町山智浩 ハリウッド女優自撮りヌード写真大量流出事件を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

映画評論家の町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』で、ハリウッドのセレブ女優たちの自撮りヌード写真が大量にインターネット上に流出した事件について語っていました。

CD付 ENGLISH JOURNAL (イングリッシュジャーナル) 2014年 06月号

(赤江珠緒)それでは映画評論家の町山智浩さん、今週もアメリカカリフォルニア州バークレーからお電話でのご出演です。もしもし、町山さん。

(町山智浩)はい、町山です。よろしくお願いします。

(赤江・山里)よろしくお願いします。

(町山智浩)どもですー。はい。

(山里亮太)あら?なんか今日、まったりとしてますね。

(町山智浩)あのね、突然ですけど、ベルギーの高級チョコレートでゴディバってありますよね?あれ、パッケージに女の人の絵が描いてあるじゃないですか。

(赤江珠緒)知ってる。馬に乗ってね、裸体の女性。

(町山智浩)そうそうそう。あれはね、有名な伝説のゴダイヴァ夫人の絵なんですけども。あの話は有名ですよね。要するに・・・

(赤江珠緒)農民が税金をね、払えないで。

(町山智浩)そうそうそう。11世紀ぐらいかな?伯爵の奥さんだったんですけど。ゴダイヴァさんは。その伯爵は領民に高い税金をかけていたんですよ。で、それがあまりにもかわいそうだから、旦那に奥さんが『あなた、やめなさい。税金を』と言ったら、その旦那が『じゃあお前が素っ裸で馬に乗ってゆっくりとこの町の端から端まで歩いたら、税金をなくしてやるよ』って言ったんですよ。旦那がね。そしたら、その奥さんは偉いから人々のためにそれをやったんですけど。その人々はね、全部窓を閉めきって見なかったんですよ。

(山里亮太)うん。

(赤江珠緒)あ、そうなんですか?ほう。

(町山智浩)そうなんですよ!

(赤江珠緒)そこ、知らなかった。

(町山智浩)そこ、知らなかった。そこがポイントですから。要するに奥さんはすごく若くて美しかったらしいんですけど。でも、その町の人たちは自分たちのために一肌脱いでくれたから、見ないと決めて。

(赤江珠緒)そこは。へー。こぞって見に行ったとかじゃないわけですね。

(町山智浩)ないですよ。本当に。

(赤江珠緒)そうか(笑)。

(山里亮太)ちょっと雨戸を開けてる人、いたんじゃない?スーッと。

(町山智浩)(笑)。それで、外に出ないで窓を閉め切ってたんですが、いま言った山里さんみたいな人が1人いたんですよ。

(山里亮太)1人!あ、お恥ずかしい(笑)。

(町山智浩)それ、トムくんっていう人なんですけど。その人だけはこっそり見ちゃったんですよ。で、それ以来、英語では『Peeping Tom(ピーピング・トム)』。のぞき屋トムっていうのは『スケベ』っていう意味なんですよ。

(山里亮太)あっ、そっか。それでトムなんだ。へー!

(町山智浩)そうなんですよ。だから日本だと『出歯亀』っていう言葉があって。のぞきする人、スケベな人を。あれも、出歯亀吉っていう人に基づいているらしいんですけど。それと同じような話があってですね。そのピーピング・トムっていうのはね。で、その話を思い出した事件があったので、その話をするとですね。ええと、今日発売の予定だった写真週刊誌FLASHが発売中止になったんですね。突然ね。

(山里亮太)なりましたね。今日。はい。

(町山智浩)それで配本もしていたらしいんですけど。だから売店とか出回っちゃっているらしいんですけど。回収しようとしてるらしいんですけども。それ、どうして発売中止になったか?っていうと、袋とじが問題だったらしいんですね。

(赤江・山里)はい。

(町山智浩)その袋とじの中身が、この間、先日、8月31日かな?アメリカでネットに流出したハリウッド女優100人の自撮り。日本だと自撮りっていうんでしょ?アメリカだと『Selfy(セルフィー)』っていうんですけど。スマホによる自分撮りのヌード写真を転載してたんですね。

(赤江珠緒)それが、FLASHに。へー。

(山里亮太)それでダメになったんだ。

(町山智浩)そう。それで発売中止になったらしいんですよね。で、これは要するにハリウッド大女優たちで。ひとつの問題はそれを撮っているのは彼女たち自身っていうことですよね。

(山里亮太)はい。自撮りですもんね。

(町山智浩)著作権は彼女たちにあるわけですよ。で、肖像権も彼女たちでしょ。完全に違法ですよ、これ。

(山里亮太)それを載っけちゃうっていうことはね。

(赤江珠緒)でもFLASHはそのね、お店に並ぶところまではもう出来上がっていたんですか?

(町山智浩)売店によっては出てると思いますよ。

(赤江珠緒)えっ?途中でなんか雑誌社として『これはイカン!』みたいなことにならなかったんですか?

(町山智浩)なったから、発売中止になったんですよ(笑)。だからいま、回収しようとしてますけどね。

(赤江珠緒)遅くないですか?

(町山智浩)いや、だから『ネットに出回っているものはいいんだ』っていう考え方がちょっとあるんですけど。実はぜんぜんよくないんですよ。写真っていうのはそれぞれ、映っている人とそれを撮った人に著作権・肖像権があるんで。ネットにいくら出回っていてもダメなんですよ。本当は。印刷しちゃ。

(山里亮太)そりゃそうですよね。

(町山智浩)許可なくね。でも、そういう感覚が鈍っているもまあ、ひとつあるんですけど。要するに『こんな出回っているじゃないか。だったらいいだろ?』っていう感覚なんですけど。根本的には、まず法的には全くダメなのと、あとこれ、写真をバラまかれちゃった女優たちはいま、弁護士使って裁判をやり始めてますんで。裁判っていうか、弁護士使って動き始めてますんで。で、アメリカではもうネットとかでも完全に締め出しやっていて、出ないようになってるんですよ。

(山里亮太)へー!

(町山智浩)これ、印刷しちゃってもし訴えられたら、大変な訴訟になりますから。それ、止めますよね。法務がね。何億円なんてもんじゃないんで。

(赤江珠緒)何人も、ですもんね。

(町山智浩)はい。だから止めてよかったっていう感じですけどね。FBIも動いてますからね。実際に、現在ね。

(赤江珠緒)あ、そうなんですね。そこまでの。

(町山智浩)そうなんですよ。だってアップルは、これね、スマホでもiPhoneで撮ったやつがiPhoneの設定でiCloudっていうクラウドの方に流れちゃうんですね。アップルがやっているストレージの方にね。ネット上の。で、写真が自動的に保存されちゃうわけですよ。そっちの方に。で、そこから抜かれたんですよ。ハッカーによって。

(山里亮太)それやられちゃうと怖いよー!

(町山智浩)要するにパソコンであるとか電話の中に写真を保存してなくて、共有のストレージの方に入ってたんで、抜かれちゃったんですね。

(赤江珠緒)そんなの、できるんですか?やっぱり。

(町山智浩)抜くのが?だからね、これアップルは慌てて『iCloudのシステムがハッキングされたんじゃないんだ』って発表したんですけども。株価、ドーン!と下がりましたよ。

(山里亮太)へー!とんでもない影響が出てるんだ。そりゃそうだよ。

(町山智浩)そう。9月10日にですね、iPhoneの新作が発表されるっていう直前でこの事件が出たんで大変なことになってますけど。で、どうやって抜いたか?っていう話はちょっとあとでしますけど。どういう写真が抜かれたか?っていう話をしますとですね、これやっぱりいちばんの話題になっているのはジェニファー・ローレンスっていう女の子ですね。

(赤江珠緒)『世界にひとつのプレイブック』でも・・・

(町山智浩)そう。世界にひとつのプレイブックでアカデミー主演女優賞とった、まだ24才のですね、天才ですけど。『ハンガーゲーム』っていうシリーズがアメリカでは人気で、日本では『X-MEN』の、どんな形にでも変われる青い肌のミュータントの役でですね、ミスティークっていうんですけど、それでまあ有名なんですけどね。でもあのX-MEN見ると、ほとんど裸なんですよ。ジェニファー・ローレンスって(笑)。

(赤江珠緒)それはそうですね。

(山里亮太)青いっていうだけで。

(町山智浩)そう(笑)。青いからよくわからないんですけど。それの彼女の、ベッドでね、おっぱいとか出している写真が出ちゃったんですよね。

(山里亮太)なんで撮るかなぁ・・・

(町山智浩)でね、顔すっぴんなんですよね、これね。だからね、妙に生々しいんですよ。やっぱりすっぴんの顔ってだって、彼氏にしか絶対見せないじゃないですか。

(山里亮太)っていうことは・・・って考えちゃいますね。これ撮った人はひょっとしてって。

(町山智浩)これ、自分で撮ってましたけどね。顔の写真はね。

(赤江珠緒)自分で?

(町山智浩)あのね、ソファーに座っている写真があるけど、これはどうやって撮ったかわからないんですけど、他のは手で持っている感じでしたね。

(山里亮太)なるほど。まさにセルフィーね。

(町山智浩)で、これがとにかく大女優でトップ女優ですから。これが大変な問題になってますけど。で、あとは結構日本ではあんまり知られてないんです。あとはアリアナ・グランデっていう、いま大ヒットを飛ばしている歌手の人とか、リアーナとかですね。流れちゃってますね。

(山里亮太)かわいらしい方ですよ。アリアナ・グランデ。

(町山智浩)あとね、日本ではほとんど知られてないんですけど、巨乳界ではすごく有名なね・・・

(赤江・山里)巨乳界!?

(町山智浩)巨乳界っていう宇宙があるんですけど。ケイト・アプトンっていう巨乳モデルの人のやつはですね、彼氏・・・この人、デトロイト・タイガースの投手ですけど、その人と二人で・・・なんて言うか、しながら写っている写真で。結構ヤバいですね。

(赤江珠緒)そうなんですね。たしかにケイトさんは結構グラマラスな方ですね。

(町山智浩)かなり。グラマーっていうか、すごい体の人ですけど。で、これがまた彼氏と一緒のね、写真で裸でね、二人のね。で、もっとひどい人で『グリー(Glee)』っていうテレビシリーズがあるんですけど。それに出てる人なんか、かなりとんでもないことになっちゃっててですね。なんていうか、いわゆるハワイの王様状態・・・ハワイの王様の名前みたいな感じになっちゃっている写真ですね。

(赤江珠緒)あー!

(山里亮太)カメハメハ。

(町山智浩)そう。あと、まあインカ帝国の初代皇帝状態の人とか、いっぱいいて大変なことになってますけど。はい。

(山里亮太)(笑)

(町山智浩)これはね、ただね、もうアメリカではネットでずっとリンクしたりしてたんですけど、みんなやめたんですよ。やっぱりこれはよくないからっていうことで。自主的にかなりのサイトがですね、リンクを切ったりしてるんですけど。で、これが出てからしばらくしてですね、『あの写真を見ること自体が彼女たちをレイプしてるのと同じなのよ!』っていうツイートが出回ったんですよ。バーッと。それをツイートした人はですね、レナ・ダナムっていう女優兼監督兼脚本家兼プロデューサーの人で。まだ20代なんですけども。『ガールズ(GIRLS)』っていうテレビシリーズでですね、大ヒットを飛ばしている天才女性なんですね。


(赤江・山里)はい。

(町山智浩)で、この人は『あの写真を見ること自体がレイプなんだから止めなさい!』って言ったんで、結構みんなそれでハッとしてやめたんで、みんな見てないんです。僕も見てないんです。あんまり。で、面白いのはこのレナ・ダナムっていう人はガールズっていうテレビドラマで自分で監督して脚本しているにもかかわらず、ほとんど裸なんですよ。

(赤江・山里)えっ?

(町山智浩)この人ね、要するにエッチしてるとかそんなんじゃなくて、自分で1人で部屋にいるって。主人公の女の人、ヒロインがね、状態の時、常に裸なんですよ。要するに、裸族の人ですね。リラックスするために裸になりたいっていう人、結構いて。杉作J太郎さんとかもそうなんですけど。

(赤江珠緒)誰?誰?

(町山智浩)杉作J太郎さんっていう人もそうなんですけどね。

(赤江珠緒)(爆笑)

(山里亮太)杉作さんは裸族なんですか?

(町山智浩)あの人、だから原稿を書く時、裸にならないと書けないんで。『喫茶店で原稿書いてください』って僕が言ったら、『じゃあ脱いでいいですか?』って言ったんですからね。

(赤江珠緒)ええっ、そうなの?

(町山智浩)ちなみに50のおっさんですけどね。で、このレナ・ダナムっていう女優さんも、なんていうかそんなに見ていい感じの裸の人じゃないんですよ。ところがドラマでは常に裸なんですよ。ご飯食べたりテレビ見たりしている間、ずっと素っ裸なんですよ。で、自分で監督して自分で演じてるんですよ。

(山里亮太)ええっ!?

(町山智浩)で、結構男の人のコメディアンの人とかは『レナ・ダナム、脱ぐんじゃねー!俺はお前の裸なんか見たくねー!』とか言って。『人に見せる裸じゃねーだろ!』とか言ってさんざん叩かれてたんですけど。この人はすごく強く怒ってですね。要するに、『あなたたちは女の人の裸っていうのは男に見せるためにあると思ってるの?』と。『そうじゃないわよ!私たちは人間なんです』っていう風に反論したんですごく話題になった人なんですけど。

(赤江珠緒)たしかに。もっともです。

(町山智浩)で、そうやって男たちが『見たくない』って言っていても、無理やり脱いでいるレナ・ダナムが今回の流出写真については『見るな!』っつったんですよ。


(赤江・山里)うん。

(町山智浩)『本人たちが人に見られるために撮ってないのを見るのは、レイプだ!』って言ったんですよ。だからね、結構それでみんなショボーンとして。アメリカの方ではね、みんなね、見るのもやめて、広げるのもやめて、リンクするのもやめてるんで。そういうのが日本に出回っちゃうっていうのはちょっと、『あっ!』っていう感じなんですけどね。

(山里亮太)なるほどね。

(町山智浩)でね、これ実はその前に2010年に、やっぱり流出事件があったんですよ。スマホハッキングは。その時は、スカーレット・ジョハンソンとか、クリスティーナ・アギレラのヌードが出たんですよね。2人とも、1人は大女優で1人は大ヒット歌手ですけども。知ってますよね?スカーレット・ジョハンソンは。

(山里亮太)どんな人でしたっけ?

(町山智浩)まあいいや、はい(笑)。まあ、ムチムチの人ですよ。はい。それだけわかってください。巨乳でムチムチの美人女優さんです。はい。で、出ちゃってですね。その犯人は1人だったんですね。その人は結局、2012年に有罪判決が出て、懲役10年ですね。

(山里亮太)おおー!結構な・・・

(町山智浩)結構、重かったですよ。で、アメリカはね、コンピューターハッキングの罪っていうのがあるんですよ。それを食らったんですけども。あと、IDを盗用することも『Identity theft』っていうんですけど。人のIDを使ってなにかをすると、それだけで犯罪になるっていう法律があるんですね。アメリカには。で、日本ってそのへんがないんで、問題だなと思うんですけど。ただ、今回の件に関しては、すごく状況が違うだろうって言われてるんですよ。

(山里亮太)はい。

(町山智浩)今回、まず流出ヌードが貼られたのは、『4chan』っていう匿名掲示板なんですね。アメリカの?

(赤江珠緒)4chanっていうのがあるんですか?

(町山智浩)4chanっていうのがあるんです。これね、2003年に当時15才の少年がですね、日本の2ちゃんねるとふたばちゃんねるっていう匿名掲示板を真似て、アメリカで作ったんですよ。

(山里亮太)へー。

(町山智浩)で、その人結構すごいんですけど。いま。中学生ですけどね。で、これ最初は日本のアニメとかマンガがアメリカでは見れなんで、それを貼り付けることで流行したんですね。アメリカでは。日本のアニメやマンガで、いちばんアメリカで見られないのっていうのは、いわゆるロリコンものなんですよ。子どもみたいな顔した女の子のエッチマンガって日本っていっぱいあるじゃないですか。

(赤江・山里)はい。

(町山智浩)あれはアメリカでは基本的にダメなんですよ。

(赤江珠緒)そうですよね。チャイルドポルノみたいなの、厳しいですもんね。

(町山智浩)チャイルドポルノになっちゃうんですよ。だから、それを見れるからっていうことで、しかも匿名で、貼った人は絶対にわからないようになってるんですね。それでその4chanっていうのはアメリカで人気が出てきたんですけども。結局、2chとおんなじだから、どんどんひどくなっていったんですよ。

(山里亮太)なるほど。

(町山智浩)で、誹謗中傷とか脅迫とか増えていって。あと、殺人予告。爆破予告。2chとおんなじですね(笑)。とかが増えていって、あとやっぱり本当のチャイルドポルノの貼り付けとかも進んでいって。で、結局FBIとかが監視するようになっていったんですね。で、そこに今回貼られたんですけども、実は貼られたのは4chanの貼られたんですけど、その下があったんですよ。

(山里亮太)下?

(町山智浩)4chanがFBIに監視されるようになったから、そこで違法なものを貼り付けている人たちはさらに地下に潜ったんですね。『Anon-IB』っていうさらにアンダーグラウンドな匿名掲示板を作ったんですよ。彼らは。さらにディープなところで。で、ほとんど普通の人は知らないようなところに潜っていって。で、そこにさらにアンダーグラウンドな『STOLE』っていう掲示板を立てたんですね。STOLEっていうのは、『盗まれた、盗む』っていう意味ですけども。そこに有名人のスマホから盗んだ写真を貼り付けはじめたんですよ。彼らが。

(山里亮太)ほう。

(町山智浩)そこで交換してたんですね。いろんなヤバい写真を。

(赤江珠緒)えっ?ということは、1人じゃないってことですか?

(町山智浩)1人じゃないんですよ。これ、今回の4chanに貼り付けた男っていうのはハンドルネームだけは判明していて。『Original Guy』っていう名前なんですけども。彼は貼り付け事件の一週間ぐらい前からですね、そのようなことを示唆していてですね。今回、流出した直後にですね、『これは僕1人でやったわけじゃない』って言ってるんですよ。書き込みをしていて。『何人もの仲間が何ヶ月もかかって苦労した結果なんだ』っていう風に言ってるんですね。100個もある写真を1人でハッキングできるわけないんですよ。

(山里亮太)なるほど。

(町山智浩)これは何人ものハッカーたちが芸能人をターゲットにしてですね、ずっとAnon-IBで集めて交換していったものの集積なんですね。100っていうのは。100人のハッキングっていうのは。で、どうやってハッキングしていったか?っていうと、アップルが言ってるんですけど、システムがやられたわけじゃないって言ってるんですよ。これ、簡単なんですね。これ、芸能人のスマホ用の電子メールとかがわかると、そこに入っていって、『パスワードを忘れました』っていうアクセスをするんですよ。で、パスワードを解除するために、質問が来るじゃないですか。

(山里亮太)はいはいはい。最初に選ぶやつですね。

(町山智浩)質問って大抵、『お母さんが結婚する前の苗字は?』とか『あなたが最初に行った小学校の名前は?』とか『ペットの名前は?』とか『好きな小説家は?』とか、そういうのでしょ。その手のものですよね。それ、芸能人はほとんど公表してるんで、全部わかっちゃうんですよ。

(山里亮太)そっか!えっ?結構シンプルな方法でやってるんですね。

(町山智浩)そうなんですよ。だからそれでやられちゃったんで。アップルとかはセキュリティー強化の方法を考えていると。で、アップルは株価下がったんですけど、指紋によるパスワードシステムとか、目の網膜によるパスワードシステムの会社の株はバーン!って急激に上がってるんですよ。これで。

(山里亮太)なるほど。すごいな!

(町山智浩)ということだったんですね。それで、この要するに貼り付けたOriginal Guyっていう犯人自体は、『自分はハッカーではなくて、コレクターにすぎない。そういう写真を集めていたんだけども、騙された』みたいなことを書いてるんですよ。この流出の直前に。要するに、『高い金払って買ったら、どうも大した写真じゃなかったみたいで頭にきたから全部バラまいてやる!』みたいなことを書いてたんですね。そのAnon-IBっていう掲示板に。で、掲示板の他のメンバーは『早まるな!せっかくの俺たちのゲームが全部パアになってしまうぞ!当局に目をつけられて。やめろ!』って止めたのに、やっちゃったんですよ。

(山里亮太)なるほど!

(赤江珠緒)わー、それで発覚したんですか。

(町山智浩)それで4chanに貼り付けちゃって。さらに、4chanの方が上の方にあるものなんで、見やすいものなんで。そっから広がっちゃったんで。で、Anon-IBの方も、やっぱりFBIのチェックが入ってるんですよね。という感じなんですよね。

(赤江・山里)へー!

(町山智浩)で、最初この貼り付けたOriginal Guyは『すごい流出だっただろ?俺を賞賛してくれるなら、このアドレスにビットコインっていうネット貨幣の寄付をくれ』っていう風に書いたんですけど。1万円ちょっとしか集まらなかったんですよ。だからみんな怒ってたから。

(赤江珠緒)そりゃそうでしょう。

(町山智浩)せっかく陰でこそこそ遊んでいたのに、もうブチまけちゃったから全部パアになった!っつって、みんな怒っているから、みんな寄付しなかったんですね。というね、話で。いま、Anon-IBの方の書き込みにはですね、『仲間たちよ、いままでさんざん集めたコレクションは涙をのんで全部捨てろ。ハードディスクから全部消せ。俺たちは狙われている。楽しかったけど、このゲームはもう終わりだ。グッドラック』って書かれてるんですよ。

(山里亮太)はー!

(町山智浩)という事件だったんですよね。

(赤江珠緒)いやー、そうか。蓋を開けてみると、そういうことだったんですね。

(町山智浩)そういうことなんですよ。はい。でもまだ逃げてますけどね。Original Guyくんはね。だからハッキングはしてないんですけども、なんらかの罪になるだろうなと思いますけどね。

(赤江珠緒)そうでしょうね。偽って入っていったわけですしね。

(町山智浩)だから民事訴訟とかやられたら、大変なことになっちゃいますからね。芸能人から。

(山里亮太)とんでもない額を請求されますね。それはもちろん。

(町山智浩)はい。という感じで。だからレディーゴディバの、ゴダイヴァ夫人の話を思い出して、『こういうのは見ちゃいけない!』っていうことなんですね(笑)。

(赤江珠緒)あー!トムがいっぱいいたっていう。

(町山智浩)そう。でもみんな知らなかったんですよ。完全なアンダーグラウンドだったんですよ。ということで、怖いなということですけどね。

(赤江珠緒)このパスワードだけでね。スッと。

(山里亮太)そう。意外とシンプルな方法でやってたんだ。

(町山智浩)そう。だからいま、パスワードをコロコロ変えていくシステムとか、そういうのの会社の株はすごい上がってますけどね。『そういう写真を撮るやつが悪い!』っていう風に批判している人もいますけど、それは自由なんでね。

(山里亮太)まあ、そうですね。自分だけで楽しむものだから。

(町山智浩)それは人の自由ですよ。それ。

(赤江珠緒)そうですね。

(山里亮太)いやー、なるほど。

(町山智浩)という過程でしたね。はい。

(山里亮太)それは出せないわ。

(赤江珠緒)わかりました。セレブヌード写真大量流出事件について、今日は町山さんに聞きました。町山さん、来週は日本にいらっしゃるということだそうですね。

(町山智浩)はい。また行ってちょっと行って帰ります。『エクスペンダブルズ』をみんなに見せて帰ります。

(赤江珠緒)あー、なるほど。じゃあぜひスタジオにも。お待ちしております。

(町山智浩)ということで、はい。赤江さん、気をつけてくださいね。

(赤江珠緒)そうですね。

(山里亮太)流出!?『そうですね』じゃない!そんな写真、撮ってないじゃん。

(赤江珠緒)パスワードをね、複雑にしますよ。

(山里亮太)まず『そんな写真、撮ってない』っていいなさい!

(町山智浩)そうですか(笑)。

(赤江珠緒)ありがとうございました(笑)。

(町山智浩)どもでした。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事