スポンサーリンク

黒沢薫 錦糸町・台湾料理生駒・麻婆カレー排骨乗せを語る

黒沢薫 錦糸町・台湾料理生駒・麻婆カレー排骨乗せを語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク

ゴスペラーズの黒沢薫さんが2021年12月7日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で2021年のベストカレーを3つ、紹介。そのうちのひとつとして錦糸町の台湾料理生駒、麻婆カレー排骨乗せについて話していました。

(宇多丸)さあ、では黒沢さん。2021年ベストカレー、2つ目はどちらのどんなカレーでしょうか?

(黒沢薫)はい。錦糸町の台湾料理生駒の麻婆カレー排骨乗せ。

(宇多丸)麻婆カレー排骨乗せ……また、かなりトリッキーな。今、スタジオに。さあ、これは描写をぜひ、熊崎くん。

(熊崎風斗)これ、パッと見た感じ、カレーというより麻婆豆腐丼の上に温玉とか排骨が乗ってるっていう感じですね。

(黒沢薫)そうですね。実はもうカレー好きな人の中では常に悩みがあるんですよ。麻婆豆腐って本当はカレーじゃない?っていう。

(イナダシュンスケ)たしかに……カレーですよね?

(宇多丸)ああ、イナダさんも。やっぱりその定義としては?

(イナダシュンスケ)そうですね。「カレーじゃない」と言える要素が何もないっていう。

麻婆豆腐って本当はカレーじゃないか?

(黒沢薫)元々、そうだったんです。元々カレー好きの間でそうで。やっぱり今、中華カレーっていうのがある程度、ムーブメントが来ていてですね。僕らの頃、中華カレーって言ったらそれこそ六本木の香妃園のカレーライスぐらいしかなかったんですけども。でも、いくつも出す店が増えたのと、あと麻婆カレーっていうものが割と市民権を得てきたというか。「おいしいに決まってんじゃん」みたいな感じでいろんな店でやっているんですね。で、その中でこのお店が……僕は何軒か食べたんですけど。この店が一番、カレーと麻婆のバランスが良いんですよ。ちゃんと三角形の頂点にカレーも麻婆もあって。「ああ、これはカレーだけど麻婆だし、麻婆だけどカレーだな。すごいな!」って思って。

(宇多丸)これ、錦糸町のこの生駒さんってイナダさんは?

(イナダシュンスケ)はい。僕、行ったことはあるんですけど。もう完全に台湾料理屋さんとして伺っていて。こんなアイテムがあるのを完全に見落としていて。不覚です……。

(宇多丸)アハハハハハハハハッ!

(黒沢薫)ググると出てくるのは排骨カレーチャーハンっていうのが出てきて。それもおいしいらしいんですけど。僕は今回はこちらをお勧めします。

(宇多丸)やっぱりね、麻婆とカレーの微妙な関係というのはね。

(黒沢薫)その微妙な関係性のある意味、答えがこれで出ているという。

(宇多丸)ではですね、カレーを食べながら、この黒沢さんのこのカレーを音楽に置き換えると何なのか。この曲を聞きながら食べたいと思うんですけど。曲はなんでしょうか?

(黒沢薫)これはねやはりですよ、黒人音楽とアジアンミュージック、そしてムーブメントの架け橋。88risingですよ。『シャン・チー』のサウンドトラックから行きたいなと思っておりますので、ぜひ聞きながら……。

(宇多丸)ああ、納得度がすでに高い!

(黒沢薫)聞きながら食べてください。NIKI, Rich Brian, Warren Hue『ALWAYS RISING』。

NIKI, Rich Brian, Warren Hue『ALWAYS RISING』


(宇多丸)さあ、それではいただきまーす。これさ、卵みたいなの、乗ってるじゃん? これ、崩しちゃって大丈夫?

(黒沢薫)崩しちゃっていいです。

(イナダシュンスケ)ああ、なるほど!

(黒沢薫)見た目的にも甘めでしょう? で、食べ始めるとちゃんとスパイスからこういう風にフワッと香るようになっていて。でも、このストレスはひょっとするとこれ、カレーのスパイスじゃなくて中華スパイスなんじゃない?っていう。

(宇多丸)うんうん。ちょっと山椒チックなね。

(黒沢薫)そうですね。山椒の使い方がものすごく上手なお店です。

(イナダシュンスケ)すごくじっくりソテーというか、火を入れた重厚さみたいなのがありますね。それが甘味と絡み合っているから。

(黒沢薫)麻婆カレーは何軒か食べたんですけど。甘味をあえて排除するんですね。でも、甘味を排除してしまうと、それはほぼほぼ麻婆になってしまう。日本的な町中華的な麻婆とカレーのバランスっていうことで言うと、すごくベストかなと。

(宇多丸)なんだろう? ちょっと食べたことがないタイプのおいしさ。卵もすごい合う。なんか、まろまろやかになるというか。

(黒沢薫)でも、そんなにいわゆるホットな辛味っていうのはそんなにないんですよ。で、この後にちょっと排骨、行ってみてくださいよ。豚のスペアリブを揚げたやつですね。

(宇多丸)うんうん!

(黒沢薫)このあたりから急に低域が来始めるっていう。あ、ベストなタイミングで(笑)。

(宇多丸)曲の展開に合って(笑)。今、キックがブーン!って来たところから食べたから。ばっちり、ばっちり! うんうん!

(黒沢薫)このあたりからどんどん、くんずほぐれつじゃないですけど。麻婆、排骨、卵、ご飯っていう風にワッと食べて。最後はもう混ぜて食べちゃってください。

(宇多丸)いろんな要素が渾然一体となって、一体化していくというか。

(熊崎風斗)たしかに全部が主張しているけど、全部邪魔をしてないっていうか。

(黒沢薫)それで「俺が今、食べているのは何なんだろう? これはたしかにカレーだけど麻婆だし、排骨でちょっとま台湾料理だけど、インドっぽいし、何なの、これ?」っていう。ちょっとマレーシアとか南洋地方の料理のようにも感じてしまうんですよね。

(イナダシュンスケ)中華カレーの枠に収めちゃうのはもったいないですね。なんか、新たな無国籍カレーっていうか。架空の国の料理みたいな。

(黒沢薫)料理長の方がですね、実際にスペアリブのマドラス煮込みとか。「それ、インド料理じゃん」みたいなものまでメニューに載せてしまう町中華なんですよ。で、これはプチ情報なんですけど。店長さんね、ライムスターの大ファンなんですって。だからやっぱりね、ヒップホップの魂があるんだと思うんですね。

(宇多丸)だし、ヒップホップがアジアで息づいて別のグルーヴを作り出した瞬間みたいな。なんか、その新しいカレー、新しいグルーヴ色っていうか。『ブレードランナー』の町で食べる食べ物はこれが一番ふさわしいっていうか。

(黒沢薫)で、ここは他の町中華の料理も全部おいしいんですけど。やっぱりちょっと違うんですよ。懐かしさと同時に尖ってるところはかならず1個あるっていうか。まあスパイス使いがとにかく上手ですよね。トウガラシとかも割と四川のあの丸っこいトウガラシとかを惜しみなく使ってたりとかして。まあ一番はやっぱり心配なりますよね。「採算、取れるの? これ、大丈夫?」って。

(宇多丸)こんだけあって。そうですね。

(黒沢薫)それで皆さん、これこんなに迫力のあるご飯じゃないですか。胃がめちゃくちゃ軽いの、気づきました? 排骨とか食べて。揚げ物ですよ。

(宇多丸)実は油っこくない。

(黒沢薫)そう。たぶんすごくいい油を使ってるんじゃないと思うんですけど。全然軽いんですよ。食べ終わった後に。

(熊崎風斗)揚げ物を食べてる感じは全くないですね。

(宇多丸)たしかに!

全然油っこくない

(黒沢薫)それもやっぱり88risingっぽいんですよ。ドープなことをやっているんだけども、なんか聞いた後はやっぱり爽やかみたいな。そこもね、すごく合ってるなと。

(宇多丸)うんうん。排骨、いいね。これ。

(黒沢薫)排骨なしでも頼めるんですけども。排骨があった方がバランスはいいんですね。

(宇多丸)この感じなのに、ぎっとり感がないもんね。あ、でもやっぱり意外とスパイスは結構……。

(黒沢薫)スパイスは来るんですよ。

(宇多丸)キックがブーンッ!って。

(熊崎風斗)もたれる感じじゃないんだよな。こんなに重厚な感じなのに。

(黒沢薫)だから、食べ終わった後にびっくりするんですよ。僕、最初覚悟して行ったんですね。絶対に美味しいけど後で重くなるタイプだろうなって思っていたんですけども。なんか全然重くない。なんならもう1品、食べられるんですけど……みたいな。

(宇多丸)これはさすがのイナダさんも盲点だったという?

(イナダシュンスケ)はい。なんでしょうね? 初めて食べました、この食べ物っていう感じで。うまく説明できないです、これ。ちょっとタイ料理みたいなところもありますし。マレーシア料理的なところもありますし。

(黒沢薫)ありますね。甘味がちゃんとしているのと。

(イナダシュンスケ)なんかあのへんに知らない国が1個あって、そこの料理なんじゃないかな、みたいな。

(黒沢薫)あとなんかクラッシュトマトかなんか、これは今日、入ってたかわかんないけど、入ってるんですよね。さっぱりしてるところ、そういうところでもさっぱり感を出しているっていう。でも普通、麻婆豆腐にクラッシュトマトなんて入ってないじゃないですか。だからそこもすごいバランスなんですよね。

(熊崎風斗)情報だけちょっとお伝えしますね。都営地下鉄新宿線・菊川駅、もしくはJR総武線・錦糸町駅南口から徒歩10分程度のところにあります台湾料理・生駒の麻婆カレー排骨乗せでした。こちらのメニューはですね、価格は1240円となっております。テイクアウト可能。定休日は水曜日です。

(宇多丸)ライムスターファンということで、生駒さん。ちょっと錦糸町、伺わないといけないですね。

(黒沢薫)ここは行った方がいいと思いますね。

(宇多丸)ごちそうさまでした。そして選曲もばっちりで。食うタイミングとか完璧でしたね。

(黒沢薫)完璧でした。「ここで食べてほしい!」っていうところで食べてくれたんで。

(宇多丸)ちゃんとやっぱり「ラップが来るな」っていうところでブーン!ってね。

(黒沢薫)最高でしたね(笑)。

<書き起こしおわり>

黒沢薫 幡ヶ谷・喫茶 壁と卵・ポークビンダルーを語る
ゴスペラーズの黒沢薫さんが2021年12月7日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で2021年のベストカレーを3つ、紹介。そのうちのひとつとして幡ヶ谷の喫茶 壁と卵のポークビンダルーについて話していました。
黒沢薫 西荻窪・タリカロ・マトンキーマカレーを語る
ゴスペラーズの黒沢薫さんが2021年12月7日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で2021年のベストカレーを3つ、紹介。そのうちのひとつとして西荻窪のタリカロ、マトンキーマカレーについて話していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アフター6ジャンクション
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました