近田春夫『人間、誰でも1日1回は自殺したいと思うのが普通』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

近田春夫さんが2011年12月にTBSラジオ『菊地成孔の粋な夜電波』に出演した際のトーク書き起こし。菊地成孔さんと年末放談をする中で、『人間、誰でも1日1回は自殺したいと思うのが普通だ』というパンチラインを放っていました。


(菊地成孔)まあ、でも近田さんがヒーローだっていう人、いっぱいいると思うんですよ。まあその、本人を目の前に言うのは汚えヨイショみたいであれですけど。俺も完全にそうですけど。たとえば、近田さん・・・こういうifはナシですけど、もし近田さんがいなかったとしたら、こいつはいなかったっていうの、あるじゃないですか。

(近田春夫)うん。

(菊地成孔)近田さんいなかったら、もちろん俺はなかったですし。なかったっていうか、たぶんあったとしても、なんか違うことをやっている・・・

(近田春夫)幼稚園の時にラジオを聞いたっていうね。

(菊地成孔)そう。あとは転がる石ですよ。だから、たとえばね、俺なんかともかくとして、この間ボーッとかんがえていたんだけど、たとえばつんくさんっているじゃないですか。知己がないから敬称略でつんくにしますけど。あの人なんか、たとえばホストクラブがあって、キャバクラがあって、バンドブームがあってっていうのが全部あっても、近田さんの活動がなかったら、シャ乱Qってなかったと思うんですよね。

(近田春夫)ど、どういうところで?あんまり、関係わかんねーんだけど。

(菊地成孔)いや、影響を・・・

(近田春夫)俺は好きだけど。つんくはすんごいさ。作曲家っていうかプロデューサーとしては。

(菊地成孔)あの近田さんの音楽を聞いていたとか聞いてなかったとかじゃなくて。もう1ジャンプあるのに、絶対そのハルヲフォンとかがなかったらね、ハルヲフォン、アナクロ歌謡曲を評価するんだっていう流れが日本の下地になかったら、つんく、なかったと思うんですよね。

(近田春夫)ああー。なんかそういう、結果的にさ、なにか間接的に俺の影響を受けた人っていうのは、結構いるかもしれないね。

(菊地成孔)間接的な影響の方がデカいじゃないですか。

(近田春夫)だからね、ぜんぜんね、そういうことが全くお金になんないのよ。俺。

(菊地成孔)(笑)。それ、みんな言うんですよね。間接的な影響が大きい人。

(近田春夫)全くなんないのよ。だってよくさ、街角とかでさ、『あっ、先生!ファンなんです!』とか。先生っていうわけ。俺のことを。『先生、ファンなんです!』って言うわけ。俺のことをさ。いるじゃん、いっぱいさ。でも絶対俺のCDとか買ってないもん。そういうやつ。

(菊地成孔)(笑)

(近田春夫)大体わかるのよ。

(菊地成孔)(笑)。買えよ!っていう話ですよね。The Lunatic ThunderのCDを買えよ!っていう話ですよ。

(近田春夫)でも俺、思ったの。前に人に言ったんだけど。俺、ファンに養ってもらってないから、気が楽なのよ。自分で食ってるから。

(菊地成孔)あー、なるほど。

(近田春夫)だからデカい態度でいられるっていう。

(菊地成孔)いやー、それ、もうそこから丸々俺は影響を受けてますよ。要するに、養ってもらっちゃうとね、もう、デカい態度取れないですよね。

(近田春夫)で、あとついついその人たち相手にやるようになるじゃない。その人たちに食わせてもらっていると思うと。それ、嫌じゃん?

(菊地成孔)そうですね。

(近田春夫)だから俺、『ファンです』っていう人はもう、タダでいいの。もう、フリー。フリー。

(菊地成孔)そうですよね。それ、前にね、昨日久しぶりに読み返したんですよ。近田さんと対談させてもらったやつ。

(近田春夫)うん。

(菊地成孔)したら、『金なくてもいい』っていう話、半分ぐらいしてて。あの・・・(笑)。やれ、通帳のハンコ盗まれたけど気にしなかったとか、やれ、200万キャッシュで落としたけど、特に痛くなかったって話とか・・・

(近田春夫)えっ?200万も落としたなんて話、あったっけ?

(菊地成孔)あったあった。俺が。

(近田春夫)あ、そうか。君がね。俺は落としてないよ。

(菊地成孔)(笑)

(近田春夫)俺、いま思い出せなくて焦っちゃったもん。俺。

(菊地成孔)もっとでっかい、だから印鑑がどうのこうのってあったじゃないですか。

(近田春夫)ああ、それすらよく覚えてないんだけどさ。

(菊地成孔)ですよね。まあ、なんて言うか飲み代っていうか、その日の金があればいいなんていう感じですよね。

(近田春夫)だからさ、俺、思うんだけど。楽しい時はさ、あんまりお金のこととか必要ないんだよね。

(菊地成孔)ないですよね。

(近田春夫)なんかそれで、暗い気持ちになったりとかさ、落ち込んだりすっとさ、『ああ、お金ないと困るな』とかって、そういう風になっちゃうから。いつも楽しくいればいいってことですよね。

(菊地成孔)そうですよね。いやー、本当、その通りですよ。えっ、でも近田さん、こう、暗くなっちゃって。『いやー、お金も必要だな』って思う時とか、あるんですか?

(近田春夫)そりゃあ1日に1回ぐらい、自殺したいと思いますよ。人間は。誰だって(笑)。

(菊地成孔)そうですすよね(笑)。

(近田春夫)それが普通だろ?俺が言いたいのはそういうことよ。人間なんてね、どんな人でも1日に1回ぐらいはね、『ああ、自殺したい』って思うのが普通だって思えば、それで気が楽じゃん。

(菊地成孔)いや、本当ですね。いやー、すげーな。もう結論が出てますけどね。

(中略)

(菊地成孔)だけど、いまって結構魔女狩りっていうか。あの、パクったらもうみんなで取り囲んで。指さして殺すみたいな状況に。たとえばネットとか。そういう感じじゃないですか。

(近田春夫)あ、権利的な問題じゃなくて、炎上的な意味で?

(菊地成孔)世相っていうか。

(近田春夫)要するに、炎上するみたいな。

(菊地成孔)そうそうそう。

(近田春夫)だけど、そんなもん、怖くねーじゃん。

(菊地成孔)(笑)。まあまあ、そうですけど。怖いか怖くないかっつったら、そりゃ怖くないですけど(笑)。

(近田春夫)ぜんぜん怖くないじゃん。

(菊地成孔)それはもちろん、法廷の方が怖いですよ。だけど、なんか世論がものすごいガチガチに形成されていて。ちゃんと考えたら、わかりますよね?

(近田春夫)世論ってさ、そんなに怖いもんなの?

(菊地成孔)いやー、どうですか?

(近田春夫)なんも怖くないだろ?

(菊地成孔)(爆笑)。まあね、ガンが怖くないんですからね。

(近田春夫)世論は怖くないよ。いちばん怖くないもんのひとつじゃない?

(菊地成孔)はい。だけど最近って、たとえばうちらの国はまだどんなに荒いっつっても、やっぱり優しい国で。韓国の世論とか見ると、ネットで自殺するまで書いたりするじゃないですか。

(近田春夫)うん。ほら、人間1日1回自殺したくなるから。いいわけよ。

(菊地成孔)(爆笑)。それでいいわけですね。

(近田春夫)いいわけよ。

(菊地成孔)なるほど(笑)。ハッピーだなー。

<書き起こしおわり>

近田春夫と菊地成孔 AB型談義
近田春夫さんが2011年12月にTBSラジオ『菊地成孔の粋な夜電波』に出演した際のトーク書き起こし。血液型が同じAB型のお二人が、AB型談義をしていました。 (菊地成...
近田春夫と菊地成孔 お気に入りのコンビニと第三のビールを語る
近田春夫さんが2011年12月にTBSラジオ『菊地成孔の粋な夜電波』に出演した際のトーク書き起こし。お気に入りのコンビニと第三のビールについて語り合っていました。 (...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事