ピエール瀧と渡辺えり『あまちゃん』能年玲奈・橋本愛を語る

シェアする

女優の渡辺えりさんがTBSラジオ『たまむすび』にゲスト出演。『あまちゃん』仲間のピエール瀧さんと、ドラマや能年玲奈さん、橋本愛さんなどについて語り合っていました。


(赤江珠緒)本日の『面白い大人』、ゲストは女優の渡辺えりさんです!はじめまして。よろしくお願いします。

(渡辺えり)よろしくお願いします。

(ピエール瀧)よろしくお願いします。

(赤江珠緒)ようこそでございます。お会いしたくて。私はもちろんはじめましてなんですが、瀧さんとも実は初対面?

(ピエール瀧)僕もはじめましてですよね。

(渡辺えり)本当に。画面では見てるんですけど。で、私前から大好きで。最初、『三丁目の夕日』で氷屋さんやってたでしょ?

(ピエール瀧)やってました。はい。

(渡辺えり)で、あの人は誰なんだ?って。次に『百万円と苦虫女』でトマト作っている独身の・・・

(ピエール瀧)桃ですね。

(渡辺えり)桃か。あれも面白くて。そしたら、歌手の方だったんですね。だからぜんぜん。誰なんだ?って言って調べるぐらいファンなんですよ。

(ピエール瀧)ありがとうございます!

『あまちゃん』では絡み無し

(渡辺えり)で、いつか一緒にやりたいと思っていて、『あ、あまちゃんに出てるな』と思ったけど、何ひとつね。1シーンも絡みがなかったですよね。

(ピエール瀧)そうですよね。

(渡辺えり)あのお寿司屋さんに行ったことがないですから。私が。

(赤江珠緒)無頼寿司に。

(ピエール瀧)そうですもんね。来なかったですね。

(渡辺えり)同じ所にセットがあるのに、全く。一緒の日ってないですから。

(ピエール瀧)そっか。無頼寿司のセットは、もう無頼寿司の日なの。

(渡辺えり)で、こっちはリアスの日とか決まっているわけ。だから、すれ違いもしなかったですよね。本当に。

(ピエール瀧)そうですね。たまりの部分でお会いして、おはようございます!みたいなのもなかったですもんね。

(渡辺えり)私、お寿司が好物なのにさ。

(赤江・瀧)(笑)

(渡辺えり)本当に悔しかった(笑)。

(ピエール瀧)なるほど!

(渡辺えり)で、『イキのいい奴』にも出てるから。小林薫さんが寿司を握って、お客で食べているっていう役もやっているのに握ってもらえなかったからね。

(ピエール瀧)そうか。そこ、一緒だったらギャグがもう1レベル高くなるっていう。っていう歯がゆさも込みで。いやー、ありがとうございます。

(赤江珠緒)お二人が並んでいるのを見るのも本当、うれしいですけど。あまちゃんのお話もたっぷり伺いますが。改めて、渡辺えりさんのプロフィールをご紹介させていただきます。渡辺えりさんは1955年、山形県のお生まれでいらっしゃいます。高校を卒業後、演劇の専門学校、舞台芸術学院などを経て、1978年から劇団3○○(さんじゅうまる)を結成。女優としてだけでなく、劇作家としても活動されまして、1983年には岸田國士戯曲賞を受賞されました。また、83年にはNHKの連続テレビ小説『おしん』に出演。一躍有名に。そして96年の映画『Shall we ダンス?』ではオバさんダンサーを熱演。数々の映画賞を獲得するなど活躍の場を広げていらっしゃいます。そして、いまお話にもありましたけれども、去年は大人気ドラマ『あまちゃん』に出演されまして、北三陸の越路吹雪。たいへん歌が上手いと。

(ピエール瀧)すぐ歌いたがる。

(赤江珠緒)本格的に歌うと。

(渡辺えり)そういう役ですから。私、普段あんなに図々しくないですから。本当に。

(ピエール瀧)(笑)

(赤江珠緒)現役の海女さん役を好演されまして、劇中でなんと12曲も。あ、12曲も歌われましたか。

(ピエール瀧)そんなに!(笑)。

(渡辺えり)ディレクターの人が私が歌っているところだけをつないでくれたんですよ。で、打ち上げの時に、2次会でそれを流してくれたんですよ。それで数えたら12曲だったんです。

(赤江・瀧)(笑)

(渡辺えり)もう、よくがんばりましたよ。私も。

(ピエール瀧)なかなかですね。コンサート、できますね。12曲もあれば。

(渡辺えり)本当に。しかも知らない歌を覚えて歌いましたからね。もう、気が狂いそうでしたよ。Perfumeは。よくああいう歌を歌えますね。生の人間が。

(赤江・瀧)(笑)

(ピエール瀧)なるほど。

(渡辺えり)もう、『くりかーえーす♪』ってどう歌うんだ?っていう感じ。

(ピエール瀧)あれちょっとね、声エフェクターかかってるんですよ。処理してあるんですね。

(渡辺えり)そうなんですってね。どうやって真似するんだよ!?って思って、必死に。

(ピエール瀧)生声では無理なんですよ。だから。

(渡辺えり)考えすぎて損しちゃったよっていう感じ。本当に。

(赤江珠緒)(笑)。そんな渡辺えりさんは女優業の傍ら、シャンソンやジャズのコンサートも定期的に実施されてまして。きっとパワフルなステージということですよね。今日は改めましてよろしくお願いいたします。

(渡辺えり)よろしくお願いします。

(ピエール瀧)渡辺えりさん、パワフルな方ってね、イメージがあります。

(渡辺えり)そうなんですよ。でも、そういう役なんですね。

(赤江珠緒)でも、今野弥生さんがもう、イメージぴったり。

(渡辺えり)いや、ぴったりっていうか、脚本の通りに演じてるわけなんですけども。血管が切れそうだっていう。毎回、朝6時ぐらいから行っていて、ずーっと低血圧なのに、血圧を高くしてやんなくちゃいけないって。これ、大変でしたね。

(ピエール瀧)まー、でもあそこの海女クラブの夏ばっぱと2人でビシッと締めてる感っていうか。ここは怖えーぞ!っていう感じの(笑)。

(渡辺えり)木野花さんもいますからね。みんなだから、私よりも年上の人がいるっていう現場っていうのは、本当に珍しいですからね。いつもどの現場に行っても、私がいちばん上なんですよ。で、演出家の方が年が上かな?って思うと、みんな40代だったり50の頭だったり38だったりするでしょ。でも今回は、もう木野花さんと宮本信子さんがいるから。ずっと先輩ですから。私よりずっとね。だから、若い方だったっていうのがうれしかったですね。

(赤江・瀧)(笑)

(ピエール瀧)なるほど!

(渡辺えり)あの、おばさま軍団で。うれしかったですね。

(ピエール瀧)かわいがられることがあってうれしいってことですね。

(渡辺えり)そうそう。そういうことなの。なんか、甘えられるっていうか。どうしよう?みたいな。それでね、すごく面倒を見てもらったんですよ。みんなに。で、前室で、老眼だったりして、とっさに老眼鏡忘れてきたりすると見えなかったりするでしょ?それを荒川良々さんに読んでもらったりとか。

(赤江・瀧)(笑)

(渡辺えり)ボタンが掛け違っていて。そうすると吹越さんが『ボタン、掛け違ってますよ』って言って直してくれたり。みんなね、すごく親切なんですよ。これもいいですよね(笑)。

(ピエール瀧)なるほど。なかなかの甘え上手じゃないですか。

(渡辺えり)本当に。みんな真剣ですから。面白かったですね。

(赤江珠緒)本当にでも、大人気で。

(渡辺えり)だから本当、全国仕事柄、しゃべる講演をたのまれて。20代のころからよく全国を行ってるんですけど。今回はもうどの地方行っても『弥生さん』とか言われるの。弥生さん?あ、私か!って。みんなはもう、今野弥生だと思ってますから。で、私が『渡辺です。弥生?あ、あまちゃんの!?』っていう感じで。みんなどこ行っても、あまちゃんの弥生さんって感じですね。

(赤江珠緒)能年ちゃんとは本当に仲良くされていると伺いました。

(ピエール瀧)能年ちゃんはほぼ宇宙人でしょ。あの子。

能年玲奈と仲良し

(渡辺えり)天才ですね。内に秘めたる情熱がすごいんですよね。それで、私がすごくいいなと思うのは、いま割と若い人たちって地のまんま。そのまんま演るっていうのが流行りになっている時代が長いんだけど。玲奈ちゃんの場合、違うんですよ。普段と演技が。つまり、役によって演技で変えることができる。それ、昔の女優さんみたいでしょ?

(ピエール瀧)まあ、そうですね。

(渡辺えり)昔ってほら、バラエティーとか出ないで、しゃべらないで役がそうっていう感じでやって。普段、どういう人かわからない、秘密のヴェールに隠されている感じだったでしょ?そういう、昔のタイプだと思うんですね。

(赤江珠緒)ああ、そういう方。

(ピエール瀧)そうか。じゃあこのままキャリアを積んでいくと、雲の上の人っぽい感じの女優さんになる可能性があるってこと。

(赤江珠緒)じゃあ役によってもガラッと印象が変わるわけですね。

(渡辺えり)それで目の色も変わるんですよ。だから普段、『おはようございます!はーい!』とかやってるでしょ?それがパッと演技すると、『夏ばっぱ!』とか目がパッと光る。星が入る。だからもう、すごいなと思って。

(ピエール瀧)いいですね。星が入る。

(赤江珠緒)そうなんだ。

(渡辺えり)で、橋本愛ちゃんっていう子もいい子なんですよ。だから2人のコンビ。陰と陽っていう感じがとても良かったなと思うんですよね。橋本愛ちゃんっていう子も文学少女で。毎日控室で本を読んでますから。見る度に違う本を読んでますから。読み終えて。で、『誰なの?その作家』って聞いてメモしたりして、『じゃあ私も読んでみよう』とかそういう感じで。私なんかが読んだことがないような現代作家の小説を読んでますよね。

(ピエール瀧)さすが、俯瞰で見てますね。渡辺さん、現場を。

(渡辺えり)いや、おんなじだから。メイクするところが全員同じ部屋なんで、もう会うわけですよ。そうすると、どういう子なのかな?って見ていろいろしゃべったりしてるので。いやー、なかなかいい子たちだなって思って。

(赤江珠緒)『渡辺さんには大変かわいがっていただいた』と2人ともすごくおっしゃいますが。いろんなところで。

(渡辺えり)あ、本当?良かったわー。なんかさ、私いじめてるんじゃないか?っていう噂が立って。そんなことない!ってさ。顔が怖いから、そういう記事みたいなの書かれちゃって。

(ピエール瀧)なるほど。ダメ出しとか、出してるんじゃないの?みたいな。

(渡辺えり)えっ!?違うのに!と思って。それを言っていたら『ごめんなさい』って謝ってって話も。

(赤江珠緒)あと、おふたりで。能年ちゃんと映画にも行かれたりとか。

(渡辺えり)そうなんですよ。『レ・ミゼラブル』を。まだ放映前に行ったんです。2月に。またあまちゃんとか騒がれないじゃないですか。だから一緒に行っても、なにも言われないでしょ?まだ放映前だから。そん時に待ち合わせして。行ったら半ベソかいてるんですよ。『どうしたの?』って言ったら、フランケンウィニーを見に行こうと思って待ち合わせしてたら、『それ、もうやってなかったんですぅ』って言うんですよ。

(赤江・瀧)(笑)

(渡辺えり)『ええーっ!?』って言ったら、『レ・ミゼラブルだったらやってるんです・・・』って言うから、『じゃあ、それを見ようよ』って。それは6時半からだから、ご飯食べようよってことで。『なに食べたい?和食と洋食、どっちがいい?』って言ったら、『和食か洋食!』って。『だから、どっちなんだよ!?』って。漫才から始まるんです。待ち合わせ場所で。

(赤江珠緒)あ、そういう感じ。

(渡辺えり)それで焼肉屋に行って。ご馳走したんですね。それで、『見逃すといけないから、6時15分になったら絶対に話を止めて。玲奈ちゃんが言ってよ』って言ったわけ。私が話好きだから。そうすると、また走らなくちゃいけないからって。で、2人でしゃべってたんですよ。で、見たらもう6時半で。『だから言った!6時半じゃないの!』って言って、あんだけ時間があったのにまた走って。息を整えて見ましたからね。

(ピエール瀧)なるほど(笑)。

(渡辺えり)それで、予告編が始まったでしょ?そしたら、『私、ポップコーン買ってくる』とか言って。『じゃあ私、コーラね』とかたのんで。戻ってこないわけよ。大丈夫かな?って思ったら、『混んでて・・・』って来て。で、暗い中入ったんですよ。それで、ポップコーン2人前。こんなに買っちゃって。持ってたんだけど、始まったらこのまんま。最後まで何も食べられなくて終わって。で、『食べれませんでしたねー』って。

(赤江・瀧)(笑)

(渡辺えり)もう、夢中で見ちゃって。だからいい経験をしましたよ。それで、終わってもその映画に感動しちゃって。2人とも帰りたくなくなっちゃって。よく演劇人が行く、『ランブル』っていう喫茶店があるんですよ。その近くに。そこに行って、ずっと終電までお茶を飲んでましたから。それで映画のことをずーっと話してました。

(赤江珠緒)すごい!

(渡辺えり)だから昔の演劇クラブの人みたいでしょ?

(ピエール瀧)そうね。演劇少女じゃないですか。2人とも。

(渡辺えり)それで楽しかったんだけど。それは2月だからそういうことができたんだけど。やっぱり4月で始まっちゃうと。なかなか一緒に行けないんだけど。でも、この前キョンキョンが主演している舞台。シアターコクーンに2人で待ち合わせして見に行きましたけどね。

(赤江珠緒)キョンキョン!ママもいて。

(ピエール瀧)じゃあ、いまだにツルんでるってことですね。

(渡辺えり)いや、そこまで。ツルんでるまで行かないけど。時々メールしたり。それでこの間、3日前かな?熊本に講演で行ったんですよ。そしたらその帰ろうと思った空港で、『えりさーん!』って声が聞こえるんですよ。振り返ったら、橋本愛ちゃんがいるんですよ。偶然、奇跡的に、あの人熊本なんだけども、2日だけ帰省してたその日に、ばったり空港で出会っちゃったの。

(ピエール瀧)なるほど!

(渡辺えり)そしたら、パッと抱き合っちゃって。で、一緒に写真撮ったりして。『奇跡ですね!』とか言って、すごくニコニコして。だからあの人も役であの役を演じてるから、普段はニコニコの明るい少女なんですよ。19才の。で、わーっ!とかやってるんですね。だけど役では暗い感じで『そうなのよ・・・』とかって。あれも演技力でああやってる。普段はかわいい。

(ピエール瀧)すごいんですよ。ねー。

(赤江珠緒)その幅がすごいんですね。

(ピエール瀧)すごい女優さん2人を生み出したってことですね。

(渡辺えり)2人ともすごいですよ。本当に。

<書き起こしおわり>