スポンサーリンク

R-指定 梅田サイファー『トラボルタカスタム』を語る

R-指定 梅田サイファー『トラボルタカスタム』を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク
スポンサーリンク

R-指定さんがニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』の中で自身も所属する梅田サイファーの『トラボルタカスタム feat.鋼田テフロン』を紹介していました。

(DJ松永)はい。じゃあRさんの日本語ラップ紹介のコーナーです。

(R-指定)はい。今日、紹介したいのは4日前にMVが公開された、僕も所属している梅田サイファーというグループの曲。新曲が公開されたんで。『トラボルタカスタム』という曲を……。

(DJ松永)ああ、トラカスね。

(R-指定)そう。「トラカス」って我々、呼んでるんですよ。

(DJ松永)ダセえよ、略し方(笑)。

(R-指定)なんでやねん! かっこいいやろが!

(DJ松永)なんで梅田のやつってすぐに4文字に略すの?

(R-指定)略すよ。梅田サイファーから言わせたら、『グレートジャーニー』も「グレジャニ」やから。

(DJ松永)ダサッ! やめてほしい……(笑)。

(R-指定)『犬も食わない』も「いぬくわ」や。で、この『トラボルタカスタム』が公開されたんで、ちょっとこの曲に行きたいんですけども。まあ、9月25日に梅田サイファーで『トラボルタカスタム』という名前のEP、6曲入のミニアルバムを出すんですけど。

(R-指定)それで出して、我々梅田サイファーでもちょっとツアーをやろうと思っていて。福岡公演が10月5日、キースフラック。東京公演が12月29日、WWWでやるんですけど。それに向けてEPを作って、PVを出したんですけど。これがね、ちょっとね、また梅田のみんな友達やけどラップ上手いな!って改めて思わされたよ曲でね。

(DJ松永)ちょっとみんな、キレていたよね。

(R-指定)キレキレっすよ。まあ、この『トラボルタカスタム』、トラックはバックロジックさんがプロデュース。で、サビに鋼田テフロンさんという客演を迎えて。それでみんなバースが短いんですけどキレのあるバースを交互に蹴っていく。で、前回梅田サイファーでも『NEVER GET OLD』っていうアルバムを出して『マジでハイ』っていうPVの時に紹介したんですけども。

この時に紹介をしなかったテークエムっていうラッパーが新たにまた加わっていて。まあ、梅田の秘密兵器というか、本来は梅田サイファーの中でもトップクラスに「こいつはラップが上手い!」って言われているやつなんですけども。で、Creepy Nutsのロゴとかもデザインしてくれたり、結構多才なやつなんですよ。

(DJ松永)そうそう。『たりないふたり』のジャケデザインとかも。

(R-指定)で、そのテークエムが加わったことによってまたみんなのラップ濃度がさらに上がった作品というか。

スポンサーリンク

テークエムが加わりより濃度が上がった作品

(DJ松永)だからそもそも『マジでハイ』にめちゃくちゃ必要なメンバーだったんだけど、たまたまいなかっただけで。主要メンバー中の主要メンバーなんだよね。

(R-指定)ど真ん中もど真ん中。で、そのテークエムのヤバさにこのPVを公開してから気づいてくれた人もいて。それで、まあ歌詞のところを紹介しようと思うんですけども。前回、『マジハイ』の時に言えなかったKennyDoes。1バース目を蹴っている。KennyDoesは無類のラップの上手さですよ。この『トラボルタカスタム』でも初っ端からオフビートやのにタイトに言葉を詰め込む。で、オフやのにオンみたいな、わけのわからんビートの乗り方してるんですよ。

(DJ松永)なんかさ、本当に口ずさむのが不可能だよね。一瞬、リズムがわからなくなってどこかに連れて行かれるんだけどきれいにハマるっていう。わけがわかんない。

(R-指定)で、リリックとかもこれは俺の守備範囲やないんやけど、アメリカのプロレスから引用していて。「エボリューション、ランディ・オートン、RKO」ってこれはWWEっていう団体のエボリューションっていうグループのランディ・オートンという選手の技みたいな。

(DJ松永)ああ、そうなんだ。

(R-指定)で、その後とかもシャドバとか、ゲームのラインが出てきたりとかして。

(DJ松永)そこも抜かりないんだね。

(R-指定)だからあれはリリックもすごいんよ。で、最後に「いざ山(3)頂へ いま何合目? ニイ(2)タカヤマノボレ……」ってどんどんとフレーズと数字が組み合わさっていくという。そんな暗号も入れて、キレキレのKennyから始まってマイクリレーをしていく。で、途中でそのテークエムっていうやつが出てくるんやけど。このテークエムのバースもまた、これがえげつない乗り方をしていて。途中で「カルバンクライン しゃぶれステファニー くしゃくしゃのマネー 化けるどっさり」というラインが出てきて。どういう意味なんかな?って思ったですけども。

この「カルバンクライン」っていうのはこれはパンツ。男性器のメタファーでしょう。で、「しゃぶれステファニー」っていうのはこれ、ステファニーは『サタデー・ナイト・フィーバー』という映画のヒロインの女性。で、この『トラボルタカスタム』の「トラボルタ」っていうのはジョン・トラボルタ。『サタデー・ナイト・フィーバー』に出てた主演の男性がジョン・トラボルタ。彼みたいにラップ、ビートをカスタムしていこうぜっていうコンセプトのアルバムなんで。だからそのステファニーという言葉が出てきて。

で、もう1個テークエムのヤバいラインが「アフロさえも嫉妬するトラボルタ・カスタム」っていうラインがあるんですけども。これ、要はアフロ・アメリカン……まあ、黒人の人たち。いわばヒップホップの本場って言われてるようなアフロ・アメリカンな人たちが嫉妬するぐらいっていうこと。で、もう1個トラボルタ……白人男性たちがアフロにしてディスコで踊っていた『サタデー・ナイト・フィーバー』のあのアフロたち。その2つがかかっていて、そのアフロたちが嫉妬するぐらい俺らはトラボルタをカスタムしてヤバいことになってんぞっていうラインがあって。テークエムとKennyDoesね、リリックもエグいし乗せ方もエグい。

(DJ松永)両方ヤバい。死角なしなのよね。

(R-指定)他のメンバーのリリックも全員ヤバいんでぜひ聞いてください。梅田サイファーで『トラボルタカスタム feat. 鋼田テフロン』です。

スポンサーリンク

梅田サイファー『トラボルタ feat. 鋼田テフロン』

(R-指定)はい。ちょっとここまで。時間の都合上、フルはかけられなかったんですけども。まだ俺は出てきてないんですけどもね。

(DJ松永)本当だ!

(R-指定)いま、テークエムが歌ってKOPERUが歌ってサビ。その後にpekoさんと俺が歌う。

(DJ松永)あなたのバースね、いいね!(笑)。

(R-指定)フハハハハハハハハッ! ありがとうございます!(笑)。

(DJ松永)かっこいい、これ!

(R-指定)俺のバースもいいのよ。これ、フルで聞きたかったらYouTubeに上がっているんでぜひ。

(DJ松永)Rからテークエムの流れ、最高!

(R-指定)「最高」。ありがとうございます。梅田サイファーで『トラボルタカスタム』でした。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました