スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ YANATAKE TKda黒ぶち『Get Down feat.ELIONE,Zeebra』を語る

DJ YANATAKE TKda黒ぶち『Get Down feat.ELIONE,Zeebra』を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ YANATAKEさんが2020年3月30日放送のblock.fm『INSIDE OUT』の中でTKda黒ぶち『Get Down feat.ELIONE,Zeebra』を紹介。MV制作の舞台裏などを話していました。

(DJ YANATAKE)続きましてなんですけども。TKda黒ぶち。ついさっきまで僕、他の番組で一緒だったんですけども。彼もアルバムが出たらこの番組に来てもらおうと思っているんですが。突然……僕、毎週会っているのに突然、先週末にニューシングルがドロップされました。まあ、こういう曲を作っているっていうことは聞いていたんですけども。前回? 前々回かな? そのアルバムでも『Dream』っていう曲でビートを作ってもらっていたMUROくんがプロデュースしております。

で、やっぱりね、TKda黒ぶちは憧れというか、MUROくんを聞いて育った男ですから。TKがMUROくんにビートをプロデュースしてもらうように最初、少しだけお手伝いすることもできたんですけども。二作目ということで。これ、どんな出来になるかすごく楽しみにしていたんですけども。TKda黒ぶちの親友でELIONEという男もいまして。ONEたちもそろそろ新作ができるっぽいんで、そしたら『INSIDE OUT』にも呼びたいんですけども。

そして、ここになんとZEEBRA THE DADDYも参加ということで。単純に往年のヒップホップファンとしてもMUROくんのビートの上でZEEBRAくんがラップするだけっていうのでも相当に胸アツなんじゃないでしょうか。というのもありますし、今日Twitterでも言っていたんですが「コロナウイルスと戦う日本語ラップを紹介します」っていうことなんですけども。これ、曲、ZEEBRAくんがなかなかスケジュールを取れなかったのが取れたということで。曲ができたその打ち上げの会の時にちょうど小池都知事が先週末時点での「週末は外出を自粛してください」っていう会見があった。

小池都知事の自粛要請を受けてMV制作

それで、ちょっと「もうそういう状態になってしまったら、逆にこれを逆手にとったものをなにか作れないか?」っていう案がその打ち上げの会で出たそうなんですね。で、曲を録って、その日の夜の打ち上げの時に「今からミュージックビデオを撮れる監督を探そう」っていうことになって、白羽の矢が立ったのがZEEBRAくんの親友の薗田賢次監督ですね。映画『凶気の桜』の監督の薗田賢次さんが急に、次の日の撮影スケジュールに応じてくれて。

その参加メンバーの3人プラスMUROくん。そしてスクラッチを入れているワタライくん。さらにそれぞれの友達たち……JP THE WAVYとかね、JUMBO MAATCHさんとかERONEとか。みんなカメオ出演も自分のiPhoneで撮ったデータを送り合ったりとかして。もう3、4日で曲のレコーディングからビデオの完成まで行ったということです。で、そのテーマとなったのが今、コロナウイルスで自粛している状態で。「でも自粛をしながら、お家にいながらでも音楽は楽しめるよ」っていうメッセージが詰まったミュージックビデオを公開してくれました。なので、そのスピード感で作られたっていうのも面白かったですし。この曲、本当に応援していきたいなって思っています。

インストを公開

そして今、この後ろでも流していますけども。インストゥルメンタルをつい先ほど、TKda黒ぶちが公開しまして。みんなもね、たとえばラッパーだったらリミックスして使ってくれてもいいし。MCバトルのバトルビートで使ってもいいっていうことかな。ダンサーだったらこれで踊るダンス動画のビートとして使ってくれてもいいし。とにかくね、たとえばそれって家でできたりとかもしますので。「#GetDownチャレンジ」っていうのを始めようということで。TKda黒ぶちが用意してくれたので、そちらもぜひ皆さん、チャレンジしてくれたら嬉しいなと思います。

そしてミュージックビデオも本当に面白い出来になっているので、ぜひ皆さん、見てみてください。じゃあ、TKda黒ぶち『Get Down feat.ELIONE,Zeebra』。プロデュースはMURO。スクラッチはDJ WATARAI。曲を聞く前にメッセージもいただいてきたので、そちらも聞いてください。

(TKda黒ぶち)こんばんは。TKda黒ぶちです。このたび、新曲のMVが先週の土曜日に出ました。『Get Down feat.ELIONE,Zeebra』。プロデュースはMURO。スクラッチはDJ WATARAI。そしてMVを撮ってくれたのは薗田賢次監督です。こちらが出たんですけども。コロナの自粛が発表された水曜日。その発表を受けて「自宅でもどこにいても楽しめるぜ!」っていう意図をこめてMVを撮らせていただきました。

インストも開放されたりしているので、「#GetDownチャレンジ」。これ、ラッパーの人だったらラップしてくれたり、ダンサーの方だったら踊ってくれたり。他の方だったら「家で楽しんでる!」っていう感じの映像を撮ってUPしてくれたら嬉しい限りです。ということで、『Get Down』。よかったらチェックしてください!

(ELIONE)Yeah, 『INSIDE OUT』、ELIONE。DJ YANATAKE、BIG RESPECT! みんな、楽しんでくれよ。『Get Down』!

TKda黒ぶち『Get Down feat.ELIONE,Zeebra』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
INSIDE OUT
miyearnzzlaboをフォローする
スポンサーリンク



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました