スポンサーリンク

星野源 小坂忠『機関車』を語る

星野源 小坂忠『機関車』を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

星野源さんが2021年6月8日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』で「聞いてほしいラブソング」を選曲。小坂忠『機関車』を紹介していました。

(星野源)じゃあ次。小坂忠っていう人が僕、高校生の時にすごく好きで。この『機関車』っていう曲は細野さんがベースを弾いていたりとか。ティン・パン・アレーの人たちがやったりもするんだけど。このアルバム、『しらけちまうぜ』っていう曲はいろんなところでかかっていたりはするんだけども。なんかこの曲、僕は一番このアルバムでメイン曲なんだけども。あんまり推している人が見たことがなくて。でも僕はすごく好きで。

(米津玄師)うんうん。

(星野源)なんて言うんだろうな? 情熱的というか。僕は高校生の時にこれをずっと歌っていて。ギターで弾きながら。なんか、「いつかこういう恋愛をするのだろうか」と思いながら……こういう感じのはなかったんですけど(笑)。なんか全然違う、ないんだけども。でもなんか、とても熱い曲で。ちょっと聞いてみてください。小坂忠『機関車』。

小坂忠『機関車』

(米津玄師)いやー、いいですね!

(星野源)最高だよね?

(米津玄師)すげえ、なんか弾き語りしたいっすね。弾き語りしたら、すごい気持ちよさそう。

(星野源)すごい気持ちいい。ギターで歌うと。2番の「愛しているんだ」のところとか、「うおーっ!」ってなる。

(米津玄師)なんかすげえ、ベロベロで弾き語りしたい(笑)。

(星野源)お酒飲んでね(笑)。いいよね。このソウルを日本人がやっていると思うと、ちょっと胸が熱いなって。

(米津玄師)すごい。知らなかったです。

(星野源)50年前の曲なんですけど。大好きな曲です。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました