スポンサーリンク

吉田豪 ドレスコーズ志磨遼平とのトークショーを振り返る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

吉田豪さんがbayfm『with you』でロフトプラスワンで行われたドレスコーズ志磨遼平さんとのトークショーを振り返り。その際に考えたことなどを話していました。


(松本ともこ)昨日は、ロフトプラスワンでイベントがあった?

(吉田豪)そうですね。復活!雑談天国というイベントがありまして。ここ最近だと、東野さんとか蛭子さんがあっての、志磨さんってどういう並びだ?っていう(笑)。

(松本ともこ)志磨さんっておっしゃると、志磨遼平さん。

(吉田豪)志磨遼平さん。元毛皮のマリーズ、現ドレスコーズの。そしてドレスコーズのメンバーが全員いなくなったことでお馴染みの志磨さんですね。

(松本ともこ)あの、このコーナーで以前やった時にね・・・

(吉田豪)全員いなくなって。で、今度のライブで、女性メンバーだけでやることを発表したら、なんか女性ファンから叩かれたりってことでお馴染みの志磨さんですね。

(松本ともこ)(笑)。それさ、発表したと同時にさ、みんなに、『それ、違う』ってなるの?

(吉田豪)まあだから『ドレスコーズっていう名前を継いで、他のメンバーを入れてやるってなんだ!?』みたいな感じのね、批判とか。やっぱり大変ですね、バンドって・・・っていう。昨日、ふと思ったんですよ。控室でちょっと話したんですけど。アイドルっていうジャンルって、いわゆるガチ恋と呼ばれる、メンバーに本気で恋しちゃう人が紛れて。そういう人が多少問題を起こしたりとか、よくあるんですけどね。バンドって大変だなと思ったのが、ガチ恋が基本だと思うんですよ。

(松本ともこ)あー。

スポンサーリンク

バンドファン女子のガチ恋率

(吉田豪)女の子、結構ガチ恋率が異常に高くて。だからこそ起きるトラブルとかも。そういうネットで叩かれるとかね。

(松本ともこ)なんだろう?バンドのガチ恋率の高さって。

(吉田豪)高いですよ。いや、だから特殊なジャンルですよね。って、それをすごい思います。

(松本ともこ)あの、私も数少ない見ているバンドの中で、やっぱりガチ恋率は多いと思う。

(吉田豪)多いですよね。だから、昔、大槻ケンヂさんが筋肉少女帯で、ファンに2chとかで叩かれて。それが嫌で自分の作ったバンドを辞めて・・・みたいな騒動があったんです。で、他のメンバーが筋少を守るみたいな。最近和解してちゃんと復活しましたけど。

(松本ともこ)そうなのね。

(吉田豪)だから、想いが強すぎて、攻撃に回りやすいのもバンドだなって思うんですよ。

(松本ともこ)うんうん。そう。ちょっとその、バンドならではの空気って、なんともありますよね。

(吉田豪)アイドルって、ガチ恋の人もいますけど、何度もずっとアイドル見てきて、アイドルの見方を学んだ人が多いんですよね。適切な距離を保って、みたいな。でもバンドってたぶん10代とかで最初に好きになって、だから。ピュアな想いをぶつけやすいんだと思うんですよ。

(松本ともこ)真剣だもん。だって好きになる時。

(吉田豪)真剣ですよね。うん。それをすごい感じました(笑)。

(松本ともこ)自分もそうだったから、すごいそう思っちゃう。なんか。

(吉田豪)昨日、だからロフトプラスワンで、最前列が全部20代の女子で埋まるって初めてで。

(松本ともこ)えっ、それは全部志磨さんのことを好きだから?

(吉田豪)いつもロフトプラスワンって常連のおっさんとおばちゃんぐらいしかいないんですよ。いつもいる人たちが並ぶものなんですけど。

(松本ともこ)あの、ちょっと安心感のあるさ、前にいてくれる人たちですよね。

(吉田豪)はい。『あ、いつもの人たちだ』っていう。あの、アウェイそうなイベントでも、そういう人たちがいると安心するんですよ。『おっ、いつもの人たちがいるぞ!』って感じの。

(松本ともこ)へー。じゃあある意味、初めて行った人もいたんじゃない?

(吉田豪)初めてばっかりですよ。6、7割が若い女子で。いつも僕のイベントに来ている人たちが戸惑ってましたよ。

(松本ともこ)おかしい!(笑)。

(吉田豪)『今日のロフトプラスワン、いい匂いがする』っていう(笑)。知らない状態。2人で下ネタ話しすぎて、1人ちょっと暗い顔をしながら女性が途中で帰りました、見たいな。

(松本ともこ)ショックだよ。帰ったの、ショックでしょ。志磨さんはそれ、どう思ったのかな?

(吉田豪)面白かったみたいですよ。のびのびと普段はしないような話だけしたっていう(笑)。

(松本ともこ)次の時、行きたいなー。

(吉田豪)次、やりましょう!って感じになってね。

(松本ともこ)ぜひぜひ。

(吉田豪)『どうしてもカミングアウトするべきかなと思っていることがあって、今日はできなかった』って言ってたんで。次回はそれ、追い込みますよ。

(松本ともこ)なんだろうね?あの、女子枠をなんとか私も獲得して、次、行きたいと思います(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事