スポンサーリンク
スポンサーリンク

いとうせいこう 中井りかを語る

いとうせいこう 中井りかを語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いとうせいこうさんが2020年7月7日放送のSHOWROOM『豪の部屋』に出演。吉田豪さんと中井りかさんについて話していました。

(吉田豪)そして、もう1個聞きたいのが一緒に番組をやっていた中井りかさんについてはどうですか?

(いとうせいこう)フフフ(笑)。あいつはまあ、僕は「子ザル」って呼んでるけど。あいつ、うーん。食えないやつなんだよね。なんかわかんないけど。それで、うーん。まあ、不良っちゃあ不良なんだけど。なんかわかりやすい不良じゃないんだよね。あの人の場合は。で、すごく心に面白い闇を抱えていて。まあ他人からしてみたら「面白い」だけど。本人からしてみたらすごい生きづらいと思うんだけど。

でも、他の人の闇と違う色の闇を持っていて。なかなか中にはノックしても入れてくんなかったけど、何度かそういう場面はロケ中にあって。それでまあ、「別にお前はお前でいいんだから」っていう話は何度かはしましたね。それで、本当にロケバスの中とかでも靴とか靴下とかすぐ脱いで。もうなんか……本当に子ザルね。もう比喩じゃなくて。本当にロケバスの中に子ザルが1匹いる感じがものすごくあった。だから全然でも、番組が終わってからは連絡はしてないけども。

でももちろんLINEとかはね、生きてるはずだから。何かあったら言ってくるだろうみたいに。まあ親心っていうより、なんだろうな? だから、やっぱり飼育員? 「これ以上はエサをやらないでくださいよ」って言う係みたいな、そういう気持ちはあるね。

子ザルと飼育員のような関係

(吉田豪)前身番組のリリーさんと指原さんみたいな信頼関係とはまた別の番組だなと思って見ていましたよ。

(いとうせいこう)全然違うと思いますよ。だってそんな指原さんみたいにちゃんとしゃべれるようなやつでもないし。何度言っても敬語が使えないし(笑)。

(吉田豪)指原さん、ちゃんとしてますからね。本当にね。

(いとうせいこう)そうでしょう? 社会性があるじゃないですか。

(吉田豪)あんなに寝てないはずなのに、ロケバスの中でもずっと僕らとの会話に付き合ったりとか。

(いとうせいこう)ああ、本当、偉いよね。そんなこと、子ザルはひとつもないもの。もう先に寝ちゃう。で、よだれ垂らしてるっていう。

(吉田豪)子ザルだ。

(いとうせいこう)そう子ザルなの。でも本当に、ああいう……でもたまにね、すごく大物になるアイドルっていて。まあだいたい不良だよね。だからそういう意味でもちょっと、あいつがどういうタイプの不良なのか?っていうことを僕は見てますけど。

(吉田豪)あの危なっかしさが魅力でもあるんですけどね。ただ、その危なっかしさが本当にマイナスの方に行っちゃう可能性も(笑)。本当にハラハラするっていう。

(いとうせいこう)大いにあるよ。大いにある。だから秋元さんはあいつのどこを気に入って多用しているのか……まあ、多用しすぎちゃってあいつがもう疲弊しちゃってるぐらいね、番組で使い過ぎてるから。それはやっぱり子ザルは元気だけど、さすがに体力がなくなるとスイッチも効かなくなるじゃないですか。だからもうちょっとあいつをピッチャーとして登板させるとしたら、少し……2日休んで3日とか。中2日南じゃないかな? あいつは。

(吉田豪)そうですね。ちょっと連投し過ぎた(笑)。

連投させすぎはキツい

(いとうせいこう)連投すると、あいつは器用じゃないから。そんな器用に上手にできる子じゃないでしょう? そうすると、かわいそうだよね。自分の失敗には自分で落ち込むだろから。かならず、100パーセントの状態でわけのわからないことをあいつにはやってほしいな。

(吉田豪)さすがですね。的確な人物評が(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました