町山智浩 2022年中間選挙直前のアトランタを語る

町山智浩 2022年中間選挙直前のアトランタを語る たまむすび

町山智浩さんが2022年11月8日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中で中間選挙を目前に控えたジョージア州アトランタの様子を話していました。

(赤江珠緒)町山さん、今日はアトランタのホテルからということで。すいません。

(町山智浩)アトランタって、聞いたことありますか?

(赤江珠緒)私ね、姉が住んでいたことがあって。だから行ったことがあります。

(町山智浩)いつぐらいですか?

(赤江珠緒)いつぐらいかな? 99年とかかな? 2000年よりちょっと前だったと思います。

(町山智浩)どんなところでした?

(赤江珠緒)なんかね、周り、郊外はちょっと緑が多くて。リスもいるような公園がバーッといっぱいあるような。なんかオリンピックもあったし、みたいな感じの。そんな街でしたけどね。

(山里亮太)のどかな感じ?

(町山智浩)アメリカの南部なんですよね。で、一番有名なのは『風と共に去りぬ』の舞台ですね。だから昔は奴隷農場があって、という非常に保守的なところ。まあ田舎ですね。そんなところなんですけども。たぶん赤江さんが90年代に来られたということで。そこから20年以上経ってますけれども。今来たら、びっくりしますよ。高層ビルが建ち並んでいて。もう大都会です。

(赤江珠緒)ああ、そうですか。たしかに、そんなにビルはあんまり……大都会っていう感じではなかったですね。

大都会になったアトランタ

(町山智浩)昔はそんなになかったですよ。ここ10年ぐらいなんですよ。急激に発展しまして。IT系とかね、そういったものがね。で、もう本当にマセラティとかフェラーリが走ってるようなところです。

(赤江珠緒)ああ、そうですか!

(山里亮太)超高級車たち。

(町山智浩)富裕層がすごく増えて。黒人の人で結構お金持ちの人が多くて。今ね、ヒップホップっていう音楽がありますけども。アトランタはヒップホップの首都と言われてるんですよ。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)アメリカのヒップホップはみんな、アトランタから出てくるんですよ。で、この間1人、ミーゴスというヒップホップグループのテイクオフっていう人がテキサスのヒューストンということろで撃たれて亡くなりましたけど。その人もアトランタ出身で。もうとにかく富が、いろんな経済とか文化がアトランタに現在、集中してるんですよ。

(赤江珠緒)そうなんですね。

(町山智浩)そうなんです。もう全然変わってます。だから、政治的な激戦地になっていて。僕が今回、取材しに来たのはBS朝日でやってる『町山智浩のアメリカの今を知るTV』で来ているんですけども。アトランタは大都会化が進んでるんで、今までずっと保守的で、共和党が強いところだったんですよ。だからこの間も最高裁の方で「人工中絶に関しては各州が勝手に決める」っていうことになったんで、早速アトランタのあるジョージア州の方では妊娠して6週間以後の中絶が禁止されたんですけれども。それに対して、すごくお金持ちになった黒人の人とかですね、ラテン系の人とか、アジア系の人が増えてきていて。その人たちは、それに反対している人たちなんですね。で、彼らは民主党に投票するんですよ。それでもう真っ二つにわかれて、ものすごい政治的な激戦地になってるんです。

(赤江珠緒)ああ、そうなんだ。

政治的な激戦地・アトランタ

(町山智浩)だから取材しに来たんですけども。で、明日が中間選挙の投票日なんですよ。アメリカは。で、ここがどうなるかでかなりアメリカの連邦政府、国全体での議会の力関係が変わっちゃうんですよ。で、たとえば今現在は民主党政権なんですけども。下院議会というところが共和党が多数派を取ると、おそらくアメリカのウクライナへの支援がなくなるんですよ。共和党はウクライナへの支援に反対してるんで。そうすると、ウクライナが困っちゃって、ロシアが喜ぶってことになっちゃうんですね。だからすごい大きな世界的な影響があるんで取材をしに来ているんですけども。

<書き起こしおわり>

たまむすび
miyearnzzlaboをフォローする
miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました