スポンサーリンク

平成ノブシコブシ・吉村 芸能界天下取りのライバルを語る

平成ノブシコブシ・吉村 芸能界天下取りのライバルを語る 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

平成ノブシコブシの吉村さん、徳井さんが2021年2月17日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』に出演。吉村さんが自身の夢である芸能界天下取りにおいて将来ぶつかることになりそうな人について話していました。

(吉村崇)今、この第7世代が隆盛の中でそこに目を付けるテレビディレクターさん、あんまりいないでしょう? 向井・太田って……(笑)。

(佐久間宣行)向井と太田が面白いなって(笑)。

(吉村崇)なかなか出てこないですよ、今(笑)。

(佐久間宣行)だから、吉村が今後、どうなっていくか?っていうのも楽しみよ。

(吉村崇)いやー、どうなんですかね? なんかその、佐久間さんとかのジャッジには入ってないような気がして。だから怖さはありますよ。毎回ゴッドタンに行って……俺は初めてなんですよ。あんなアウェーなことないんですから。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)こんな明るくてご陽気な人間が……。

(佐久間宣行)どの現場でも「吉村くんがいてくれると……」っていう仕事だもんね?

(吉村崇)まあ、そこまででもないですけども。でも明るく振る舞えるのに、あそこだけ何も通用しないんだよな。あそこは徳井が正義なんですよ。

(佐久間宣行)「徳井の方が面白い」って思っている現場、あんまないよな(笑)。

(徳井健太)おいおい!

(吉村崇)はっきり言われますから。あんなねじれバラエティ、俺は経験したことがないですよ!

(徳井健太)やっぱり劇ピン(劇団ひとり)がいるからなー。劇ピンがいると、もう全然違いますからね。

(吉村崇)本当にそうよ。だから怖いですよ。

(佐久間宣行)現場に行くのが?

(吉村崇)現場に行くのもあれですし。何人かいるじゃないですか。ディレクターさんでもスカウターを持っている人。お笑い数値が見える人、いるじゃないですか。「俺も測られているんだな」っていう感じがあって。ちょっとやっぱり恐怖はありますよね。

(佐久間宣行)なんて言ったらいいんだろう? その……うーん。変な話なんだけど吉村くんはめちゃくちゃ……俺、お正月に「あけましておめでとう」の電話をかけてきてくれる人で言うと、スピードワゴンの小沢さんと吉村くんだけが15年、かけてきてくれているのよ。

(吉村崇)フハハハハハハハハッ!

(徳井健太)すごいっすねー。

(佐久間宣行)そういうフレンドリーさをちゃんと盾にした腹を見せないっていうのがやっぱりあるじゃない?

(徳井健太)おおーっ。

(佐久間宣行)なんて言ったらいいの? だから、前に若林くんが言ってたけど。「本当はちゃんと天下を取ろうと思ってる人なんだ」っていう風に吉村くんのことを言っていたじゃない?

(徳井健太)そうなんですよね。うん。

「ちゃんと天下を取ろうと思ってる人」

(佐久間宣行)たぶん第6世代より上の人たちが40になってから「あっ、これちょっと……」って。第7とか6.5とかがあって。最近、生き残っていくことにちょっと意識的になっていると思うのね。やっぱりみんな、それぞれの……田中とかオードリーとかももう1回、ギアを入れ直している時期だと思うんだけども。それに先立って数年前から吉村くんはもうをそれやっていると思うんだよね。

(吉村崇)ギアを?

(佐久間宣行)「ギアを」っていうか、「仲良しこよしじゃないぞ!」っていう気持ちが吉村くんにはあると思っているから。

(吉村崇)なるほど(笑)。

(佐久間宣行)だから逆に言うと、ゴッドタンとかって気づいていないようなところを引っ張るじゃん? 「実は腐っているんじゃないの?」とか。その「実は」がもう虎視眈々と隠し持ってる感じがしたから。「これは引っ張らない方がいいかな」と思って呼んでいないみたいな。それを出しても吉村くんの邪魔になる気がして。要は、天下を取ろうとしているっていうことを若林くんがいじったからいいけども。それまでは「こいつ、天下を取ろうと思っているんですよ」って引っ張り出すのはちょっと違うなって……。

(吉村崇)めちゃくちゃ恥ずかしいじゃないですか(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(徳井健太)だから霜降りと同じってことですね?

(佐久間宣行)そうそう。そういうこと。

(徳井健太)普通にちゃんと売れようとしてる人をわざわざいじってもしょうがないっていう。

(佐久間宣行)そうそう。それに近い。やっぱりゴッドタンってキャラをひっくり返すから。キャラをひっくり返されたくない人にとっては邪魔になのよ。だから、三四郎にとって幸せだったかどうか、俺は分からないわけね。

(徳井健太)でも、ゴッドタンがなかったら三四郎、売れてないですからね。

(佐久間宣行)三四郎もそう言ってくれているからいいけども。だから、三四郎みたいないじり方をした方がいいのかなと思っていたゆにばーすは、川瀬が「嫌だ」って言ったから呼んでいないわけよ。要は、「ボケツッコミが逆になっちゃって、漫才がウケなくなるから嫌だ」って川瀬からはっきり言われたの。だから、その時に話し合ったの。収録の後にね。

でも俺は「ボケツッコミがどっちも、いろんな風に逆転していくのが面白いんじゃないの? 芸人は。それでいろんな花の開き方をするのも面白いんじゃない?」と思ったんだけど。でもやっぱりネタの方が大事な人たちだったから。それは「じゃあ……」っていうのもあるわけよ。だからEXITも最初はどっちがいいのかな?って思ってたわけ。「実は真面目」っていういじりを劇団ひとりが結構早めにしたから。「これ、よかったのかな?」とか思いつつ。「どっちかな?」とかって思ったんだけど。

(吉村崇)でも、今となって真面目な部分も……。

(佐久間宣行)そこもよくなっていて。で、同じ。さっきの話に戻るけど。正面で売れようとしてる人はひっくり返す必要がないじゃん?

(吉村崇)ちょっと待ってくださいよ。恥ずかしすぎますよ。「正面で売れようと」って(笑)。

(佐久間宣行)それが、悩んでいる芸人さんはひっくり返した方がいいんだけども。で、「吉村は正面で売れようとしてるから、邪魔しない方がいいかな?」っていうので俺の番組では呼んでいないことが多かったっていう。

(吉村崇)なるほど。はー! いや、こっ恥ずかしいですね。

(佐久間宣行)でも正面で売れようとしているでしょう? だって。

(吉村崇)うーん、まあ、あんまりなかなか言わないですけども。まあ、「天下」っていうのは取ってみたいですね(笑)。

(佐久間・徳井)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)やっぱりそれで18歳の時に出てきたので。でも、何が天下なのかはわかりませんけどね。もう、もはや。

有吉弘行、千鳥の「天下」

(佐久間宣行)そうだよね。わかりやすい天下じゃないけど今、現状で言うとやっぱり有吉さんとか千鳥さんとかが芸能界の芸人がやる仕事の五角形で言うと「面白い」もやってるし。全部やっているっていうことで。その2組が特にそうだよね。まあ、もっと上のレジェンドな人は別だけども。

(吉村崇)だから、そこに行けるかどうかっていうのは分かりませんけど。ちょっとやっぱり目指してみたいですね。敗れてもいいから。

(佐久間宣行)「敗れてもいいから」(笑)。

(吉村崇)やっぱり進んでみたい。

(徳井健太)でも「敗れてもいいから」とは本当は思ってないでしょう?

(吉村崇)思ってないよ。

(徳井健太)どっちなんだよ!(笑)。

(吉村崇)いや、思ってないけど……「敗れるかもしれない」って言って行かないのは嫌だなっていう。

(佐久間宣行)ということはさ、別に誰かが潰れるとかっていう世の中じゃないけども。「どこかであいつとは戦わなきゃいけない」みたいなのはあるの?

(吉村崇)ああー、なるほど。

(佐久間宣行)「ぶつかっていくだろうな」っていうか。要はポジションを争っていくだろうなっていうのは……?

(吉村崇)これ、徳井にコソッと言ったんですけど、関ジャニの村上さんとはどこかでぶつかる……。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(徳井健太)俺、でもこれを聞いた時に「わかってるな」ってすげえ思いましたね。

関ジャニ・村上さんとぶつかる

(佐久間宣行)俺もね、今、思った。俺は勝手にね、若林くんとか澤部とかね。そこをライバル視しているのかなって思っていて。でも「それだったらつまらないな」って思って待っていたの。うん。その球を投げてくるのかなって思ったら、やっぱり「村上さん」っていうのを投げてくるって……わかっているね!(笑)。

(徳井健太)こう見えて、ちゃんと客観的に見ているんだって俺も思いましたよ。「村上くん、なるほどね!」って。

(吉村崇)「似てるな!」って思いながら(笑)。

(佐久間宣行)要は、スタジオの熱も作ることができるし。人にハマるのも上手いし。

(徳井健太)ただ、ジャニーズなんだよな。ジャニーズと吉本という違いのまま、相撲をしようとしてるってことだよね?

(吉村崇)そうね。そこはあるけども……向こうは気づいてないけど。俺は一緒になる時、「いつか、ぶつかるな」って思っているよ?

(佐久間・徳井)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)そう思いながらやっていますね。

(佐久間宣行)なるほどね。空いてるスペースを見つけるのか、同じ場所を見つけるのか……(笑)。

(吉村崇)同じ場所なんですよ。「あっ、入ってきた。俺が入る予定だったのに!」って思って。そのへんが似てるなって思いますね。

(徳井健太)絶妙だと思うな。それは。すごいと思うよ。

(佐久間宣行)だからその、本当に戦うとかじゃなくて、そういう仕事をやっていくんだったら、そこの天下のところには村上くんもいるなっていう風に思うということね。

(吉村崇)そうですね。「同じ道」というわけじゃないですけど。なんとなく、その目指す方向が似ているのかな?って。バラエティに関して言えばですよ。

(徳井健太)潤滑油的な役割をやるということよね。

(吉村崇)それで上へもちゃんとやりますし。

(佐久間宣行)面白いなー。昔、アンジャッシュの渡部さんが、ああいう事件がある前にゴッドタンに来た時、そんな話をしていて。「芸人さんのライバルとか、何ですか?」って言ったら「そうですね。僕の仕事、だいたい安住さんか羽鳥さんがやってるんですよ」って言っていて。それも面白かった。そういう話をしていて。「ああ、そうか」って。

(徳井健太)アナウンサー。

(佐久間宣行)アナウンサーっていう。だから渡部さんは「アナウンサーだ」って言っていたよ(笑)。

(徳井健太)でも、自分でちゃんとそういう風に思っているってことなんですね。「芸人」っていう仕事よりは、そっちの方をやってるなっていう自覚があったっていう。

(佐久間宣行)自覚があったっていうことよ。

(吉村崇)そうか。じゃあ、それに近い感じかもしれないですね。

(佐久間宣行)なるほどね。

(吉村崇)「芸人がライバル」とはあんまり思わないですね。もう。

(佐久間宣行)でも司会をやっている芸人さんはたくさんいるじゃない?

(吉村崇)いますね。でも、やっぱりちょっと違いますよね。なんか芯を食ったお笑いをやってますよね、みんな(笑)。

(佐久間・徳井)フハハハハハハハハッ!

(吉村崇)「すげえな」って思って(笑)。

(佐久間宣行)「芯を食ったお笑いをやってますよね」って(笑)。

(徳井健太)「俺はやれていない」っていう(笑)。

(吉村崇)そう。すげえなって思いますよね(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました