの熱さと、JBに煽られたお客さんの熱いリアクション。その熱狂ぶりも一緒に注目して聞いていただけたらと思います。ジェイムズ・ブラウンの1968年のライブパフォーマンスで『Say it Loud, I’m Black and I’m Proud』。

James Brown『Say it Loud, I’m Black and I’m Proud』



(荒川強啓)いやー、高橋さん・・・

(高橋芳朗)強啓さん、足でリズムを取りながら(笑)。

(片桐千晶)身悶え(笑)。

(荒川強啓)染みますねえ!

(高橋芳朗)かっこいいですね!強啓さんがこんなにブラックミュージックを好きだと思わなかったので。すごいうれしいです。

(荒川強啓)ええ。もう久しぶりに。もう3、40年ぐらい前に戻りました(笑)。

(高橋芳朗)(笑)

(片桐千晶)その頃に。

(高橋芳朗)曲がかかっている間もずっとリズムの解説をね(笑)。

(荒川強啓)すいません。なんか、申し訳ない(笑)。

(片桐千晶)味わい方をね、教わりました。

(高橋芳朗)というわけで、ジェイムズ・ブラウンの『Say it Loud, I’m Black and I’m Proud』を聞いていただきました。

(荒川強啓)今日は黒人の差別というところから、1968年、2015年のアメリカ、ブラックミュージックが歌ったものとはなにか?。1968年の前半をお聞きいただきましたが。ここでコマーシャルを挟み、交通情報をお伝えした後で、後半、またお楽しみいただきます。

(中略)

(荒川強啓)『荒川強啓デイ・キャッチ!』、今日はニュースランキングをお休みして、音楽ジャーナリスト高橋芳朗さんの音楽コラム『1968年と2015年のアメリカ、ブラックミュージックが歌ったものとは?』というテーマでお送りしております。後半もよろしくお願いいたします。

(高橋芳朗)では、1968年に続いて2015年の状況を見ていきたいと思います。特集の冒頭でもお話しましたけども、アメリカでは2014年の夏ぐらいからですね、黒人に対する白人警官の不当な暴力が相次いで起こってまして。人種間の軋轢が強まってきているんですね。そんな中、全米各地で抗議デモが行われるようになってですね。『Black Lives Matter(黒人の命だって大切だ)』というスローガンのもとに、新しい公民権運動とも言えるような動きが生まれています。そんな『Black Lives Matter』のムーブメントに音楽界からいち早く反応を示したのは、カリスマ的な人気を誇るR&Bシンガーのディアンジェロ(D’angelo)。

(荒川強啓)うん。

(高橋芳朗)という歌手になります。こちら、ジャケットを持ってきました。彼はですね、2014年の12月。ちょうど1年前ですね。16年ぶりになるアルバムをリリースするんですけども。このタイトルが『Black Messiah(黒い救世主)』って名付けられているんですね。で、このアルバムのリリースにあたってディアンジェロがこのタイトルについてこんな声明文を発表してるんですね。ちょっと読み上げます。『「Black Messiah(黒い救世主)」というタイトルは俺たちみんなを意味している。俺たちの誰もがBlack Messiahになれるよう志すべきなんだ。それはファーガソンの黒人青年射殺事件や、エジプト革命、オキュパイ・ウォールストリートなど、これ以上我慢しがたい状況に対して変化を求めるべく決起している、全ての場所の全ての人々を指している。1人のカリスマ性のあるリーダーを賞賛するのではなく、大勢のそういった人々を讃えるということなんだ』と。

(荒川強啓)うーん・・・

(高橋芳朗)だからこれは『Black Lives Matter』のムーブメントをすごく強力に後押しする、非常に力強いメッセージであるとともにですね、そもそも民主運動とはなんぞや?という核心に触れるようなメッセージなんじゃないかな?と思います。なのでちょっとこの『Black Messiah』というアルバムから特にメッセージ色の強い曲を聞いていただけたらと思います。ディアンジェロで『The Charade』です。

D’Angelo and The Vanguard『The Charade』



(高橋芳朗)ディアンジェロの最新アルバム『Black Messiah』から『The Charade』を聞いていただきました。

(荒川強啓)それぞれ勝手に歌っているようでいて、ちゃーんと合っているんですよね。

(片桐千晶)重なりが。

(高橋芳朗)気に入っていただけましたでしょうか?

(荒川強啓)うーん!しかもこのベースがビシーッ!っとリードしているところがね。

(高橋芳朗)そうですね。やっぱりブラックミュージックを好きな方はベースに耳がいきますよね(笑)。

(荒川強啓)いきますね!これ、変わってませんねえ!

(高橋芳朗)(笑)。で、ですね、この現代版の公民権運動に対する音楽界からのリアクションとしては、いま紹介しましたディアンジェロの『Black Messiah』という作品がひとつの起点になっているようなところがあるんですけども。この『Black Messiah』とほぼ同時期に。2014年12月。ちょうど1年前ですね。に、リリースされたラッパーのコモン(Common)とR&Bシンガーのジョン・レジェンド(John Legend)っていう男の共演によるですね、『Glory』という曲も非常に無視できない重要な作品になっております。

(荒川強啓)はい。

(高橋芳朗)で、これから紹介するこの『Glory』という曲はですね、日本では今年6月に公開されたキング牧師の伝記映画の『グローリー 明日への行進』のテーマソングになります。アカデミー賞とゴールデングローブ賞の両方で主題歌賞を受賞した、非常に高い評価を受けた楽曲になるんですけども。で、歌詞がまさに現代版の『We Shall Overcome』。68年のパートの2曲目に紹介した曲に通ずるところがありまして。

(荒川強啓)ええ、ええ。

(高橋芳朗)『いつの日か、きっとグローリー(栄光)の日が訪れる』みたいな内容の曲なんですけども。この『Glory』に関してですね、アカデミー賞を受賞した時にコモンとジョン・レジェンドのスピーチが非常に感動的な内容でですね。ちょっとジョン・レジェンドのスピーチの一部をいま、紹介したいと思います。こんな内容になっております。『ニーナ・シモンはかつて、こう言っていました。「いま我々が生きている時代を反映させることは、アーティストの責務である」と。私たちがこの曲をよせた「グローリー」という映画は50年前に起こった実話をもとにした作品です。しかし、「グローリー」で描かれていることはいまもなお、起こっています。公正を求める闘争はいま、まさに起こっているのです』と。

(片桐千晶)うーん・・・

(高橋芳朗)だからキング牧師の死後、まっさきにリアクションを起こした、先ほどご紹介したニーナ・シモンのスピリットがしっかりと、いま現代に活躍するアーティストに受け継がれていることを証明するようなスピーチなんじゃないかな?と思います。

(片桐千晶)変わっていないっていうことですね。

(高橋芳朗)じゃあ、曲の方を聞いていただきましょう。コモン&ジョン・レジェンドで『Glory』です。

Common, John Legend『Glory』



(高橋芳朗)映画『グローリー 明日への行進』の主題歌でコモン&ジョン・レジェンドの『Glory』を聞いていただきました。

(荒川強啓)高橋さん!ぜんっぜん変わってません。

(高橋芳朗)そうですね。黒人音楽は芯にあるものがずっと受け継がれてるなっていう感じがしますね。

(荒川強啓)見事に受け継がれていますね。そしてこの、俗に『ソウルフル』という、この声の出し方といい、それからそこにメッセージ性を込めながらも、泣いているようでいて、またなにかを訴えているようでいて。どこかで、自分たちの叫びと言いましょうか。そこまでも、スーッと出してくるあたりが、もうたまりませんね。

(高橋芳朗)(笑)。もう強啓さんに解説していただいた方が、もうばっちりなんじゃないか?っていう。

(荒川強啓)あの、ここがアメリカのミュージックシーンのいいところなんでしょうね。

(高橋芳朗)奥深さと言いますか。

(荒川強啓)なにかあった時に、パッと誰かが号令を出すのではなく、スパッと・・・

(高橋芳朗)立ち上がりますよね。早いですよね。レスポンスが。

(荒川強啓)ですね。これが反応しているっていうところが力強さであり、彼らの長い虐げられた歴史の中から、そこが込められた歌になっているっていう、この背景に触れることがなんとも深刻ですよね。

(高橋芳朗)ありがとうございます。強啓さんにこんなに熱く語ってもらえるとは、本当に光栄でございます。

(荒川強啓)本当、久しぶりに震えております。

(片桐千晶)聞き入ってますもんね。

(荒川強啓)はい。ここで一旦コマーシャルを挟みまして、そのアメリカのミュージックシーン。ブラックミュージックがどのように受け継がれ、そしていま新たなメッセージを我々に捧げてくれているのか、伝えているのか。最後のシーンに行こうと思います。コマーシャルです。

(CM明け)

(荒川強啓)今日は音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんの音楽コラムをお送りしております。だんだん時間がなくなってきました。

(高橋芳朗)じゃあ、最後の1曲を紹介したいと思います。最後はですね、現代の新しい公民権運動。『Black Lives Matter』というムーブメントに音楽界からもっとも影響を与えるミュージシャンと言っていいと思います。ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)というラッパーをご紹介したいと思います。このケンドリック・ラマーは年齢28才なんですけども。来年2月に開催されますグラミー賞でですね、11部門にノミネートされております。

(片桐千晶)すごーい!

(高橋芳朗)これ、マイケル・ジャクソンがですね、1983年のグラミー賞で達成した12部門ノミネートに次ぐ快挙ということでですね、いま非常に注目が高まっているアーティストなんですね。で、今日はそのケンドリック・ラマーが今年の5月にリリースしたアルバム『To Pimp A Butterfly』。こちらがジャケットなんですけども。ここから『Alright』という曲を紹介したいと思います。で、欧米メディアではですね、この『To Pimp A Butterfly』というアルバム自体がですね、新しい公民権運動のサウンドトラックみたいに評価されているんですね。

(荒川強啓)うーん・・・

(高橋芳朗)これ、ジャケットがいま、すごい結構過激な。ホワイトハウスの前で、白人裁判官が倒れているところに、まあちょっとストリートギャングみたいな上半身裸の黒人がこう、群がっているような。



(片桐千晶)ねえ。ひしめいている。

(高橋芳朗)はい。すごい強烈なジャケットなんですけども。で、これからかける『Alright』はですね、同じように現代の『We Shall Overcome』なんていう評価をされていたりもするんですね。そして実際にこの曲、新しい公民権運動のアンセムと評価しても十分いいような曲だと思います。というのはですね、この『Alright』という曲がいまアメリカの各地で行われているポリスハラスメント。白人警官による黒人に対する嫌がらせ行為に対する抗議デモでシュプレヒコールとして使われているんです。

(荒川強啓)ほう。

(高橋芳朗)曲のサビの部分の『We Gon’ Be Alright(私たちは大丈夫)』っていう一節をですね、コールしながら街を練り歩いたりしてるんですね。結構You Tubeとかで検索すれば、動画とかたくさん上がっているんですけども。


(片桐千晶)ええ。

(高橋芳朗)特に若い大学生のデモとかでこの曲がシュプレヒコールとして使われております。で、歌詞の内容はですね、サビの部分を要約するとこんなようなことが歌われております。『俺たちはオマワリが大嫌いだ。奴らはストリートで俺たちを殺そうとしている。俺は牧師の前で許しを請おうとしているが、膝が弱って銃をぶっ放しちまうかもしれない。でも、きっと俺たちは大丈夫。なんとかなるさ』。で、これ、『俺は牧師の前で許しを請うているが膝が弱って銃をぶっ放しちまうかもしれない』って結構過激な一節ですけども。

(片桐千晶)うん。

(高橋芳朗)『もう俺たちの我慢は限界に来ている』っていう。

(片桐千晶)もう我慢ができないっていう。

(高橋芳朗)はい。ところまで来ているっていう。そういうのを表しているフレーズだと思うんですけどね。はい。で、ちょっと攻撃的なニュアンスも含んでいる曲ではあるんですけども。曲調的にはジャズの要素も取り入れた、非常に洗練された作りになっております。じゃあちょっと、聞いていただきましょう。ケンドリック・ラマーで『Alright』です。

Kendrick Lamar『Alright』



(高橋芳朗)来年開催されますグラミー賞でソング・オブ・ジ・イヤーにノミネートされておりますケンドリック・ラマーで『Alright』を聞いていただきました。こちら、モノトーンで統一されたミュージックビデオ。非常にメッセージを踏まえた素晴らしい内容になっておりますので、これもYou Tubeなどで、もし機会があったらチェックしていただけたらと思います。

(荒川強啓)はい。

(高橋芳朗)で、このケンドリック・ラマーなんですけども、こういう革命を起こすようなアーティストとしていま、非常に注目されているんですけども。ちょうど昨日公開になったインタビューでこんなことを語っていたんですね。『I can’t change the world until I change myself first.(まず自分が変わらないと、世界を変えることができない)』って言ってるんですね。



(荒川強啓)うーん・・・

(高橋芳朗)これ、先ほど紹介しましたディアンジェロの『Black Messiah』の声明文でありました、『俺たちの誰もが黒い救世主になれるよう志すべきなんだ』というメッセージと本質的には同じことを言ってるんじゃないかな?と思います。やっぱり人々に立ち上がることを促しているっていう。誰かに頼るんじゃなくて。みんなで運動を起していこうっていうことを言ってるんじゃないかな?と思います。で、このケンドリック・ラマーが来年、グラミー賞でどのように評価されるか?っていうのが非常に僕、楽しみにしておりまして。

(片桐千晶)うん。

(高橋芳朗)まあ、彼がいっぱい受賞するようなことになりましたら、今後の音楽のあり方とか、人種問題にも少なからず影響を与えてくることになるかな?と思っております。

(荒川強啓)うーん・・・しかし先ほどもちょっと触れましたけども、アメリカのミュージックシーンっていうのはもう1968年から何も変わらず、2015年という、こうしたことが起きたとしても、みんながひとつになって、ソウルフルに、そしてブラックミュージックというものを武器にして。そして、みんなにメッセージし、みんなに訴えかけ、自分たちで共通意識を持っていこうというアメリカの奥の深さと言いましょうか。音楽シーンのこの根強さというか。見事なもんですね。

(高橋芳朗)そうですね。今年のグラミー賞がまさにそういう感じだったんですよね。黒人差別にみんなで断固として声を上げていこうという。

高橋芳朗 2015年グラミー賞のテーマ Black Lives Matterを語る
音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんがTBSラジオ『荻上チキSession22』で2015年グラミー賞を振り返り。話題となったプリンスのスピーチの意味や、大きなテーマとなった『Blac...

(片桐千晶)本当にその、『なんでだよ!?』っていう怒りとか。みんなで声を上げよう!とか。本当にずっと変わってないんですね。

(高橋芳朗)そうですね。常にそれは根底に流れているものとしてありますね。

(荒川強啓)はい。今日は音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんの音楽コラム。『1968年と2015年のアメリカ、ブラックミュージックが歌ったものとは?』。このテーマで6曲、ご紹介いただきました。ありがとうございます。

(片桐千晶)ありがとうございます。

<書き起こしおわり>
高橋芳朗 ヒップホップと新たな公民権運動を語る
音楽評論家の高橋芳朗さんがTBSラジオ『Session22』に出演。近年、アメリカで盛り上がりつつある人種差別問題と、それに対するプロテストソングとなったヒップホップの楽曲について...
AKLO アルバム解説 Kendrick Lamar『To Pimp A Butterfly』
ラッパーのAKLOさんがblock.fm『Inside Out』でケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)の話題のアルバム『To Pimp A Butterfly』を解...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事