スポンサーリンク

東野幸治と佐久間宣行『あちこちオードリー』を語る

東野幸治と佐久間宣行『あちこちオードリー』を語る ニッポン放送
スポンサーリンク

東野幸治さんが2020年2月20日放送のニッポン放送『佐久間宣行の東京ドリームエンターテイメント』に出演。佐久間宣行さんと『あちこちオードリー』などについて話していました。

(佐久間宣行)でもそんな、東野さんがラジオをやりたいって言ったら、いろんな人がオファーしますよね?

(東野幸治)いや、そんなことはないんですよ。本当にもう。だから、一生懸命テレビの仕事を粛々とやってるし、頑張ってるし。佐久間さんから仕事が来たらもうホイホイ、もう佐久間さんの肛門をなめるように。もうペロペロ、なんやったらテレビ東京の見たことない『あちこちオードリー』っていう番組でもペロペロと。

『あちこちオードリー』で本音を話しすぎる

(佐久間宣行)フフフ、『あちこちオードリー』で東野さんが本音を話しすぎたんですよ。「俺が特番に行くのは加地さんだとか、要はモンスタークラスのディレクターに会うために旅をしているようなもんなんだ。特番は。でも、出会うのがスライムばっかりだ」って言っていて(笑)。

(東野幸治)いやいや、やっぱりそのナインティナインと片岡飛鳥の出会いみたいなの、かっこいいじゃないですか。衝撃的な。本当に奇跡の出会いみたいなのを求めていくけど、奇跡ってまあないですね(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(東野幸治)まあ、ないですね、本当に。デタラメな人ばっかりですけど。「まあ、これはしょうがないな」と思って一生懸命粛々とやっているという。それでなんとなく、『あちこちオードリー』ってスタジオでもないし。なんかどっかの東京のカフェみたいなところをオープン前に間借りしたようなところでやっているから。別にカメラも映っているような感じでもないんで。だから自由にしゃべるし、別に編集するのはそちらやから自由にどうぞみたいな感じだから。やけにそれが年末、ネットニュースになっていて。「あれ? なんでこんなになってるんやろう?」って思って。なんか、ああいう風にしたからあれから特番の仕事とか行くの、嫌なんですよ。考えすぎかもわかりませんけども。

(佐久間宣行)フフフ、言っちゃったからね。

(東野幸治)言いましたから。本当に「こういうやつはアカン」とか「デタラメなやつが多い」とか「ほとんど才能ない」とか(笑)。いや、ホンマに好き勝手言うて。だから申し訳ないなっていうか、なんかどうしたもんかなとか思いながらも。

東野幸治に感銘を受けたオードリー若林

(佐久間宣行)でも若林くんはあの東野さんの収録回、いたく感銘を受けたみたいで。東野さんが帰った後も「いやー、今日はすごかった。俺の芸人人生でデカいかもしれない」って言っていましたよ。

(東野幸治)ああ、そうですか?

(佐久間宣行)やっぱり東野さんが「俺はもうテレビで夢なんか持たない」って(笑)。

(東野幸治)フハハハハハハハハッ! それはもう無理でしょう? 52歳のロートルの、たとえも全部30年前の話。誰が笑うんですか? 30年前の話とか!(笑)。

(佐久間宣行)「俺は演者じゃない。俺はたまたまテレビに出てるフロアディレクターだ」っていう(笑)。

(東野幸治)そうなんですよ。「スタッフがこれを聞いたらたぶん喜んでくれるだろうな」とか。渦中の人物が来て、遠回しにその渦中の問題とかゴシップを聞いたら、スタッフが後でよしよししてくれると思って一生懸命頑張ってるだけで。

(佐久間宣行)別に本当はもう今はゴシップに興味がないんですよね?

(東野幸治)ゴシップなんかどうでもいいんですよ! もうそんなもん、誰が不倫しようが何をしようが。

(佐久間宣行)フフフ、もう興味ないですもんね?

(東野幸治)もう全く興味ないです。ただ唯一言えるのが、最近街を歩いていたら僕のことを「東出さん」って言うのはやめてください。ごっちゃになってますから。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(東野幸治)あと興味あるのは明日、恐らくあるという噂の中居さんの記者会見。

(佐久間宣行)ああ、そうですね。

(東野幸治)あれ、ホンマね。あれもすごいことで。エンタメ界が大きく動くんじゃないですか?

(佐久間宣行)動きますね!

(東野幸治)いやー、だからテレビも面白いですね。そういう意味で言うと。

(佐久間宣行)そういう意味で言うと。どうなるんだろう。

(東野幸治)テレビって大丈夫なんですか? 生はなんか面白いなって。スポーツとか、そういう会見とか。なんかどうなるかわからないのはドキドキするじゃないですか。でもゴッドタンとかはもう視聴率なんか関係ないんでしょう?

(佐久間宣行)関係ないですね。ないと思います。

(東野幸治)あれはテレビ東京やからいいんですか? 違う局やったらとうに終わっていたんですか?

(佐久間宣行)いや、違う局でもゴッドタンって結構早い段階でDVDとかを出したのと、ライブを始めたので。放送外収入を生んでいるから、たぶん他局でも終わらなかったとは思いますけど。コンプライアンス的にはわからないですけどね。

(東野幸治)ああ、なるほど。だからあれのビジネスモデルがすごいし。それで、そうなんですよ。あれが吉本じゃないからできるんですよ。吉本でやるとややこしくなってすぐに空中分解というか、爆発して。なんやようわからなくなるけど。

(佐久間宣行)フフフ、東野さん、正直すぎる(笑)。

ゴッドタンは吉本じゃないからできる番組

(東野幸治)そうなんですよ。だからやっぱり吉本じゃないから、ああいうのができるっていう。

(佐久間宣行)吉本は吉本の中にレコード会社とかあるから。

(東野幸治)そうなんですよ。自前のレーベルとか制作会社とかがあるから。なんかいろいろ、あの手この手で肩を入れてきたり足をきたりとか。なんか安全靴とか肩ショルダーでこう、当たっても全然平気な藤原っていうやつがヘラヘラ笑いながらやってくるんですよ。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ!

(東野幸治)いや、本当にそうなんですよ。モハメド・アリの方式で、両肩を持って腹を殴らす。全然きかないんですよ(笑)。

(佐久間宣行)それで笑いながら入ってくるっていう(笑)。

(東野幸治)そう(笑)。「佐久間さーん、お願いしますよー!」って(笑)。

(佐久間宣行)「これ、R&Cから出してください」って(笑)。

(東野幸治)「千鳥でお願いしますよ!」って(笑)。

(佐久間宣行)東野さん、これ、オンエアーされてますからね?(笑)。

(東野幸治)全然大丈夫です。俺、なんか吉本序列ナンバー5だって計算したんですよ(笑)。大崎・岡本体制では俺、たぶん序列ナンバー5ぐらいやなと思って。だからある程度……。

(佐久間宣行)そうか。ダウンタウンさんとか。

(東野幸治)さんまさんとかいてる中、だんだんと言うたら知らん間に序列が……中国共産党みたいな序列がだんだんと上がってきてるんですよね。

(佐久間宣行)東野さん。ああ、そうだ。たしかにそうですよね。

(東野幸治)そうなんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ニッポン放送
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました