スポンサーリンク

渡辺志保 bbno$ & Rich Brian『edamame』を語る

渡辺志保 bbno$ & Rich Brian『edamame』を語る MUSIC GARAGE:ROOM 101
スポンサーリンク

渡辺志保さんが2021年9月10日放送のbayfm『MUSIC GARAGE:ROOM 101』の中でbbno$ & Rich Brian『edamame』を紹介していました。

(渡辺志保)それでは、Spotifyのチャートから気になる楽曲を紹介していきましょう。グローバルチャート、USトップ50チャート、あとは日本のチャートにも食い込んでおります。今、SNSを中心に大ヒット中のこの曲をご紹介したいのですが。またもや、新たな刺客がTikTokからやってまいりました。しかもね、アーティスト名の読み方が全然わからなくて。私、読み方がわからないアーティストの名前を調べる時にはアーティスト名とスペースと「Pronunciation(発音)」っていう風に検索をするんですけども。

今から紹介するアーティストは「ベイビー・ノーマネー」というカナダ、バンクーバー出身のアーティストです。というのも、彼の名前なんですけども「bbno$」っていう風に表記するんですよね。最初はずっと「ビービーノス」かと思っていたんですけども。ベイビー・ノーマネーという読み方が正しいそうです。

で、彼が7月にリリースしました『edamame』という曲があって。これが今、非常にバイラルチャートを席巻しているんですよね。で、しかもフィーチャリングはリッチ・ブライアンというこれまた若手の注目ラッパーですが。リッチ・ブライアンさん、名前を聞いたことがある方、いますかね? インドネシアのジャカルタ出身のアーティストなんですけども。2015年だったかな? 『Dat $tick』というタイトルの曲が非常にこれまたYouTubeを中心に話題になりまして。

Rich Brianをフィーチャー

(渡辺志保)で、彼のラップスキルを結構ね、ゴーストフェイス・キラーとかが称賛するような動画とかも上がっていて。あとはファレル・ウィリアムスとインタビューをしたりとか。で、そのインドネシアのジャカルタ出身の若い男の子なんですけど、すごくすごく英語が流暢なんですよ。でも、それも12歳とか14歳の時にラップを通して英語を勉強したっていうことをそのファレル・ウィリアムスとのインタビューでも語っていまして。で、アメリカに拠点を置くアジア系のヒップホッププラットフォーム、88risingというのがありますけども。そこの花形メンバーとして今、活躍をしていますね。

で、つい最近、飛び込んできたニュースなんですけども。このリッチ・ブライアンがインドネシア出身のアーティストとしてははじめて、Spotify上での月間リスナー数が1000万人を超えたというニュースが入ってきまして。この『edamame』のヒットもあると思いますし。あと、つい最近、9月3日に公開となりましたマーベルの最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』。そのサウンドトラックにもこのリッチ・ブライアンが何曲か参加しております。

ちなみに、そのサントラの国内盤のライナーノーツを私、書きましたので。発売された暁には読んでいただきたいなと思うんですけども。そんなこんなでアジアから世界にめちゃめちゃ飛び出しているラッパーがいるんだなっていうこともお伝えしたかったですし。このベイビー・ノーマネーの『edamame』という曲が今、世界中で大ヒットしているということもお伝えしたいということです。

で、なんで枝豆なのか?っていう感じなんですけども。リリックの中で「俺は君を枝豆のようにポップできるよ(I’ma pop you like a pea, yeah, edamame)」っていうリリックがあって。「POP」っていうのは「盛り上げる」とかそういう意味がありますので。まるで枝豆がサヤからポンポンポンと飛び出すように、君のことを盛り上げられるよっていう感じなんですかね。はい。というわけで、フックの部分で「枝豆、枝豆」って言っていますので、耳をすませて聞いていただければと思います。bbno$ & Rich Brian『edamame』です。

bbno$ & Rich Brian『edamame』


<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MUSIC GARAGE:ROOM 101
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました