スポンサーリンク

東野幸治 いま西川女医が気になる・矢口真里問題の円満解決策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 713

東野幸治さんがニッポン放送『ダイノジ大谷のオールナイトニッポン』にゲスト出演。2013年のエンタメ総決算の中で、西川女医や矢口真里問題について語っていました。

(東野幸治)あと、地味に西川女医の急に悪いことを言い出す(笑)。


(大谷ノブ彦)気になってます?

(東野幸治)俺、いま西川女医がいちばん気になってるわ。

(大谷ノブ彦)矢口さんの時もね。あとペニオク。

(東野幸治)矢口さんとペニオク。小森純ちゃんとか。急に、自分の私生活の乱れをぜんぶそこに足してぶつけるみたいな。なんやろ、あの『私は芸能人じゃないから、私ができることは一般のおばちゃん目線で言わなアカン』って。

(大谷ノブ彦)庶民を代弁。

(東野幸治)庶民を背負いすぎて。『こいつ、こんな言うねん』みたいな。『こいつ、ぜったい殴られんで!』って思って(笑)。

(大谷ノブ彦)やっぱり嫌いですか?そういう庶民を代表するようなの。

(東野幸治)いやいや、西川女医は俺、急にどないしたん?思うて。別にそんな。

(大谷ノブ彦)それ、好きも嫌いもないですよね。東野さん。それが不思議なんですよ。

(東野幸治)僕ね、意外と好きも嫌いもないのよ。

(大谷ノブ彦)本読んでいてもそうですし。ずーっと印象も。芸人って、正義を振りかざすんですよ。途中で。やっぱり嫌いっていうのを全面に出すのに、東野さんは、たぶん嫌いであろう人の話をしてる時がいちばん輝いてるし。

(東野幸治)俺、意外とこんなこと言ってるけど、あんまりキレられたことないねん。『お前、あんなこと言うたらしいな』って。意外とないねん。

(大谷ノブ彦)若い頃からですか?

(東野幸治)そうそう。だから、いつか大やけどするねんけど。まあ、いまのところ大丈夫やねん。だから西川女医も結局そういうところのことを言うても、意外と怒られないというか。

(大谷ノブ彦)あ、なるほど。そこはわかってるんですか。それ以上踏み込むと、向こうがキレるんじゃないかみたいなこともわかってると。

(東野幸治)わかっていると思う。だから急に今年の前半、西川女医がずーっと怒ってたやろ?

(大谷ノブ彦)怒ってました(笑)。だれかの代表して。

(東野幸治)なんか、足ケガしてからかな?(笑)。西川女医、よー怒ってたなーっていう印象が。なんでこんな急に怒り出すんやろな?思うて。

(大谷ノブ彦)イライラしてたんでしょうね。足。

(東野幸治)イライラしてたんかわからんけど。あの、なんか変にツールの高いイスに足組んでね。ずーっと怒っている感じ。あと、矢口っちゃんでしょう。

(大谷ノブ彦)これはどうなんですか?

(東野幸治)俺は、このオチというか、ハッピーエンドに終わる方法を考えたんですよ。

(大谷ノブ彦)はい。

(東野幸治)実はふなっしーの中、矢口っちゃんやった。

(大谷ノブ彦)(爆笑)。めちゃくちゃ面白いじゃないですか!

(東野幸治)んで、ペコリって。で、舌ペロって出したらいいかと。

(大谷ノブ彦)(笑)

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする