銀杏BOYZ峯田和伸 デリヘル嬢にAKIRA全6巻借りパクされた話

シェアする

銀杏BOYZの峯田和伸さんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』にゲスト出演。ロックスターなのに峯田さんに女っ気がないという話から、峯田さんが呼んだデリヘル嬢にAKIRAを借りパクされたエピソードを語っていました。


(片桐仁)ロックスター、ガンガン行くんだから!女っ気、あるよね!?

(峯田和伸)ありますよ!

(やついいちろう)だって峯田くん、だいたいイケるんじゃない?

(峯田和伸)話してて、『この人、気を使ってないかな?』とか『楽しんでくれてるかな?』とかばっかり気になっちゃって。なんかあんまりね、楽しめないんですよ、自分が。その、風俗の人ともしゃべっていてもぜんぜん・・・大丈夫かな?とか思って。

(片桐仁)風俗の人にも気を使うんですか!?大丈夫かな?ってどういうことですか?

(峯田和伸)トークが・・・

(やついいちろう)風俗の人はだってさ、終わればお客さん大丈夫なんじゃないの?

(峯田和伸)あんまりその・・・そうですね。ピンポーンって家に来てくれて、はじめましてっつって、そっからすぐ行為に及ぶわけじゃないじゃないですか。

(片桐仁)まあまあ、そうでしょうね。

(峯田和伸)僕、やっぱりほうじ茶、どうぞって出してね。そっから、会話もね。なんか、いい時はいいんですけどね、弾む時は弾むんですけど。弾まない時、俺本当、『ごめんなさい、帰ってください』って言おうとするんです。『お金払いますんで、帰ってください』って。

(やついいちろう)なにも始まったないのに?

(峯田和伸)始まってないのに。

(片桐仁)あ、じゃあ会話が弾まないと気持ちが乗ってこないと。

(峯田和伸)そうなんですよ!

(片桐仁)ああ、そりゃあそっちの話術もあるもんね。

(やついいちろう)だって、『AKIRA』全巻貸しちゃったりしてたもんね?

(峯田和伸)なんでそういうこと言うの!?

(やつい・今立)(笑)

(片桐仁)えっ、家に来る風俗の人に、AKIRA全巻貸しちゃったの!?重いよ!あんなカラフルな。側面がカラフルなやつ。

(今立進)あんなでっかいやつ。6冊!?

(やついいちろう)6巻。サービス精神があるから。ほうじ茶の流れで。

サービス精神でAKIRAを貸す

(峯田和伸)あのね、普通の子には渡さないですよ。でも、その子が『攻殻機動隊』好きだって。で、『AKIRA読んだことある?』って言ったら、『ない』っていうの。

(今立進)これ、盛り上がったパターンね。

(峯田和伸)そうそう。で、『AKIRA、面白いんですよ』って。『名前は知ってたんですけど、読んだことなくって』『貸しますよ!』って。で、その子はね、3回くらい指名して会っていたんですよ。だから次また呼ぶ時に戻して・・・

(今立進)持ってきてねと。

(峯田和伸)そうですよ。そしたら、『もう辞めた』って言われて。お店の人に。その後電話で。

(片桐仁)借りパクされた。

(峯田和伸)借りパクされたんですよ。

(一同)(爆笑)

(片桐仁)これ、だから6巻じゃなくて2巻までとか。

(峯田和伸)そうですね。あ、たしかに!

(やついいちろう)全巻貸しちゃうんだよ!

(片桐仁)『また会うんだから』みたいに。

(今立進)これ、片桐さんうまいね。

(片桐仁)たとえばそれでさ、今度は行為だけじゃなくて、マンガだけ貸しっこでもいいよってならないですかね?

(今立進)おっ、いいよ、これ。意外に男前なやり方だね。それ。

(片桐仁)いまの話聞いたら、すごいね。

(やついいちろう)でも峯田くんは全巻貸しちゃうの。

(片桐仁)でも全巻読んでほしいな。AKIRAは。途中であいたからね。4巻と5巻に時間があるからね。実際ね。

(峯田和伸)そうですよね。

(片桐仁)5巻と6巻にも。ナウシカみたいなもんで。

(やついいちろう)それでドライバーの人も、『なに持って帰ってきてるんだ!?』ってなるよね。すげーデカいの持ってきて。

(峯田和伸)もういいよ!そんなこと言わなくても!ヘコんでくるよ!

(一同)(爆笑)

(片桐仁)取られちゃったし。

(峯田和伸)もう、あれから買ってないですよ!買い戻してないですからね。AKIRA、ないですから。いま、本棚に。

(今立進)家にない。だからポカーンと6冊入るところが。

(峯田和伸)いつか、時間が経って彼女が来てくれると。

(やついいちろう)鶴の恩返し的な。

(峯田和伸)『AKIRA、あの時貸していただいたマンガですけども・・・』って持ってきてくれると俺は信じてるんで!

(今立進)ちょっと届いてるかもわからないからね。もしかしたら。

(やついいちろう)いま、聞いている人がいればね。聞いてたら、その子が。

(峯田和伸)いや、聞いてますよ、たぶん!聞いてますよ、このラジオ!

(今立進)事務所に送っていただくか・・・

(やついいちろう)いや、もう来てもらわないと。

(今立進)来てもらう。あそこの家だから。あそこの家に来てくれって。

(やついいちろう)いつもの、あそこの家だから。

(やつい・今立)(笑)

(片桐仁)3回来てるからわかると思うけど。あの家に来てくださいと(笑)。

(峯田和伸)気づいているはずですよ!これ聞いていて。

(やついいちろう)(笑)

(今立進)じゃあ、ちょっと言いましょう!AKIRA貸した彼女に。ちょっといま届けっていうことで。

(峯田和伸)はい。あの、聞こえてますでしょうか?僕は、あの時。たった3回しか会ってなかったですけど、僕はすごい楽しかったです。

(今立進)AKIRAもね。

(峯田和伸)AKIRAも、僕、いつでも待ってますんで。だから、いつかまた会えるってことを、僕は忘れてませんので!だから、買ってはいないんです。自分で。なので、だから気持ちに余裕が生まれたら。時間がまた生まれたら、いつでも待ってますんで返してくださいね!

(やつい・今立・片桐)(笑)

(今立進)どうします?返しに来て会った時。どうします?

(峯田和伸)いや・・・

(やついいちろう)またほうじ茶出して。

(峯田和伸)出して。で、AKIRAどうだった?っつって。面白いよねっつって。で、またやってもらって。

(やつい・今立・片桐)(笑)

(やついいちろう)そういう商売じゃないから!

(片桐仁)もう辞めてるから!

(やついいちろう)返しに来ただけだから!もう、やってもらっちゃダメなの。

(今立・片桐)(爆笑)

(やついいちろう)峯田くん、これ指名の電話じゃないから!これ、放送だから!

<書き起こしおわり>
銀杏BOYZ峯田和伸 デリヘル嬢にAKIRA全6巻借りパクされた話
銀杏BOYZの峯田和伸さんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』にゲスト出演。ロックスターなのに峯田さんに女っ気がないという話から、峯田さんが呼んだデリヘル嬢にAKIRAを借りパクさ...
銀杏BOYZ 峯田和伸が少年時代に学習机で成し遂げた偉業
銀杏BOYZの峯田和伸さんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』にゲスト出演。『かまし』のコーナーで、自身が少年時代に学習机を使って成し遂げた偉業についてカマしてました。 今日...
やついいちろうが語る 銀杏BOYZ峯田和伸の驚異の偏見話
やついいちろうさんがTBSラジオ『エレ片のコント太郎』の中で、銀杏BOYZの峯田和伸さんと対談をした際の話をしていました。銀杏BOYZマネージャーの恋バナから展開された偏見たっぷり...