スポンサーリンク

サンドウィッチマン 一般人の結婚式の招待状が普通に届く話

ナイツとサンドウィッチマン おぼん・こぼんを語る ザ・ラジオショー
スポンサーリンク

ナイツのお二人が2021年10月16日放送のニッポン放送『サンドウィッチマン ザ・ラジオショー サタデー』に出演。サンドウィッチマンのお二人と早坂営業や結婚式について話していました。

(東島衣里)あとはこちらの方。港区にお住まいの51歳の方ですね。「先日、10月10日のライブ、チケットが取れず残念でした。『爆笑!!お笑いフェスin横須賀』が取れました」。

(塙宣之)ああ、早坂さんの。

(伊達みきお)12月かな?

(塙宣之)ああ、サンドさんと一緒ですか?

(伊達みきお)行く行く。

(東島衣里)「……サンドさんとナイツさん、楽しみにしています。2組分で30分取って他の方は2分でもいいですね」ということですね(笑)。

(伊達みきお)なんちゅうことを言うんだよ。

(土屋伸之)実際、30分ぐらいやりますよ(笑)。

(塙宣之)2分でいいのはエイトブリッジだけですよ。あとは全員……。

(土屋伸之)エイトブリッジ……(笑)。営業で2分は短すぎだよ(笑)。

(伊達みきお)別府ちゃん(笑)。そうか。久しぶりに営業、一緒になるのか。

(土屋伸之)そうですね。横須賀です。

(塙宣之)楽しみ。ねえ。

(伊達みきお)そう。土曜日にラジオショーをやり始めたから。なかなか、それこそ早坂さんもね。

(富澤たけし)そうね。

(塙宣之)元々だって、早坂営業で仲良くなっていますもんね。

(伊達みきお)そうだね。一緒にいる時間が長いからね。

(塙宣之)それで土曜日と日曜日、ずっと一緒だったから。それで、ですよね。

(伊達みきお)うん、そう。

早坂営業で仲良くなった

(塙宣之)だから俺、2009年に結婚した時、サンドさんとか呼んでないですからね。今だったら絶対に呼ぶじゃないですか。

(伊達みきお)そうか!

(土屋伸之)ああ、結婚式に。そうか。サンドさん、いなかったか。

(伊達みきお)ああ、いなかった。

(塙宣之)だからその後っていうことですもんね。おそらく。2010年ぐらいじゃないですかね?

(土屋伸之)でもみんなで一緒にインジョンのスギさんの結婚式に行ったのは覚えてますね。なんとなく。

(伊達みきお)ああ、行った!

(富澤たけし)行った。

(伊達みきお)あれ、いつだろうな? それこそ2010年以降?

(塙宣之)サンドさん、やっぱり偉いのが結婚式とかめちゃくちゃ行きますもんね。

(伊達みきお)行ければ行けるようにはしているね。

(塙宣之)すごい行ってますよね。いろんな人の結婚式に。

(伊達みきお)行ってるかね? ああ、でも楽天イーグルスの浅村選手の結婚式は。あと、レイジさんも一緒に。富澤も一緒に行きましたよね。

(富澤たけし)早めに行ってもらえれば、なんとかスケジュールは。

(塙宣之)ああ、そうなんですね。じゃあ、一般の方のとかも行ってくれる?

(伊達みきお)なんで一般の方のに行かなきゃいけないんだよ?

(富澤たけし)でも、たまになんか来ない?

(伊達みきお)来る。依頼、なんか来ない?

(塙宣之)えっ? 「結婚式に来てください」って?

(伊達みきお)「すごく好きなんで。余興とかしなくていいんで、出席をしてくれませんか?」って。

(塙・土屋)フハハハハハハハハッ!

(富澤たけし)招待状が普通に来るのよ。

(土屋伸之)逆ですよ。普通、オファーは余興で来るんですよね。

(富澤たけし)だって事務所に招待状が届くんだから。「参加・不参加」みたいな。

(伊達みきお)「どっちも知らねえ名前だな?」みたいな。

(土屋伸之)本当に友人に来るやつだ(笑)。

(伊達みきお)「いや、さすがにごめんなさい」って。

(富澤たけし)手紙を読んだら普通に招待だったっていう。

(伊達みきお)一応、「おめでとうございます」っていう手紙は出しますけども。

(塙宣之)ビデオメッセージとかはやるじゃないですか。頼まれたら。

(伊達みきお)やるよ。やるやる。

結婚式のビデオメッセージ仕事

(塙宣之)すごいやるんですよ。僕らもちょっとそういう仕事みたいなのもあって。それでやるんで、たぶん人よりもものすごいやっているんですけども。そのビデオメッセージを頼んできた人は他人だってわかっていて頼んでるんですけど。だけど参加者の人たちは知り合いだって思い込んじゃうから。だからすっごい楽屋とかに急に来て「あの、この前の○○の。ありがとうございました」って(笑)。

(伊達・富澤)フハハハハハハハハッ!

(土屋伸之)「うちの子たちが……」って(笑)。

(塙宣之)「なんだ?」ってなって。「結婚式、やってくれて」なんて。よくありますよ(笑)。

(伊達みきお)だからちゃんと俺ら、言うようにしているよね。「まあ、ちょっと会ったことはないんですけども」って。そうしないとわからないから。関係性が。

(塙宣之)本当だ。だからたまにあるんですよ。なんか「知り合いの前提でやってくれ」って。だけど全然別に……「ダイスケがね、今回、結婚したということで」って(笑)。もう別にいいやって思って(笑)。

(伊達みきお)マジで?

(富澤たけし)「仲いいテイでやってくれ」って(笑)。

(土屋伸之)なんか意味、あるんすかね?(笑)。

(伊達みきお)あと写真を撮る時も「肩、組んでもらっていいですか?」って。初対面でさ。なんなの?

(富澤たけし)俺、断るけどね。

(伊達みきお)「いや、大丈夫です」って俺も言うけども。今のこのご時世、危ないじゃない? その人、初対面でどういう人かもわからないからさ。反社とか、そういう。

(塙宣之)そうか。何に使われるかもわからないしね。

(伊達みきお)何かで出たらさ。「すごく親しい関係性です」とか、言われがちだから。

(富澤たけし)「肩、組んでいいですか?」「ああ、嫌です」って言うよ(笑)。

(塙宣之)「嫌です」って言うんですね(笑)。好感度、さがんないんだよなー。

(土屋伸之)塙さんだけ、ずっと下げようとしてるんですけどね。サンドさんの好感度を。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ザ・ラジオショー
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました