スポンサーリンク

吉田豪 テレビ仕事は10回に1回ぐらいしか手応え感じない話

吉田豪 テレビ仕事は10回に1回ぐらいしか手応え感じない話 TOKYO SPEAKEASY

吉田豪ちゃんが2022年7月19日放送のTOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』の中でテレビの仕事は10回に1回程度しか手応えを感じないという話をしていました。

(吉田豪)あれなんですよ。僕……僕はそんなに出てるわけじゃないんですけど。たまにテレビ、呼ばれるじゃないですか。僕、たぶん10回に1回ぐらいしか手応え感じたことないですよ。

(でか美ちゃん)えっ、本当ですか?

(吉田豪)全然。

(でか美ちゃん)あんなにちゃんと炎上とかしてるのに?(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハハハッ!

(でか美ちゃん)そんな、アイドルを選んで、選ばなくて……とかでね。

(吉田豪)ねえ。秋元康先生にね、導かれるままに番組に入って。何を言われたわけじゃないけどね、なんとなくたぶん一番番組が喜ぶ結果を僕が……。

(でか美ちゃん)そんなような展開になって(笑)。あんなの、手応えそのものじゃないんですか?(笑)。

(吉田豪)あれはね、だからその「10回に1回」ですよ。そりゃあ。

(でか美ちゃん)はいはい。ああ、そうか。他のものか。

スポンサーリンク

10回に1回ぐらいしか手応えを感じない

(吉田豪)だいたいバラエティとかではそんなに手応えを感じないっていう。

(でか美ちゃん)でも『ゴッドタン』、めっちゃ爪痕を残してましたよ。爪痕のパスを。

(吉田豪)初期は本当にそれこそ『ゴッドタン』って芸人番組じゃなくて。僕みたいな人間でも出やすい……。

(でか美ちゃん)もうちょっと、なんかカルチャーっぽい。サブカルっぽい感じ。

(吉田豪)だったので、僕が持ち寄ったネタとか、使えたじゃないですか。でも、今は芸人番組になったから、持ち寄ったネタとか、全然ダメなんですよ。もう「リアクションでどこまで返せるか?」みたいな。瞬発力。その時、思いついたフレーズとか言わないと使えないんですよ。っていう、今までと全然違う番組になっているっていう実感があって。実はあれ、結構しゃべっていたんだけど、用意したフレーズだったから全カットだったんですよ。

(でか美ちゃん)ああ、そうか。思った感じにはなってないっていう。なんか、そのテレビって結局芸人さんの世界だなっていうのは自分も思います。芸人さんのいないバラエティなんて、あんまりないじゃないですか。絶対に軸に芸人さんがいて、回してくださるっていうか。

(吉田豪)で、その芸人さんのスピード感にどれだけ対応できるか、みたいなものだったので。

(でか美ちゃん)そうなんですよね。なんか自分の脳みその回転なんて、それこそトークイベントとかさせてもらったり、ファンの方とか、そういう界隈では「おしゃべりが上手い」みたいな扱いを受けてきたけど、もう全然ダメダメだったんだなっていうのをここ半年、痛感していて。「もっと頑張らないとヤバいんだ」っていうのは思っています。

(吉田豪)へー! そうか。それなりに草野球で結果を出していて……。

(でか美ちゃん)そうそう。草野球だったんですよ。草野球で超ホームランを打っていたんだけど……(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハハハッ! 草野球のホームラン王だったんですね(笑)。

(でか美ちゃん)そう。「球場って大きいんだ!」みたいな。

(吉田豪)わかります。僕も草野球ではそれなりにやれてる人間だったけども。「うわっ、プロ、ヤベえ!」っていうね。

(でか美ちゃん)そう。ただそこで、草野球も楽しいから続けれますが、「草野球に帰ろう」という気持ちにならなかった自分のことは誇らしいなと思いました。ここ半年。

(吉田豪)ああ、心が折れて。「私はロフトで頑張る」みたいな……(笑)。

(でか美ちゃん)じゃなくて(笑)。「テレビ局で心が折れたらロフトで癒してもらおう」という気持ちでやってます。実は。なんかちょっと本当、今年も半年が過ぎたんで。残り半年でちょっと売れゆく姿を……で、売れなかった場合はまたロフトでイベント、増やしてください(笑)。

(吉田豪)でも、やっぱりすごいと思いますよ。スピード感。『ゴッドタン』の話に戻りますけど、僕の数少ない使われたワード。あれは全部、その場で思いついたやつだけなんですよ。やっぱり佐久間さんの編集はそこを本当に重視していて。ねえ。たぶんさっき言っていたのは、あれですよね? 鬼越トマホークに……。

(でか美ちゃん)そうです、そうです。速攻でLINEしたもん。

(吉田豪)鬼越トマホークに恋人の存在を言わせるように仕向けたっていうか。キラーパスを出したっていう。ほとんどしゃべってないけど、数少ない……(笑)。

(でか美ちゃん)だってオンエアーが終わった後、すぐにLINEしましたよね。「最高のトス」って(笑)。もう、面白すぎて(笑)。

(吉田豪)発言は少ないけれども、番組を明らかに動かして面白くしたっていう。

(でか美ちゃん)あれ、最高でした。鬼越さんも最高だったし。

鬼越トマホーク坂井・元アイドルとの交際を告白

鬼越トマホーク坂井、元アイドルとの交際をカミングアウト!コンビでマジ喧嘩!?:ゴッドタン|テレ東プラス
【配信終了:2022年5月28日(土)】動画はこちら5月21日(土)放送の「ゴッドタン」は、新企画「アイドル公式お兄ちゃんは俺だ!選手権」。アイドル番組のMCを務める芸人など、今ではメジャーアイドル…

(吉田豪)あれは見事でしたね。本当、僕は単純に困る顔を見たかっただけなんすよね。

(でか美ちゃん)ああ、だからその豪さんって……私、今日はこれを言おうと思っていたんですよ。豪さんって、それこそ地下アイドル界隈とか、サブカルチャー界隈。最近のカルチャー界隈で、なんか誰に対しても平等で、バランス力があって優しくて……って思われているし。私もその部分もわかるけども。でも元来、とても意地悪な人じゃないですか。

(吉田豪)フハハハハハハハハッ! 「いたずら心」がまず、ベースにありますからね(笑)。

(でか美ちゃん)そうそうそう。だから本当に私、たまに思うんですよ。豪さんは自分が思ってるより偉くなってる自覚がマジでないから。いつか、意味がわかんない炎上をするんじゃないかっていう。その、みんなが思ってる吉田豪像。その1人1人の吉田豪像がめっちゃ一致してないと思うんですよ。最近、豪さんにいちゃもんをつけてる人のタイムラインとかを見ていても。

(吉田豪)とか、たぶんものすごい善人だと思ってる人とか。

(でか美ちゃん)そう。だから勝手に「豪さんが炎上した時、私って助けられるのかな?」って思う時がありますよ(笑)。自分ごときの力で何か、できることってあるのかな、みたいな。それ、すごく思います。

(吉田豪)たしかに。まあね。この年齢ですからね。

(でか美ちゃん)そうそう。偉いんですよ。偉く見えちゃってるんですよ。

(吉田豪)偉くならないような振る舞いをやり続けているんだけども。

(でか美ちゃん)だって金髪とかも割とそういう理由なんじゃないかと思っていて。

(吉田豪)短パンとかサンダルとかね。明らかにちゃんとしてない感じを……(笑)。

(でか美ちゃん)ちゃんとしてない感じ、するじゃないですか。そういうブランディングをしてても、もう周りから見たり、その20歳ぐらいのアイドルからしたら、豪さんにMVをツイートしてもらう、その1ツイートにどれだけの価値があることか!ってなってきてるから。

(吉田豪)「あなた、重鎮ですよ」っていう。

知らぬ間に重鎮化してしまっている

(でか美ちゃん)そう。そうです。だから私も、それは鏡に向かって言っているようなもので。私ももう31だから、なんか後輩に軽く突っ込んだりとかしたのを映像で見ると、めちゃめちゃきつく見えたりとかして。すごい気をつけようと思います。そのAPOKALIPPPSっていう7人組のグループもやってるんで。その中では年長者だから。

(吉田豪)やっぱり地下アイドルの人たちがでか美さんを見る目がやっぱり違いましたもんね。「地上波の人だ!」って。

(でか美ちゃん)そう。「テレビに出てる人」って。

(吉田豪)「私たち、地下とは違う。地上の人」っていう。

(でか美ちゃん)そう。「いや、チェキ列、見てみや? あんたらの10分の1もないで?」ってすごい思うんですけど(笑)。

(吉田豪)地下で活動をしていると、テレビの人って、あんまり会わないから。

(でか美ちゃん)そうですよね。でも、なんかすごい恥ずかしかったです。そのテレビの人扱いの時期も、そんなには出てないし。『有吉反省会』しか出てないしっていうコンプレックスとかもあって。で、今も、やっぱり応援してくれてる人たちは「最近、頑張ってるね」って言ってくれるけど。でも、めっちゃ出てるわけじゃないしな、とかはすごい思いますよ。最近も。だから頑張らないとなっていう(笑)。

(吉田豪)いや、意外と頑張ってると思いますよ。頑張ってる証拠が僕とのイベントが組まれてないってことですよ(笑)。

(でか美ちゃん)アハハハハハハハハッ! そこが証明なんだ(笑)。

(吉田豪)スケジュールが取れないっていう(笑)。

(でか美ちゃん)たしかに、たしかに。やりたいんですけどね。「豪さんとの組み合わせだったら、このゲストさんを呼びたい」とかめっちゃ浮かぶから。また全然ね、不仲じゃないですし。ロフトの人もね、めげずに投げてほしいですよね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました