スポンサーリンク

町山智浩『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』を語る

町山智浩『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』を語る たまむすび
スポンサーリンク

町山智浩さんが2021年8月10日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中で映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』を紹介していました。

(町山智浩)で、もう1本もですね、悪役だと思ったらヒーローになっちゃった系なんですよ。それはね、『ザ・スーサイド・スクワッド』っていうタイトルの映画なんですね。これ、一作目もたしか『たまむすび』で紹介したと思うんですけども。

(赤江珠緒)はい。

町山智浩 『スーサイド・スクワッド』を語る
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でDCコミックスの悪役キャラクターたちが集結した映画『スーサイド・スクワッド』について話していました。 (赤江珠緒)そして今週の映画もアニメ絡みですもんね。 (町山智浩)あ...

(町山智浩)これは刑務所に入ってる悪人たちをその刑務所から釈放して。政府が彼らを雇って非常に危険な、その自殺的なミッション、自殺的な作戦に行かせるっていう話だったんですね。で、これがまたDCコミックスというスーパーマンとかバットマンの漫画のシリーズがあるんですが。それに出てくる悪役たちだけしか出てこない映画なんですよ。

(赤江珠緒)そうでした。ハーレイ・クインとか出てきますよね。

(町山智浩)そうです。バットマンの敵役のジョーカーの恋人のハーレイ・クインが出てきて、すごく大人気になって。彼女だけのシリーズが作られたりしてるんですけども。その続編なんですけども。今回はですね、前回のいろんな問題点を全部変えちゃって。非常に傑作になっているんですよ。というのは、前作の一番の問題というのはスーサイド・ミッションって言ってるのにあんまり死なないんですよ。その、まあ非常に危険なミッションに送られる悪人たちがね。でも、今回はバタバタ死にます。もう最初からどんどんどんどん死んでいくんですよ。だから、誰が生き残るのか、見ている方は全然わからないんですよ。

でね、もちろんハーレイ・クインちゃんだけはすでにスーパースターなので。彼女はなかなか死なないですけども。他の人たちはものすごく唐突に死んでいくんで、全然先が予測できない内容になっています。で、彼らがなんでこのミッションに行かされるのか。悪役なのになんでそんな正義の戦いをさせられるかというと、超小型爆弾。ものすごいちっちゃい爆弾を頭の中に注射されているからなんですよ。で、「その爆弾をリモコンで爆破する。だからお前ら、逆らったり逃げたりしたら死ぬからな」って言われて仕方なくやってるんですけども。

今回のこのスーサイド・スクワッドのリーダーはちょっと動機が違っていて。ブラッドスポートという名前の元スナイパーがリーダーなんですが。これ、イドリス・エルバさんっていう、いつもヒーロー役をやっている人ですね。で、彼がミッションに参加した理由っていうのは、政府に娘を人質に取られちゃっているんですよ。で、娘はちょっとした犯罪をしたんだけども、彼女を刑務所に入れちゃうから。「娘を刑務所に入れられたくなければ、このミッションに参加しろ」って言われて娘のために嫌々参加するお父さんなんですけども。

(町山智浩)で、ただミッションがすごくバカなミッションなんですよ。これね、中南米、カリブ海の島に軍事政権をやってる国があるんですね。で、その国に潜入して、ある研究施設を破壊するっていうミッションなんですけども。その研究施設にはスターロという名前の宇宙怪獣がいまして。

(赤江珠緒)えっ、宇宙怪獣?

(町山智浩)これがね、写真があると思いますけども。ヒトデ型の怪獣なんですよ。でっかいヒトデの真ん中に目がついているっていうね。これね、日本でも大映が大昔に『宇宙人東京に現わる』っていう映画を作ったことがあって。それがね、ヒトデの真ん中に目がついているやつだったんですよ。

(赤江珠緒)そうですね。ちょっと昭和の懐かしい感じがする……そういうことか。怪獣だ。

(町山智浩)そう。これね、DCコミックスに出てくるキャラクターなんですよ。本当にやっぱり昭和の頃に書かれた非常に古臭い怪獣なんですよね。

宇宙怪獣スターロ

(町山智浩)これがね、今どき出てくるっていうね。で、その怪獣を軍事政権が飼っていて。その怪獣が暴れだして世界を取ったりしないように破壊しろって言われるんですけども。このものすごくバカバカしいミッションで、どんどんこのスーサイド・スクワッドが命を落としていくところは本当に……本当に全員ね、本当に間抜けな死に方をするんですよ。これ、コメディなんですよ。

(山里亮太)まあ、でしょうね(笑)。

(町山智浩)まあ、コメディにしかなりようがないんだけども(笑)。本当にね、こんな死に方ないだろうっていうぐらいね、バカバカしい死に方でどんどんと人が死んでいくんですよ。ひどい内容ですけどね。で、この悪役たちもひどい人たちでね。ヤカンをかぶったみたいなダサいヘルメットのピースメイカーっていうのが出てくるんですね。これ、ピースメイカーっていうから「平和の使者」っていう名前なんですけど、バンバン人を殺すので。「なんでお前がピースメイカーなんだ?」って聞くと「俺が平和になるために邪魔なやつを殺すのさ」って言うんですよ。

(山里亮太)一番ヤバいやつだ(笑)。

(町山智浩)一番ヤバいやつなんですけども。

(町山智浩)で、ハーレイ・クインはいつもの通りで。ハーレイ・クインって全く空気を読めないキャラクターなんですよね。で、ものすごい戦闘中でも全然関係ない話をして。話の腰を折るっていう人なんですけど、今回も折りまくっていて。盛り上がるところでずっこけさせるんですよ。あと、シルヴェスター・スタローンが声をやっているキャラクターが出てくるんですけども、それがキング・シャークっていうサメなんですよ。

(赤江珠緒)いやいや、これ、おかしくないですか? このサメ(笑)。

(町山智浩)おかしいですよ。サメがジーパンを履いているんですけども。で、なんでサメが死刑囚になって刑務所にいたのか、よくわからないんですけども(笑)。

(山里亮太)サメが人間の法に従って捕まって(笑)。

(赤江珠緒)本当ですね(笑)。

(町山智浩)もうよくわからないんですけども。

(町山智浩)あとね、これはないだろう?っていう敵が出てきて。ポルカドット・マンっていうんです。ポルカドットって水玉のことなんですよ。で、赤や黄色や青の水玉が体中についている男なんですね。で、ものすごく気が弱いんですよ。ダサい服を着て。で、子供の頃に母親に虐待されてたっていうんで、うじうじした男なんですけども。こいつがね、一番強いんですよ。これが一番強くて。母親に対する憎しみ思い出すと、ものすごい暴走して大虐殺をするんですよ。とんでもないんですけど。

(町山智浩)それでとにかくね、血がすっごい出る映画なんですよ。首が飛んだり、もうグチャグチャなんですけども。もうあんまりにも血が出るから、途中で申し訳ないと思ったのか、血の代わりに花びらが舞うようになっています。

(赤江珠緒)アハハハハハハハハッ! 途中から、ええっ?

(町山智浩)途中から花がファーッと舞ってきれいなんですよ。なんなんだ?って思うんですけども。そういうね、非常に雑でいい加減で楽しい映画なんですが。これね、監督がジェームズ・ガンっていう人なんです。この人はあのマーベルの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』っていうシリーズで大ヒットを飛ばした監督なんですね。宇宙を駆け巡る正義の味方たちの話なんですけども。ところが彼、そのマーベルをクビになっちゃったんですよ。この人は元々すごく、なんというかキツいジョークを言う人で。Twitterですごく言っちゃいけないジョークを昔、言っていたんですね。

ジェームズ・ガン監督

(町山智浩)で、このジェームズ・ガンはすごくトランプ大統領は嫌いだったので、トランプ批判をTwitterでしてたら、トランプ信者の1人がその彼の昔の非常によくないジョークのツイートをほじくり出してきて。「こいつはトランプを批判してるけど、こんなことを言ってたやつだ!」って晒しちゃったんですよ。そしたらマーベルって経営母体がディズニーなんで。「これはヤバい」ということで、このジェームズ・ガンをクビにしちゃったんです。

そうしたら、そのマーベルのライバルであるDCコミックのDCシリーズが「じゃあ、そっちをクビになったんだったらうちで……そっちで正義の味方を作っていてダメになったら、うちで悪人たちの話を作ってね」っていうことで『スーサイド・スクワッド』の監督をさせたんですよ。だから彼自身もスーサイド・スクワッドなんですよ。監督も(笑)。監督自身が悪役として追放された人なんですよ。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)そう。だからそういう点では本気で作ってますよね。だからこれは非常に「Twitterは気をつけた方がいい」っていう話ですね。

(山里亮太)教訓が。

(町山智浩)いろいろと教訓があるわけですけども。まあ、とにかくめちゃくちゃな映画で。本当に笑っていいのか、よくないのか、よく分からないというね。ジェームズ・ガンのまあTwitterで問題になったようなセンスが爆裂してる映画でしたね。

『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』予告

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たまむすび
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました