菊地成孔 OMSB・MOEにビブラストーンを説明する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 736

菊地成孔さんがTBSラジオ『粋な夜電波』 HIPHOP特集の中で、ビブラストーンを知らないSIMI LABのOMSBさん、MOE AND GHOSTSのMOEさんに概要を説明していました。リスナーからの『菊地さんはビブラストーンに絡んだり、ハマったりしましたか?』というメールに回答しながら話しています。


(菊地成孔)菊地さんはビブラには絡みませんでしたが、まあちょっとハマりましたね。普通にね。MOEさん、ビブラストーンとか知ってますか?

(MOE)いや、初めて聞きました。

(菊地成孔)近田春夫さんです。

(MOE)ああ!そうなんですね。はいはい、それはわかりました。

(OMSB)あー。

(菊地成孔)近田春夫さんがやっていた、生演奏の、ホーンもいる大所帯のバンドでラップする。

(MOE)へー。

(OMSB)シブいですね。

(菊地成孔)MCが2トップで、近田春夫さんとDr.TOMMYくんっていう人。オムス、知ってる?

(OMSB)俺もわかんなかった(笑)。

(菊地成孔)まあまあ、そういう世代的な断層もはさみつつ進んでいく番組(笑)。

(MOE)すいません・・・はい。

(菊地成孔)いや、ぜんぜん大丈夫ですよ。もう近田さん、とっくにラップやめてますからね。『ラップ、あんなもんは飽きた』っつってますからね。

(OMSB)困ったな(笑)。

(菊地成孔)オールドスクーラーは結構、飽きて転向・・・元々が転向者だから。

(MOE)ああ、そうか。

(菊地成孔)うん。だからまた転向することに抵抗がないっていうかね。ミドルスクーラーからは、最初からボーン・トゥ・ビー・ラッパーなんで。やめないですよね。

(OMSB)『俺がこうだ!』みたいな。

(菊地成孔)うん。ずーっとラッパーだよね。活動してなくても。そんな感じですね。

<書き起こしおわり>



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする