みうらじゅんオススメ映画紹介『ラストラブ』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

みうらじゅんさんがTBSラジオ『伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう』で田村正和さん主演の映画『ラストラブ』を紹介していました。


(伊集院光)お待たせいたしました(笑)。映画には一言も・・・

(みうらじゅん)ちょっと待って下さいよ!なんで笑っているのかが、よくわかんない。最初から笑ってんのは、なんなの?失礼じゃないですか。映画を薦めに来たのに。

(伊集院光)タイトルを聞く前に、パッケージをお借りしちゃったんですけど(笑)。

(みうらじゅん)パッケージで笑うところ、1個もないじゃないですか?

(伊集院光)ないですけど。なんでしょう?言えば言うほど変なところにいっちゃうんですよ。だから・・・このままいきます。

(みうらじゅん)いきますか。わかりました。

(伊集院光)週末に借りたいおすすめの一本を伺うゲストは、みうらじゅんさんです。

(みうらじゅん)よろしくお願いします!

(伊集院光)よろしくお願いいたします。まあ、前回『わさお』。

みうらじゅん 伊集院光が語る 映画『わさお』のスゴさと魅力
伊集院光さんのラジオ『週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!』みうらじゅんさんゲスト回。みうらじゅんさんオススメの映画『わさお』を見た感想を語り合っていました。 (...

(みうらじゅん)わさおでしたね。後に、みうらじゅん賞も受賞しましてね。わさおが。

(伊集院光)あ、後に。

(みうらじゅん)後に。この番組で取り上げてもらったのも大きかったんでしょうね。

(伊集院光)あの、先見の明があるっていうんじゃなくて、自分勝手にできる賞ですもんね。なんにでも。さじ加減は自分次第ですんで。

(みうらじゅん)そうです。そうです。

(伊集院光)もうすごいなと思うのが、そんなんばっか見て。そんなんばっか集めて。

(みうらじゅん)ちょっと待って下さいよ。その、『ばっか』っていうのはなんですか?いや、違うじゃないですか。今回は毛色がバン!っと変わってるわけだから。平仮名3文字じゃないってことですから。

(小林悠)おおー!

『おしん』を紹介したかった

(みうらじゅん)いや、本当は、本来なら『おしん』だったんです。僕、初日に見に行ったんですよ。おしん。これ、来たな!と思ったんで。しかも、混んでるんじゃないか?とすら思って、渋谷の東映まで見に行ったんですけど。まあ、すごい。僕、本当にホームシアターかな?と思うぐらいの感じで。

(伊集院光)贅沢な経験を(笑)。

(みうらじゅん)贅沢な。平仮名3文字でビーン!と来るじゃないですか。もう。『わさお』『おしん』ですから。当然じゃないですか!

(伊集院光)そこに共通性って、その3文字しかないじゃないですか。

(みうらじゅん)こんなに偶然があるのか!って思って選んだんだけど、4月なんですよ。DVDが。

(小林悠)惜しい!

(みうらじゅん)もう自分からTSUTAYA調べてるから。この番組のために。

(伊集院光)変な話、日本一おしんのDVD化を待っている人ですよね。

(みうらじゅん)今回は待ちましたね。すっごい待ちました。僕は借りないですけど。もう見たから。僕はいいですよ。

(伊集院光)あの(笑)。その流れで、もう手に持っちゃってますけど。今回おすすめいただける映画はなんですか?

(みうらじゅん)これはもう最高ですよね。『ラストラブ』ですよね。

(小林悠)(笑)

(みうらじゅん)なんで笑うの?

(伊集院光)まだ面白いところ、ないからね。ラストラブ。

(小林悠)違う・・・みうらさんの口から、『ラストラブ』って(笑)。

(みうらじゅん)普通、ラストラブですよね。正しい発音は、『ラスト・ラヴ』なんですかね。

(伊集院光)これね、しかもラストラブの簡単な資料をもらったんですが、制作にTSUTAYAさん入ってますけど、大丈夫ですか?

(みうらじゅん)マジですか!?じゃあこれ、偶然ですね。それは知らなかったですけど。いいですよね。大喜びですよね。

(伊集院光)TSUTAYAさんの番組で、TSUTAYAさんが制作に関わった作品をおすすめするってことに、何の問題もない?

(みうらじゅん)何の問題もないし、しかもその後、ラストラブのことを僕、いろんな人に『あれ見た方がいい』って言ってたら、知り合いの人が配給会社だったから。『あ、うちなんですよ。すいません』まで言われて。

(伊集院・小林)(笑)

(伊集院光)あ、それは『宣伝をしていただいてすいません』っていうことですか?

(みうらじゅん)そうですね。『勝手に、お金もあげないのに、みうらさんが宣伝している。すいません』。だと思います。

(伊集院光)そうですよね。『食らわせてすいません』じゃないですよね。

『ラスト・ラブ』を買い取って吹き替えしたい

(みうらじゅん)僕ね、最終的にこの映画を買い取って、吹き替えを全部変えたいと思っているぐらい大好きな映画なんですよ。

(伊集院光)そんな思い入れが!?

(みうらじゅん)ありますね。吹き替えとね、あとね、この中でサックスを吹いているのね。田村正和さんが。そのサックスをね、コブラに変えたいんですよ。CGで。

(小林悠)なんで(笑)。

(みうらじゅん)それだけで、ずいぶん違う。この映画。本人だけ、コブラを吹いていることに気がつかないジャズミュージシャンがってことにはじめから入りますから。そうなってくると。だいぶ違いますよ。

(伊集院光)みうらさん(笑)。あの、すいません。みうらじゅんバージョンより先に、僕本物の方の情報がほしいんですけど(笑)。

(みうらじゅん)そうですか。そこに、後ろに書いてある通りです。ストーリーは。

(伊集院光)あ、一応そこで言うと、ストーリーは、『かつてニューヨークのジャズシーンを賑わしたサックスプレイヤー、阿川明は・・・』。

(みうらじゅん)もうそこでいいですよ。そこがいいでしょ?日本人が、ニューヨークのバードランドでした。バードランドで、もう出演してるんですよ。もう黒人のミュージシャンと一緒に、サックスを吹いている時に、黒人のミュージシャンから『アキーラ!』って呼ばれるんですよ。出だし。もうその言い方がね、『テキーラ!』にそっくりなんだ。もうそこで・・・

(伊集院光)えっ!?もうそこが見どころですか?

(みうらじゅん)グッと見どころ。アキーラ!とテキーラ!

(伊集院光)ちょっと待って下さいね。これ、いいのかな?ここ蒸し返して。もうその時点で、コブラバージョン、おかしいじゃないですか?どうやっても。

(みうらじゅん)コブラを吹いてるんですよ。

(伊集院光)知らないんでしょ?

(みうらじゅん)本人だけ、知らない。

(伊集院光)サックスだと思い込んでる(笑)。

(みうらじゅん)周りが、アキーラ!アキーラ!スネーク!スネーク!って」言ってるのに、本人だけ気持ちよく吹いていると思って見てください。

(伊集院光)(笑)。ごめん、やっぱりみうらじゅんバージョンは後にしていいですか?

(みうらじゅん)はい、わかりました。

(伊集院光)で、この阿川明さんが田村正和さん。

(みうらじゅん)そこがいいんですよね!

(伊集院光)奥さんが亡くなって、こういう自分のための人生はやめますと。

(みうらじゅん)いまのこのご時世にあってるでしょ?高齢化が進む感じが。

(伊集院光)なるほど。妻を亡くして初めて。

(みうらじゅん)初めて気がつく。最後のラブを求めにっていうところですよね。

(伊集院光)あと、横浜で一人娘とひっそりと暮らしてたって。要は、ジャズプレイヤーだったんだけど、もう隠遁生活じゃないけど、になっちゃうと。んで・・・

(みうらじゅん)はい。そこは忘れてたな。

(小林悠)(笑)

(伊集院光)そこ、大事じゃないの?

(みうらじゅん)あんまり大事じゃない。

(伊集院光)2行目、3行目ぐらい。で、県庁に勤める若い女性に出会い・・・

(みうらじゅん)そうだ。その女の人、誰でした?

(小林悠)伊東美咲さんですか?

(みうらじゅん)伊東美咲さんだ。そうだ。

(伊集院光)へー!で、2人の運命を大きく変えていくが・・・もうここまでとうとう見どころ来てますけど、ポイントで分けるとどうなりますか?まずポイント1は?

(みうらじゅん)まずは、ズージャ(JAZZ)ですよね。ズージャってやつでしょ?よく存じ上げないんですけど。

(伊集院光)だからみうらさんと一緒にいると、楽しくて司会じゃないことばっかり思いついちゃう。いまね、ズージャのジャは『蛇』の・・・

(小林悠)(爆笑)

(みうらじゅん)うまい。ズージャはそうだ。ズージャはね、いまは蕎麦屋でもかかってるでしょ?

(伊集院光)まあまあ、そうですね。

(みうらじゅん)なんか普通にお蕎麦食ってると、『パッパパー♪』とかかかってるでしょ?誰が喜ぶんだ?ってことですよね。お蕎麦屋さんで、『あ、コルトレーン』って言ってる人、あんまり聞いたことがないでしょ?でも、薄ーく流れてるじゃないですか?まあ、ジャズがまず際立っているというところですよね。オープニングで、『アキーラ!』ですよ。アキーラ!が出て、ポーポポッポー♪みたいなの、吹いてるの。

(伊集院光)これがもう、際立っている。

(みうらじゅん)これがまず、ジャズに興味を持つでしょう。人は。

(小林悠)ええっ!?

(伊集院光)じゃあ、これはもうジャズへの入り口で。いい入り口ですね。

(みうらじゅん)そう。僕、1回もジャズに興味を持ったことなかったけど、この映画を見るにあたって、ほら、これを吹き替え直さないといけないから。これはジャズじゃないと意味が無いってわかった。ロックだと、ヘビ吹いてても面白くないでしょ?

(伊集院光)(笑)。そうなっちゃうと、またわかんないです。そうなっちゃうと、ロックでもヘビ吹いてて面白いけどね。それはわかんなくなっちゃいますけど。

(みうらじゅん)気取っている感じが。しかもニューヨーク!ってところがいいわけで。これ、ジャズじゃないと、もう当てはまらないですね。ラストラブには。

(伊集院光)もうニューヨーク、ジャズ、田村正和ぐらいの、もう既に融合からもうポイントですよって。

(みうらじゅん)そう。そこ、ポイントですね。

(伊集院光)で、2は?

(みうらじゅん)大人の恋ってやつですよね。これ、僕ね・・・

(小林悠)(笑)

(伊集院光)みんな、笑うのおかしくない?永遠のテーマの大人の恋って、笑うところじゃ別にないですよね。

(みうらじゅん)ねえ。俺だって、もう結構年ですよ。もうだいぶ年になったけど、もしこの映画の内容が本当の大人の恋なら、1回もしたことない。俺は。こんなこと。

(伊集院光)人生の中で?

(みうらじゅん)『ジューン!』とか言われて。サックス吹いたこともないし。すごい年の離れた人と、こんな恋をしたことがなかったなって。『君は本当の恋をしたことがあるか!』って言ってくるから。で、『したことないっす』って俺言って、帰ったけど。この日は。

(伊集院光)そうか。じゃあもしかしたら小林アナあたりが、『いや、みうらさん、ああ言ってましたけど、私この通りの恋をほぼしてますよ』みたいな。

(みうらじゅん)アキーラ!とね。まずニューヨークに行っているかどうかですよね?

(小林悠)あ、ニューヨークはマスト?

(みうらじゅん)もうマストですよね。ニューヨーク、行ってますよね?

(小林悠)1回だけ、観光しに行きました。

(みうらじゅん)行ってますよね?行ってますよね?あれですよ、エンパイアとか登ってるんじゃないですよ。観光、ないですから。これ。観光していない。サイトシーイングじゃないから。ジャズを聞いてるんだよ。

(伊集院光)ジャズがないんですよ。ニューヨークでジャズはない。ズージャは。

(みうらじゅん)で、同僚に鶴太郎がいるかどうか。これも大きい。

(伊集院光)ごめんなさい(笑)。それは本当に・・・同僚に鶴太郎さんは?

(みうらじゅん)鶴太郎さんは、いる?アキーラ!アキーラ!って言うから。同僚なんだけど、『年、一緒かな?』って思うぐらい。割と見た目若い人と、見た目老けている人の融合が同僚っていう。友達を持ったことがあるのか?っていうところ。

(伊集院光)したら、いま言っていたチェックポイント。ニューヨークには僕、行ったことがあります。あと、同僚に鶴太郎さんがいるかどうか?で言うと、同じバラエティーに出たことがあるから、これ2つ。僕、いけてる可能性があります。

(みうらじゅん)でも、おでんの方じゃないですよ。おでん班じゃないですよ。スーツ着てる方ですよ。これか!って。

(伊集院光)あのー、ひとついいですか?

(みうらじゅん)どうぞ。

(伊集院光)この番組は、だいたい1回の収録日に2本録るんです。でいて、今日みうらさんの前に1本録ったんです。

(みうらじゅん)なんでした?似てるでしょ?似たセンスの・・・

(伊集院光)『用心棒』でした(笑)。

(みうらじゅん)用心棒?えっ、それも・・・どっち?リメイク?

(伊集院光)黒澤明の用心棒ですよ!

(みうらじゅん)リメイクは面白いよー!

(伊集院光)いやいや(笑)。本編、面白かったですよ。あの黒澤明さんの。

(みうらじゅん)いや、面白い。面白い。それはもう、面白いでしょ。それは当然面白いんだけど、織田裕二の用心棒が面白いんだから!

(伊集院光)そっち?

(みうらじゅん)脚本が黒澤明の用心棒と同じなんですよ。いじってはいけないんですよ。当然、『だぜ』っていうのが出るんですよ。昔、三船敏郎が『◯◯だぜ』って言ってたから、ちょっと高めで『だぜ!』って上げるんですよ。

(伊集院光)『キターーーッ!』が。

(みうらじゅん)そうそう。面白くないわけないじゃないですか。そんなの。

(伊集院光)すげーな。

(みうらじゅん)俺、もう織田裕二さんが全部。『どですかでん』とか全部やればいいと思った。そん時。全部カヴァーしてくれ!って思った。そん時。

(伊集院光)3つめのポイントは、どうなっちゃいますかね?

(みうらじゅん)3つめはね、公園ですかね。これ、最後見たらわかりますけど。公園。

(伊集院光)パークってこと?いわゆる公園。

(みうらじゅん)ゲロを吐いた後、公園。ここが大きい。

(伊集院光)ゲロからの、公園?

(みうらじゅん)公園。公園ですよね。ここのエンディングがもう、グッと来ますよね。

(小林悠)(笑)。もうわかんない。

(伊集院光)ジャズ、大人の恋、ゲロからの公園(笑)。

(みうらじゅん)これ3つでだいたい・・・

(伊集院光)このキーワードって、どうかしている人の心理テストですよ。完全な。

(みうらじゅん)マジですか?もう何年も前に見たのに思い出すのはその3シーンだけですから。強烈だったってことですよね。僕の中では。

(伊集院光)すごい。もちろん、新しくてもいい作品、多いと思うんですけど。僕ら、その環境の変化が52年前の用心棒から・・・2007年ですよね?2007年の・・・

(みうらじゅん)最近。ものすごく最近。

(伊集院光)ねえ。ラストラブですもんね。これはちょっと・・・

(みうらじゅん)これはね、意外と見逃している人、多いと思います。僕、割と臭覚が利く方なんで。プイーンときて、ロードショー見に行きましたけど。これはもう、選ばれし人だけの喜びっていうか。楽しみでしたね。

(伊集院光)キャストがいま、田村正和さん、伊東美咲さん、たしかに鶴太郎さん、いるわ。

(みうらじゅん)いたでしょ?間違いじゃないでしょ?

(伊集院光)ユンソナさんとか、急に出てくる。

(小林悠)ええっ!?

(みうらじゅん)出てなかったんじゃないかな?いや、わかんない。覚えてない。

(伊集院光)みうらさんの要素の中では。自然な演技をしてたんで、わかんなかった・・・

(みうらじゅん)それが妹さんなのかな?違いますかね?頭のところの、映画泥棒のところに出てたかもしれない。

(伊集院・小林)(爆笑)

(伊集院光)あそこはDVDは入ってないし(笑)。

(みうらじゅん)あ、入ってない。

(伊集院光)ユンソナさん、そうなるとカブってることになりますから。

(みうらじゅん)そう。わかんないですもんね。

(伊集院光)サイレンの方か、カメラの方か(笑)。カブってることになっちゃいますからね。

(みうらじゅん)わかんないですよね。前はほら、泥棒しててパチパチやってたの、同じ人でしたからね。前はね。

(伊集院光)知らない!映画泥棒のCMの歴史まで知らないですから。

(みうらじゅん)知らない。ああ、そうですか。

(伊集院光)わかりました。このラストラブ。

(小林悠)これでいいんですか!?

(みうらじゅん)再来週来るの、楽しみですよ!これ。

(伊集院光)見てきますから。だからすごいのは、この番組はいまの段階ではラストラブを見てる人、少数派。このスタジオの中も。外のスタッフを合せても、少数派じゃないですか。だけど2週間後はリスナーさんも含めて当たり前になってるわけですよ。この映画を見ていることが。

(みうらじゅん)すごいことですよね。

(伊集院光)急にTSUTAYAさんでも回転率が異常に上がるっていう。これ、マジで、本当にありがとうございますね。この番組で取り上げたものを、本当にマメに見てくださっている方がたくさんいらっしゃって。回転率が上がってます。

(みうらじゅん)前のわさおの時は、『あんなもん・・・』って誰か言いませんでした?リスナーから。『いい加減にしろ!』は出ませんでした?

(伊集院光)これが、基本的にはみなさん、『みうらさんが推薦してくださらなかったら見ることがなかったと思う』っていうことで。

(みうらじゅん)ラストチャンスですもんね。ラストラブにかけて。ラストチャンスです。これは。

(伊集院光)大人の恋をしたことがない人も、大人の恋がわかるし。してると思い込んでいる人も、またひとつ。一石を投じる。

(みうらじゅん)そうです。そういうことですよね。深い映画ですよ。

(伊集院光)2007年公開。ラストラブ。再来週までにちゃんと見てきます!

<書き起こしおわり>
みうらじゅん・伊集院光 映画『ラストラブ』の感想を語り合う
TBSラジオ『伊集院光 週末TSUTAYAに行ってこれ借りよ』にみうらじゅんさんが出演。先日推薦した田村正和主演映画『ラストラブ』を見た感想を伊集院光さんと語り合います。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事