スポンサーリンク

山崎怜奈と佐久間宣行「腹黒さの出し方」を語る

佐久間宣行と山崎怜奈 ラジオを語る山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
スポンサーリンク

佐久間宣行さんが2021年4月22日放送のTOKYOFM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』に出演。山崎怜奈さんの「腹黒さの出し方がわからない」というお悩みについて話していました。

(山崎怜奈)あとはですね、私も気になってるところなんですけども。「これだけは負けないな」っていう強みがキャラクターになったりするじゃないですか。でも「好きなものが見つからない」みたいな相談も結構、番組にも来るんですね。どうしたらいいですか?

(佐久間宣行)好きなものが見つからない時は、本当に人から勧められたことをどんどんやってみるのがいいと思いますけどね。

(山崎怜奈)「数撃ちゃ当たる」じゃないですけども。手数を打っている人ってやっぱり強いですもんね。

(佐久間宣行)あとね、好きなものが見つからない間に打席に立ってた人と、家の中にずっといた人だと、最終的に話せるエピソードとか、経験値が全然変わってくるから。僕は本当に20代は結構フロアディレクターみたいな、それはやりたい仕事じゃなかったけど。見つかるまでは、たくさんやりました。そういうのを。

(山崎怜奈)たしかに。なんかチャンスが落ちてきたとしても、それを受け取れる態勢が取れているか、取れていないかで全然変わってきますもんね。

(佐久間宣行)それはあると思います。あと、なんかチャンスがある時に、ちょっとしたちっちゃい仕事をちゃんとやっていたかどうかで、「まあ、でもあいつ、ちゃんとやるから任せるか」と思われるかどうかで違うから。

(山崎怜奈)そうか。プラスアルファが過去の自分の行いでついてくる?

(佐久間宣行)そうそうそうそう。それはね、絶対にそうなんですよね。

(山崎怜奈)いやー、ちょっと、ちゃんとやろうと思いました。

(佐久間宣行)ちゃんとやってますよ。山崎さん。昨日の『TOKYO SPEAKEASY』も聞きましたよ。前田裕二とあんなにしっかりビジネス論を戦わせることができるアイドル、いないからね?(笑)。マジで。坂上みきがしゃべっているのかと思ったよ(笑)。

(山崎怜奈)これ、ちょっと時間が延びちゃうんですけど、1個質問をしたいのが……秋元さんにこれ、マジな話で。スタッフさん経由で「山崎はいい子すぎる」って言われているんですね。で、坂上みきさんにも「山崎さんは腹の奥の黒いところがもう透けて見えているんだから。早くそれを出した方がいい」って言われていて(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! ああ、坂上みきさんぐらいのすごい人になると、もうスコープみたいなのでわかるのね?(笑)。腹の中の黒いところが(笑)。

(山崎怜奈)そう(笑)。「黒いところが透けて見えてるから、早く出せ」って言われているんです。でも、その出し方がわからないんです。どうしたらいいですか?

腹の黒さの出し方がわからない

(佐久間宣行)そうだよね。自分のイメージと、やっていきたいことと、あと自分の中にあるコンプレックスとか黒いものを面白く出さないと。ただ、最初は……でも、それはたぶん、まず面白くなくてもいい場所で1回、出すんじゃないですか? たとえばブログとか。その、面白くなくてもいい場所でその原液を出しておいて。で、その原液がどう、世の中の人にちょうど良いバランスで出せるかどうかっていうのは、試行錯誤していくしかないから。いきなりメジャーの場所でそれを出すわけにもいかないからね。

(山崎怜奈)炎上しますからね(笑)。

(佐久間宣行)そうそう(笑)。

(山崎怜奈)怖い怖い。いやー、なるほど。何回か、何回か別の場所でトライしてみて、自分の経験則として、その調整をしていくっていうことですかね?

(佐久間宣行)あとは、「このキャッチャーだったら何を投げても大丈夫」っていう人がいる場所で思い切って出しちゃえばいいんですよ。そのチャンスが巡ってきた時に。たとえばだけど、麒麟川島さんとか。そういう人のゲストに呼ばれたりする時に、「この人だったら何でも笑いにしちゃうな」っていう人がたまにいるじゃない? その人のところでゴロっと出してみて。ならなかったらしょうがないんだけど。でも大抵、そういう人はそれの面白い料理の仕方をしてくれるから。

(山崎怜奈)佐久間さんがやっていらっしゃる『あちこちオードリー』の若林さんとかもそうですよね。

(佐久間宣行)そうそうそう。

(山崎怜奈)なんでも料理して。

(佐久間宣行)若林くんとかはどんな人でも料理してくれるから。そういう人の打席というか、そういう人のところに出会える時に、物怖じしないでやってみるっていうことが一番最初だと思いますよ。

チャンスがあれば、物怖じせずにやってみる

(山崎怜奈)わかりました。じゃあ、物怖じをせずに。自然体でいつつ、そういう時にちょっと、スコープで透けているところを……(笑)。

(佐久間宣行)そう。最低限、番組が必要なことだけはクリアした上で「カットされてもいいや」っていう場所で、「ちょっとこれはわかんないですけど……」って言って出してみるっていうね(笑)。

(山崎怜奈)フフフ、シレッと(笑)。

(佐久間宣行)テクニック論で言うとね(笑)。最初から出すと、丸カットされるかもしれないから。

(山崎怜奈)そうですね。わかりました。じゃあ、ちょっと物怖じせずにやってみます。

(佐久間宣行)そうですね。絶対に料理してくれる人はいますよ。

(山崎怜奈)いつか、テレビの方でもお仕事をご一緒できるように頑張ります。

(佐久間宣行)ああ、とんでもない。そうですね。テレビで仕事する前にラジオで話すっていう(笑)。

(山崎怜奈)ラジオパーソナリティーとして尊敬しているので。いつか、テレビでもお願いします。

(佐久間宣行)はい(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました