ピエール瀧が選ぶ 爆笑した曲ランキングトップ5

シェアする

ピエール瀧さんがTBSラジオ『ザ・トップ5』に2012年にゲスト出演された際の模様です。瀧さんチョイスの爆笑ソングを高野政所さん、蓮見孝之さんに紹介しています。


(蓮見孝之)今夜のゲスト、電気グルーヴピエール瀧さんによるザ・トップ5。題して、ピエール瀧さんが選ぶオールジャンル・爆笑した曲ランキングトップ5。

第五位:『オマリーの六甲おろし』オマリー
第四位:『ヴェルヴェットスペース』ユリ・ゲラー
第三位:『ダニアースの唄 汚職摘発ソング』野坂昭如
第二位:『オマリーの私を甲子園に連れてって』オマリー
第一位:『燃えろバルセロナ』日出郎

以上、今夜のゲスト ピエール瀧さんによるザ・トップ5。題して、ピエール瀧さんが選ぶオールジャンル・爆笑した曲ランキングトップ5でした。

(中略)

(ピエール瀧)まあね、でも今日、5曲選んだんですけど。もう1回読み上げるとね、『オマリーの六甲おろし』。これはお聞きになったことがある方ね、リスナーのみなさんにいらっしゃるでしょうけど。もう鉄板ソングです。本当に。オマリーが阪神に在籍していた頃にオマリーが歌った六甲おろしが音源化されているんですけど。これはですね、みなさん残業しているとしたら、曲がかかる時に残業の手を休めてくださいね。

(蓮見・政所)(笑)

(ピエール瀧)やる気が失せますから。で、次が第四位。ユリ・ゲラーがなんと、音源を出していたということで一曲と。

(高野政所)超能力者の方。

(ピエール瀧)で、『ダニアースの唄 汚職摘発ソング』がこれ、何年前だろう?96年?

(高野政所)98年って書いてありますね。

(ピエール瀧)98年か。ぐらいの頃にダニアースっていう殺虫剤がありますけど、それのCMソングだった野坂昭如さんが歌っているダニアースの歌のフルバージョンといいますか。そちらでございます。で、これね、二位。『オマリーの私を甲子園に連れてって』なんですけども。これはですね、五位を聞いた後でまた紹介したいと思いますね。

(高野政所)なるほど。

(ピエール瀧)そして第一位は、『燃えろバルセロナ』。日出郎のですね、とんでもない曲なんですけどもね。

(高野政所)チモ・バヨですよね。

(ピエール瀧)チモ・バヨがね、バルセロナにオリンピックが来るんだ!っていう時に出したダンスチューンなんですけども。それをですね、日本の日出郎がですね、いけしゃあしゃあとカバーしたやつなんですけどもね。

(蓮見・政所)(笑)

(高野政所)チモ・バヨっていうのはあれですよね。ジュリアナとかでかかっているような、レイヴサウンドの曲。

(ピエール瀧)そんな感じのやつなんですけどもね。

(高野政所)それをカバーしたっていうね。オカマが。

(ピエール瀧)ロンドンオリンピックだっつってんだろ!って感じなんですけどね。

(蓮見・政所)(笑)

(ピエール瀧)あえてバルセロナオリンピックのことを掘ってみたいと思います。

(蓮見孝之)それでは第五位から順に。

(ピエール瀧)俺が曲出しするのね。

(蓮見孝之)なんと今日はスタジオでピエール瀧さん直々に音源を用意していただきまして。そっからサブにつないで。

(高野政所)iPhoneの方で直接操作していただいてるんですけど。

(ピエール瀧)ちょっと、レベル調整で1曲。ボーナストラックでこの曲、かけていいですか?曲でもないんですけど、柳沢慎吾クライマックス甲子園より、『サイレン バージョン2008』です。一瞬で終わります。どうぞ!

サウンドチェック 柳沢慎吾『サイレン バージョン2008』

※リンク先99曲目で視聴可能です

(蓮見孝之)(笑)

(高野政所)長い!

(ピエール瀧)以上でございます。

(高野政所)一瞬じゃない感じでしたけども。

(蓮見孝之)意外と低い感じのトーンで。

(ピエール瀧)このアルバム、面白いですよ。柳沢慎吾さんが全部甲子園のことを吹き込んでいるCDなんですけども。いつ聞くんだ、これ?っていう。

(高野政所)歌は入ってないんですか?

(ピエール瀧)歌も入っている。架空の柳沢商業っていう柳沢慎吾さんの学校っていうのがあって。それがいろんな応援の楽曲とか入ってるんですけど。それはまた次の機会にということで。こんな感じでかけていきます。




(高野政所)はい。サウンドチェック終了ということで。

(ピエール瀧)じゃあ、かけていっちゃって大丈夫ですか?じゃあ早速、五位の方で。『オマリーの六甲おろし』です。どうぞ!

オマリー『オマリーの六甲おろし』



(一同)(笑)

(ピエール瀧)ということで。

(高野政所)確実に残業は出来ない感じの(笑)。

(ピエール瀧)歌の下手さが尋常じゃないっていう。あ、2番の歌だ。日本語だからダメなのか?と思って、英語で歌ってるんですよ。

(高野政所)あ、本当だ。とは言え・・・

(一同)(笑)

(高野政所)こいつ、英語でも歌、下手だぞ!

(ピエール瀧)結局、英語でもダメっていう(笑)。

(高野政所)(爆笑)

(蓮見孝之)これ、計算された1番・2番の組み合わせなんですかね?

(ピエール瀧)そうなんですかね?このCDを企画した人も、度肝を抜かれたと思うんですよ。


(高野政所)ショックですよね、これ。

(ピエール瀧)これ、出すの?本当に!?っていう。

(蓮見孝之)もう出ちゃってますもんね。

(ピエール瀧)出ちゃってますね。

(高野政所)さりとて、英語の発音がいいわけじゃないですよね。TIGERSとかも、ちゃんと言えてない。ケイン・コスギ的な感じもない。

(ピエール瀧)そうですね。日本的なところに合わせて。

(高野政所)すごいですね。これ。衝撃的でした。

(ピエール瀧)じゃあちょっと、若干フェードアウトしつつ止めておきましょうね。

(蓮見孝之)そうか。五位がオマリーの六甲おろし。これを五位に選んだ理由っていうのはありますか?

(ピエール瀧)これね、それこそ昔やっていたオールナイトニッポンとかの頃にかけていた曲なんですけど。これはもうやっぱりね、かけ続けていかないといけないんだなっていう使命感が。

(高野政所)文化遺産みたいなもんですね。

(ピエール瀧)ちょっとありますよね。これね。なんで、挨拶代わりに持ってきましたけども。

(蓮見孝之)また出てきますよね。オマリーが。

(ピエール瀧)そうですね。あとで、お楽しみということで。じゃあ次でございますけども。ユリ・ゲラー。

(蓮見・政所)ユリ・ゲラー!

(ピエール瀧)ユリ・ゲラー。まあ、若い人はご存じないかもしれませんけど。70年代、80年代に日本を席巻した超能力者ですよね。元祖っていう人ですよね。

(高野政所)スプーン曲げの人ですよね。

(ピエール瀧)スプーン曲げだったりとか。あとテレビで、『みなさん、時計を持ってきてください』なんて。『テレビから電波でお宅の時計を動かします!』って。で、動いた!っていう連中がいるっていう(笑)。

(高野政所)大丈夫かな!?っていう。

(ピエール瀧)なかなかの驚きぶりっていうことなんですけども。そういう感じのね、ユリ・ゲラーがなんと音源を出していたと。

(蓮見・政所)へー!

(ピエール瀧)じゃあ、これね。そのユリ・ゲラーがですね、ちょっとヒーリングミュージック的なゆるーい曲に乗せてですね、またこれも日本語で(笑)。

(高野政所)カタコトものですね。

(ピエール瀧)やっぱりね、外国の人の日本語は、それだけで来ますよね。

(高野政所)正直、面白いっていうんはあります。

(ピエール瀧)なんで、ちょっとね。ちょっとダウナー系の曲なんですけど。なおさら来るっていうことで。聞いてみましょうね。ユリ・ゲラーで『ヴェルヴェット・スペース』。

ユリ・ゲラー『ヴェルヴェット・スペース』


※動画3:30あたりからスタートします

(語り:ユリ・ゲラー)ワタシハソコデ ミズタチノヨウニ ウイテイル・・・

(ピエール瀧)もう、若干おかしいですよ。訳が。『水たちのように浮いている』って。

(語り:ユリ・ゲラー)ホシタチハ・・・

(ピエール瀧)歌わねーのかよ!?

(高野政所)やさしいですよね。

(ピエール瀧)やさしいんだよね。・・・この間はなんなんだよ?っていうね。

(高野政所)これ、でも超能力と催眠術がちょっと混ざっている・・・曖昧になってますよね・

(ピエール瀧)そうなんですよね。

(語り:ユリ・ゲラー)ワタシニハ アナタノ チカラガ カンジラレマス・・・

(ピエール瀧)このぐらいにしておきましょうかね。ちょっと具合が悪くなる人がいそうなんでね。

(蓮見孝之)これは、1番・2番、あるいはサビ。そういうのはあるんですか?

(ピエール瀧)ないんです。ずーっとこのまんま、ユリ・ゲラーがダラダラとしゃべっているだけ。

(高野政所)全曲、アルバムでこれ、何曲あるんですか?10曲以上あるんですけど。

(ピエール瀧)半分以上は、しゃべっているだけです。

(高野政所)残りの半分は、ひょっとしてインストとかですか?

(ピエール瀧)あのね、曲が入っているやつもあるんですけど。まあでもね、褒められたアルバムじゃないです(笑)。


(蓮見・政所)(笑)

(ピエール瀧)あの、超能力をこじらせるとこういうことになるっていう例ですよ。

(高野政所)たしかに、すごい能力を感じますけど。これは。

(ピエール瀧)だって、日本語で歌っている時点で、日本をターゲットに出しているわけですから。ナメられたもんですよ!日本人も。

(蓮見孝之)ナメられたもんですね!

(高野政所)そうですね。売らんかな感しかないですからね。これね。

(ピエール瀧)この感じなんですよね。ユリ・ゲラーは。

(蓮見孝之)意外とでも、胎教にいいかもな。

(ピエール瀧)胎教にいいわけないでしょ!

(高野政所)(笑)。アナタノチカラガ・・・

(ピエール瀧)あなた、アナウンサーでしょ?なにを適当なことを!

(蓮見孝之)だって、フカーイ、ナガーイ、ヒローイ・・・って。すごくいいかなって。

(高野政所)よくないでしょ!普通に。

(ピエール瀧)お前、眠たいのか?って感じがしますけど。

(蓮見・政所)(笑)

(ピエール瀧)もう寝ていいよ!っていう。ゲラー、寝ていいよ!って。

(蓮見孝之)ねえ。こういうの出してる。でもこれ、発売が74年ですか。はー!

(ピエール瀧)やっぱりそのくらいの頃ですよね。

(高野政所)でもこれ、注意書きが書いてあって。『ユリ・ゲラーおよび全関係者はこのレコード(実験)から生じるいかなる結果にも責任を負いません』って。何も起きねえよ!っていう(笑)。イヤな気持ちになった時の責任を持たないってことですかね?

(ピエール瀧)そういうことじゃないですかね。しょうもない!本当に。

(高野政所)TBSにあるんですね。これね。

(ピエール瀧)そう。だからこれがあったら、橋本プロデューサーが『ユリ・ゲラー、ありました!』って。何用なんだ?っていうね。

(蓮見・政所)(笑)

(蓮見孝之)なんでしょうね?推薦曲かな?

(ピエール瀧)なんだろうな?って思って。なんかね。だからユリ・ゲラーが来日した時に、朝のワイドショーとかでイジる用にたぶん使うとか。BGで。

(高野政所)用意しておいて。

(ピエール瀧)っていうことでね。なんでしょうね。ということでユリ・ゲラーを一応、聞いてもらいましたけど。

(蓮見孝之)これで四位ですか!?

(ピエール瀧)これで四位です。まあでもね、一位から五位までランクはつけてますけど、どれも横並びですよ。

(高野政所)同じような破壊力が。

(ピエール瀧)なんで、次。もう汚職摘発ソングですよ。

(高野政所)おっと。社会派ですか。これは。

(ピエール瀧)ダニアースの唄。野坂昭如さんですけども。これを聞いてもらいましょうね。それでは野坂昭如さんで『ダニアースの唄 汚職摘発ソング』です。

野坂昭如『ダニアースの唄 汚職摘発ソング』



(高野政所)あ、こういう。

(ピエール瀧)この感じ。若干、ドラムンベース入った感じの。これ、CMも野坂昭如さんがでっかい畳から顔だけ出しているっていうのをやっていて。そこに自分でダニアースをプチって刺して、シューってやりながらっていう。

(高野政所)いいですね。聞いたことのないグルーヴ感が。ドラムンとも違う、ハウスとも違う。

(ピエール瀧)そんな真面目に解説しなくていいですよ(笑)。

(高野政所)(笑)

(蓮見孝之)これ、やっぱりクラブで聞く方がいいんでしょうかね?

(高野政所)まあ・・・聞かない方がいいんじゃないですか。全体的に(笑)。こういう時に聞くのがいちばんいい。

(ピエール瀧)これ、いいですよね。このコーラスのお姉さんたちもね。仕事とは言え。

(高野政所)死んだ目でやっている。

(ピエール瀧)いや、ガッチリやってるでしょう。大人の見本ですよ。本当に。

(蓮見・政所)(笑)

(高野政所)いい社会人ですね。

(ピエール瀧)これね、でも資料にもありますけど、CDシングルもあるんですよね。オリジナルバージョンもあるんで、リミックスバージョンもあるということで。ちなみに、ここいいんです。ここ。


(歌:野坂昭如)ダニアアー!ダニアアー!ダニアアー!ス!

(高野政所)あ、細かいループが。おお、すげー!

(ピエール瀧)昔はこういうの、作ってたんだなー。いいでしょう、こういうのね。このトラック作るの、楽しそうですよね。

(高野政所)間違いなく楽しいですよね。

(ピエール瀧)こんなのさ。いいですよね。

(蓮見孝之)懐かしい。短冊形のCD。

(高野政所)Drum’n’Bass Mixなんですね。タイトルがね。

(ピエール瀧)これがこの間、ロック画報っていう雑誌、あるじゃないですか。そこのおまけでこれがついてきたっていうのがあって。


(高野政所)あ、そうなんですか?おまけ?

(ピエール瀧)そうなんですよ。おまけで。なかなかいい仕事っていう。まあ、じゃあこんな感じでダニアースの唄ね。

(高野政所)ちなみに、汚職摘発ソングっていうのは?1個も出てきてない感じじゃないですか。

(ピエール瀧)でもね、歌詞の中でそういう、役人ナントカカントカ!ダニダニダニ!って。当時ね、そういう汚職的なことがあったので、そこを黙っちゃいられないってことで、野坂さんがマイクでぶん殴るために立ち上がったんでしょうね。はい。


(高野政所)たしかに賄賂とか、いろんな言葉が出てますね。『茶髪にブスリ!』っていうのも。茶髪の若者が気に食わなかったみたいですね。単純に。汚職じゃないですけどね。

(ピエール瀧)ゴッパーでぶん殴るっていう(笑)。

(高野政所)SHUREのゴッパーですか(笑)。

(ピエール瀧)痛そう!よりによって痛そうなやつでっていう。

(高野政所)いちばん丈夫なやつですからね。業務用の。

(ピエール瀧)ゴッパーは武器ですからね。そんななったらね。本当に。この感じも超おもろいということで。まあ、三位まで聞いていただきましたけども。先に言っちゃうと、一位『燃えろバルセロナ』。これもさっきのオマリーと一緒に。これは電気グルーヴピエール瀧としては、かけ続けていかなくてはいけないと。

(蓮見・政所)なるほど。

(ピエール瀧)ということなので。まあそういう意味での、日出郎の『燃えろバルセロナ』ですわと。その前に箸休めとして、二位の『オマリーの私を甲子園に連れてって』と。

(高野政所)またオマリーが出てきた。

(ピエール瀧)あの、メジャーで7回に歌う歌、あるじゃないですか。『私を野球に連れてって』って。あるじゃないですか。さっきの六甲おろしは言っても日本の歌ですし。日本語もあったし、英語で無理やり訳はしましたけども。日本だからメロディーラインとかもあるんで。しかも来日したから聞いた曲ですから。なかなかね、心に響いてこないだろうと。

(蓮見孝之)それはあったかもしれませんね。

(ピエール瀧)でもオマリーは、アメリカにいた頃にやっぱり野球場に何度も足を運んで。7回はこれをキャッキャ言いながら歌っていたわけですよ。きっと。だからそういう骨身に染み付いた曲だったら、大丈夫だろオマリー?っていうことで。用意した曲がこの、私を甲子園に連れてってなんですけども。じゃあ本国、自分の国の曲ならどうなのか?ということで、聞いていただきましょうと。オマリーの私を甲子園に連れてってです。

オマリー『オマリーの私を甲子園へ連れてって』



(ピエール瀧)ほら、おなじみのね(イントロ)。これだったら大丈夫だろ、オマリー!

(歌:オマリー)Take me out to the KOUSHIEN♪

(ピエール瀧)もう入り口からダメっていう(笑)。

(蓮見・政所)(笑)

(ピエール瀧)入り口からダメ。オマリー。

(高野政所)もうラップとも取れるぐらいの感じですね。

(ピエール瀧)なんなら、六甲おろしより下手っていうね。

(高野政所)これ、わざとじゃないんでしょ?

(歌:オマリー)At the old ball game♪

(一同)(爆笑)

(蓮見孝之)声が出ない!

(ピエール瀧)あのね、後半当時を思い出して気持よくなっちゃってる感じのね。球場で自分で歌っていた時を思い出して、気持ちよーくなっちゃってるから。声張ってるんですけど、ぜんぜんダメっていうね。またこれが、よしゃあいいのに、2番を大阪弁に訳して歌っているっていう。それがまた・・・何から何までダメっていう(笑)。このね、そうなんですよ。

(高野政所)94年。これ、景気よかったんでしょうね。徒花すぎるよ、これ。

(ピエール瀧)ねえ。だから阪神がね、東京に来るわけじゃないですか。巨人戦だ、ヤクルト戦だなんだって来たら、だいたい阪神ファンに持っていかれるわけですよ。みんな。東京の応援団は。あの勢い、すごいですから。もういざとなったら、これをかけて戦意を喪失させるっていう。

(蓮見・政所)(笑)

(ピエール瀧)やり方も、関東の球団はアリなんじゃないかなっていう。

(高野政所)これを武器に使った方がいいと。切り札ですね。これはね。

(ピエール瀧)ヤバいでしょ?1点差で勝ってて、9回ツーアウト満塁。ここを抑えたら勝つぞ!っていう時に、金本とか打席に入った時に、これをかけたら・・・

(蓮見・政所)(笑)

(ピエール瀧)金本のスイングも鈍りますよ。若干。藤川球児の球もね、上ずりますよ。本当に。このやり方もあるんじゃないかということで、持ってきましたよと。

(蓮見孝之)逆にフォークの落ちがよくなるかもしれませんよ。これで。

(ピエール瀧)若干ね。そうかもしれないですけど。

(蓮見孝之)だってこれだけ高低差なく歌えるんですよ。

(ピエール瀧)そうですね。もう、歌が棒球っていう。

(蓮見・政所)(爆笑)

(ピエール瀧)全部フォーク、抜けてるっていう。その感じがね、すごいんですよ。オマリー。本当に。あのね、いまの若い子は知らないと思いますけど、オマリーのね、ちょっとメットの浮いている感じも込みで。あれが歌っているかと思うとね、愉快でしょうがないっていうね。オマリーね。みなさんもぜひ、愛していきましょうということで。


(高野政所)愛しいから。ちょっとね。

(ピエール瀧)ちょっとね、かけさせていただきましたけども。じゃあいよいよね、一位。いきましょうということで。ロンドンオリンピックが間もない2012年に、バルセロナオリンピックのことを。堂々とかけていこうと。

(高野政所)20年前ですよ。これね。

(ピエール瀧)20年前なんですよね。そうなんですよ。日出郎が20年前の日出郎ですけど。20年前にモテてたか?っていうと、そうでもないっていう。ということで、これね。聞きましょうね。とんでもないことを歌ってますよ。先に言いますと。日本語で勝手に訳をつけていいということなんでしょうけど。だからッツってお前、その歌詞はねーだろ?っていうことなんで。それでは聞いていただきましょう。日出郎で、『燃えろバルセロナ パンキーミックス』。

日出郎『燃えろバルセロナ パンキーミックス』



(ピエール瀧)このトラックはね、チモ・バヨの感じのやつですから。

(蓮見孝之)えっ?なんて言ってました?

(ピエール瀧)『エクスタシー得たけりゃ肛門よ』と。

(一同)(爆笑)

(ピエール瀧)お前、何を言っとるんじゃ?と。そんなもん、共感できるか!っていう話でしょ?さあ、みなさんご一緒に。『エクスタシー得たけりゃ肛門よ!』。はい、いいですねー。すいません。お仕事中のみなさん。

(蓮見孝之)すごいなー。

(ピエール瀧)お仕事中、お食事中のみなさん、本当にごめんなさいね。

(高野政所)でも、燃えろバルセロナっていうのと1ミリも関係ないですね。エクスタシーだ、肛門だって話はね。

(ピエール瀧)バルセロナの人はどう思ってるんでしょうね?

(高野政所)怒りますよね。これ聞いたら。普通に。

(蓮見孝之)まあでもバルセロナ。スペインですよね。スペインっていうと、やっぱり闘牛のイメージ、ありますよね。闘牛士が赤い旗を持ってますよね。その赤い旗を、もしかしたらお肛門様に、こう当てて。そこにエクスタシー、エクスタノーみたいな。そこまで彷彿とさせる日出郎さんなりの歌詞の作り方。

(高野政所)いいよ、別に取り繕わなくて。

(ピエール瀧)何らかの残虐なバラエティーネタを思いつきますね。ぜひ見たいですけど。それね。

(蓮見孝之)実は深いんじゃないかと。

(ピエール瀧)で、刺さった状態で『エクスタシー得たけりゃ肛門よ!』って言ったら、向こう30年くらいコスられるでしょうね。本当に。素晴らしいですね。

(蓮見孝之)これは聞かせられないな。ちっちゃい子どもに。

(高野政所)胎教にもよくないね。

(蓮見孝之)ぜったいよくないですね。

(ピエール瀧)だからね、やっぱりロンドンオリンピック開幕前夜に。これまでのオリンピックのことを、どうだったかっていうのをぜひみなさんね。これを聞いてオリンピックに思いを馳せていただきたいと。


(高野政所)(爆笑)

(ピエール瀧)と思いますけどね。なんと、資料をTBSの方で用意していただいて。資料を見て驚いたんですけど。そんな日出郎。昨年2月、ソロとしては8年ぶりとなるマキシシングル『SHUT UPPP!』をリリースしているという。


(高野政所)新曲も出している(笑)。

(ピエール瀧)出しているらしいんですよ。

(高野政所)活動されてるんですかね。シンガーとしての。

(ピエール瀧)日出郎からは目が離せませんけどね。

(高野政所)みんな離してましたけどね。8年以上離してました(笑)。

<書き起こしおわり>