スポンサーリンク

吉田豪選曲 セクシー女優楽曲特集 書き起こし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

吉田豪さんがbay fm『with you』でセクシー女優が出した楽曲を特集!実は名曲が多いセクシー女優さんの曲を、楽曲派の吉田豪さんが徹底紹介しています。



(松本ともこ)じゃあ行きましょうか。bay fm『with you』。デイリーwith you ホントのところ。今日はどんな特集でしょうか?

(吉田豪)はい。セクシー女優特集ということでね。

(松本ともこ)なにそれー?セクシー女優特集?

(吉田豪)いま、セクシー女優っていうね、言い換え語が。はい。

(松本ともこ)あ、そうなんだ。このまましゃべるのね・・・

(吉田豪)はいはい。オープニングの曲がね、流れなくなったということですね(笑)。

(松本ともこ)今日もまた、やめてね。静かに、そ~っとやっているコーナーなんですから。

(吉田豪)いや、あのね、配信されていない音を流せるかどうか?の実験をしようとしただけです。あの、PVしか無料配信されていない、いま曲、流れてないですけど。ソフトオンデマンドのSOD国民的アイドルユニットっていうグループがあって。

(松本ともこ)ぜんぜん知らない。

(吉田豪)知らなくて当然ですよ。無料配信PVのみですよ。AVの人たちがAKBのパロディーをやってるんですけど。正直、AKBの原曲超えしてるぐらいの曲が多くて(笑)。

(松本ともこ)原曲超えってどういうこと?良いってことなの?

(吉田豪)『GIVE ME FIVE!』のパロディーみたいなので、『Lets get fight!』っていうのやってるんですけど。すんげーいい曲なんです。

(松本ともこ)いい曲なんだ。

(吉田豪)あの、リフは完全にあの曲に似てる。いいパロディーになってるんですけど。メロディーがすごくいいんですよ(笑)。

スポンサーリンク

SOD国民的アイドルユニット『Let’s get fight!』



(松本ともこ)なんか、そういう風に言われるとさ、聞いてみたくなるんですけど。

(吉田豪)是非、聞いてみてくださいよ。

(松本ともこ)わかりました。

(吉田豪)無料配信してますよ。ダウンロードできますよ。

(松本ともこ)かしこまりました。じゃあ、そのね、特集っていうのは今日、音楽特集と信じていいんですか?

(吉田豪)音楽特集ですよ。もちろん。いやらしい話は一切、しません!

(松本ともこ)いやらしい話、しちゃダメ!ダメ!

(吉田豪)しないですよ。bay fmでするわけないです!

(松本ともこ)本当、やめてください。じゃあ、1曲目はなんでしょうか?

(吉田豪)1曲目は、照沼ファリーザと宗教というグループがございまして。

(松本ともこ)はじめて聞くな。

(吉田豪)ええとですね、2005年に大沢佑香名義でデビューして、晶エリーとか。いまも新井エリー名義でやってるんですかね?

(松本ともこ)名前がいろいろある。

(吉田豪)まあAVの。アダルトの方なんですけど。照沼ファリーザ名義で写真家にもなっていて。自分をモデルにしたエロ&グロ&ポップな感じの写真を撮っていて。

(松本ともこ)自分で自分の写真を撮っている?

(吉田豪)そうですね。すごくいい写真を撮っています。で、村上隆さん主催の芸祭でリリー・フランキー賞を受賞したりとか。写真集を出したりしてて。で、そんな人がagehaspringsの大川一人さんっていう人。YUKIとか木村カエラとかに楽曲提供してた人らしいんですけど。この人とユニットを組みまして。いま、配信限定でシングルを何枚か出してるんですが、これが非常に素晴らしい。プラス、PVも本当にヤバいです。なんで、PV、是非見てほしいんです。じゃあ、ちょっと聞いてほしいです。照沼ファリーザと宗教で、『かっこいい』。

照沼ファリーザと宗教『かっこいい』



(松本ともこ)あ、なんか音楽特集になりましたね。

(吉田豪)すんごくいい曲。いい声。あの、今日、なんでこんな特集をするか?っていうと、こういうアダルトの方々はまあ、たぶんちゃんとしたヴォーカルレッスンとかしてないならではの、素朴な歌い方がすごくいいんですよ。

(松本ともこ)なんかほら、ヒャダインさんもさ、誰かアナウンサーの方が歌ってもらうのに、『練習しないでください!』って言ってたね。

(吉田豪)そうです。あの人は特に声の質の良さを際立たせるんで。僕も意気投合した同じ声フェチなんでわかるんですよ。あの、声の良さを活かしてほしいっていう。

(松本ともこ)その人の声だけで歌って良さを出してほしいっていう。だから、このアダルトな方々の歌っていうのは良さが出てると。

(吉田豪)まあ、いいの・悪いの、はっきりしますけどね。いいものはすごくいいっていう。あの、下手でもすごくいいってことがあるんですよ。っていう意味で、ちょっともう1個聞いてほしいのが、二宮沙樹さんという方がいまして。この方、2004年デビューで現在28才ですね。ええと、いまもアダルトな方のユニットとかで音楽活動をしたりしてるんですが。ソロで1枚、出してるんですよ。『Colorful』っていう。ちなみに今日、紹介するのは全部配信で買えるので、みなさん気軽に聞いてほしいんですけど。このCD、盤の方はいま、レア化してますけど。

(松本ともこ)レア盤があった。スタジオに。

(吉田豪)で、これがね、テクノポップなんですよ。すっごいよくできたテクノポップのトラックに、まあ素朴な声がのってます(笑)。

(松本ともこ)(笑)。期待しちゃう。

(吉田豪)すごくいいです。

(松本ともこ)お願いします。

(吉田豪)はい。二宮沙樹で『Colorful』。

二宮沙樹『Colorful』



(松本ともこ)言ってる通りで、この良いテクノに、この素朴な歌い方。

(吉田豪)そうですね。キラキラしたサウンドに(笑)。

(松本ともこ)でも、ルックスはたしかに。

(吉田豪)すごいかわいいですよね。だから、よく間違えちゃうのは、アダルトな方々だからアダルトな曲を歌わせればいいってもんじゃないじゃないですか。セクシーなね。そうじゃないんですよっていう。むしろ、かわいさを際立たせた方がいいっていう。

(松本ともこ)見た目のギャップがね、いい意味で伝わりますね。ふーん。二宮・・・

(吉田豪)沙樹さんですね。

(松本ともこ)『Colorful』。吉田豪さんは、なかなか手に入りにくいっていう盤を持っています。

(吉田豪)持っています。だいたい盤で買いますね。

(松本ともこ)もう1曲、行きますか?

(吉田豪)あと2曲、行きたいです。

(松本ともこ)じゃあ、行きましょう。

(吉田豪)じゃあ続きましては、ほしのあすかさんっていう。元ミスマガの人なんですけどね。こちら、曲はみちともさんっていう、ももクロの『走れ!』とか『全力少女』を手がけた、あの人が書いてます。ほしのあすかさんで、『Cassiopeia』。

ほしのあすか『Cassiopeia』



(松本ともこ)これは、豪さん。かなりレベルが高いんじゃないですか?

(吉田豪)まあね、ルックス、歌、どっちもちゃんとアイドルレベルな。まあ、ミスマガだからそうなんですけど。そんな彼女はね、2010年にアダルトな方に行きまして。最近、まあ引退はしたんですけど、twitterでもうね、そのアダルトな世界でいろいろ心の傷を受けたであろうことをつぶやいていて。すごい切なくなって、そういうことを踏まえて聞くと泣けるんですよ。

(松本ともこ)あ、そういうバックボーンがあったのね・・・

(吉田豪)まあ、最近バイトして。いま、楽しい人生を送っているみたいな感じなんで。

(松本ともこ)音楽活動、すればいいのに。

(吉田豪)いま、一応まだね、ソロCD出してて。たまにライブやってるんですよ。

(松本ともこ)本当?応援する!こういうタイプが好き。私。だから女子が見てもすごいかわいいなって思う。どういうジャンルで活躍するとか関係なく、かわいいなと思うところってあるんですよね。

(吉田豪)そのマッピーにね、ものすごいイチ押しの曲があるんですよ。

(松本ともこ)イチ押しの曲?じゃあ、もう1曲、行っちゃいましょう。

(吉田豪)笠木忍っていう方のね。こちら、ベテランです。2001年デビューで現在33才なんですけど。まあ、歌がここまで下手か!?っていうような下手さなんですけど、それが本当にプラスになっています!そして、なんだろうな?『いつか王子様が来ることを夢見ている女の子の歌』として、ここまで泣けるものはないですよ。

(松本ともこ)(笑)。本当?じゃあ、聞きたいです。

(吉田豪)はい。じゃあ笠木忍さんで、『ハートがまっぷたつ』。

笠木忍『ハートがまっぷたつ』



(松本ともこ)どんな方なの!?って思って。いままで聞いてきた方とはまた全然・・・かわいい!

(吉田豪)いい歌ですよね。本当に、この歌唱力だから伝わるなにかがあって。

(松本ともこ)えー。この方は30代と。

(吉田豪)そうですね。この曲、実は元々アダルトソフトの付録についていたCDだったんですよ。で、僕いまだにこれ、盤は入手できてなくて。で、人気ありすぎて配信を数年前に。2年ぐらい前かな?配信されるようになって。

(松本ともこ)へー!でも手に入らないってことは、その時の発行部数はもうない。みんな買って持っているから。誰もそのCDを出さない。

(吉田豪)そうですね。ヤフオクのアラートに入れてるんですけど、ぜんぜん出ないですね(笑)。

(松本ともこ)へー!そうなんだ。笠置忍さん。タイトルがもう、来るね。

(吉田豪)来ますよ。ねえ。『いつか王子様』と思いながら現在33才。がんばってほしい!

(松本ともこ)ハートがまっぷたつってね。残っちゃうね。これ、今日最後にかけるの、ちょっとさ・・・この後、with you、ずーっと・・・

(吉田豪)しんみりさせたかったんですよ(笑)。

(松本ともこ)私、みんなと一緒にしんみりしちゃったじゃない!まあ、セクシー女優の方々、様々なキャラクターで。声の持ち主で。楽曲に恵まれているっていうところもあるので、ぜひみなさん。配信なんかでね。

(吉田豪)他にもいっぱいいいの、ありますよー。第二弾、第三弾できるぐらいの、ありますよ。

(松本ともこ)そうなんだ。だから、知らないのでね。なかなか探すっていうきっかけがなかったので。

(吉田豪)そうなんですよ。いわゆるアダルトな人たち好きな人たちも、歌は聞いてなかったりとか(笑)。

(松本ともこ)逆ということがあればいいのね。だから私たちは音楽の方からぜひ。

(吉田豪)そうなんですよ。僕、アイドル好きの人たちの中でこういう話をしても、『それはアイドルじゃないから』ってね。どっちからも仲間に入れてもらえない感じがあって。いいのに・・・っていう。

(松本ともこ)そこを選ぶ吉田豪、いいです。すごくいいです。ぜひぜひ、じゃあまた。第二弾も期待して。みなさん、チェックしてください。しんみりしちゃったじゃないですか!

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事